アルメニアで新型コロナによる初の死者 

新型コロナウイルスの世界の感染者数が50万人を突破しました。アメリカで爆発的に増えて、なんと中国やイタリアを抜いて世界最多になりました。日本でも、阪神の選手の感染が発覚したし、東京都内の感染者が急増しているため、首都圏に外出自粛要請が出されましたね。

どこも事態の収束の目処は全く立たず、これでは五輪開催など到底無理…しかし、ただでさえ世界恐慌以来の未曾有の大不況が懸念されている中、五輪特需までが先送りなってしまい、日本経済が被るダメージは計り知れません。そう考えると、五輪やW杯のような4年に一回の世界的イベントが無事に開催されるって奇跡みたいなものかもしれませんね。

さて、昨日ついにアルメニアでも、新型コロナウイルスによる初の死者が出ました…亡くなったのは72歳のアルメニア人女性で、重度の肺炎を起こし、また高血圧などの持病も抱えていたため、治療の甲斐も虚しく命を落としたそうです。感染者が増え続けている中でも死者が出ていなかったことは救いだっただけに、悲しく残念なニュースです。

感染者も300人を超えて(現在329人)、中には医師と救急車の運転手、生後2ヶ月の赤ちゃんもいました。また、アルメニア軍兵士3人の感染が発覚して問題になっています。前線で従軍していた兵士ではなかったようですが、基本的に他の兵士らと共同生活を送っていますから、軍隊内でのクラスター発生が懸念されています。

このように、連日アルメニアでも新型コロナウイルスに関する暗いニュースばかりが報道されています。こちらも気になっていろいろ目を通してしまうせいか、余計に気持ちが沈んでしまいますね…9年前の東日本大震災が起こった時も似たような状態でした。

しかし、当時と今とで大きな違いが一つあります。それは子供たちがいること!気分が落ち込んだ時も、子供たちの無邪気な姿を見て、そのにぎやかな声を聞くと元気づけられます。まだ小さいアレンとレオは、今の世界情勢など気にもせず、いつもと全く同じ様子。そんな息子たちの存在は、普段と変わらない生活や世界があることに気づかせてくれて、心を癒してくれます。まあ、今はずっと家にいるので世話が大変でもありますが…

ちなみに、昨晩も子供たちだけで寝てくれたんですが、寝つくまでの間ずっとアレンとレオの話し声が聞こえてきました。二人とも世界地図や国旗が大好きなので、いろんな国のことについて話していました。リビアやスリランカ、ラオスやパラオといった国名まで出てきて、我が子ながらそのマニアックさ…いや、博識ぶりに驚かされます。そんな幼い兄弟の会話が可愛らしくて、今では一日の終わりの楽しみになっています。

90751563_1081542168889377_7238176906409934848_narmenia20-3-27.jpg
ネットで国旗の動画を一生懸命に見るアレンとレオ。こうやって自然に覚えてしまうようです。

90790358_553734448887561_6592036709230182400_narmenia20-3-27.jpg
兄弟二人だけで寝るようになりました。こんな可愛い子供たちの姿に癒されます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/1092-cdb03548