遊びも勉強も頑張れーアレン! 

一昨日ぐらいから気温は高めですが、天気予報では今晩から寒くなって雪も降るそうで、週明けにかけて最低気温がマイナス10℃以上!なかなか冬の終わりが見えませんね…

治ったかに思えた風邪がぶり返して、レオと私がまた少し体調を崩してしまいました。熱はないけど、喉がイガイガしています。新型コロナウイルスが騒がれている今、この症状はちょっと困るんですよね…アルメニアって人種差別はあまりないけど、アジア系の人が少なくて目立つから、私なんかがバスの車内で咳き込んだりすると周りがビビりそう…

今日はアルメニアで聖サルキスの日。サルキスはキリスト教の聖人で、イースターの約2ヶ月前の土曜日が、彼を称える日となっています。別名「愛の日」とか「恋人の日」と呼ばれています。この日については過去の記事で説明しているので、そちらをご覧ください。(該当記事)

さて、アレンが通う私立学校は1・2年次に宿題をほとんど出さないという方針で、代わりに授業できっちり教えるそうです。今春からアレンは日本の教科書で自宅学習を始めるつもりなので、この方針はとてもありがたい!ちなみに日本国籍を持つ息子たちには、海外にいても義務教育期間の教科書が無償配布されます。

さすがに宿題がゼロってことはなく、時々出される宿題をアレンは妻に叱られながらイヤイヤやっています。子供がいる家庭ではよくある光景みたいですが、私にはイマイチ理解できません。両親によると、私はいつも自分から机に向かっていたらしく、確かに勉強しなくて親に叱られたという記憶が全くないんですよね。そんな真面目な子供だった私が、こんな破天荒な生き方をするなんて親は想像だにしなかったでしょう…

まあ、半年前まで勉強なんかしなくてよかったし、レオは隣で遊びまわっているから、ちょっとアレンを可哀想には思います。でも、みんなこうやって成長していくわけだし、アルメニア語を書いたり読んだりしている姿に息子の成長を感じて嬉しくなります

レオはレオで、アレンの教科書を横から面白そうに覗いて、自分が知っているアルメニア文字を見つけては大喜びしています。レオもアレンと同じくアニメなどで文字を自然に覚えてしまい、ひらがなやカタカナだけでなく、英語とロシア語、アルメニア語のアルファベットもほとんど読むことができます。子供の脳の吸収力ってすごい!

これから英語とロシア語の授業も本格的に始まるそうで、アレンは学ぶべきことが増えていきます。うーん、三つの言語に加えて日本語まで勉強する余裕なんてあるんかいな…今の時点で宿題を面倒くさがっているから先が思いやられます。

しかし、知識というのはとても大切で、得ようと思えば機会はいくらでもあるもの。それは、「耳と耳の間に最大の資産がある」というユダヤの格言からも分かります。だから、息子たちがいろんなことを学べる環境にいるのは幸運なことかもしれません。アレン、大変だけど頑張れー!

84506263_566430007289913_3348967295555731456_narmenia20-2-8.jpg
アルメニア語のテキストを読んで覚える宿題をするアレン。妻に似たのか記憶力は高いので、あまり苦労しないみたいです。

84273957_1992436047569932_1110927736748113920_narmenia20-2-8.jpg
アレンの真似をして教科書を読もうとするレオ。文字はほとんど知っているけど、もちろんまだ単語は読めません。

84668432_818912088574546_3473890993500061696_narmenia20-2-8.jpg
アルメニア語の教科書。ちなみに無料の教科書は持ち回りなので、使い終わったら学校に返して次の学年が使用します。

83815697_171842184092356_4217363872685752320_narmenia20-2-8.jpg
まだまだ遊び盛りだから宿題は面倒くさいのも分かるけど、勉強も頑張れよー!


学校の宿題をするアレンとアンパンマンの本を読むレオの動画

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/1072-44779938