米下院が「アルメニア人虐殺」を認定 

天気はいいですが、朝晩の気温は10℃を下回っています。家の中も寒く感じることがあるので、子供たちが風邪など引かないよう、セントラルヒーティングを付け始めました。今週は学校などが秋休みで、アレンもレオもずっと家にいるのです。

昨日は首里城の火災のニュースが飛び込んできて驚きました。中心的な建物が全焼して、琉球のシンボルが失われました。まだ出火原因などは特定できていないようですが、地元の人たちのショックは計り知れないでしょう…

あと、東京五輪のマラソン競技を札幌で開催する案が浮上して揉めていますね。もともと五輪招致委員会が、「東京の夏は温暖で理想的な気候」なんて嘘をついたもんだから、今になって混乱する羽目に…また、「世界一カネのかからないオリンピック」と謳っていたくせに、開催総費用は当初の8000億円を大幅に超えて、ほぼ北京五輪に匹敵する3兆円!呆れて何も言えません…

先週末は、ニューヨーク在住のアメリカ人指揮者の著書の出版記念パーティーがあり、日本語訳をした私と妻も参加してきました。日本で出版されるかどうかは分かりませんが、その指揮者から、「日本でも出版できるよう翻訳してほしい」と依頼を受けたので、妻が翻訳、私が校正を行って、先月末に終わらせました。

ベートーヴェンやワーグナーなど有名な作曲家の生涯や人間性、また彼らが生きた時代背景などを深く分析し、それぞれの作品に込められたテーマやメッセージを解説したもので、音楽が大好きな私にはとても興味深い内容でした。読後は、聴き慣れた名曲からまた違った発見や印象を受けます。日本でも出版されたら嬉しいですね。

75252989_543555113132991_5098600160057884672_narmenia19-10-31.jpg 
エレバン市内の老舗のジャズバーで出版発表を行うヴァルダン・ハコピャン氏。有名なアルメニア人指揮者だそうで、このジャズバーの創設者の一人だそうです。

73316289_1010356012643091_3873236829343842304_narmenia19-10-31.jpg 
今回の著書のアルメニア語版。英語とロシア語、日本語訳もあり、彼は大好きな日本での出版を希望しています。面白い内容なので、実現したらいいですね!

さて一昨日、アルメニア人にとって歴史的なニュースがありました。記事タイトルにもあるように、米下院がオスマン帝国の「アルメニア人虐殺」を認定したのです。アルメニア人のジェノサイド(集団殺害)を事実として認める決議案が賛成405、反対11で可決されると、議場に歓声と拍手が湧き起こったそうです。世界中のアルメニア人たちも同じ気持ちだったでしょう。

オスマン帝国の「アルメニア人虐殺」を認定、米下院が歴史的可決

これまでは、北大西洋条約機構(NATO)の同盟国であるトルコとの関係に配慮して、同様の決議案の採択は見送られてきました。今回可決に至ったのは、シリア北部でクルド人勢力への越境攻撃を行ったトルコに対する批判が議会内で高まったことが背景にあるようです。米下院は、その軍事行動に関与した政府高官や軍幹部らにトルコに制裁を科す法案も可決しました。

もちろんトルコ政府は今回の件に対して猛反発しています。即座にエルドアン大統領は、「意味のない政治的措置だ」と抗議し、「米国とトルコの関係に悪影響が及ぶ恐れがある」と警告しました。ロシアの地対空ミサイルシステム導入などを巡ってギクシャクしている両国関係がさらに悪化しそうです。

前回の記事に少し書きましたが、中東地域の覇権は今後ロシアが持つ可能性が高いと個人的に思っているので、トルコは今回の件で米国と距離を置き、一層ロシアとの関係を強化するのではないでしょうか。ただ、そんなことは米政府も想定していたはずですから、当事国間では予め計画された流れかもしれません。

とにかく、米議会があの虐殺をジェノサイドと認めたことは、世界中のアルメニア人にとって画期的な出来事には違いありません。実際に現地のニュースやフェイスブックなどは、昨日からこの話題で盛り上がっています。悲惨な歴史を決して風化させてはいけないというアルメニア人の思い…それを改めて強く感じました。

IMG_9501armenia19-4-26.jpg 
毎年4月24日の記念日に花で埋まるアルメニア人虐殺記念碑。私も毎年訪れて献花しています。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/1049-59e85cd2