アルメニア日本語弁論大会 

昨日は世界IT会議(WCIT)のオープングで、夜にエレバンの共和国広場でコンサートが行われました。AIが作曲した音楽を世界で初めてオーケストラが演奏し、後半は世界的に有名なDJのアーミン・ヴァン・ブーレンが登場しました。コンサートでは、美しく幻想的な3D映像も次々と映り出されたそうです。

文末が「そうです」となっているのは、実際には私は行っていないから。開始から2時間ぐらい前の映像で、すでに広場にはけっこう人が集まっていたため、行列と混雑が大の苦手な私はネットで見たのです。AI作曲の音楽はあまり独創性がないように感じましたが(でも、AIが作ったと思うとすごい!)、3D映像は素晴らしかったし、DJの演奏にはアルメニア人の聴衆がとても盛り上がって楽しそうでしたね。

今日から3日間、その世界IT会議の本番がエレバンの大きなコンベンションセンターで行われます。IT業界をリードする起業家や経営者、またキム・カーダシアンなどの有名人も登壇します。彼女はアルメニア系ですからね。プロデュースした下着ブランドにKimonoという名前をつけて顰蹙を買ったのが記憶に新しいです。とにかく、今回の世界的イベントは、アルメニアがIT立国としてもっと注目されるきっかけになるかもしれません。


長いですが、昨晩のコンサートの動画。さすが世界的なイベントのオープニングだけあって豪華!

さて、先週の金曜日は、アルメニア日本語弁論大会が行われました。昨年の大会で私は審査員を務めましたが、いろはセンターで日本語を教えている今は中立性の面から審査できません。なので、今回は質問役を引き受けました。スピーチの後に出場者に質問する役目です。内容をちゃんと理解せず丸覚えしてくる人もいるため、質疑応答で実際の理解度や日本語能力を見るのが目的です。

今年は一般の部に3人、学生の部に6人が出場しました。それぞれ自由なテーマについて日本語で話します。やっぱりみんな緊張している様子でしたが、一生懸命スピーチする姿には感動しますし、全員を応援したい気持ちになりますね。学生のレベルなどを考えて即座に質問するのは少し難しかったですが、何とかやり通せました。

9人全員のスピーチが終わってから、学生たちによる出し物が披露されました。今回は歌の他に、なんと漫才も登場!日本語がとても上手な二人の学生が、日本人顔負けのテンポの良さでボケとツッコミをして会場から笑いを取りました。いや、これマジでけっこう面白かったです。

そして、審査も終わってお待ちかねの結果発表!一般の部はハスミックさん。彼女は交通事故で生死の境をさまようほどの大ケガを負いましたが、必死のリハビリで歩いて話せるようになりました。その自分の経験を基に、体を鍛える大切さを語ってくれました。そして、学生の部はシュシャンさん。インターネットミームについて話してくれました。とにかく日本語能力が高いので、恐らくダントツの評価で1位に輝いたと思います。

学生の部の優勝者は、来年9月に日本へ行くプログラムに参加できます。シュシャンさんは一度旅行で日本に行ったことがありますが、また大好きな日本に行けることになって本当に嬉しそうでした。ちなみに私の教え子でもあるので、私も彼女の優勝を嬉しく思います。シュシャンさん、おめでとう!

優勝できなかった出場者もみんな頑張りました。この経験は、日本語の学習にとって大きな糧になるはずです。これからも勉強を頑張ってください!

72469781_1152323561643445_1760999761738989568_narmenia19-10-7.jpg
優勝したいろはセンターのシュシャンさん。上手な日本語でミームについて話してくれました。

71467115_514624722685654_3019543651844882432_narmenia19-10-7.jpg
漫才を披露してくれたマリアさんとディアナさん。テンポが良くて面白かったです。ディアナさんは落語も披露してくれました。

71655379_539970693431510_4364023691445534720_narmenia19-10-7.jpg
音楽学校に通うマリナさんが日本の歌を披露してくれました。

72044109_477807332949097_4570739801682083840_narmenia19-10-7.jpg
優勝したシュシャンさんに山田大使からトロフィーの贈呈。本当におめでとう!

72554639_2426060730998790_5095165010854805504_narmenia19-10-7.jpg
今年の出場者のみなさん。お疲れ様でした。これからも日本語の勉強を頑張ってください!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/1044-8f92b5dc