写真祭を終えて片岡さんが帰国 

秋雨前線が停滞しているせいで、九州地方で記録的な大雨が続いており、土砂災害や浸水被害が発生して死者も出たようです。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

ずっとカンカン照りだったアルメニアも、3日前の夜に久々に雨が降りました。数時間だけザっと降った雨ですが、翌日から少し気温が下がったように感じます。夏も終わりが近づいているのかもしれません。

そういえば、昨日から義母はエジプトのハルガダという紅海のリゾート地に滞在しています。義母の友人が自分の親戚と行くつもりでツアーに申し込んでいたのですが、その親戚が急遽行けなくなってしまい、義母が招待されたのです。私はバックパッカー時代に同じ紅海沿いのダハブという街に行ったことがあり、ダイビングライセンスも取りました。紅海は本当に美しかったですね。義母も楽しく過ごしているようです。

さて、第一回アルメニア国際写真祭に参加していた片岡さんが昨日帰国しました。長旅を終えて無事に日本に着いたみたいで、「蒸し暑い!アルメニアの方が過ごしやすかった…」と先ほどメールが来ました。ここに2週間以上いたから、同じ夏でも日本の蒸し暑さは辛いでしょうね。

その写真祭ですが、片岡さんや他の写真家の方の通訳をしていた妻によると、ちゃんとオーガナイズされていなかったために、ずっとトラブル続きだったそうです。次にどこに何時に集まるか連絡がなかったり、国会議事堂でセレモニーがあると行ってみたら、結局ほとんどの人が入れなかったり…片岡さんたちは妻がアテンドしていたからまだマシですが、他の国から参加している写真家たちは途方に暮れていたとのこと。こんなんで来年は開催できるんでしょうかね…

それでも、片岡さんと妻は良い出会いとたくさんの学びがあったようで有意義な時間を過ごせたようです。特にオープニングには、友人や知り合いがたくさん来てくれて、「本当に嬉しかったし幸せだった」と片岡さんは言っていました。帰国前日の夕食会では、少し涙ぐみながら、「大好きなアルメニアとの素晴らしい繋がりを実感できた」と語っていました。

そして、帰国直前にフェイスブックに、日本語とアルメニア語(妻が翻訳したもの)で素敵なメッセージを投稿してくれました。そこには、「アルメニアのあなた達のために何かしようと思ってきたけど、あなた達が私のためにたくさんのことを与えてくれた。本当にありがとう」と書かれていました。10年間ずっとアルメニアに通い続けて、私を含めたくさんの人を笑顔にし続けてくれているのに、いつも感謝の気持ちを忘れない片岡さんの優しい人柄に改めて胸を打たれました。

こんな素晴らしい人に出会えて、家族のような強い結びつきを持てたことを幸せに思います。こちらこそありがとうございます!またすぐにアルメニアで会えるのを楽しみにしています。片岡さん、お疲れ様でした!また遊びに来てくださいね。そして、一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

69233472_2728768933829628_2102760398359887872_narmenia19-8-29.jpg
帰国前日の夕食会。楽しいひと時でした。片岡さん、ありがとうございます!また会いましょう!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/1035-a3707245