兄弟で仲良く水かけ祭に参加! 

暑いですが、日が沈むと風が吹いて過ごしやすいです。そういえば日も少しずつ短くなってきたように感じます。ヨーロッパは記録的な猛暑で、ドイツやフランスなどで連日40℃以上になっているようですね。気温40℃ってアルメニアの夏では普通ですけど、向こうでは完全に異常気象なんでしょう。

昨日から新たな、そして責任重大な仕事が始まったので、また忙しくしています。大変なこともありますが、いろいろゼロから作っていくのをサポートするのはやりがいがあって楽しいです。限られた時間の中でちゃんと形が出来上がるよう頑張りたいと思います。

さて、日曜日はヴァルダヴァルという水かけ祭でした。過去の記事にも説明していますが、元々これはキリスト教以前の古代宗教儀式の名残で、水や美や愛の女神であるアストギックを讃える祭りでした。人々が女神アストギックに薔薇の花(アルメニア語で薔薇は”ヴァルド”)を捧げたことが、名前の由来となっているそうです。

水かけ祭といえばタイのソンクラーンが有名ですが、エレバン中心部にある公園の噴水や池の周辺は、それに負けず劣らず盛り上がります。大人も子供もびしょ濡れになりながら、バケツや水鉄砲で激しく水をかけ合います。通行人にも容赦なくバシャーッ!と水をかけます。暑いから気持ちいいですけど、夏のこの時期にアルメニアに来られる方は気をつけて下さい。

エレバン中心部に比べれば大人しいものですが、我が家の近所でも子供たちが水かけをしていました。当然アレンとレオも参加。アレンは上手に逃げながら、水鉄砲で他の子供たちに水をかけていました。まだ小さいレオは、アレンの真似をして一生懸命に水鉄砲を使っても、的外れなところに水が飛ぶだけ。仕舞には近所の子供たちに水をかけられてしまいました。

でも、レオがすごいのは驚くだけで全く泣かないんですよね。アレンは同じ歳の頃、少し水をかけられただけで大泣きしていましたから。兄弟でも本当に違います。そのアレンも今年は元気に祭に参加していたので、ちゃんとたくましく成長しているんだなあと嬉しかったです。その日だけは無礼講というのは祭の基本で、やっぱり盛り上がりますよね。

私は外国人だからか、子供たちは初め少し遠慮気味でしたが、私の方から「かけていいよ!」と言うと、嬉しそうに何度もバシャーッ!とかけてきました。ただ、最初は水をかけらるとひんやりして気持ちいいんですが、そのうち体が冷えてきます。大事な仕事をしている今、風邪なんか引いたら困るので1時間ほど参加して家に帰りました。

子供たちと妻は、その後も祭を楽しんでいたようです。しかし、やっぱり体が冷えたせいか、レオは昨日から熱を出しています。お陰さまで、今日は熱もけっこう下がりました。病気には気をつけないといけませんが、来年も子供たちと祭に参加したいと思います。

67348309_1212186948951006_7170484214620487680_n.jpg 
暑い中、近所の子供たちが水かけをして盛り上がっていました。

67541717_417337288884322_307638667642404864_n.jpg 
アレンとレオも戦闘準備万端!

67292658_404275186862546_8497512934514098176_n.jpg 
アレンは水鉄砲で上手に打っていましたが、レオは途中から手桶を持って水かけに参加。

67477963_624693251355918_2687843941755125760_n.jpg
妻や私の足に水をかけようと頑張っていました。

67432022_3178766375497617_415216375657660416_n.jpg
体が冷えて体調を崩してしまったけど、祭を楽しんだ様子のレオ。来年も参加しようね!


現地メディアが撮った今年の水かけ祭りの様子。楽しい祭ですが、かなりカオス状態になります。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/1027-fbc25445