昨年のジュニア・ユーロビジョンの出来事 

寒い日が続いているからか、私は週末に風邪を引いてしまいました。熱はなく、それほど大したことないですが、喉が痛くて少しだるい…悪化しないよう無理せず過ごしています。お陰さまで、少しずつ良くなっています。

一昨日レオがペットの猫と遊んでいたと思ったら、急に目に涙をためて不機嫌になってしまい、理由を聞いても教えてくれません。しかし後で妻に、「猫にはママがいなくて可哀想…ママも一緒に飼ってあげて」と言ったそうです。それで泣いていたのか?!なんとも可愛らしい!妻が優しく「猫のママはどこか行っちゃったんだよ」と教えてあげると、ちゃんと分かってくれたようです。

アルメニアの報道によると、昨日カラバフとアルメニア本土を結ぶ道路が、アゼルバイジャン人の市民グループによって封鎖され、今も通行できない状態が続いているとのこと。たった10日前にも同様のことが発生したばかりで、その時はロシアの平和維持軍の仲介で数時間後には封鎖は解除されました。これ以上事態が深刻化しないよう、一刻も早く収束してほしいと願います。

ついにW杯はベスト4が出揃いました。準々決勝の試合はどれも見応えがありました。ブラジルとポルトガルが敗退するという大波乱が起こりましたが、試合内容を見ていて、それほど実力の差を感じませんでした。モロッコなんて十分ベスト4に値するチームに思えます。とりあえず個人的に応援しているアルゼンチンが残ってくれてホッとしています。この勢いで決勝まで勝ち上がってほしい!

そのアルゼンチンとオランダの試合は荒れに荒れたため、審判の采配が問題になりました。その他の試合でも、負けた方が審判に対して強い不満を表明していますが、明らかに理不尽な判定ならともかく、個人的には見苦しい行為だと思います。逆に自分たちに有利な判定だったら、少々おかしくても何も言わないでしょう。まあ、死ぬ気で戦っているから、納得いかない気持ちは分かりますけどね。

あと、先ほど井上尚弥選手がKO勝利して、アジア人初またバンタム級初の4団体統一王者に輝きましたね。予想通りの結果とはいえ、マジですげー!相手がガードに徹底したこともあって11Rまでもつれる長丁場となりましたが、やはりモンスターは強い!誰にも負ける気がしないほどの圧倒的な強さで、今回の偉業も井上選手にとっては単なる通過点にしか見えません。

さて、週末はエレバンでジュニア・ユーロビジョンが開催されていました。ユーロビジョンの子供大会で、昨年アルメニア代表のマレナという女の子が優勝したので、今年の開催国はアルメニアでした。といっても、私も妻もほとんど関心がありません。大人のユーロビジョンもそうですが、安っぽいポップスばかりの歌唱大会でつまらないからです。

とはいえ、アルメニアはけっこう上位まで行くことが多いからか、国内の注目度は高いです。特に今年はエレバンで開催されたから余計に盛り上がっていました。SNSでもユーロビジョンに関する投稿をよく見るし、会場まで足を運んでいる知人もけっこういました。まあ、エンターテイメントとしては華やかで見応えがあるかもしれませんね。

今年のアルメニア大会の結果ですが、フランス代表が優勝しました。なので、来年はフランスで開催される予定です。アルメニア代表は2位と今年も健闘したようです。その二人のパフォーマンス映像を見ましたが、うーん、やっぱり個人的にはどうでもいいかな…とりあえず、その映像を載せておきます。


優勝したフランス代表リサンドロの「Oh Maman!」これが優勝かあ…


2位になったアルメニア代表ナレの「Dance!」

ちなみに、昨年のジュニア・ユーロビジョンに関する記事を見てみたら(こちら)、そこで起こった感動的な出来事にも触れていました。それは、5位に終わったアゼルバイジャン代表の女の子が、アルメニア代表のマレナの控室を訪れ、お互いの健闘を称えて抱き合ったという出来事。その瞬間の映像は拡散し、賛否両論巻き起こりましたが、子供たちが憎しみではなく、敬意と友好を示そうとした事実は、私には一つの希望の光に映りました。

子を持つ親として分かりますが、憎しみや差別意識を持って生まれてくる人間などいません。そういう偏見や感情は育っていく環境の中で植え付けられるもので、周囲から与えられる情報や教育が大きく影響します。独裁国家アゼルバイジャンの情報統制はかなり酷いですが、アルメニアも殊にカラバフ問題に関するメディアの報道などは自国の主張のみに基づく偏ったものが多いと感じます。

そんな状況の中でも、平和な未来を築こうと友好を訴え続けている人たちが両国にはいます。しかし、その声が相手にも同国民にも届く機会はほとんどなく、また耳を傾けようという空気もありません。長く根深い対立の歴史の中で醸成された憎しみや猜疑心を見ると、両民族が融和することなど無理なのか…と暗澹たる気持ちになります。しかし、昨年のユーロビジョンでの感動的な出来事を思い出すと、やはり希望を捨ててはいけないと思います。

また、2年前の戦争中に当ブログで紹介したことがありますが(こちら)、ジョージアにはアルメニア人とアゼルバイジャン人が共存するツォピという村があります。両民族が互いに隣人として平和に暮らす姿を見ると、やはり憎しみの感情は生来的なものではないと痛感します。そして、これから肯定的な価値観を育むこともできるのだと教えられます。どれだけ険しい道であろうと、いつか対立を乗り越えられる未来が来ると信じたいと思います。


2年前の記事にも載せたツォピ村の映像。すぐ隣の国にこんな場所があるなんて…生まれ育った環境が違えば、仲良く共存することも可能なのです。

319174016_442305014612434_229451482693969498_n.jpg
学校から帰宅するとすぐに猫を遊ぼうとする子供たち

318849811_1164583641084599_1137640517358857844_narmenia22-12-13.jpg
アレンの顔をなめる猫

318844177_3558982254428028_5567770321656170976_narmenia22-12-13.jpg
先週の金曜、家族でコーカサス料理店に行ってヒンカリを食べました。めっちゃ美味しかった!

317800742_1207038559849479_7941347578973239150_narmenia22-12-13.jpg
最近ピアノレッスンに行ってもレオは弾こうとしないから、アレンのレッスン中は近くの公園で遊んでいます

317483340_711623100174491_4087383165744218248_narmenia22-12-13.jpg
でも、習った曲はけっこうちゃんと覚えています。また興味を持って始めるかもしれません。

318481068_704122611022635_5998310395112791875_narmenia22-12-13.jpg
飽きやすかったアレンの方が、ピアノも絵も頑張って続けています


アラム・ハチャトゥリアンの「剣の舞」を練習するアレン。難しいリズムの曲なのに、けっこう上手!

息子たちと日本代表を応援 

相変わらず曇って寒々しい天気が続いています。エレバンも雪が舞って、朝起きると木の葉や家の屋根が白くなっています。あっという間に冬の季節になりました。

トルコの報道によると、アルメニアとの空路の貨物便の運行が今年終わりにも開始される可能性があるとのこと。また、両国の陸路国境の再開に関する議論も本格化しているらしく、これが本当だったらすごいことです。アゼルバイジャンとの問題解決のためにも、トルコとの関係改善は不可欠です。少しでも前進してほしいと思います。

そのアゼルバイジャンとの首脳会談も年内に実施されるかもしれません。元々は今日ブリュッセルで行われる予定だったのですが、マクロン大統領らが同席することを理由にアリエフ大統領が拒否したため、開催が見送られました。フランスは基本的にアルメニアに対して好意的な立場ですからね。交渉が頓挫しないよう、可能な条件の下で会談が実現してほしいと思います。

昨日12月7日は、34年前にアルメニア北部で大地震が発生した日。スピタク大地震と呼ばれ、約2万5千人もの命が亡くなり、40万以上の人が住む家を失う大惨事でした…30年以上経った今も、仮設住宅での生活を余儀なくされている人たちがいます。

あと、今日12月8日はジョン・レノンの命日。私が音楽に目覚めたのはビートルズの影響で、ジョンは自分にとって最も偉大で大好きなミュージシャンの一人。ギターやピアノを弾いて彼の曲を歌ったりもします。歌詞もメロディーもリズムも声もすべてが天才!もっと生きていれば、どれだけ素晴らしい作品を残したのだろう…と残念に思います。40歳で凶弾に倒れて亡くなりましたが、私はとっくにその年齢を追い越してしまったんですね。

さて、サッカー日本代表、念願のベスト8進出は叶いませんでした…強豪クロアチア相手によく頑張ったけど、最後はPK戦で敗退しました。このPK戦で勝敗を決めるのって、いつもイマイチ納得がいかないんですが、あれだけ完璧にシュートを止められたら、まあ負けても仕方ないかあ…と思います。もちろん相手キーパーが素晴らしかったけど、キッカー有利な状況であの結果だと決定的な力の差と認めざるを得ませんね。

同じくPK戦でスペインもモロッコに敗れるという大波乱がありました。もちろん驚きましたが、こちらもスペインのシュートが完璧に止められたから、まあ納得のいく結果でした。全体の試合内容を見ても、それほど両者に差があるとは感じませんでした。世界全体のサッカーのレベルが上がっている証拠かもしれませんね。

ちなみに日本対クロアチア戦を、いつもW杯の試合を放送しているアルメニアの国内チャンネルで見ようとしたら、なんとジュニア・ユーロビジョンの開会式が流されていました。ちょうど月曜の夕方にエレバンで開会式があって、それが生放送されていたのです。アルメニアにとっては重要なイベントですが、私にしたら日本戦の方がはるかに大事!というか、ユーロビジョンは鼻っからどうでもいい!「ウソ?見れないの?!」と焦っていると、妻がロシアのスポーツチャンネルに切り替えてくれて、無事に試合を見ることができました。

そして、固唾を吞んで試合を見守っていると、レオが近づいてきて、「パパ、何見てる?」と聞いてきました。「日本とクロアチアのサッカーの試合。青い方が日本だよ」と教えてあげると、一緒に見始めて、「日本!日本!」と応援してくれるじゃないですか!そして、日本が先制点を入れた瞬間は、「やったー!」とお互いに大喜び!サッカーに関心がないアレンも、その歓声を聞いて走ってきました。

結局レオはずっと一緒に試合を見続けて、日本がチャンスをものにできなかった時は「アー!もう!」と悔しがるし、クロアチアがチャンスを逃した時は「フゥ〜」とホッとしていました。さらに途中からは日本の国旗を紙に描いて、それを掲げながら「日本!日本!」と応援していました。めっちゃ可愛かったし嬉しかったですね。息子と日本代表の応援で盛り上がる日が来るとは!

しかし、そのレオの懸命の応援もむなしく日本は負けてしまいました…アレンもレオもPK戦のことがあまりよく分かっていなくて、日本が負けた瞬間もボーッとしていましたが、私が「ああ…負けた…」と崩れ落ちるのを見て、「エッ?パパ、日本負けた?」と聞いてきました。「うん、負けた…」と答えると、「エー…」とすごく残念がっていました。その様子を見たら、やっぱり勝ってほしかったと改めて思いましたね。

残念ながら日本は破れ去りましたけど、息子たちと盛り上がることができてよかったです。ベスト8の試合はどれも見応えがありそうな組み合わせで、個人的にはアルゼンチンを応援しながら、残りのW杯を楽しみたいと思います。

316902275_728335165079024_8763269965127530423_narmenia22-12-8.jpg
レオと一緒に日本対クロアチア戦を観戦

318360168_5698883600154477_9215534286521927949_narmenia22-12-8.jpg
日本が先制した瞬間!レオも興奮していました!

316218359_2148391748686867_8367100628528575747_narmenia22-12-8.jpg
途中からは日本の国旗を描いて応援!立派なサポーター!

317674354_1275831966597397_6698466287433109909_narmenia22-12-8.jpg
「日本!日本!」と言って応援してくれました。結果は残念だったけど、レオ、ありがとう!日本代表もお疲れさま!

318841345_674038590993651_975542359496256733_narmenia22-12-8.jpg
アレンはサッカーに関心ないけど、細密画は頑張っています

318427502_660115379146913_39328677493523810_narmenia22-12-8.jpg
初めての細密画も完成に近づいてきました。けっこう上手!

315983777_1213525519580583_3900605758394563969_narmenia22-12-8.jpg

レオは今日はお絵かきに参加せず、宿題のロシア語の詩を暗記していました

日本語能力試験が無事に終了 

どんよりと曇った日が続いていて、寒々しい天気です。今週からは最低気温が0℃を下回り始めるようです。完全に冬の季節に入りました。

日本サッカー代表がスペインに逆転勝ちして、決勝トーナメント進出を決めました!マジですごい!決勝トーナメントで強豪と当たらないようにスペインはわざと負けたとか、日本の2点目はボールがラインを割っていたから無効だとか、いろいろ言われていますが、こういう運も大きく左右する中で出る結果がスポーツは全てですからね。とにかく勝ってよかったです。初のベスト8進出を目指して、今日のクロアチア戦も頑張ってほしいと思います。

先週土曜、アルメニア本土とカラバフを結ぶ道路を、私服を着たアゼルバイジャン人の集団が封鎖したというニュースがありました。私服を着ているから一般市民だとは限りませんが、ロシアの平和維持軍が交渉して、数時間後には封鎖が解かれたようです。負傷者が出たり、緊張が高まるような事態にならなくてよかったです。

週末はピアノレッスンに子供たちを連れて行きました。といっても、習ったのはアレンだけ。ちょっと最近レオが我がままで、家から出たくないと泣いたり、ピアノや絵を習いたくないと言い出したりして大変です。習い事は別にやらなくてもいいんですが、学校に行きたがらないのは困ります。いざ連れて行くと問題ないのに、家から出るのがすごく面倒みたい…まあ、これも成長の過程で、ちょっと難しい時期なんですかね。

一人だけレッスンを受けたアレンは、なんとアラム・ハチャトゥリアンの「剣の舞」を少し習いました。マジ?!もちろんほんの一部のパートを弾けるようになっただけですが、先生によると、とてもリズムが難しい曲なのに、アレンはけっこうすぐにそれを掴んだようです。まあ、上手下手も大事だけど、楽しく続けてほしいと思います。アレンは絵の学校にも熱心に通っていて、最近ついに細密画を書き始めました!

317762018_1582378515539893_3196670437563689881_narmenia22-12-5.jpg
ハチャトゥリアンの「剣の舞」を少し習ったアレン。なぜか正座…

316738760_609770454233892_7082791359912504897_narmenia22-12-5.jpg
アレンは絵の学校で細密画も描き始めました

318228011_525395906181423_5979443373714432263_narmenia22-12-5.jpg
アレン初めての細密画。けっこう上手!これから色を塗るそうです。

317920568_3563139830584653_2167849371282604906_narmenia22-12-5.jpg
最近、気難しくなって扱いに困るレオ。でも猫が大好き!

318355698_424265829919216_7725017004934408625_narmenia22-12-5.jpg
妻のカバンの中に入る猫

そのピアノレッスンの後、子供たちの冬靴を買いに行きました。私はお金を下ろしに共和国広場を通ったら、毎年恒例の大きなクリスマスツリーがすでに組み立てられていて、他にもメルヘンチックなお城など大掛かりな装飾が並んでいました。「エッ?!一体どうしたの?」と思ったら、今日はジュニア・ユーロビジョン歌唱大会の開会式がエレバンで行われるからみたいです。昨年の大会でアルメニア代表が優勝したから、今年の開催国はアルメニア。

靴屋でレオがまたぐずり始めたので、仕方なくアレンだけ冬靴を買って、近くのクラフトビールが飲める新しいレストランに行ってみました。3種類のクラフトビールを出していて、どれも美味しかったです。私も妻も大満足!食事のメニューも豊富で、アレンとレオも美味しそうに食べていました。

家族で楽しく過ごしていたら、見たことある顔のアルメニア人男性が、「こんにちはー」と言って近づいてきました。なんと、妻の大学時代の同級生!3年ぶりぐらいの再会で、妻も大喜びしていました。たまたまそのレストランで働いていて、私たちを見つけて話しかけてきたみたいです。妻曰く、「頭はいいけど勉強は全くしていなかった」という彼は少ししか日本語が話せません。でも、ひょうきんで周りを楽しませる彼のことは私も好きです。久しぶりに会えて、私も嬉しかったです。

317671797_1532114543878661_5259797084072628913_narmenia22-12-5.jpg
恒例の広場のクリスマスツリー。今年は早く登場しました。

317900569_479181544284604_8680079991215128208_narmenia22-12-5.jpg
ジュニア・ユーロビジョンがあるからか、広場の辺りには大掛かりな装飾がされていました

316315083_3438519646383040_3444427802638594629_narmenia22-12-5.jpg
ここのクラフトビールは美味しかった!

318280616_605945384551138_4352510606554382721_narmenia22-12-5.jpg
妻の大学時代の同級生と偶然再会。レオはランチョンマットにあったワードパズルを一生懸命解いていました。

316231930_825866328492986_7824722055465295651_narmenia22-12-5.jpg
「アルメニアのビール作りについて初めて書いた古代の哲学者は?」とか大人でも難しいワードパズルでした…

そして、昨日は日本語能力試験が行われたので、今回も私と妻は試験官を担当しました。アルメニアは年に一回この時期に行われますが、2020年の試験はコロナで中止になり、2021年夏に行われました。それ以来だから、約1年半ぶりの能力試験。今年は10人弱のロシア人も受験したそうです。

私は最難関の1級の試験官を担当しました。受験生たちはみな日本語を十分理解できるので、説明はすべて日本語。お陰さまで、試験中は特に問題などなく、無事に終えることができました。もちろん私なんかよりずっと受験生たちの方が疲れたでしょう。本当にお疲れ様でした!受験生たちの努力が報われることを祈っています。

その後は、試験の実施を担当したいろはセンターのみんなと食事に行きました。大事な能力試験が終わったから、リラックスした雰囲気の中、会話も盛り上がって楽しく過ごしました。子供たちに冬靴を買ったり、クリスマスの装飾を見たり、能力試験が終わったりと、「ああ、もう今年も終わりだな〜」と師走を実感する今日この頃です。

316663048_551619853043641_1594906981847661445_narmenia22-12-5.jpg
能力試験が終わって、みんなで食事に行きました。お疲れ様でした!

プーシキンとけん玉 

12月になりました。いつものごとく、あっという間に師走です。特に今年は家族で日本に帰国するという大イベントがあったので、余計に時が経つのが早く感じます。気候も冬らしくなってきて、どんよりと曇っているし、気温は日中でも10℃下回るほど…

日本サッカー代表がコスタリカに負けてしまいました…雑だったコスタリカが落ち着いて攻撃し始めたから、一瞬いやな予感がした直後にあのゴール。チームとしては日本の方が明らかにレベル上だっただけに、とても残念な結果です。しかも、決勝トーナメント進出がかかった次の試合の相手はスペイン…かなり厳しいけど、ドイツ戦のような強さを見せてほしいですね。

そのドイツ戦の劇的な勝利で盛り上がった分、先日の敗戦の失望感や怒りは大きく、監督や一部の選手に対して激しく痛烈な非難が巻き起こっているようです。盛り上がっている時のメディアの報道を見て、ちょっとめでたすぎへんか?と違和感があったので、この手のひら返しの状況には驚きません。試合内容がよくないとファンから批判されるのも仕方ないですが、まだチャンスは残っているので、選手が全力を出せるよう応援も忘れてはいけないと思います。

313369185_660223685830204_3267436483039298123_narmenia22-12-1.jpg
家の近所のロシア教会の前にはクリスマスのデコレーションが置かれました。今日は霧で真っ白。

そういえば、前回の記事を一部修正しました。というのも、初の感謝祭のディナーと書きましたが、実は10年前にダグラス・聖美さんのお宅でお祝いしたことがあったのです。私も「当然お祝いしたに決まっている」と思って、当時のブログ記事を読み返そうとしたら…なぜか全く記事がない!代わりにギュムリやジョージアに行っていた記事が出てくるので、たまたま遠出してたからお祝いしていないのか…と思い、先日の感謝祭が初だと書いてしまいました。

しかし、やっぱり聖美さんたちとお祝いしていました。しかも、かなりの大人数で!そんな盛大なパーティーを開いてくれたのに、今回が初めてだと誤解してしまって、すみませんでしたー聖美さん!聖美さんたちがアルメニアに住んでいた当時は数え切れないぐらい集まって飲んで騒いだから、記憶があいまいになっていました。ただ、当時の感謝祭に関する記事がないのは不思議で仕方ありません…うーん、なんでだろ???

382029_4595525841987_789432168_narmenia22-12-1.jpeg
10年前の感謝祭パーティー。こちらが初でした。七面鳥を食べた記憶がありましたからね…

559877_4595529802086_657741308_narmenia22-12-1.jpeg
みんなでジェンガをして盛り上がったんだ!

68850_4595531402126_1811505701_narmenia22-12-1.jpeg
妻とめっちゃ盛り上がってる私!飲みすぎて記憶が飛んだのかな???

481725_4595530802111_383673625_narmenia22-12-1.jpeg
ダグラス・聖美さん、あの時はありがとうございました!なのに記憶違いしてすみません!

さて、アレンもすっかり元気になって、今週から兄弟仲良く学校に通っています。アレンと一緒なら、レオも機嫌よく通学してくれます。それどころか、今朝は寝ているレオがいきなり爆笑し始めるから、「エッ?!何?どうしたの?!」とみんなビックリして起きました。どうも面白い夢を見ていたようですが、夢で爆笑する人なんて初めて!可愛かったし、こちらも笑ってしまいました。

最近は朝けっこう薄暗いにも関わらず、毎日パッと目覚めるアレンは、ロシア語の授業でなんとプーシキンの詩を読んでいます。マジか?!使っている本は子供でも読みやすい詩を集めたものらしいですが、それでも現代ロシア語の確立者であり大文豪の詩を9歳が読むって…さすがのアレンも「これ難しい…」と言ってるけど、サクッと暗記してしまうのは相変わらずすごい!

317372327_849084599578657_7594452550929037321_narmenia22-12-1.jpg
ロシアの大文豪プーシキンの詩集

317271776_636445101509810_1586420042726913561_narmenia22-12-1.jpg
アレンが宿題で暗記した詩。これが小学4年生の教材ってすごいな…

そして、二人ともピアノレッスンや絵の学校も再開しました。少しずつ指全部を使って弾く練習をしています。たどたどしくも頑張っているレオの姿が可愛らしい!アレンはけっこう複雑なメロディーを弾けるようになってビックリ!なのに、先生によると5分ほどで大体覚えてしまうらしい…記憶力がすごいのは知っているけど、マジか?!我が子ながら感心します。

絵の学校の方は、レオは面倒くさがる時があるけど、けっこう上手に描くんですよね。色使いが大胆で印象的です。基本的に明るい画風で性格がよく出ている気がします。アレンは嫌がることなく、熱心にやっています。アレンは落ち着いた色使いで、基本的に統一感を持った画風。かなり気まぐれな性格だけど、それがあまり絵には出ていないような…

317501540_5847906975248233_6369397737645128742_narmenia22-12-1.jpg
ピアノを習うレオ。小さいけど頑張っています。

317224455_1201877247067628_8157699778529800558_narmenia22-12-1.jpg
今週の絵のテーマは富士山。レオの絵はいつも明るい色使いです。

317224449_694821635694228_8581298751289619059_narmenia22-12-1.jpg
アレンの富士山。落ち着いた色使いです。

あと、アレンがけん玉にハマっています。私が少しコツを教えてあげたら、何となく玉を乗せられそうになって面白いと思ったようです。練習していたら、大皿にはけっこうな確率で乗せられるようになりました。本人は嬉しくて仕方ないみたい。小皿にもどんどん乗せられるようになって、先日は学校にけん玉を持っていて、クラスメイトたちにも披露したようです。

さすがに中皿に乗せるのは苦労していたけど、そこは何でも器用なアレンだけあって、今では3, 4回に一回は乗せられるようになってきました。乗った時は本人も一瞬、「エッ?マジ!」みたいな顔で驚きますが、その後は満面の笑顔を浮かべて可愛らしいです。次はけん先に玉を入れるぞ!といっても、これは私もほとんどできない難技なので、アレンも最初から諦め気味です。でも、挑戦して自分の上達を喜べる遊びができたっていいことです。けん玉に飽きたら、次は何がいいかな?

317239668_493821815894658_1881672977261147889_narmenia22-12-1.jpg
子供たちはとにかく猫が大好き!

317136239_432903032216074_5350682678011956824_narmenia22-12-1.jpg
レオが日本の本を見ながら一生懸命に何を書いているのかと思ったら…

317610982_663565725431184_6139310613041199010_narmenia22-12-1.jpg
その本にある漢字を書いていました!知らない漢字ばかりなのにけっこう上手!

317505680_543879073881467_6774785138839614628_narmenia22-12-1.jpg
レオもけん玉に挑戦しますが、やっぱり難しいみたい…

317273164_5556183467783504_3178536074455609554_narmenia22-12-1.jpg
アレンはかなり上手になりました!


アレンのけん玉遊びの動画。上手く乗せた時に喜ぶ姿が可愛らしいです。