ガルニ神殿とゲハルド修道院を観光 

朝晩も冷え込むことなく、すっかり春の陽気です。暑くもなく寒くもなく、一年で最も過ごしやすい時期で、気持ちも晴れやかになります。

日本も今週から暖かくなるそうですが、コロナの新規感染者の増加や変異種の問題で、また規制を強化しようという流れになっていますね。一体いつまでも不毛なイタチごっこを繰り返すのでしょうか。いつまでバランスを欠いた対応を続けて、社会を破壊すれば気が済むのでしょうか…

そういえば、先週エレバン市内のバスの中で殺人事件がありました。安全なアルメニアでは珍しいことだから驚きましたが、その理由を聞いてさらに唖然としてしまいました。報道によると、被害者の男性にマスクを着用するよう注意されたことでケンカになり、ナイフで刺して殺害したとのこと…そんなことで人を殺めるなんてアホか!被害者の男性も、アルメニアでマスク着用をいちいち注意してたら切りがないけど、そんな理由で殺されて可哀想に思います。

さて、この陽気に誘われて、先週末は家族でエレバン市内を散策したり、郊外に出かけたりしました。レゴ教室の近くの公園は、すでに噴水が動き始めたので、子供たちが大喜びしていました。夏はビショ濡れになって遊ぶでしょうね。そして、久しぶりにヒカリ日本文化センターを訪問しました。というのも、5月5日に端午の節句のイベントをするらしく、それに家族で招待されたので挨拶に行ってきました。

そのヒカリセンターには、私が日本の有志の方々と運営している「アルメニア友の会」が寄贈した図書が保管されているのですが、アレンが読みたい!と言って選んだのは「寄生獣」。アレンが好きそうなグロいシーンがたくさん出てくる漫画ですが、テーマはとても深く、私も大好きな作品です。その後に行ったレストランやカフェで、アレンは真剣に読んでいました。

176004390_457695958791125_4395403861515193179_narmenia21-4-19.jpg
レゴ教室の近くの公園でも桜が美しく咲いていました。エレバン市内で桜をけっこう見かけます。

175889295_521138552629813_8851351638235199590_narmenia21-4-19.jpg
その公園では噴水が稼働し始めて、子供たちは大喜び!噴水はライトアップされます。

175828168_270652841200404_6893450914291202988_narmenia21-4-19.jpg
ヒカリセンターから借りた「寄生獣」を必死で読むアレン。「パパ、共食いって何?」とか、グロい質問をしてきます。

175863731_651493662329305_4283323783549158681_narmenia21-4-19.jpg
ライトアップされたカスカード展望台。快適な気候だから、夕方以降は多くの人が散策しています。

日曜は、久しぶりにガルニ神殿とゲハルド修道院に行ってきました。アレンもレオも世界遺産が大好きなので、妻が、「だったら世界遺産を見せてあげよう」と提案したのです。まあ、アレンもレオも過去に訪問したことがありますが、世界遺産という認識を持って改めて見たら、また違った印象を受けるかもしれません。それに暖かくなってきたから、家族でちょっと遠出したくなったこともあります。

今回も、元学生のティグランに運転を頼みました。先月末に子供が生まれてから初めての再会だったので、「おめでとう!」と祝福しました。ティグランは嬉しそうに、「ありがとう。子供はとても可愛いです」と言っていました。ティグランは身長2メートル近い巨体なのに、生まれた子供は2800gと小さめだったそうです。

それを聞いた妻が、「うらやましい!」と言っていました。というのも、逆に、私と妻は小柄なのに、アレンもレオも4キロ近い大きな赤ちゃんだったのです。しかし、妻は二人とも、病院に着いて2時間後ぐらいに産みましたが、ティグランの子供は12時間もかかりました。本当に個人差があって、よく分かりませんね。とにかく母子共に健康でよかったです。

ティグランの運転で、まずゲハルド修道院に向かいました。着いてみると、意外にも多くのアルメニア人観光客で賑わっていました。外国人がほとんどいないことを除けば、コロナの問題などないかのような賑わいです。個人的には、これでいいと思います。

ここは、創建が4世紀まで遡るという古い歴史があり、岩盤を穿って造られたことから、洞窟修道院とも呼ばれています。その洞窟修道院には13世紀に再建された教会が隣接しています。「ゲハルド」はアルメニア語で槍の意味で、キリストを刺した聖槍がここに保存されていたことに由来ししており、現在その聖槍は、エチミアジン大聖堂にあります。

昨年は訪問客がほとんどいなかったため、私と妻も1年ぶりぐらいの訪問でしたが、やはり素晴らしい場所です。一枚岩を掘り抜いて作られた精微なレリーフ、そして内部に満ちる神々しい雰囲気から、人々の信仰と祈りのパワーを感じます。これまで何度も訪れているにも関わらず、いつも感動します。

175539047_232758845274757_6709927704689784211_narmenia21-4-19.jpg
世界遺産のゲハルド修道院。多くのアルメニア人観光客が来ていました。

176265438_3871381492977544_5657348494600127266_narmenia21-4-19.jpg
教会内部は、窓から光が差し込み、神聖な雰囲気に満ちていました。

175889296_293119059129641_4771428465883506202_narmenia21-4-19.jpg
一枚岩を掘り抜いて作られた洞窟修道院内部には、美しいレリーフが残されています。

175858491_2838342689754170_1265965337581189914_narmenia21-4-19.jpg
家族でロウソクを灯して祈りました。ロウソクの火と窓から差し込む光が、とても神々しかったです。

ゲハルド修道院を後にしてから、マス料理を食べにレストランに行きました。そこは湧き水で多くの魚を養殖していて、鶏が放飼になっていたり、ブランコや卓球台などもあって、子供たちは楽しそうに遊んでいました。子供たちにとって、世界遺産を見るという元々の目的はどうでもいい感じでしたが、その嬉しそうな笑顔を見ると、家族で出かけて良かったなあと思いました。マス料理もとても美味しかったです。

食事後は、ガルニ神殿を訪問しました。紀元前1世紀に建てられた太陽神ミトラを祀る神殿で、アルメニアに残された唯一のキリスト教以前の宗教建築となっています。17世紀に大地震で崩壊し、現在ある神殿はその後に再建されたものなので、世界遺産になっていませんが、神殿のあるアザット渓谷は自然世界遺産に指定されています。ここも、多くのアルメニア人観光客が来ていました。

子供たちは、鏡と水面で太陽光を反射させて祭壇を照らす仕組みや、一日の時間を表す24本の柱などを面白がっていました。しかし、子供たちが何より面白がっていたのはドローン!というのも、私たちが訪れた時、ちょうど2組の新婚カップルが記念撮影を行っていたのです。ブーンと音を立てながら、自由自在に空中を飛び回るドローンを子供たちはずっと見ていました。

途中、一台のドローンが木に激突するなんてトラブルもありましたが、ガルニ神殿を背景に、幸せいっぱいの新郎新婦の姿を撮っていました。貴重な歴史遺産と雄大な自然をバックに記念撮影をするなんて贅沢ですよね!ここも1年ぶりぐらいの訪問でしたが、楽しい時間を過ごすことができました。

久しぶりにゲハルド修道院やガルニ神殿を訪問して、改めてアルメニアの悠久の歴史、そして美しい自然に感動しました。これからもっと暖かくなるので、また家族でどこか出かけたいと思います。現状では、今年もコロナの問題で国外に行くのは難しそうですから、去年同様にアルメニアの魅力を再発見する機会を多く持ちたいです。

175822400_826827091563576_8185182585417320938_narmenia21-4-19.jpg
レストランにはブランコがあって、すぐ子供たちは遊び始めました。

176059984_2581543472149980_599891322318539092_narmenia21-4-19.jpg
卓球台もあって、アレンとレオも楽しそうに遊んでいました。ちなみに、私は小学校時代は卓球部でした。

175900046_1334207510291250_8297817924755086712_narmenia21-4-19.jpg
いけすの魚に餌をやるアレンとレオ。魚がけっこう水しぶきを上げるのでビックリ!

175709500_142662511138077_2289879870715443956_narmenia21-4-19.jpg
みんなで食事。昨日は、親友の片岡さんの誕生日だったので、「片岡さんに乾杯!」と言ってワインを飲みました。片岡さん、おめでとうございます!

175937535_128639802576930_865901017836751498_narmenia21-4-19.jpg
ヘレニズム様式のガルニ神殿。アルメニアに残る唯一の異教建築です。

175831268_4257259497631825_4576563182553705701_narmenia21-4-19.jpg
神殿は世界遺産ではありませんが、周辺の雄大な自然は世界遺産に指定されています。

175863722_2050535585084220_6943467933120696499_narmenia21-4-19.jpg
ガルニ神殿をバックに抱き合うアルメニア人の新郎新婦。写真左にドローンが映っています。

175889184_144623477611512_3261691253230589501_narmenia21-4-19.jpg
神殿の隣には教会もあったので(地震で壊れて現存していない)、古い十字架石も残されています。

私の47歳の誕生日のお祝い! 

少し天気は不安定ですが、それほど寒くなったりはせず、確実に季節は春へと移り変わっています。コロナに加えて、昨年秋に戦争まであったから、今年の春の訪れは格別に嬉しく感じます。

アルメニアは、英国型のコロナ変異種が見つかったこともあり、日本の検疫強化の対象国に入ってしまいました…といっても、特別な措置が追加されたりはしません。アルメニア国内も全く混乱などはなく、ほとんど普通に社会は動いています。多くのウイルスは家族間の感染でも変異するものなので、いちいちヒステリックに反応していたら切りがありません。

モスクワで開催された重量挙げの欧州選手権102kg級で、アルメニアの選手二人が金銀を獲得するという嬉しいニュースがありました。ちなみに、銅メダルはアゼルバイジャンの選手。多くのアルメニア人は、この結果に溜飲を下げたかもしれません。でも、スポーツで争うのは人が死んだりしませんからね。

そのアゼルバイジャンの政府は、首都バクーに緒戦の勝利を記念する公園を作ったのですが、アルメニア軍からの戦利品やアルメニア兵の捕虜を模した人形などが展示されているらしく、多くのアルメニア人が怒っています。写真を見る限り、けっこう生々しくて、わざわざ民族間の憎悪を煽るような展示なんかせんでも…と思います。

あと、ガギク・ツァルキャンというアルメニアの大富豪の政治家が、息子の結婚式に億単位ものお金をかけて豪奢に祝ったため、「コロナと戦争で国が大変な時にアホか!」と市民の反感を買っています。写真で見たウェディングケーキは4メートル以上あったかも…でも、批判している人の多くも、もし同じぐらい金と権力があったら、やっぱり盛大にお祝いしそうですけどね。

先週土曜は、アルメニアの国会議事堂の庭に植えられた桜が開花したことを記念する行事があり、私たちも招待されたので、妻とレオを連れて参加してきました。アレンは、学校の同級生の誕生日パーティーに呼ばれたので、そちらに行っていました。アレンだけの予定が入るなんて、なんだか少し大人になったように感じる出来事でした。

植えられているエゾザクラは、少し葉桜になっていましたが、美しい花を咲かせていました。イベントでは、村上春樹の「ノルウェイの森」のアルメニア語版も紹介されて、翻訳した妻もスピーチしました。かなり評判がいいらしくて、また多くの人に読んでもらえたら嬉しいですね。最後にみんなで桜の木に折り鶴を飾りましたが、レオも楽しそうに参加していました。

また、日曜は先月アルメニアに引っ越された日本人のご家族のお宅にお邪魔しました。アララト山が見える閑静な住宅街で、楽しくお話しすることができました。3歳になったばかりの男の子がいて、アレンとレオと一緒に楽しく遊んでいました。お互い日本語で会話できるから、アレンとレオのことを「お兄ちゃん」と呼んでいました。いい遊び友達ができたみたいで良かったです。

172254157_155919336430210_9043527266206560835_narmenia21-4-13.jpg
桜のイベントで、「ノルウェイの森」の翻訳について話す妻。昨年は川端康成を翻訳して、今は三島由紀夫を翻訳中です。

171520809_744359879559361_8229144433434006991_narmenia21-4-13.jpg
桜の木に折り鶴を飾るレオ。この後はレゴ教室に連れて行きました。

171860745_767453774139548_7490413734208581623_narmenia21-4-13.jpg
アレンは、学校の友達の誕生日パーティーに参加していました。すごく楽しかったみたいです。

172987258_205657477657156_3367127917426102871_narmenia21-4-13.jpg
アルメニアに引っ越されたご家族のお宅から見えるアララト山

171973340_1118627161966535_6009677107044736650_narmenia21-4-13.jpg
男の子3人で楽しく遊んでいました。みんな可愛かったです。

さて、昨日は私の47歳の誕生日でした。ついにアラフィフと言われる年齢になりました。アルメニアではかなり若く見られるので、実年齢を言うとみんな驚きますけどね。若く見えても、ちゃんと年相応に体力が衰えていることを感じます。世界放浪をしていた20代や30代の頃を思うと、「よくあんな無茶ができたなあ」と我ながら感心します。でも、若い時にしかできないこと悔いなくやり切ったという証でもありますね。

誕生日の朝、家族が「おめでとう!」と祝福してくれました。妻と義母からプレゼントをもらって、夜はエレバン中心部の中華レストランにお祝いのディナーに行きました。そこはキッズスペースがあって、アレンとレオのお気に入り。おかげで、私と妻も落ち着いて食事ができます。とりあえず、妻とワインで乾杯しました。食事も美味しくて、ちょっと食べ過ぎてしまいました。

帰宅後は、ケーキにロウソクを灯して、改めて家族で誕生日をお祝いしました。ハッピーバースデーの音楽が流れるロウソクで、アレンもレオも面白がっていました。昨年の誕生日は、アルメニア含め世界中がコロナで混乱している時期でした。そして、昨年秋には戦争まで勃発しました。いろいろあったけど、今年も楽しく家族で誕生日をお祝いできて幸せに思います。その幸せと、子供たちが元気でいてくれることが何よりのプレゼントかもしれません。

多くの方からもお祝いのメッセージを頂いて、本当に嬉しかったです。どうもありがとうございました!今年はアルメニアでの生活も13年目に入ります。いい出会いに恵まれ、平穏で喜びに満ちた一年になりますように!

172434361_10158279200006819_8467146784794612769_narmenia21-4-13.jpeg
私の誕生日のお祝いのディナー。今年も家族で楽しくお祝いできました。

172116459_10158279199996819_3835956404814926975_narmenia21-4-13.jpeg
帰宅後は、誕生日ケーキでお祝いしました。子供たちが元気に笑顔でいてくれることが一番のプレゼント!

幼稚園で「母性と美しさの日」のイベント 

今月に入ってから仕事が落ち着いたので、今回は滞らずにブログが更新できました。天気もいいし、日中の気温は20℃以上と暖かいです。来月また忙しくなりそうなので、今はなるべく穏やかに春の訪れを楽しみたいと思います。

昨日4月7日は、「母性と美しさの日」というアルメニアの女性の日でした。なので、私も花束を買って妻と義母にプレゼントしました。その日は朝早くから花屋も開いていました。

そういえば、ちょうど一週間前、元学生で友人のティグランに待望の赤ちゃんが生まれました。奥さんを病院に連れて行った日に、「たぶん今日、生まれます」とメールがあって、私も誕生の知らせを今か今かと待っていました。結局12時間もかかったみたいですが、無事に元気な男の子が生まれました。

ティグランから、「やっと生まれました!」とメールがあった時は、私も本当に嬉しかったです。アルメニアには、生まれて40日過ぎるまでは子供を他人に会わせない習慣があるので、まだ写真しか見ていませんけど、寝顔がとても可愛かったです。来月その子に会えるのを楽しみにしています。

昨日は、パシニャン 首相とプーチン大統領がモスクワで会談し、政治的、経済的また軍事的な連携強化について合意しました。昨年の第二次カラバフ戦争の停戦仲介をし、当地に平和維持軍を駐留させているロシアは、以前にも増してアルメニアとって最重要の同盟国です。戦争中は、「ロシアの周辺国への影響力が低下している」といった報道を目にしましたが、逆に世界が多極化する流れに乗って、ロシアの影響力は拡大しているように思います。

170701269_568357774142677_6647818942492683978_narmenia21-4-8.jpg
「母性と美しさの日」のお祝いに、妻と義母に花束を渡しました。

さて、昨日はレオが通う幼稚園でイベントがありました。冒頭に書いた「母性と美しさの日」を記念したイベントで、私と妻と義母で見に行ってきました。いつもお世話になっている幼稚園の先生たちにも、お祝いに花をプレゼントしました。全ての女性を祝福する日ですからね。

歌ったり踊ったりする子供たちが、とても可愛いらしかったです。もちろん我が子レオの姿が誰よりも可愛かったー!歌や踊りはたどたどしかったけど、一人で話すのは誰よりも上手にできたように思います。上手にできたのは自分でも分かるのか、満足そうに笑っていました。子供の成長って早いなあと改めて思います。

ママに渡さないといけない花を義母に渡してしまったりなんてミスもあったけど、イベントの最後まで頑張りました。終わってから、妻に抱きついて離れようとせず、私たちが帰るときは少し目に涙をためていたから、やっぱり子供なりに緊張していたんでしょうね。本当によくやった、レオ!お疲れさま!

幼稚園からの帰り道は、少し汗ばむほどの陽気でした。我が家のある地域は高台なので、エレバンの中心部より気温が低いのですが、道にある杏の花が五分咲きぐらいになっていました。本格的な春がすぐそこまで来ています。天気のいい週末には、家族でピクニックでも行きたいですね。

171561198_156553486356834_8844910136195930294_narmenia21-4-8.jpg
家の庭の杏の花が咲き始めました。

170632321_2684068581891258_4127864478404056263_narmenia21-4-8.jpg
エレバン中心部の杏は満開。というより、すでに葉桜のようになっています。

170366384_463882894668690_3482923781607147075_narmenia21-4-8.jpg
アルメニアの民族音楽に合わせて踊りました。

170676958_504776984026674_4095854019829198154_narmenia21-4-8.jpg
ロシア語の曲で踊る子供たち。たどたどしいけど、一生懸命な姿が可愛らしい!

170412783_948240149279779_8326217683137618044_narmenia21-4-8.jpg
レオが、「母性と美しさの日」をお祝いするスピーチをしました。上手に話せて、私も嬉しかった!

170032793_807399920206283_8786185773897035509_narmenia21-4-8.jpg
イベントが終わってから、妻に花を渡してキスをするレオ

169684804_1117582092076688_4683130852669150418_narmenia21-4-8.jpg
レオ、本当によく頑張ったね!お疲れ様!そして、リリットとお義母さん、おめでとう!


昨日の幼稚園のイベントの映像。子供たちが踊ったり歌ったり、スピーチしたりと可愛らしかったです。

今年も家族でイースターをお祝い! 

4月になりました。アルメニアもどんどん暖かくなって、春めいてきました。昨日は、エレバン中心部で杏の花が咲いているのを見かけました。桜に似て美しく、日本人の私も春の訪れを感じます。

今週も仕事で忙しくしていたため、またブログの更新が滞りました。やっと山場を超えたので、今月は少し落ち着いた生活に戻れそうです。急な依頼で慣れないこともあって、まさに怒涛の二週間でした…いろいろあったけど、何とか責務を果たしてホッとしています。とはいえ、その仕事は継続になったので、一時的にかなり忙しくなることが今後もあるかと思います。

今週のアルメニアに関するニュースをいくつかご紹介します。30年前のカラバフ戦争で活躍した英雄軍人アルカディ・テル・タデヴォシャン氏が亡くなりました。享年81歳。見た目から60代と思っていましたが、死闘をくぐり抜けた人だから、年を取っても英気が漲っていたのでしょうか。緒戦から半年しか経っていないため、多くのアルメニア人が哀悼の意を表しました。何より戦争のない平和な社会を築くことが、国のために戦った人たちへの弔いになると思います。

カタールで行われているサッカーの欧州予選で、なんとアルメニアがグループ首位になりました!全線全勝で文句なしのトップ!この調子でW杯の切符を手にしてほしいですが、ドイツなどの強豪とも戦わないといけないので、やはり厳しいかもしれません。でも、このまま頑張ってほしい!

あと、アルメニアでも、コロナの英国変異種の感染が確認されたそうです。これらの変異種の感染拡大によって、世界はまた混乱に陥っていますが、ウイルスが変異するのはごく自然なことで、季節性風邪ウイルスは毎年の流行時期に変異しています。これは、すでに人間界に定着した証拠。いちいちヒステリックに反応してたら切りがないと思いますどね。

さて、仕事で忙しくしながらも、頑張って父親業をこなしました。子供たちを外に連れ出したり、レゴ教室やプログラミング教室に連れて行ったり、また人形劇を見に行ったりしました。昨日からアレンは、週末にあるプログラミング教室の授業に通い始めました。図形を組み合わせて簡単にコードを作成できるから、楽しく学んでいるようです。

人形劇は、イースターを題材にしたもので、私と妻も一緒に見ていました。キリストの誕生から復活までが簡単にまとめられていて、アレンもレオも真剣に見ていました。こういう内容の人形劇が上演されているのを見ると、やはりキリスト教国だなあと改めて思います。というか、アルメニアはキリスト教を国教として受容した世界最初の国。

そして、今日はそのイースター、キリストの復活祭です。アルメニア含め多くのキリスト教国では、クリスマスより重要な祝日。イースターの前日の夜は、クリスマスイブと同じく肉食が禁じられているため、ドライフルーツのピラフと魚料理を食べました。そして、キリストの血の象徴とされる赤ワインで乾杯!

あと、イースターエッグと呼ばれる着色されたゆで卵を食べます。アルメニアでは、玉ねぎの皮の煮汁で赤く色付けされるのが一般的で、その卵同士をぶつけ合う遊びをする習慣があります。先に割れた方が負けという遊びで、アレンとレオが今年も兄弟で楽しそうにやっていました。どっちが勝っても負けても、あまりケンカしなくなったのは成長の証でしょう。

昨年のイースター時期は、世界中がコロナで混乱していて、アルメニアも教育機関が閉鎖されたりなど様々な規制が行われていました。今もコロナの問題は続いていますが、1年前に比べると、アルメニアの社会はかなり平常に戻っています。というか、人々があまりルールを守らないこともあって、まるでコロナなんてないかのように錯覚するほど普通です。

個人的には、これでいいんだと思います。”パンデミック”が始まってから1年が過ぎても混乱し続ける現状を見ていると、ウイルスではなく、人間自身が社会を破壊しているように映ります。ずっと当ブログで書いていますが、私たちは、コロナに感染しないようにするためだけに生きているのではありません。今しかない春の季節の到来をできる限り楽しみたいと思います。

168419047_190816339294707_6704843422622863986_narmenia21-4-4.jpg
杏の花が咲き始めました。桜に似ていて、日本への郷愁を感じさせます。

IMG_0117armenia21-4-4.jpeg
陽気に誘われてか、アレンが自転車に乗りたがります。今のはもう小さいから、新しく買ってあげないと。子供の成長って早い!

168829333_289030239264493_1734336873344587119_narmenia21-4-4.jpg
二人ともレゴ教室に楽しく通っています。

168847801_877725866146925_2703934973707918153_narmenia21-4-4.jpg
昨日からアレンはプログラミング教室に通っています。レオも隣で興味津々。

168454250_3715843568543072_6968373861810802269_narmenia21-4-4.jpg
兄弟でトランプ遊びをするようになりました。レオが負けると、半ベソですねるのが可愛らしい!

168494367_811366206140228_4875305252874102908_narmenia21-4-4.jpg
イースターを題材にした人形劇を見に行きました。

168702938_286637343058257_9064277170550882813_narmenia21-4-4.jpg
イースター前日の晩の食事。肉食は禁じられています。

168586842_1150926905335643_6420008111561331112_narmenia21-4-4.jpg
今年もイースターエッグをぶつけ合って仲良く遊ぶアレンとレオ。