3か国首脳会談の主な合意内容 

天気予報どおり、昨日から寒さが和らいで、今日は青空も見えていました。積もった雪も溶けています。数日この天気が続いて、来週からまた寒さが厳しくなるそうです。今月下旬以降は、なんと最低気温がマイナス20℃近くになる日もあるみたい…世界的に寒さが厳しい冬になりそうです。

この寒さもあってか、コロナの感染が拡大しており(PCRで陽性=感染ではありませんが…)、五輪開催も危ぶまれています。中止の場合、1兆円を超える経費はどうなるんでしょうかね。日本の大村智氏が開発したイベルメクチンが変異種に対しても効果があるという報道もありましたが、依然として収束の兆しが見えません。ちなみに、インフルエンザ患者は昨年に比べて99%以上も激減しているそうです。

昨日から学校と幼稚園が再開し、子供たちも通っています。二人とも朝はかなり眠そうで、私と妻も頑張って起きています。あと、今日からレゴ教室も再開したので、アレンとレオを連れて行きました。久しぶりにレゴで遊んで、とても嬉しそうでした。このレゴ教室のお陰もあってか、家でも二人とも根気よくレゴやマグネットボールで遊ぶようになりました。特に飽きやすかったアレンが、一つのことに集中するようになったのは良い変化です。

さて、昨日モスクワで、ロシア・アルメニア・アゼルバイジャンの3か国の首脳が会談を行いました。2か月前に締結された停戦合意の当事国で、停戦以降初の会談となりました。アルメニアとアゼルバイジャンの両首脳が握手したり、直接会話する様子は映っていませんでしたが、それは当然でしょう。会談の場にいるだけで、「裏切り者!」と怒り狂う自国民がいますからね。

4時間に及ぶ会談が終わり、新たな合意文書に署名がなされました。以下が、その合意の概要です。

◆3か国の副首相を共同議長とする共同ワーキンググループの設立
◆ワーキンググループは、今月30日までに最初の会合を開催し、当該地域の鉄道や道路など交通輸送について議論する
◆ワーキンググループは、アルメニアとアゼルバイジャンの領土を通じた国際輸送を確立し、その安全確保に必要な交通網を復旧または建設する

主に経済問題などが議論される会談であったため、当該地域の交通や輸送に関連するものとなっています。昨年11月の停戦合意に「当該地域の国境封鎖、また経済・貿易・交通の遮断を開放する」という項目があり、プーチン大統領も会談冒頭で、この合意項目の実現の重要性を改めて強調しました。

具体的な内容については、会談後にアリエフ大統領が、「ナヒチェバンとアゼルバイジャン本土が、アルメニア領土を経由した交通で結ばれる。アルメニアは、アゼルバイジャン領土を経由する鉄道によってロシアやイランと結ばれる」と述べました。アルメニアとナヒチェヴァン・アゼルバイジャン本土の間にはソ連時代の鉄道網があり、それを復旧させるのでしょう。

もし上記の計画が実行されれば、30年前の第一次カラバフ戦争以来ずっと封鎖されていたアルメニアとアゼルバイジャンの国境が開くことになります。また、それをきっかけに、同じく封鎖されているアルメニアとトルコとの国境も開く可能性が出てきます。両国は、過去にお互い歩み寄ったこともあるのですが、虐殺の歴史問題とカラバフの領土問題が原因で、結局は対立を解消できずに終わりました。

とにかく、画期的な合意がなされたことは確かです。しかし、アルメニア側の最大の懸念事項である捕虜返還については、今回あまり議論されず、未解決のままです。パシニャン首相も、「カラバフの法的地位の問題、そして喫緊の捕虜返還の問題が解決には至っておらず、まだ対立は解消されていない」と述べました。もちろん一回の会談で全て解決するのは困難であり、今後も話し合いを重ねる必要があると付け加えました。そういった政治的な問題だけでなく、両国民の敵対心や不信感もまだ根強いので、今回の合意に対しても国内で大きな反発があるかもしれません。

前回の記事に書いたように、私はこの問題について、一方の見解や立場に偏らない、どんな意見や情報も鵜呑みにしない、短期的な視点で物事を判断しないよう努めているので、今回の合意に関しても、現時点で何か結論づけたり、良し悪しを判断するつもりはありません。戦争を含めて起こっていることは全て歴史の変化であり、まだ最終的な結果と言えるものは出ていませんからね。

私が何よりも望む結果とは、戦争という悲劇が二度と繰り返されないことで、その希望を捨てずに情勢を見守り続けています。今後も情勢に変化などがあれば、当ブログでなるべく客観的に伝えていきたいと思います。

138675202_2247705072039723_1487111827328834870_narmenia21-1-12.jpg
2週間ぶりのレゴ教室で楽しそうなレオ

138826190_219030509868095_3933593656822355650_narmenia21-1-12.jpg
アレンも楽しそう。今日は自由制作で、車を作っていました。

138571657_442208146822728_3531643218896319155_narmenia21-1-12.jpg
他の子供と車をぶつけあって遊んでいました。

138716867_2555809364714065_6191841170801968810_narmenia21-1-12.jpg
お正月のプレゼントであげたマグネットボールで遊ぶアレン

137599542_745546402836397_3857116642682352263_narmenia21-1-12.jpg
頑張ってきれいな球体を作りました。以前より集中力がついてきたように思います。

停戦合意の当事国首脳らが明日会談 

日本は寒波の影響で寒いそうですね。アルメニアも寒いですが、今日は少し寒さが和らいだように感じます。来週は5〜6℃ぐらい気温が上がるらしく、明日から子供たちが学校と幼稚園に通い始めるので助かります。2週間ずっと家にいた子供たちも明日はきっと朝起きるのが辛いでしょうね…

日本は緊急事態宣言が出されて、またコロナ騒ぎが再燃していますが、アルメニアは状況が落ち着いているため、教育機関も通常通り再開され、特に規制が厳格化される様子はありません。昨年の夏頃までは、コーカサス地域で飛び抜けて感染者数が多かったのに、今では隣国のジョージアやアゼルバイジャンが日本に追いつきそうな勢いです。私個人は、ロックダウン云々ではなく、寒くなったり、検査数が増えたりすれば、陽性者数が増えるのは当たり前のことに感じます。

ところで、昨日1月9日は、故セルゲイ・パラジャーノフの誕生日でした。波乱万丈の人生を生きた偉大なアルメニア人映画監督で、前衛的かつ芸術的な彼の作品は私も大好きです。「私は愛で世界に復讐する」という言葉を彼は残していますが、それは今とても心に響きます。

アメリカではバイデン氏が正式に次期大統領に認定されましたが、その時にトランプ支持者らが議事堂内に乱入して死傷者まで出る騒ぎとなりました。さすがにこれはちょっと酷すぎ…この事態を受けて、米政界ではトランプ氏の弾劾訴追の動きが広がっているようです。アルメニアでも、昨年11月9日深夜に停戦合意が発表された後、怒り狂った市民らが政府建物に乱入して、国会議長がリンチされて重傷を負う騒ぎがありましたが、あれも本当にアカン!と思いました。

私は、バイデン陣営が不正を行った可能性は高いと思っているので、「公正な選挙結果を覆そうとするトランプ支持者ら」とか「負けを認めない往生際の悪いトランプ大統領」といった報道には違和感を感じますが、それでも今回の騒ぎは非難されるべき蛮行だったことは確か。まあ、アメリカの選挙システムはいつも不正が横行する酷いもので、鼻っからあの国には真の民主主義なんてありません。それに問題は分断ではなく、深刻化する格差なんですけどね。

とにかく、この最悪の幕引きによって、ただでさえ嫌われ者だったトランプ大統領への評価はさらに悪化するでしょう。しかし、在任中に戦争を一度も起こさなかったのはアメリカ近代史上初で、これは高く評価されるべきことだと思います。これからアメリカを率いるバイデン政権や民主党も、この方針は引き継いでほしいと願います(すでに無理な気はしていますが…)。

さて、先ほど現地ニュースを見たら、明日11日にパシニャン首相がモスクワを訪問し、ロシアとアゼルバイジャンの首脳と会談するそうです。2か月前に締結された停戦合意の当事国による重要な会談で、停戦以降初となります。現在の状況や今後のことなどが話し合われる予定ですが、アルメニア側の最大の懸念は、捕虜返還と行方不明の兵士の問題。何よりもまず、この問題について大きな進展や合意が不可欠だとアルメニア政府は述べています。

というのも、アゼルバイジャン側に身柄を拘束された捕虜の一部がまだ帰還しておらず、行方不明の兵士の安否も問題となっているのです。その家族らの忍耐も限界を超えており、政府や防衛省に対して抗議デモを行っています。彼らの不安な気持ちを考えると、その訴えも理解できますし、一刻も早く解決されるべきだと思います。明日の会談では、早急な解決に向けて建設的な話し合いが行われることを願います。

いつもの如くアルメニア国内では、その会談について様々な憶測や意見、噂や情報がネットに流れていますが、私自身は、このカラバフを巡る問題に関して、一方の見解や立場に偏らない、どんな意見や情報も鵜呑みにしない、短期的な視点で物事を判断しないように努めています。

基本的に心がけていることですが、今回の戦争と戦後の混乱を通じ、自戒も込めて、改めてそう固く心に決めているのです。なので、会談の内容や結果がどういうものであっても、なるべく冷静に情勢を見守るつもりです。そして、また当ブログで情報をお伝えできればと思っています。

138051466_259133775553426_6334163951496031626_narmenia21-1-10.jpg
教会の前の木が真っ白なクリスマスツリーみたいになって美しい。

137365182_444291486940488_5788481631793794309_narmenia21-1-10.jpg
すごく寒いけど、この冬らしい景色には見惚れてしまいます。

138035897_338462183820694_8886457534463844389_narmenia21-1-10.jpg
どこも真っ白で絵になります。

138028174_928512927885897_8733461435582596144_narmenia21-1-10.jpg
この寒い中、子供たちは元気にしています。アレンが人形劇を始めました。騒がしいけど、常に何か遊びを考える子供の思考ってすごい。

137229506_683775668963595_6317937227495000840_narmenia21-1-10.jpg
それを見たレオも始めました。ストーリーは全く意味不明でしたが、可愛らしかった!

137522852_162165288665032_6753282694557245223_narmenia21-1-10.jpg
部屋の壁を上って得意げなアレン

138043389_1172666209833567_5916566748930384986_narmenia21-1-10.jpg
それを真似したレオも自力で上れてビックリ!以前は足がまともに届かなかったのに…成長しているんですね。

スキーと温泉、そしてクリスマス 

最低気温がマイナス10℃まで下がる寒い日が続いています。でも、樹氷がとても美しく、その冬の芸術に見惚れてしまいます。学校と幼稚園が始まる来週は寒さが和らぐそうで、もし予報通りであれば助かります。

今日1月6日はアルメニアのクリスマス。昨日のイブは、近所の教会のミサに行って、ロウソクの火を持ち帰りました。そして、家族で魚料理(内陸国なのでマス)やピラフを食べて、赤ワインで乾杯しました。イブの肉食は禁じられているのですが、妻は年明けからずっと動物性のものを取らない断食をやっていました。元々キリスト教では、クリスマスとイースターの前にこの断食をする習慣があります。

昨日、アルメニアの大統領がコロナに感染したというニュースがありました。ロンドンで足の手術を受けた後にPCR検査で陽性と出たそうです。日本は首都圏を対象に緊急事態宣言が出されることが決まったようですね。感染者が増え続けている上に、変異種の騒ぎもあって、各国でロックダウンなど規制がまた厳しくなっていますが、経済への影響は甚大でしょう。今回の緊急事態宣言で、また多くの人が大打撃を受けるのは確実ですね…

136779216_1138975523205516_4733443774048653904_narmenia21-1-6.jpg
教会の木々も樹氷で真っ白。寒いけど美しい…

136130290_720700475548771_1921370037670463797_narmenia21-1-6.jpg
クリスマスイブのミサ。今年が平和な年になるよう祈りました。

136765229_246533636982459_14000466662363114_narmenia21-1-6.jpg
教会から持ち帰ったロウソクの火を家に灯しました。

136484072_408065713836329_3511017474725986474_narmenia21-1-6.jpg
クリスマスイブの食事は、魚料理とドライフルーツのピラフ、そして赤ワイン。

さて、前回の記事にも書いたように、泊まりがけで家族とツァフカゾールというスキー場に滞在してきました。例年であれば、年末からホテルもアパートも一杯だったり、料金も超高かったりしますが、今年はコロナと戦争で旅行客が減っているせいか、幸いアパートの部屋を手頃な値段で予約することができました。

初日は街を散策してのんびりと過ごし、二日目の朝、私とアレンだけ先にゲレンデに向かいました。レオはゆっくり寝ていたのもありますが、「僕もスキーをしたい!」とアレンが言うので、やらせてみることにしたのです。元々はソリ遊びでもさせようと思っていました。とはいえ、今年は雪がまだそれほど降っていない上に、ツァフカゾールは少し暑く感じるほどの晴天で、スキーができるかどうか不安でした。しかし、ゲレンデに行ってみると、問題なく雪がありました。

子供用のスキー板と靴も借りて、一緒にリフトに乗りました。なだらかな斜面で滑らせてみると、あっという間に転んでしまいました。アドバイスしながら手伝っても、やはり初めてだから何度も転んでしまいます。慣れないスキー靴とスキー板を履いているから、立ち上がるのも一苦労…それでも、息子がスキーに初挑戦している姿を見ていて嬉しかったです。

アレンが疲れた頃、妻とレオがゲレンデに到着したので、とりあえず家族で雪遊びをしてもらっている間、私はスキーを楽しむことにしました。青空が広がる雄大な景色の中を滑るのは気持ちいい!やっぱりスキーは楽しい!休日でも日本みたいに混んでないのも快適です。ちなみに、アルメニア人はあまりスキーをしませんが、リフトで上がって景色を楽しんだりする人が多いです。

コテージで家族と昼食を取ってから、また一人で滑っていると、妻から、「アレンもレオもスキーをやってる!」と電話がありました。休んで元気になったアレンがまたスキーに挑戦し始め、それを見たレオもやりたがったのだそうです。それを聞いて、急いで家族がいるところまで滑り降りました。

行ってみると、レオが小さい体でスキーに挑戦していました。もちろん少し滑るとコロンと転んでいましたが、その一生懸命な姿が可愛らしい!バランス感覚がいいので、ちゃんと練習すれば滑れそうな気がしました。次にアレンにやらせてみたら、少し上手になっていてビックリ!アレンも練習すれば、けっこう早く滑れるようになるかもしれません。今冬に何度かスキーをやらせてみたいです。

最終日は、帰りにアルザカンという村にある温泉に立ち寄りました。ハンカヴァンという温泉には行ったことがありますが(過去の記事)、ここは初めて。同じく浴槽のある部屋を借り切るシステムで、家族で一時間ゆっくり温泉に浸かりました。アレンとレオは温泉に入るのは初めて!ちょうどいいお湯で、やっぱり天然の温泉だからか、芯まで体が温まりました。妻も子供たちも気持ちよかったみたいで、スキーの疲れもかなり取れました。このスキーの後に温泉という流れは最高ですね。

とにかく、とても充実した二泊三日の旅行でした。子供たちも、「すごく楽しかった!また行きたい!」と言ってくれました。新年早々に子供たちの笑顔を見れて、家族と楽しい時間を過ごせて良かったです。昨年は大変なことが多く、今年もまだ始まったばかりですが、お陰さまで幸せなスタートを切ることができました。いい年にするために、たくさん素敵な思い出を作りたいと思います。

134863778_10158045812051819_1124006154891093941_narmenia21-1-6.jpg
ツァフカゾール初日は、街中心部にあるケチャリス修道院で新年の健康と幸せを祈りました。

135359092_10158045812441819_3372926639873298246_narmenia21-1-6.jpg
夜にライトアップされたケチャリス修道院は神秘的で美しかったです。中世に建てられた歴史ある教会です。

135133411_10158045812716819_1079738487828813533_narmenia21-1-6.jpg
初日の夕食は、アルメニアの冬の定番料理ハーシュ。牛足を煮込んだスープで、自分で塩とニンニクを入れて味付けし、乾燥させたラバシュ(アルメニアの薄いパン)を砕いて浸して食べます。

135810989_10158045812891819_4925892929923347257_narmenia21-1-6.jpg
アレンはハーシュもBBQも美味しそうに食べていました。しかし、ハーシュはカロリーが高いから、胃が重くなります…

135582611_10158047911276819_8266894145068574340_narmenia21-1-6.jpg
翌日は朝からスキー場。絶好のスキー日和で少し暑いぐらいでした。

135606177_10158047910916819_1440097208294108950_narmenia21-1-6.jpg
アレンもスキーに初挑戦!何度も転びながらも、楽しんでいました。

135534274_10158047911046819_1462198771752151565_narmenia21-1-6.jpg
レオもスキーに初挑戦!けっこう様になっていました。

136159987_10158049856481819_2607765554042811230_narmenia21-1-6.jpg
最終日はアルザカン村にある温泉に入りました。体が芯から温まって、外に出ても体がポカポカしていました

135475530_10158049856546819_979251533039008635_narmenia21-1-6.jpg
アレンとレオは初の温泉!新年早々に初めての経験をたくさんできて嬉しそうでした。また家族でスキーと温泉に行きたいと思います。


アレンとレオのスキー初挑戦の動画。初めての割には、二人ともけっこう滑れています。

あけましておめでとうございます! 

あけましておめでとうございます!今年最初の記事更新です。激動の2020年が終わり、2021年になりました。今年もよろしくお願いします。

例年であれば、日付が変わって新年になった瞬間、共和国広場で花火が打ち上げられたりして賑やかなお祝いムードに包まれます。しかし、第二次カラバフ 戦争で多くの命が失われたため、今年は、犠牲者の冥福を祈ってランタンが打ち上げられたそうです。どこか悲しく、また静かな年明けでした。

ただ、子供たちにとっては、サンタクロースがプレゼントをくれる一年で最も嬉しい瞬間。というのも、アルメニアでは、サンタは年越しの夜に来るものとなっているからです。今年も、子供たちの興味や希望を探りつつ、事前に買って包装して隠しておきました。これを本当にサンタが持ってきたかのように渡さないといけません。

なので、年が明ける少し前に玄関のベランダの椅子の上に置きました。新年を迎えて家族で乾杯した後、「あれ?今、誰かドアをノックしなかった?」と妻が言うと、子供たちは、「サンタだー!」と叫んでベランダの方に走り出しました。私がドアを開けて、「おかしいなー誰もいないなー」と言ってとぼけていると、子供たちがプレゼントを見つけて大喜び!今年もサプライズは大成功でした。

そして、ワクワクしながら包装紙を破っていきます。二人とも欲しかったプレゼントを貰えて本当に嬉しそうでした。長男アレンは今年8歳になるので、いつまでサンタを信じてくれるのか分かりませんが、無邪気な子供たちの笑顔が見たいので、できる限りこの習慣は続けたいと思います。妻や義母とも互いにプレゼント交換しました。

プレゼントに興奮した子供たちは深夜2時ぐらいまで起きていたため(レオはソファの上で潰れてしまいました…)、元旦はゆっくり昼近くまで寝ていました。子供たちは、起きてすぐにプレゼントで遊び始めました。レオにあげたスパイダーマンのレゴは、6歳以上だからアレンが全部作ってあげていました。今までは私がやってあげていたのに、最後まで自分で作れるようになったとは…レゴ教室に通った効果かもしれませんが、長男の成長を新年早々に感じることができました。

夕方は、近所の教会に家族で行ってお祈りしました。何よりもまず、戦争の犠牲者の冥福を祈りました。世界はコロナ一色でしたが、やはりアルメニアにとって最悪の出来事は戦争です。多くの未来ある若者が命を落としました。私も二児の父親なので、本人の無念と遺族の悲しみを思うと辛いです。暗い気持ちの中で新年を迎えた人たちがたくさんいることでしょう。家族みんなと穏やかにお正月を過ごせていることは、本当にありがたいと思います。

その家族の健康と幸せ、また新年が希望と平和に満ちた年になるよう祈りました。いつも年明けに平和を祈りますが、今年ほど強く心から祈ったことはありません。大規模な戦争を経験し、それがどれだけ悲惨なものか痛感しました。そして、「自分や家族が戦争で死ぬかもしれない、他国や他民族と戦うかもしれない…」という不安のない平和な社会がどれだけ尊いものかを痛感しました。

とにかく、昨年は大変なことが多かった分、今年はより良いものなってほしいです。何度も書いていますが、私はきっとそうなると信じています。だから、子供たちのように、いつも笑顔を忘れずに前向きに生きていきたいと思います。また昨年は、たとえ会えなくとも、素晴らしい縁や繋がりに恵まれていることを実感した年でした。本当に感謝です。コロナの問題が収束し、再会や新たな出会いに恵まれるよう祈りました。

さて、今日から三日間、ツァフカゾールというスキー場に家族と滞在する予定です。毎年スキーに行っている場所で、子供たちも雪遊びができるので楽しみにしています。美しい自然の中でリフレッシュしてこようと思います。では、行ってきます!皆さんも、よいお年をお過ごしください!

135557627_688557521793693_2420766622364900473_narmenia21-1-2.jpg
妻がシュークリームを作るのを手伝うアレンとレオ

136057825_440753960627466_6918265030256665038_narmenia21-1-2.jpg
今年も年越し蕎麦を作って食べました。

135772541_221229682788854_4925532920294832837_narmenia21-1-2.jpg
サンタからプレゼントを貰って嬉しそうな息子たち。この瞬間は見ている私も嬉しくなります。

135446067_158655038992236_1315049346834182213_narmenia21-1-2.jpg
レオのスパイダーマンのレゴを作ってあげるアレン

135373255_243386500473518_3280661274054380921_narmenia21-1-2.jpg
アレンが一人で最後まで作り上げました!飽きぽかった性格だったのに…すごい!

135642950_420360849165399_42395665890578084_narmenia21-1-2.jpg
教会に向かう途中、アレンがジャケットをすっぽり被っておどけていました。宇宙人みたいで面白かった!子供は周りを明るくする天才!

135223041_206802221159589_8415814312633567412_narmenia21-1-2.jpg
家族の健康と幸せ、そして2021年が穏やかで平和な年になるよう祈りました。

134768384_1566572370195321_7473133002569796042_narmenia21-1-2.jpg
今年も干支の折り紙を作りました。今年は丑年。素晴らしい年になりますように!