相変わらずマニアックなアレン 

日中は30℃を超える暑さです。屋外でも公共の場所はマスクの着用が義務付けられているのですが、さすがにこれだけ暑くなってくると、マスクのせいで熱中症のリスクが上がって危ない気がします…ちなみに、今日は買ったばかりのビニールプールにアレンとレオを入れて遊ばせました。

ところで、日本の九州地方では大雨による被害が甚大ですね…パシニャン首相からも日本に対して哀悼のメッセージが送られたそうです。自然災害だから仕方ないとはいえ、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

あと、映画音楽界の巨匠エンニオ・モリコーネ氏が亡くなりました。「ニュー・シネマ・パラダイス」をはじめ、彼の音楽の大ファンだったので、91歳という高齢だったとはいえ、この訃報には一瞬ショックを受けました。ご冥福をお祈りします。

新型コロナに関するアルメニアの状況ですが、現在までの感染者数は29,285人、死者は503人となり、間もなく3万人を超えそうです。しかし、これまでの回復者数は17,247人と60%近くになっていますし、致死率は2%弱と低く抑えられているため、あまり不安になることはないと思います。それに実際の感染者数で計算したら、致死率はおそらく0.1%前後になるかと思います。

さて、ここ最近は、普段の仕事に加えて単発の翻訳依頼などもあって、けっこう忙しくしています。さらにアレンの漢字教育もあるし…そのため、ブログの更新も遅れ気味なんですが、もう少しすれば落ち着くと思うので、また家族で郊外に旅行に行こうかと考えています。夏を満喫できるよう、息子たちを自然の中で遊ばせたいですしね。

息子たちは最近オバQにはまっていると前回の記事に書きましたが、自分が小さい頃に見ていたアニメだし、いかにも子供向けの内容なので、二人が仲良く並んでオバQを見ている姿は微笑ましいです。

しかし、長男のアレンは、時々マニアックな一面を見せてくれます。一生懸命にお絵かきや粘土遊びをしているから、何を描いたり作ったりしているのかなと思ったら、ホラー映画のキャラやグロテスクなモンスターばかり…粘土は、けっこうディテールにもこだわっているし。

フェイスクブックなどで、同じぐらいの子供が作った絵や粘土の写真を見ると、動物や花や車とかなのに、アレンよ、お前はなぜいつもこうなんだ?深海魚やゲジゲジとか蛾が好きだったりと、興味の対象がやたらマニアック…って、まあ、結局そういう部分は私に似たんでしょう。

私も小さい時から不気味でグロテスクなものが大好きで、いまだに好きな映画として、「遊星からの物体X」とか「死霊のはらわた」とかを挙げるほど。でも同時に、記事冒頭に書いた「ニュー・シネマ・パラダイス」のようなヒューマンドラマも大好きなんですけどね。

グロいものが好きだからといって、別に性格が歪んでいるという訳ではなく、アレンは虫を殺したりもしない優しい子です。それに、他の子供にはない特徴や能力があった方が面白いですしね。なので、何に興味を持つか、何を描いたり作ったりしたいかは今後も自由にさせようと思います。アレンが今度は、どんなマニアックな一面を見せてくれるのか楽しみです。

IMG_5871armenia20-7-8.jpg
アレンのお絵かき作品。ホラー映画のキャラばかり。「SAW」のビリー人形って…好きだけど。

IMG_5868armenia20-7-8.jpg
アレンの粘土作品。アレン曰く、「SCPのモンスター」らしいですけど、何だかよく分かりません…

107379452_4690807520944960_1595768995382234438_narmenia20-7-8.jpg
アレンのお気に入りの本やぬいぐるみ。グロテスクな深海魚ばかり…

107012142_869993086857851_7683068056108934958_narmenia20-7-8.jpg
でも、やっぱり無邪気な6歳児です。大好きなスイカを食べるアレン

107382688_3185752738137262_7246854481256346382_narmenia20-7-8.jpg
買ったばかりのビニールプールに入ったアレンとレオ。大きい目のサイズなので、私も一緒に入りました。暑いから気持ちいい!

日本からアルメニアへ感染症対策支援 

7月になりました。今年も後半に入ったということですが、前半はとにかくコロナ一色だった気がします。まだ収束していないので、今年一杯はずっとこのままかもしれませんね…

その新型コロナですが、アルメニアの現在までの感染者数は27,320人、死者は469人。百万人当たりの感染者数は約9,255人と、ペルーを抜いて世界で6番目の多さで、およそ百人に1人は感染者という計算になります。実際の感染者数は公式データの10〜20倍というのが定説ですから、10人に1人というレベルまで感染が広がっていると考えた方がいいかもしれません。

このように感染状況が深刻なアルメニアに対して、各国が人的また財政的支援を行っていますが、日本も例外ではありません。日本政府からアルメニアに、保健・医療関連機材のための4億円の供与が行われることになりました。先月末、山田大使とアルメニア財務大臣との間で、その無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

アルメニアでは、新型コロナの問題以前から、医療機材の老朽化や不足が長年の課題となっています。今回の日本の支援による保健・医療関連機材の供与を通じて、アルメニアの感染症対策や医療体制の改善が期待されています。

私自身は、当ブログでも書いているように、新型コロナについて、これほど世界中が混乱に陥るほどの問題と考えておらず、過剰に恐怖が煽られている印象を受けています。もちろん人命は大切ですが、厳格な封じ込めや抑え込み政策、自粛などによる副作用の方が甚大で、人間の思考や社会のバランスが大きく崩れてしまったかのように感じるのです。

しかし、医療というのは、教育と同じく社会に必要不可欠な重要なもので、たとえパンデミックがなくとも、多くの市民が質の高い医療を受けられるよう整備すべきです。新型コロナもそうですが、感染者数よりも、重症者や死者の数の方がはるかに重要で、そのためにも、今回の日本政府の支援は大きな貢献をするのではないでしょうか

まだまだ世界中が大騒ぎしていますが、どんな感染症もいずれは自然に収束します。健康に気をつけるのはもちろん、他のことにも目を向けたり感動したりしながら、日々を幸せに過ごしていきたいと思います。

106648141_737150630444183_5296940088505375700_narmenia20-7-3.jpg
記事の内容と関係ないですが、息子たちは最近オバQが大のお気に入りで、毎日ネットで見ています。自分が小さい時に見ていたアニメを子供たちが好きになるって、なんだか嬉しいです。

106689143_2425271984439301_5468000905811407042_narmenia20-7-3-2.jpg
レオは道にオバQのキャラを描くぐらい大好きで、主題歌もよく歌っています。

106601753_301411624363571_5359013781429574621_narmenia20-7-3.jpg
知り合いからもらった水鉄砲で遊ぶ二人。天気のいい日にビニールプールで遊ばせようと思います。