規制の緩和、そして端午の節句 

朝からどんより曇って、雨が降ったり止んだりの天気です。寒くはありませんが、スッキリ晴れない日が続くと気持ちも少し重くなりますね。

昨日はアルメニアでショッキングな事件がありました。エレバン市内のアパートの9階に住む家族の父親が、5歳と8歳の息子二人を窓から投げ落として、直後に自分も飛び降りて自殺したのです。転落した子供たちも亡くなりました。ロシア駐留軍に勤めていたアルメニア人の退役軍人らしく、いまだに原因は分かっていません。私も同じように小さい息子が二人いますから、本当に胸が痛みます…

世界で感染者が350万人、死者が25万人を超えた新型コロナウイルス。日本では緊急事態宣言が今月末まで延長されましたね。まだまだ厳しい状況が続いているようですが、アルメニアも最近は毎日100人以上の新規感染者が出ていて(今日は163人と過去最多!)、現在までの感染者数は2782人、死者は40人となっています。統計上では、コーカサス三国の中で最もひどい状況です。

しかし、今週から様々な規制が緩和・解除されています。多くの経済活動は再開されて、外出規制も解除されました。もちろん感染防止のためのルールを遵守しないといけませんが、屋外スペースであればレストランやカフェも営業可能です。美容院や床屋も営業を再開したので、月曜は息子たちを散髪に連れて行きました。

95774245_683665408871594_4869962609756995584_narmenia20-5-6.jpg
二人ともかなり伸びていたので、久々に髪を切ってサッパリしました。男の子らしい!

アルメニア政府によると、新型コロナの問題は少なくともあと1年は続く可能性が高いため、このままロックダウンを続けても根本的な解決にはならず、また経済への影響が甚大になると国家財政が破綻しかねないとのことです。これって、前々回の記事にも書いた「集団免疫の獲得」の方針に隠然と舵を切ったということでしょうか…

計画的かどうかは置いといて、そろそろ方針転換するだろうなとは思っていました。経済的にも社会心理学的にも厳しい規制を続けられるのは2、3ヶ月が限界で、欧州でも規制の緩和が始まりつつあります。まして先進国とは言えないアルメニアでは、日々の暮らしにも困窮する人が急増しているので、問題の長期化が免れないなら、一定のルールを課して経済活動を再開せざるを得ません。

もちろん医療崩壊が起こりかねない事態になれば、再びロックダウン措置などが取られる可能性も否定できませんが、現状では、感染リスクがある中で徐々に通常の生活に戻っていくようです。しかし、教育機関の閉鎖と公共交通機関の運行停止、可能な限りのテレワークの要請は継続されています。

さて、昨日5月5日は端午の節句でした。なので、息子たちに紙で兜と鯉のぼりを作ってあげました。そして、一緒に巻き寿司を作りました。子供は二人とも和食が大好きで、あまり落ち着いて食べることがないアレンも、寿司とかだと自分からパクパク食べてくれます。

今回もアレンは自分で巻くのもやりました。もちろん私が手伝ってあげましたが、楽しそうに巻き簾を使って巻いていました。なぜかレオは「パパがやって!」と言うので、私が巻きました。それでも、レオも美味しそうにたくさん食べていました。レストランも営業を再開したし、もっと暖かくなったら、日本食を食べに連れて行ってあげたいですね。もちろん社会的距離を取るなど気をつけててですけど。

96396018_2599513826959860_1096257318170918912_narmenia20-5-6.jpg
兜をかぶって鯉のぼりを持つアレン。わざとテンション低い表情を作って写真を撮ってもらおうとするなんてマセてきました。

95946294_238966393841596_2238025196436979712_narmenia20-5-6.jpg
レオにも鯉のぼりを作ってあげました。

96003880_2808998762546043_8130106416808591360_narmenia20-5-6.jpg
巻き寿司を作るアレン。私が手伝ってあげましたが、上手に巻けました。

アレンの珍回答と漢字の勉強 

少し不安定な天気ですが、かなり暖かくなりました。日も伸びて午後8時ぐらいまで明るいです。昨日5月1日はメーデーでアルメニアはお休みだったので三連休です。

日本もGWに入りましたが、緊急事態宣言が出されているから、今年は帰省や旅行する人はほとんどいないかもしれませんね。その緊急事態宣言も、現状では解除は難しいとのことで延長される方向のようです。しかし、このままだと経済的に立ち行かなくなる企業や人がさらに増えるでしょうし、それはそれで心配…

アルメニアも今月14日まで非常事態宣言が出ていますが、おそらく延長されることはなさそうです。かといって、新型コロナの感染拡大に収束の兆しが見えているわけではありません。最近は毎日100人前後と増加ペースが高く、現在までの感染者数は2273人で、死者は33人となっています。昨日は27歳の若い女性が亡くなりました。重い基礎疾患があったそうですが、一方94歳の女性が回復したというニュースもあり、年齢よりも持病の有無の影響が大きいのかもしれません。

上記のような状況ですが、アルメニア政府は段階的に規制を緩和する方針で、来週から多くの経済活動などが再開される予定です。しかし、教育機関は5月末まで閉鎖されることが決まりました。アルメニアの学校や大学の多くは6月から夏休みに入るので、このまま今学期はオンラインで授業をすることになった訳です。

とはいえ、多くの教育機関はオンライン授業の体制が整っておらず、アレンが通う学校も例外ではありません。教師も学生もかなりやりづらそうで、やはりアレンのようにまだ小さい子供は自宅だと集中できないみたいです。宿題もかなり嫌々やっていて、妻によく叱られています。

先日、いつものようにアレンの宿題をチェックしていた妻が急に大笑いし始めました。頭がおかしくなったのか??と思うぐらいの大爆笑で、その理由を聞いたら、「アレンの算数の回答が面白すぎる!」とのこと。教えてもらった内容は、変わり者のアレンらしくて最高でした。

「足し算・引き算の問題とその回答を作りなさい」という宿題にアレンが書いた答えは…

「膵臓がない人がいます。この人は膵臓を一つもらいました。今この人は膵臓がいくつありますか? 答えは0+1=1」

す、膵臓って…最近やたら内臓器官に興味のあるアレンらしいけど、6歳の子供が書く文章ちゃうやろ、これ?!無駄にグロいですが、アレンは真面目に考えて書いたみたいで、それがまた面白い!これを見た学校の先生も笑いが止まらなかったそうです。ユニークさでは、最高の評価をもらえたでしょうね。

95542084_3374598715904168_4371833990689062912_oarmenia20-5-2.jpg
アルメニア語ですが、アレンが書いた膵臓の足し算の問題。さすがに膵臓は6歳のボキャブラリーちゃうやろ…

あと、この自宅待機中に日本語の文字の勉強も始めたのですが、ひらがな・カタカナは終わったので漢字も教え始めました。もともと簡単な漢字はけっこう知っていたから、正確な書き方と音読み・訓読みを教えています。学校の勉強よりも面白いみたいで、私はかなり厳しく指導しているんですが、真面目にやってくれています。

使っているのは、友人の片岡さんに以前日本から持ってきてもらった「うんこ漢字ドリル」。うんこを題材にして漢字を学べる教材で、ご存知の方も多いと思います。大人も笑ってしまう例文が多くて、アレンもきっと楽しみながら勉強できるだろうと思って使い始めました。

うんこが題材になっていること以外は、内容はちゃんとしているし、アレンは例文の内容をいちいち面白がって妻に教えようとするから翻訳の練習にもなっています。まあ、日本語が分かる妻には別に訳す必要もないし、「六つのうんこを一つにまとめよう」なんてアホな文章をアルメニア語で言うのはどうなんでしょうね…

アレンが私と漢字の勉強しているのを、レオも面白そうに隣で見ていて自然に学んでいます。すでに30ぐらいの漢字の意味は分かるみたいだし、一人で見よう見まねで書いたりしています。息子たちが日本語を読んだり書いたりしているのを見るのは嬉しいです。漢字は日本語を難しくしている要素の一つですが、ユニークで面白い部分でもあります。それを理解してもらいながら、これからも頑張って教えたいと思います。

96002810_1567043446791839_2301419772719398912_narmenia20-5-2.jpg
「うんこ漢字ドリル」で勉強するアレン。いつも隣で見ているレオ。

95664004_552721825639989_4283765793658765312_narmenia20-5-2.jpg
うんこ博士によるうんこを使った漢字の覚え方のヒント。くだらなくて面白い!

95881976_1133774283650709_6535741082527858688_narmenia20-5-2.jpg
レオも見よう見まねで漢字を書いています。教える前に自然に覚えてしまいそう。