エレバンに新しい公園が誕生! 

日中の気温は25℃以上あって、けっこう暑いです。日曜は母の日でしたね。アルメニアでは4月7日が「母性と美しさの日」という、いわゆる母の日になっているので、特にお祝いはしませんが、私は日本にいる母にメッセージを送りました。

ところで、一つお知らせがあります。今月12日から発売されているタバブックスの「仕事文脈vol.14」という雑誌に、私の書いた記事が掲載されています。IT立国を目指すアルメニアの生活などについて書かせて頂きました。小さな記事ですが、もし機会があればご覧になってみてください。

タバブックス『仕事文脈vol.14』特集「IT、AI、IoT、えっ?」

さて、日曜は息子たちに夏用の服や靴を買うために、家族でエレバン中心部に出かけました。そして買い物の後、共和国広場近くに新しくできた公園に行ってみました。先週金曜日にオープンしたばかりで、開園式にはパシニャン首相やエレバン市長も参加しました。ニュースなどでも大きく取り上げられたからか、その日も多くの市民が訪れていました。

この公園は、エレバン建都2800周年を記念して、ヴァルダニャン慈善基金の全出資によって作られました。建設費用は530万ドル(およそ6億円)、さらに同基金は99年間の公園の維持費用も全て負担するそうです。なんと太っ腹!すごいですね。

開園式には、同基金を運営するヴァルダニャン兄弟も出席しました。これまでも多くの慈善活動を行ってきた二人は、アルメニアを代表する大企業グランドホールディングの社長。1ヶ月ほど前のブログ記事で紹介した、チョコレート会社のグランドキャンディも経営しています。彼らの父親で創業者の故フラント・ヴァルダニャン氏も篤志家として知られています。(過去のブログ記事はこちら

私は昨年と今年、幕張メッセで開かれたFOODEXという食料品展示会で、そのグランドキャンディのお手伝いをしました。昨年の展示会では、社長の一人のカレン・ヴァルダニャン氏とお会いしたことがあります。少しお話ししましたが、スマートで穏やかな人物という印象を受けました。

そのヴァルダニャン兄弟の寄贈で作られた新しい公園は、アルメニア絨毯をモチーフにしており、敷地内の石畳が美しい絨毯の模様になっています。上空からは公園が大きな絨毯に見えるそうです。そして、公園の最大の目玉は趣向を凝らした噴水。夜にはライトアップされるそうです。

特に人気なのは、弧を描いて吹き出す噴水のトンネル。たくさんの人が、その水のトンネルを楽しそうにくぐり抜けていました。噴水は定期的に出たり止まったりするので、くぐり抜けている途中に急に水が止まって濡れちゃうこともあります。もう暖かいから、子供たちがびしょ濡れになって盛り上がっていました。私たち家族もくぐり抜けてみましたが、幸い水は止まりませんでした。

もう一つ人気なのは、地面にあるたくさんの放水口から水がリズミカルに飛び出す噴水。これも出たり止まったりするから、子供たちがスリルを楽しみながら走り回っていました。アレンとレオも、止まっている時に放水口に近づいて、水が飛び出すと走って逃げるという遊びを何度もやっていました。靴やズボンが水浸しになりましたが、その日買ったばかりの新しい靴に履き替えさせました。

公園内には可愛らしい銅像もあって、家族連れで散策するにはとてもいい場所です。ただ、植えられている木がまだ大きくないため、涼める日陰がないのはちょっと残念…実はこの公園の建設計画に対しては、「エレバンの緑がまた少なくなってしまう!」と反対する声もあったし、完成した今も賛否両論です。確かに以前より緑が少なく感じるので、将来は緑豊かな公園になってほしいと思います。

とにかく、エレバンに新しい名所ができました。アレンとレオもかなり楽しめたようです。これからどんどん暑くなっていくので、水遊びさせるために子供たちとまた訪れたいと思います。

IMG_9985armenia19-5-14.jpg 
公園の石畳はアルメニア絨毯の模様になっています。

IMG_9982armenia19-5-14.jpg
公園の目玉はいろいろな美しい噴水。もっと緑が増えたら涼を取るには最高ですね。夏は市民の憩いの場となりそうです。

IMG_9979armenia19-5-14.jpg
子供をモチーフにした可愛いらしい銅像も置かれています。これも楽しめます。

IMG_9953armenia19-5-14.jpg
最も人気の噴水のトンネル。オープンしたばかりなので、この日もたくさんの人がくぐり抜けていました。

IMG_9970armenia19-5-14.jpg
地面の放水口から水が踊るように飛び出す噴水。これも子供たちに大人気で、アレンとレオもお気に入り。

60144476_381373026054558_4148617758562582528_narmenia19-5-14.jpg
さすがに遊び疲れたのか、その日の夜は二人ともぐっすり寝ていました。


新しくできた公園の噴水で遊ぶアレンとレオの映像。兄弟で仲良く盛り上がっています。

パシニャン首相誕生から1年 

晴れたり曇ったりの天気ですが、日中の気温は20℃を超えて少し暑いです。来週後半から30℃近くになるという予報も出ていて、すっかり初夏の陽気です。

昨日5月9日は、対独戦勝記念日で祝日でした。といっても、私はいろはセンターで授業していましたが…第二次世界大戦中、アルメニアはソ連軍としてドイツと戦いました。またこの日は、ナゴルノ=カラバフ戦争でアルメニア軍がシューシという町を掌握して大きな戦果を挙げた記念日でもあり、パシニャン首相がナゴルノ=カラバフ共和国の首都ステパナケルトの式典に参加し、戦没者慰霊碑に献花しました。

そのパシニャン首相ですが、首相に就任してちょうど1年が経ちました。昨年の5月8日、国会で行われた投票で革命の指導者パシニャン氏が首相に選ばれた瞬間、国中が歓喜の渦に包まれました。私は家族と共和国広場の近くにいたので、その時の興奮はいまも覚えています。市民の歓声と車のクラクションが鳴り響いて本当にすごかった…あれからもう1年なんですね。(その時のブログ記事

一昨日、就任1周年を記念してパシニャン首相が記者会見を開き、この1年間の成果や今後の方針に関する発表、そして質疑応答が行われました。多くの記者から発せられた60以上の質問に受け答えしたこともあって、なんと会見は5時間半にも及んだそうです。

パシニャン首相は会見で、政府として最も注力してきたのは腐敗との闘いだと述べました。その成果として、税収が約25%も伸びたこと、仕事やビジネスチャンスが増え、母国に帰還する市民が急増していることなどを挙げました。以前はより良い生活を求めて国を出ていく市民の方が多かったのですが、帰還する市民の数がそれを大きく上回っているため、不動産価格が上がっているそうです。

あと、パシニャン首相は、「任期中にもし自分の家族の誰かが億万長者にでもなったら、私は翌日に刑務所に入ることになるだろう」と述べました。革命前は、とにかく支配層による独占や権力濫用、金とコネによる腐敗がひどくて、アルメニア社会の様々な問題の元凶になっていました。トップに立つ人が清廉であろうとすることは大事です。その信条をこれからも強く持ち続けてほしいですね。

とはいえ革命から1年が経ち、パシニャン首相をはじめ現政権に対して厳しい意見もよく聞かれるようになりました。それ自体は健全なことで、明らかにおかしいと思うことは批判すべきだし、異議があれば表明すべきです。ただ、たった1年ほどで国が大きく変わるなんて無理な話で、時には痛みを伴う改革も必要になります。政府には、有権者の声に真摯に向き合いながら、より良い未来づくりをを目指して地道に頑張ってほしいと思います。

そういえば先日は、私がゴッドファーザーを務めて式を挙げた二人を囲んで食事会を開きました。GWに結婚休暇や有給を足して3週間の長い休みを取ってアルメニアに来たので、かなりのんびりできたみたいです。最後にみんなで楽しいひと時を過ごし、今朝の飛行機で二人は日本に帰りました。いつまでも仲のいいカップルでいてほしいと思います。雅樹君、マリアム、また会いましょう!

59821514_1395582290581375_309244835087253504_narmenia19-5-10.jpg
エレバン中心部のレストランに集まって、改めて二人を祝福しました。改めて末長くお幸せに!

60209183_693709914396777_9016203692331761664_narmenia19-5-10.jpg
仲良く一緒にジュースを飲むアレンとレオ。よくケンカもするけど、やっぱり兄弟は可愛い!

端午の節句と嬉しい再会 

今日は曇り空ですが、日中の気温は20℃前後で暖かいです。日本は10日間のGWが終わりましたね。旅行されていた方も多かったのではないでしょうか。

昨日はここの日本大使館で、皇太子殿下ご即位の祝賀記帳があったので行ってきました。私も40半ばで、今後またこういう機会があるかどうか分かりませんからね。天皇皇后両陛下の写真が飾られた机で記帳させて頂きました。令和が平和で明るい時代になってほしいと思います。

日曜は5月5日で端午の節句。午前中はアレンとレオを空手に連れて行って、帰宅後に兜の折り紙を作りました。いつもは新聞紙で作って息子たちに被らせていたんですが、今年は白い大きな紙で作って、好きな絵を描いたり色を塗ってもらうことにしました。長男は嬉しそうに、「ドラゴンフルーツを描く!」と言って、緑とピンクで塗り始めました。最近なぜか南国の果物にハマっているんです。

とても嬉しそうなので、もう一つ兜を折ってあげたら、「今度はウリ科の野菜を描く!」と言って、カボチャやヘチマを描き始めました。相変わらず好みや興味の対象がマニアックやなあ…でも、けっこう上手に描けたし、自分オリジナルの兜ができて喜んでいました。レオの兜にはリンゴを描いていました。全く性格の違う二人だけど、健やかに成長してほしいと思います。

IMG_9813armenia19-5-7.jpg
レオも参加してトレーニング。小さい体で頑張っていました。

IMG_9844armnia19-5-7.jpg
ドラゴンフルーツをイメージして描いた兜をかぶるアレン。なんだかサイケデリック!

IMG_9848armenia19-5-7.jpg
次はウリ系の野菜を描いた兜。「かぼちゃ、ゴーヤ、ヘチマ…」と言いながら描いていました。子供って発想が独創的で面白い!

IMG_9853armenia19-5-7.jpg
レオの兜にはリンゴを描きました。とりあえずレオは喜んでいるし可愛い!

その日曜の夕方には、3年ぶりにフランス人の友人と再会しました。8年前にここで少しだけ私が日本語を教えた女性で、その後フランスに戻ってからは、ずっとスイスのジュネーブで働いています。アルメニアが大好きで、ここに住んでいた当時はアルメニア語も上手に話していましたし、国へ戻ってからも時々こうやって遊びに来ます。

来るときはいつも連絡をくれるし、私も妻も、気さくで明るい彼女のことが大好きです。今回は向こうの希望でジョージア料理のレストランで待ち合わせ。到着すると彼女はすでに待っていて、とても嬉しそうにハグしてくれました。元気そうな彼女を見て、私たちも嬉しかったです。

ちなみに、半年前に付き合い始めたというイタリア系スイス人の彼氏が一緒でした。こちらも次男のレオを彼女に会わせるのは初めて。前回はまだ妻のお腹の中でしたが、アレンは1歳と2歳の時に会っています。そのアレンの成長ぶりには驚いていましたね。

食事も美味しかったし、会話にも花が咲きました。彼氏も気さくな人でいろんな話題で盛り上がって、楽しいひと時を過ごしました。「フランスやスイスに遊びに来てね!大歓迎するから!」といつも言ってくれるので、是非とも遊びに行きたいです。ただ、私と息子たちはビザが要らないので楽なんですが、妻がEUのビザを取らなければならず、さらに手続きがかなり面倒…それが簡略化されたり、短期の観光の場合はビザ不要になったりしたらいいんですけどね。

ここ最近は友人や知人と会う機会が多くて忙しいですが、遠路はるばる来て私たちに会いたいと言ってくれるのは嬉しい限り。こういう素敵な縁や繋がりに恵まれていることは何よりの幸せだと思います

IMG_9855armenia19-5-7.jpg
久しぶりの再会を喜び、一緒に楽しい時間を過ごしました。

エレバンのワイン祭に初参加! 

元号が令和に変わり、今日は天皇皇后両陛下の一般参賀も行われたそうですね。今月1日に剣璽等承継の儀が行われ、剣と勾玉が引き継がれましたが、何とこれらの三種の神器は天皇陛下でさえ実見することはできないとのこと。すごいなあ…

その1日の夕方に、先日私がゴッドファーザーを務めて式を挙げたカップルの二人を家に招待しました。アルメニアでは、ゴッドファーザーは、結婚後に夫婦を呼ぶ習慣があるためです。二人からは、お礼に15年物のコニャックを頂きました。相変わらず仲睦まじいカップルで、無事に結ばれて良かったと思います。改めておめでとう!末永くお幸せに!

また一昨日は、ひかりセンターで日本人の方が生け花と茶道を披露されたので家族で行ってきました。アルメニアに1ヶ月ほど滞在されて、ボランティアで折り紙や書道など日本文化を伝える活動されていました。治安がよくて人も親切なアルメニアを気に入られたそうで、また訪れたいと仰っていましたね。

IMG_9691armenia19-5-4.jpg 
着物を着て生け花と茶道を披露して下さいました。

IMG_9707armenia19-5-4.jpg 
その帰りに共和国広場に寄って、家族と噴水ショーを見ました。レオが喜んでいましたね。

さて昨日は、モスクワから来られた日本人のご家族の観光のお手伝いをさせて頂きました。お仕事で時々アルメニアに来られるご主人とは以前からお知り合いで、今回は私が車両やレストランの手配をし、妻が日本語ガイドを務めました。ガルニ神殿やゲガルド修道院、エチミアジン大聖堂などを見学してから、夕方にエレバンで開催中のワイン祭にお連れしました。

日中は別の仕事があった私も、子供たちを連れてワイン祭から合流しました。3年前から始まったイベントなんですが、実は、私もこのワイン祭には初参加。お酒に目がないにも関わらず、今までは都合がつかず参加できませんでした。昨日やっと念願が叶い、開催場所のエレバン中心部の通りに行ってみたら、いろんなワインや食事のブースが立ち並び、大勢の人で盛り上がっていました。

6000ドラム(約12ドル)を払って、ワイングラスとクーポンを購入。それで7種類のワインを飲めて、食事も割引になります。見たことのないブランドのワインがけっこうあったので、いろいろ試してみました。味はピンキリでしたが、お酒好きにはたまらないイベントですね。今回は子供たちと一緒だったため、適当なところで切り上げましたが、雰囲気は十分味わえました。

IMG_9740armenia19-5-4.jpg 
ワインバーやレストランが多い通りが歩行者天国になって、大盛況のイベントでした。

IMG_9732armenia19-5-4.jpg 
民族舞踊のパフォーマンスも行われていました。

IMG_9736armenia19-5-4.jpg 
レオも嬉しそう!飲みたいのかな。来年もまた参加したいですね。

その後は、みんなでアルメニア料理のレストランに行きました。向こうのご家族には6歳ともうすぐ3歳になる娘さんがいて、二人ともすごく可愛らしい!人見知りが激しいアレンも次第に打ち解けて、最後は子供たちだけで楽しそうに遊んでいました。伝統音楽の演奏があるレストランだったので、一緒に踊ったりして盛り上がりました。帰りは子供たち4人が仲良く手を繋いで歩いて、もうめちゃくちゃ可愛かった!

よほど楽しかったのか、アレンは帰りのタクシーの中で、「明日はあの子たちに会えないの~?」と泣き始めました。残念ながら、ご家族は翌日の早朝にモスクワに帰られました。家に帰ってからもアレンは、「また会いたいよ~」とずっと泣いていました。不憫だったけど、素直に恋しがる姿は可愛かったです。アレン、きっとまた会えるよ!

1日だけでしたが、天候にも恵まれて、皆さんアルメニアを満喫されたようです。私たちも楽しい時間を過ごすことができました。子供たち同士もお友達になれたし、また是非お会いしたいと思います。来て下さって本当にありがとうございました!またいらっしゃってくださいね!

IMG_9742armenia19-5-4.jpg
みんなで記念写真。娘さんたちはとても可愛くて良い子でした。

IMG_9760armenia19-5-4.jpg
子供同士で打ち解けて盛り上がって、一緒に大笑いしていました。

IMG_9755armenia19-5-4.jpg
音楽に合わせて、みんなで踊りました。とても楽しいひと時でした!

IMG_9774armenia19-5-4.jpg
帰りは子供たちが仲良く手を繋いで歩きました。道行く人たちもニコニコしながら見ていました。

IMG_9783armenia19-5-4.jpg
本当に可愛くて心癒される子供たちの姿。アレンは今日も、「あの子たちに会いたい~」と言っています。また会えたらいいね!