政党連合「マイステップ」の由来について 

本格的な冬がそこまで来ているのか、朝は水たまりが凍っていて、昨日は雪が少し舞いました。寒かったけど、きれいでしたね。長男アレンが喜んでいました。

入管法の改正が強行採決されました。ちゃんと議論が尽くされていれば強行採決も仕方ないと思いますけど、今回はあまりに審議時間が短すぎ!案の定、具体的な中身はほとんど決まっておらず、自民党は、「これから検討する」と繰り返すばかり。深刻な人手不足を解決するためとはいえ、日本の社会を大きく変え得る重要な法改正ですから、さすがにちょっと無茶苦茶でしょ。

多くの外国人技能実習生が劣悪な環境で働かされ、自殺者まで出ているという衝撃的な報告がありました。また、AIなどの技術革新によって、近い将来には人手が余るというデータもあります。もちろん今の人手不足の問題に対して何も手を打たなくていいとは思いませんが、今回の法改正はもっと様々な観点から議論すべきだったのではないでしょうか…

ところで、一昨日はパートタイムで働いている現地のIT企業のクリスマスパーティーがあったので、妻と一緒に行ってきました。大きなクラブを借り切った盛大なパーティーで、多くの社員が参加していました。後で分かったんですが、スーパーモデルのナタリア・ヴォディアノヴァも来ていたそうです。お酒も食事も美味しかったし、妻と踊って楽しい時間を過ごしました。

さて、前回の記事でお伝えしたように、議会総選挙の結果は、パシニャン首相率いる政党連合「マイステップ」の圧勝でしたが、その「マイステップ」という名前の由来はご存知でしょうか?

いつも英語名で書いていますが、アルメニア語ではイム・カイル。「私の歩み」という意味です。これは革命前にパシニャン氏が始めたデモ行進が由来となっています。権力維持を狙うサルグシャン元大統領の首相就任に抗議するために、パシニャン氏と支持者らは、今年3月末にアルメニア第二の都市ギュムリからエレバンに向けて行進を始めました。

最初は少人数でしたが、約200キロの道のりを歩いて4月13日にエレバンに着いた時には、数千人もの支持者が一緒でした。それほど国民は長年の腐敗政治に疲れ切っていたわけです。政治家たちは、庶民の生活など省みず、私腹を肥やすことばかり考えていましたからね。

その後はご存知のように、10万人を超える規模までデモが拡大、元大統領を辞任に追い込み、パシニャン政権が誕生しました。そのアルメニアの無血革命は、突発的にエレバンで起こったデモではなく、パシニャン氏が、「みんなで団結して闘おう!」と人々に呼びかけながら行った「マイステップ」というデモ行進がきっかけだったのです。そして、その名前が付けられた政党連合が選挙で勝利し、革命は一つのゴールに辿り着きました。

これはもちろんアルメニア市民の団結力の勝利です。しかし、私がすごいと思うのは、諦めずに腐敗政治と戦い続けたパシニャン氏の不屈の精神。多くの国民は、政治に不満や怒りを募らせつつも、いつもただ批判するか諦めるかのどちらかでした。それほどに、「どうせ何も変わらない…」という失望感が蔓延していました。

だから、パシニャン氏のような主導者がいなかったら、革命は成功していなかったと思います。というか、あれほどのデモさえ起こらなかったかもしれません。デモに参加していた人たち自身が、「あんなことを自分たちができたなんて信じられない!」と一番驚いていますからね。

ましてパシニャン氏は元ジャーナリストで、その後は政界に入り、金や欲にまみれた闇の部分を嫌というほど見てきたはずです。よほど強い意志がなければ、いずれ希望や情熱を失ってしまうでしょう。権力にすり寄って自分も甘い汁を吸おうなんて誘惑に負けてしまうかもしれません。しかし、彼は決して絶望や誘惑に屈することはありませんでした。

そんなパシニャン首相の国の舵取りには大きな期待が寄せられています。それと同時に、山積みになっている問題を解決できるのか、本当にこの国をより良い方向に導けるのか…という不安の声も聞かれます。期待が大きい分、成果を出さなければいけない責任も重大です。きっと長く困難な道のりになるに違いありませんが、諦めずに一歩一歩進んでいってほしいと思います

IMG_7598armenia18-12-15.jpg 
勤めている現地のIT企業のクリスマスパーティー。アルメニアの伝統音楽とダンスも披露されて、かなり盛り上がりました。私も妻も少し飲み過ぎましたけど…

IMG_7593armenia18-12-15.jpg
共和国広場の巨大なクリスマスツリーもほとんど完成しています。間もなく、美しくくライトアップされるでしょう。

48389547_338086976746626_2075292360220082176_narmenia18-12-15.jpg 
エレバンの目抜き通りもクリスマスムード一色です。

IMG_7565armenia18-12-15.jpg
どんどんクリスマスムードが高まっています。といっても、アルメニアのクリスマスは1月6日ですけどね。アレンもサンタさんとツーショット!


以前にも載せたことがありますが、「マイステップ」の行進から始まる革命の様子をまとめた動画。こんな歴史的変革がアルメニアで起こったなんて…改めて見ても、ちょっと信じられません。

アルメニアの議会総選挙の結果 

あまりスッキリしない不安定な天気が続いていますが、寒さはまだそれほどでもないです。といっても、日中でも10℃を余裕で下回っていますけどね。まあ、アルメニアの12月中旬にしては大したことありません。

さて、日曜に行われた国民議会の総選挙の結果ですが、大方の予想通り、パシニャン首相が率いる政党「マイステップ」が70%もの得票率で圧勝!過半数の議席を獲得したので、ねじれ現象は解消され、パシニャン氏も年内に首相に再選される予定です。日本でも下の記事のように報道されていました。

パシニャン氏政党が圧勝 アルメニアで議会総選挙

まあ、これは完全に想定内の結果です。私がもっと気になっていたのは、革命前までずっと与党として権力を握っていた共和党の得票率で、なんと、たったの4.7%…議席獲得に必要な5%に届かなかったので、野党にもなれない小政党に落ちぶれてしまいました。自業自得とはいえ、何ともみじめな転落劇。

だって、20年もの間この国を強大な力で支配してきた政党が、たった半年で全議席を失ったんですよ。自民党が全ての選挙区で大敗するようなものです。いや、自民党は過去に下野したことがあるから、このアルメニアの選挙結果はもっと衝撃的かもしれません。盛者必衰の理とは、正にこのことですね。

この結果で証明されたのは、過去の選挙が有権者の意志など全く反映していなかったという事実。今は特に忌み嫌われているとはいえ、5%以下の支持しか得ていない共和党がいつも選挙で圧勝していたんですから、いかに腐敗していたのか改めて痛感します。そういう意味で、今回の選挙は共和党の独裁に終止符を打った歴史的な出来事だと言えるでしょう。

これまでの権力構造が完全に一変し、無血革命の目標が達成されたわけです。しかし、まさかこんなことがアルメニアで起こるなんて…もう10年近く住んでいますが、ずっと共和党の一党独裁は微動だにせず、国民も諦めきっているように見えました。だから、元大統領も、権力の座に居座ろうと首相職に横滑りするなんてアホなことをやらかしたんでしょうね。

それがきっかけで、虐げられてきた国民の怒りが爆発し、元大統領を辞任に追い込むほどの巨大デモに発展しました。そんな国民の鬱積したエネルギーと団結力を侮ったことが、共和党にとって致命傷になりました。やはり国の主権者は、為政者ではなく国民だということです。

とはいえ、今回の投票率がたった約49%と、5割に満たない低いものだったことは残念です。まあ、これも個人的には予想していましたけどね。革命直後ならともかく、すでに半年以上経っていて当時の熱狂はかなり落ち着いていますし、今回はいい意味で結果が見えていたから、けっこう投票率は低いんじゃないかなあと…

でも、やっぱり選挙は国民が政治に直接参加できる貴重な機会なので、もっと多くの人が行くべきだったと思います。しかも、これまでのような政府が恣意的に操作する出来レースじゃなく、有権者の意志が反映されるまともな選挙だった訳ですから、なるべく国民は投票権を活用するべきです。権利は行使しないと意味がありませんからね。

パシニャン首相率いる政党が圧倒的な支持を集めて勝利して、行政府だけでなく、立法府でも実権を持つことが決まりました。パシニャン政権の指導力、そして責任はより重大になります。しかし国民が関心を失い、国の舵取りを政府任せにしてしまったら、また権力が暴走するかもしれません。

やっと公平かつクリーンな選挙が実現して、アルメニアは民主国家として大きなスタートを切ることができました。でも、何より大切なのはこれから!国民の政治参加の意識も良い方向に変わっていってほしいと願います。

IMG_7552armenia18-12-11.jpg
記事と関係ありませんが、週末は家族で出かけました。息子たちも仲良く手を繋いで、妻が幸せそうでした。

IMG_7556armenia18-12-11.jpg
アレンがレオの靴を脱がしてあげていました。お兄ちゃんらしくなってきたなあ

IMG_7559armenia18-12-11.jpg
一緒に粘土遊び。以前はアレンの真似ばかりしていたレオも、今は自分一人で工夫して遊べるようになりました。

IMG_7486armenia18-12-11.jpg
アルメニアの未来が子供たちにとって明るいものでありますように!

スピタク大地震から30年 

アルメニアでは、家族が亡くなってから1週間、その人の部屋の電気をつけっぱなしにする習慣があります。妻の伯父の部屋もずっと明るくて、いつものようにタバコ吸いながらテレビでも見てるのかなんて思ってしまいます。でも、もういないんですよね…何だかまだ信じられません。

今日9日は国会議員総選挙の投票日。これまでの買収や圧力がまかり通る腐敗した選挙ではなく、公平でクリーンな選挙になるのではと期待されています。もしそうなれば、パシニャン首相が率いる政党「マイステップ」の勝利は確実でしょう。気になる結果については、また当ブログでお伝えします。

そういえば、革命で辞任した元大統領の甥がプラハで逮捕されるというニュースがありました。今年夏に横領やドラッグ・武器の密輸などの罪で指名手配を受けてから、国外に逃亡していました。拘束された時、彼はフランクリン・ゴンサレスという偽名でグアテマラのパスポートを所持して身を隠していたそうです。それなりに大きな力が逃亡を手助けしたのではないでしょうか…

彼の父親、つまり元大統領の弟は国内外に莫大な資産を持つマフィアで、革命後に武器の不法所持の疑いで一時拘束されました。もともと汚職スキャンダルが絶えない人物で、最近も30億円以上を国庫に返還させられることになったと聞きました。息子が逮捕されて、さらに苦しい状況に追い込まれるかもしれませんね。まあ、私利私欲のために権力を濫用してきた罰です。

さて、一昨日の12月7日は1988年にスピタク大地震が起こった日。今年でちょうど30年が経ちました。2万5千人もの尊い命が失われた大きな悲劇です。寒さの厳しい冬だったこと、また耐震性に乏しいソ連時代の高層住宅がほぼ全壊したことなども被害を甚大にしました。

その際に日本政府も様々な支援を行ったので、東日本大震災の発生直後にアルメニア政府は義援金を送ってくれました。また、震源地のスピタクの町には日本の犠牲者のためにハチュカル(十字架石)が建てられ、毎年3月11日にアルメニアの人たちがそこに献花してくれています。

7日にパシニャン首相が、震源地に近いギュムリというアルメニア第二の都市を訪問し、「2年以内に被災地の問題を解決する」と述べました。というのも、震災から30年経った今も、家を失った多くの被災者が仮設住宅で暮らしているのです。私も見たことがありますが、老朽化した仮設住宅での生活はかなり大変そうでした。当時の復興予算が不正に使われたことも原因だそうで、本当に酷い話です。

このように革命前までの政府は、国民不在の腐敗した政治を行ってばかりで、地震の被災者など弱者に目を向けることはほとんどありませんでした。住居や家族を失った人たちが苦しい生活を強いられているというのに、30億円もの大金をすぐ払えるほど不正に蓄財してきた輩が幅を利かせるような社会だったんです。今日の選挙が、そんなアルメニアの社会を変える大きなきっかけになってほしいと願います。

DSCN3840armenia12-12-26.jpg
東日本大震災の犠牲者のためにスピタクの町に建てられたハチュカル。私も黙祷を捧げたことがあります。30年前に起こった大震災の犠牲者の冥福を祈りたいと思います。


地震発生当時の悲惨な状況を捉えた映像。突然の自然災害で大切な人を失った悲しみを見ていると、胸が締め付けられます…


大地震をテーマにしたアルメニア映画「スピタク」。第91回アカデミー賞の外国語映画部門に出品されています。アルメニア人にとって決して忘れられない悲劇です。

妻の伯父が天国へ旅立ちました 

月曜日の朝、妻の伯父が亡くなりました。一昨日にお通夜、昨日お葬式が行われ、3年前に亡くなった義祖母、つまり伯父の母親が眠る墓地に埋葬されました。享年65歳…少し早過ぎるお別れになってしまい、とても残念です。

伯父は今年の春過ぎから体調を崩し、9月末に末期の肺ガンと分かりました。すでに手の施しようがなかったため、ずっと自宅で最後の時を過ごしていました。死に目には会えませんでしたが、義母に見守られる中、安らかに眠るように逝ったのはせめてもの救いです。

気さくで陽気な性格の伯父は、妻の家族の中で私が一番仲良くしていた人。お酒とタバコが大好きで、私が一番たくさん一緒にお酒を飲んだアルメニア人だったと思います。「お前のことが大好きだ!俺たちは兄弟だ!」と言って乾杯する姿が懐かしいです。周りにもよく、「俺には日本人の家族がいるんだ。だから少し日本語も知っているぞ!」と嬉しそうに話していたそうです。そんな伯父のことを、私も歳の離れた兄のように慕っていました。

11月に入ってからは容体が日増しに悪くなり、一気に痩せ細って寝たきりになってしまいました。伯父から笑顔が消えて、ほとんど話さなくなり、あれだけ好きだったお酒もタバコも嗜むことができなくなりました。そんな姿を見るのは辛かったけど、できれば一緒に年を越したいという希望を持っていました。しかし、先月下旬から食べることも飲むこともできなくなり、いつ何が起きてもおかしくない状態になってしまいました。

だから、私だけでなく、妻や義母など伯父の家族はみんな心の準備はできていました。とはいえ、やはりいざ大切な人が亡くなると悲しいものです。妻もお通夜や葬儀の時に泣いていましたし、私も伯父と過ごした時間を思い出すと涙が出てきます。義祖母が亡くなった時も同じでしたね。

それからたった3年、しかも同じ12月上旬で、最後の状況もほとんど同じ。まるで母親の後を追うように天国へと旅立って行きました。容体が悪化し始めてからあっという間でしたが、伯父はこの2、3年いろいろと苦労していたので、その苦しみからやっと解放されて、今は義祖母のもとでゆっくり休んでいるのではないでしょうか…

伯父との最後の思い出は、9月上旬に片岡さんと一緒に家の庭で飲んだこと。しばらく元気な顔を見れていなかったのですが、その時は以前みたいに陽気に喋って飲んで楽しい時間を過ごしました。久しぶりに伯父の明るい笑顔を見れて、嬉しさのあまり涙ぐんでしまったのを覚えています。それから3ヶ月後に逝ってしまうなんて…伯父と仲が良かった片岡さんに訃報を伝えたら、とても残念がっていました。

アルメニアに住んで9年半。義祖母に続いて、大好きだった妻の伯父も亡くなりました。身近な人の死に直面するのは辛いですが、どこかに根を張って暮らしている限り避けられない現実です。でも、別れが辛く悲しいのは、その人の存在や共に過ごした時間が愛おしいものだからこそ。素晴らしい思い出を残してくれた伯父に感謝です。本当に会えて、そして家族になれて良かった…

セルゲイ、お疲れ様。いつも僕のことを、親友や弟のように大切にしてくれてありがとう!もう一緒に飲めないし、その笑顔を見れなくなって寂しいけど、どうか天国で義祖母と幸せに暮らしてください。

269436_470295029677041_352432467_narmenia18-12-6.jpg
陽気な性格の伯父さんは、いつも冗談を言って場を明るくしてくれました。

1545897_681732358533306_1533717024_narmenia18-12-6.jpg
私も伯父さんもお酒が大好きだから、本当によく一緒に飲みました。こんな写真を見ると、また泣けてきます…

1536542_10151938059996819_893936436_narmenia18-12-6.jpg
長男アレンが生まれた時も、とても喜んでくれました。

16729083_10154405338901819_9124397122778920592_narmeia18-12-6.jpg
次男レオもすごく可愛がってくれました。まさか、この写真を撮った2年後にこの世からいなくなるなんて…

1527027_10151938057866819_1718299144_narmenia18-12-6.jpg
毎年のお正月は伯父さんの家族とも一緒に過ごしました。伯父さんには孫が四人います。少し早過ぎる旅立ちでしたが、孫に恵まれて良かった。

408090_10150530454931819_1536995880_narmenia18-12-6.jpg
今頃は天国で愛するお母さんと一緒に幸せに暮らしているでしょう。セルゲイ、寂しくなるけど、ゆっくり休んでね。本当にありがとう!

子供たちと一緒にすごろくゲーム! 

ついに12月になりましたね。2018年もあと残すところ1ヶ月…毎年この時期に思うことですが、ホントにあっという間でした。お正月と3月に日本、夏にクロアチアと海外に3回も行ったから余計にそう思うのかもしれません。家族や友人と素晴らしい思い出をたくさん作れて、今年も幸せな1年でした。って、まだ振り返るには早すぎかな。

昨日、ブッシュ元大統領(父の方)が亡くなりましたね。私にとっては湾岸戦争時の米大統領という印象が強いです。そして息子もN.Y.のテロを口実にイラクを攻撃しました。あとで大量破壊兵器なんてないことが分かって、全くの濡れ衣だった訳ですが、父のブッシュが湾岸戦争の口実にしたイラクによるクウェート侵攻も、実はフセインを陥れるためのアメリカの罠だったという話があります。

そういえば、明日はエレバンで日本語能力検定試験が行われます。今年で3回目。実は試験官をしてもらえないかと聞かれたんですが、急なキャンセルが起こり得るかもしれない事情があって、申し訳ないけどお断りしました。受験者の人たちには頑張ってほしいと思います。

さて、雨が降ったり止んだりのスッキリしない天気が続いているせいで、子供たちと外出する機会が最近あまりありません。まだそれほど寒くなっていないとはいえ、昼間でも10℃以下です。先月は息子たちが立て続けに病気になったので気を付けないと。

それで家でのんびりしていることが多いんですが、子供たちがテレビやスマホばかり見ているのはよくない!ってことで、最近すごろくゲームで盛り上がりました。妻が買った小さなすごろくゲームが意外にアレンには面白かったみたいで、勝っても負けても、「パパ、またしよう!もう一回!」とせがむので、何度も一緒に遊びました。勝つと万歳しながら大喜びする姿が可愛かったなあ。

その様子を見ていた次男のレオも、面白がって参加しようとしていました。私がいい加減すごろくに疲れて休んでいると、アレンとレオが兄弟で遊び始めました。といっても、レオはただ渡されたサイコロを振るだけで、一体何がどうなっているか全然分かっていません。アレンが一人で、「レオは一回休みー!」とか「アレンが勝ったー!」と言って興奮しています。でも、そんな二人の姿がとても可愛らしかったです。

私は家でも仕事をするので、忙しい時に子供たちにテレビやスマホを見せていると楽ではあるんですが、それだと親子や兄弟の間のコミュニケーションが少なくなってしまいます。だから、すごろくみたいに一緒に遊べる単純なゲームをするのは大切かもしれません。アレンも遊び方をすぐ理解できるようになってきたし、次はオセロやジェンガでもやろうかなと思っています。

IMG_7434armenia18-12-1.jpg 
家族ですごろくをして遊びました。私の子供の頃はこんな遊びばかりでしたが、今はスマホ一つで無数のゲームができる便利な時代になりました。

IMG_7436armenia18-12-1.jpg 
兄弟で仲良くすごろくゲーム。意味分からずサイコロを振るレオと、真面目にゲームを進めるアレン。微笑ましい光景でした。