未来のための投票 

今日、日本では衆院選挙ですね。アルメニアには日本大使館がないため、私は在外投票もできません…来年ここにも日本大使館が開設される予定なので、来年もし選挙があれば投票できますけどね。

日本の選挙って、投票前にほとんど空気やムードで結果が決まっていることが多く、今回も自民党圧勝という結果が大方の予想です。まあ、野党はあまり存在感がないみたいですし、イマイチ争点がはっきりしないとも言われていて、このままだと本当に圧勝でしょう…

海外に住み、今回投票できない自分があまり偉そうに言えませんが、選挙は今後の政権を決めるだけではなく、日本の将来の行く末に大きく影響するもの。やはり選挙に参加できる方は、マスコミの報道やムードなどに流されず、よく考えて投票してほしいと思います。そう考えた時に思い出すことがあります。

約8年前、デンマークに友人を訪ねて行った時の話です。その時は友人夫婦のお宅にお世話になっていました。私と同じ元バックパッカーだった二人とは中国で知り合った仲。デンマークで再会した時は、結婚して二児の親になっていました。

彼らが住む北欧デンマークは、福祉が大変整った国として有名です。しかし、そのために税金も異常に高くて、消費税25%、所得税は50%以上!車購入に掛かる税金は何と180%らしいです。日本の消費税アップなんて可愛らしく見えてきますね。

その夫婦に、「デンマークの税金や物価は高いと思う?」と聞くと、すぐに「もちろん高いよ!」と呆れた顔で答えが返ってきました。しかし、彼らは続けて、「でも、それが社会にちゃんと還元されて、例えば教育や医療が無料だから、子供を持つことにも前向きになれる。僕たちは世界中を旅行したけど、自分たちの国はとても住みやすいと思う。この社会を子供や孫の世代にも残していきたい。そのためなら、もし今より税金が上がったとしても払うよ」と言いました。

当時、日本は第一次安倍政権時代で、「美しい国」という本が売れたり、愛国心教育という言葉が盛んに使われたりしていました。しかし、私はその友人夫婦の話を聞いた時、これが愛国心というものじゃないかと気づかされたように感じました。

盲目的に自分の国は素晴らしいとか、他国と比較して優れていると誇ることではなく、「自分たちの国は住みやすいし好きだ、この社会を維持すために努力する、そして未来の世代により良い社会を残していきたい」 そう自然に思えることが真の愛国心だと思うのです。

もちろんデンマークにもいろいろ問題がありますが、国民の多くは少しでも良くしようと常に政治に関心が高いです。だから投票率も毎回90%以上だそうです。日本もデンマークも、選挙が国民にとって最も大切な政治参加の手段であることは同じ。自分たちの未来のためにも、まだ少し時間がありますから投票に行ってみてください。

DSCN0863armenia14-12-14.jpg
自分も子供ができて、彼らの世代のために何ができるか考えたりします。やはりより良い社会を残したいと思いますし、その責任は私たちにあるのです。

どんな人生を生きたいのか 

ここ数日、少し寒さが和らいで秋に戻ったような感じです。こうなると今年は暖冬じゃないかと期待してしまいますが、冬が本格化するのはこれからなので、あまり過度な期待はしないようにします。

さて、先月下旬からアルメニア通貨が急激に下落しています。3週間前に1ドル=418ドラムだった為替レートが、今では1ドル=457ドラム!世界的にドル高が進んでいますし、アルメニアの場合はロシア通貨暴落の影響も大きいと思います。しかし、この通貨下落によるインフレは勘弁してほしいものです。ただでさえ年々物価が上昇して生活は苦しくなる一方なのに…さすがに私も心配になってきます。

まあ、アルメニアで暮らしている限り、こんな生活不安は日常茶飯事。では、日本はどうでしょうか…経済的に発展していて、多くの人が安定した職に就いていますし、社会保障もアルメニアに比べればずっと整っていますから、もっと安心して暮らせるはずです。しかし逆に、漠然とした不安を抱えている人が少なくないように私は感じます。

漠然としているのは、大体が将来や老後に対する不安だからでしょう。そのため、少しでもリスクを取らないよう無難に生きたり、「万一のために…」と具体的な目的もなく貯金に勤しんだりする人が多いかもしれません。そんな生き方も否定はしませんが、あまりに先の不安に駆られて、一番大切な今を見失ってはいないでしょうか…

今したいと思うことをする、今しかできないことに挑戦する、そして今をとことん楽しむ。将来を思い煩うばかりに、そういうことを犠牲にしてしまったら、本当の意味で「生きている」とは言えません。もちろん将来について考えることも必要ですが、どんなリスクがあって如何に回避するか考えてばかりだと、また不安が募っていくだけです。

大切なのは、「自分はどんな人生を生きたいのか」ということ。かけがえのない人生をどう生きたら幸せになれるのか、自分にとって幸せな生き方とは何なのか…とてもシンプルなことですが、それを考えなければ、本当に自分がしたいことや求めているものは見えないし、ひたすら不安に怯えて時間だけが過ぎていきます。

ローマの哲学者セネカは、「我々は常に命の短さを嘆きながら、あたかも命が永遠に続くかのように振る舞う」という言葉を残しています。まさに時間は有限で、人生は短いのです。そして、その限りある人生は、他の誰のものでもなく自分だけのもの。いつ最期の時が来ても、「自分は与えられた人生を悔いなく生きた!」と胸を張って言える生き方をしたいと思います。

DSCN0833armenia14-12-11.jpg
当たり前ですが、みんな子供の頃は今を必死に楽しもうと生きていましたよね。そんなシンプルさを、いつまでも忘れないようにしたいものです。

幸せな目覚め 

今日12月7日は、26年前にアルメニアのスピタクという町で大地震が起こった日。2万5千人もの人が亡くなった悲劇です。私は仕事で何度かそのスピタクに行ったことがあり、現地で活動するNGOの人から聞いた話によると、まだ多くの人が仮設住宅で暮らしているそうです。

仮設住宅は一時的な避難のために建てられたものですから、20年以上経った今はひどく老朽化して、冬は屋内でも寒く、住民の生活は大変厳しいとのこと…その様子を伝えるネット記事を見つけたので、参考にどうぞご覧ください。

悲劇のアルメニア地震、20年以上経った今も仮設住宅に住む人々

悲しい話題の後に何ですが、今日はささやかな幸せを感じることがありました。今朝、頬に何かが触れる感覚があったので目を覚ますと、息子がキスしていました。「アレン、おはよう」と声を掛けると、息子はニコッと笑って、また頬にキスしてくれました。「アレン、もう一回して」と頬を指でつつくと、またそこにチュ!

何でも叩いたりする時期なので、いきなりパチンと叩かれて起こされるのはよくありますが、息子のキスで目が覚めたのは初めて。いつも私たちにキスをされているから、真似し始めたんでしょうか。とにかく嬉しかったですね。お蔭で、とても幸せな気分で朝を迎えることができました。明日もしてくれるといいなあ。

DSCN0844armenia14-12-7.jpg
友人に貰った可愛らしい帽子を被ってお出かけしました。

DSCN0851armenia14-12-7.jpg
貰い物の猫耳の髪飾りを付けてみたら可愛らしい!けど、本人は微妙な顔…

初めての雪遊び! 

12月に入り、今年も終わりが近づいてきました。昨晩降った雪が積もって、今朝起きたら外は銀世界。寒いですが、やっぱりきれいです。そしてワクワクします。

というのも、雪が積もったら、息子を外に連れ出そうと楽しみにしていたんです。アレンは昨年秋に生まれたので、初めての冬ではありませんが、実際にちゃんと雪を見るのは今年が初めて。一体どんな反応をするんでしょうか…

手袋や帽子を着せて外に出すと、ちょっとの間ボーッと立ち尽くしていました。いつもなら我先に歩いていくんですけどね。いつもと全く違う光景なので、不思議で仕方ないのかもしれません。

雪の上に立たせてみたら、「何だろ、これ?」という感じで雪を足で踏んだり蹴ったりし始めました。今度は雪を手に触らせてみると、「本当に何これ??」と不思議そうに雪をいじって遊び始めました。そして何だか面白くなってきたのか、急にキャッキャと笑ったりします。

「これが雪だよ」と言っても、まだ分からないでしょうけど、生まれて初めて見るものにきっと興奮したと思います。そんな子供の無邪気な様子は、見ていて楽しいし自然に顔がほころびます。もちろん寒かったですが、心は温かくなりました。アレン、また一緒に雪遊びしようね!

DSCN0797armenia14-12-3.jpg

DSCN0809armenia14-12-3.jpg

DSCN0818armenia14-12-3.jpg

DSCN0820armenia14-12-3.jpg


動画も取りました。無邪気な姿が可愛らしいです。