40歳になりました 

今日4月12日は、私の40回目の誕生日です。そう、私、40歳になりました!いわゆる「四十にして惑わず」の不惑の年。ウーン、まだ余裕で惑いそうな気が…でも、自分の人生観や価値観はけっこう前からぶれてないので、今後もそれを貫きたいと思います。

しかし、30歳になった時は大して感慨などなかったように記憶しているのですが(南米コロンビアで迎えたし)、40歳は「俺もついに40代か…」などと少し思ってしまいます。やっぱり40歳って、自分にとってすごく年上で遠い未来のような気がしていたんでしょうね。

まあ40歳になったからといって、これまでの自分と何か変わったのかというと、大して何も変わってないように感じます。でも、結婚したり子供ができたりと、自分の状況は大きく変わりました。夫となり父となり、自分の家族を持つようになったわけです。

節目となる40歳を、家族に囲まれて迎えられて本当に幸せです。ちなみにアルメニアでは、40歳は日本の厄年のような年齢にあたるらしく、あまり祝わない方がいいと言われており、今回はパーティーなど一切なし。それでも、家族に「おめでとう!」と言われて、妻から素敵なプレゼントを貰いました。

DSCN0118armenia14-4-12.jpg
一見、何の変哲もない黒いマグカップ。しかしお湯を注ぐと…

DSCN0117armenia14-4-12.jpg
だんだん写真が浮かんできます。「いつもありがとう」という言葉も…こちらこそ、いつも支えてくれている妻に感謝です。

DSCN0116armenia14-4-12.jpg
アレンの可愛い写真も!この笑顔が見たくて、何度もコーヒーや紅茶を飲んでしまいそうです。

ところで、よく世間では「40歳から体力の衰えを強く感じる」と言われていますね。さっき大して自分に変化はないと書きましたが、さすがに体力は若い頃に比べて落ちたな…と数年前から感じています。20代は世界を放浪して、かなり無茶なこともいろいろやりました。

例えば、チベット奥地を1ヶ月以上ヒッチハイクで旅したりなど(あの時は2回ほどマジで死ぬかと思った…)、当時若かった自分の体力や無謀さには、「ようあんなことやったな…」と信じられません。まあそれは極端な話ですが、今は子供をあやしている時に体力の衰えを感じます。

「高い高~い」とかすると、すぐ腕が痛くなる…これって年齢とか体力というより単なる運動不足?とにかく子供は大きくなって、もっとわんぱくになるのに、年を取る一方の私はついていけるんでしょうか…でも、我が子はやっぱり可愛いですからね。これからも子育て頑張りたいと思います!

DSCN0120armenia14-4-12.jpg 
40歳になったパパと。これからの誕生日は毎年一緒に写真を撮りたいですね。

DSCN0054armenia14-4-9.jpg 
昨日6ヶ月になった長男は、最近少しお座りができるようになりました。すぐに横や後ろにコロンと倒れてしまいますが、それがまた可愛い!

DSCN0101armenia14-4-12.jpg 
そして少しずつ離乳食も始めています。すりつぶしたポテトのお味の方は…

DSCN0102armenia14-4-12.jpg 
ちょっと微妙な顔…まあそのうち慣れるでしょう。


長男がピアノやギターを弾いている動画。私は音楽が大好きで楽器も演奏するので、息子も音楽に興味を持ってくれると嬉しいですね。

ヒカリセンターに寄贈 

時折雨が降ったりしますが、暖かくなってきたので先週の雪もほとんど溶けています。そろそろセントラルヒーティングを消してもいい頃かな…

さて、先週首相が電撃辞任してから、次期首相について様々な憶測が流れています。最有力候補は現国会議長。彼の家は、我が家からエレバン中心部に向かう道にあるのですが、ものすごい大豪邸。他の有力政治家も皆すごい家に住んでいます。

多くの市民が楽ではない生活を強いられているのに、政治家たちの豪奢な生活ぶりには心底呆れます。今回の首相辞任劇についても、多くの市民は、「誰がなっても同じ。政治家なんて自分の蓄財のことしか考えてないから」と諦め顔で言います。最近、日本でも政治家の金銭問題が話題になっていますが、アルメニアの政治腐敗はその何倍もひどい…

ところで、今日夕方、ひかり日本文化センターに図書や浴衣、書道・茶道の道具や装飾品などを寄贈しました。これらのほとんどは、私が日本の有志の方々と運営する「アルメニアに本を送る会」からの寄贈品。元々は、アルメニアで日本文化センターを開設するために日本から寄贈して頂いたものです。

3年前に開設した文化センターは諸事情により止むなく閉鎖したのですが、幸いその後、エレバン国立図書館とひかり日本文化センターに図書や本棚を寄贈することができました。そして、ひかりセンターが日本政府の支援によってリフォームした新たな場所で再オープンするので、今回残っているものを全て寄贈することにしたのです。

整理してみるとかなりの量で、タクシー2台で運びました。でも、センターの人たちも心から喜んでくれたし、何より日本の方々の善意の結晶が有効活用される訳ですから、私も嬉しく思います。寄贈に協力して下さった方々、誠にありがとうございました!

ちなみに、「アルメニアに本を送る会」は、この寄贈によって今までの活動に区切りをつけ、今後は人的交流に力を入れていく予定です。それに先立ち、昨年10月にはアルメニア人学生二人を日本に招聘しました。二人にとって素晴らしい思い出となった日本訪問の様子は、日本人会ブログに載っていますので、是非ご覧ください。(こちら)

活動内容の変更に伴い、会名称も「アルメニア友の会」と改め、新スタートを切ります。会HPなども変更していく予定。これからも両国の友好親善の一助となれるよう頑張っていきますので、どうぞ宜しくお願い致します!

アルメニアに本を送る会HP (「アルメニア友の会」HPに変更予定)

DSCN0063armenia14-4-10.jpg 
図書の他に、浴衣や下駄、風呂敷や装飾品、書道道具やポスターなど、かなりいろいろあったので、タクシー2台分の荷物になりました。けっこう重労働でした…

DSCN0076armenia14-4-10.jpg 
リフォームして生まれ変わったひかりセンターの図書室。以前に寄贈した図書がすでに並べられています。本棚も、「本を送る会」からの寄贈です。

DSCN0082armenia14-4-10.jpg 
今日お渡しした寄贈品を手にするセンター関係者と学生たち。みんな、とても喜んでくれました。寄贈した私も嬉しかったです。きっと有効に使われることでしょう。

DSCN0084armenia14-4-10.jpg 
センターの正式オープンは来月ですが、すでに日本語教室は始まっています。みんな熱心に授業を受けていました。ちなみに、写真の教師は日本人会副会長。

首相が電撃辞任! 

まだ少し肌寒く感じることもありますが、さすがに4月に入ってからは天気も安定してきて、暖かくなってきました。もう雪が降ったりなどせず、このまま春になってほしいと思います。

さて木曜の夜、アルメニアで政治的大事件が起こりました。何と、ティグラン・サルグシャン首相が辞任を突然発表したのです。ニュースの発端は、首相が自分のフェイスブックページに辞任について書き込みをしたこと。なので、私も最初は、「フェイスブックの書き込み?どうせデマやろ?」と信じませんでした。

しかし、その後すぐに政府の報道官が事実と認めたので、私含め多くの人々がこの電撃辞任に驚きました。とりあえず、首相のフェイスブックの書き込みには、「実は2月に辞表を提出していたが、重要な政治イベントを多数控えていたので、大統領が受理しなかった。辞任の理由は、一身上の都合」とあります。首相の説明はこれだけで、公式な記者会見など一切開いていません。

2月に一度辞表を提出?それも寝耳に水の話でイマイチ信じられません。何にしても、一国の首相が突然辞めるのに、「一身上の都合」としか説明しないのはどうなんでしょう。しかもフェイスブックで…何だか釈然としない状況なので、ニュースではいろいろと憶測が流れています。

最も可能性が高いのは、「年金改革が頓挫している責任を取らされた」という見方です。実は、首相が辞任を発表する前日に、アルメニア憲法裁判所が、新年金制度に対して違憲という判決を下したのです。政府が進める義務加入年金は、憲法裁場所が合憲性を審議するために施行を保留していました。これについては過去の記事をどうぞご覧ください。(こちら)

この義務加入年金に対しては、市民や野党が激しく反対しています。デモが何度も行われ、野党には内閣不信任を求める動きもありました。まあ、「国民福祉の向上には年金改革が不可欠」という政府の主張はもっともだと思いますが、給与水準が低いままでは国民の理解は得にくいでしょう。また、政府がほとんど国民に信用されていないことも大きな問題です。多くの市民の生活は楽ではないのに、政治家はものすごい豪邸に住んでいたりしますからね。

とにかく、今回の首相辞任には、市民や野党から猛抗議を受けている年金改革が頓挫したことが背景にあるように思います。これから新首相が選ばれたり、新たに内閣が組閣されたりと、アルメニア政界はいろいろ波乱がありそうです。

そういえば、サルグシャン氏は6年も首相をやっていたんですね。その間、日本は首相が5回も交代して計6人。ちょっと変わりすぎ…


アルメニアの首相なんて、日本ではちっとも知られていないと思います。今回の辞任とは全く関係ありませんが、彼がギターを弾いて歌っている昔の映像があったので、それを載せておきます。

歯が生えたお祝い 

前回の記事で、けっこう暖かくなってきたと書いたのに、日曜はなんと大雪でした。朝起きて外を見たら銀世界で、一気に真冬に戻ったかのような景色でした。しかし、よりによって日曜に雪が降るとは…というのも、その日は大切なお祝いがあったのです。

それは何かというと…長男に歯が生えたお祝い!アルメニア語で「アタムハティック」と呼ばれる、子供に最初の歯が生えたことを祝福するパーティーです。

DSCN9897armenia14-4-2.jpg 
カーテンを開けると、そこは雪国だった…最近春めいてきたと思ったら、また冬に逆戻り!まあ雪が降ったのは日曜だけで、その後は晴れています。

実は、先日中旬には歯が生えているのを確認したのですが、いろいろ忙しくて、お祝いが先週末になってしまいました。今ではすでに歯が2本見えています。まだ5ヶ月なのに早い!とにかく順調に成長している証拠ですから、親としては嬉しい限りです。

なぜかこのお祝いは明るいうちにするのが慣わしなので、午後3時を開始時間としました。しかし、大雪のために招待客が遅れて、4時前にスタート。有り難いことに、ほとんどの人は来てくれたし、雪も5時頃には止んで晴れ間が広がりました。

このお祝いでは、初めに面白い儀式をします。それは、子供の将来の職業占い!子供の前にいろいろな物を並べて、最初に取った物で将来の職業を占うのです。例えば、ペンなら作家などの書く仕事という感じです。まあ、子供は何も分からずに手を伸ばすだけですから、単なる遊びなんですが、日本でも地方によっては同様のことをするそうです。

そして、長男アレンが選んだのは…元看護師の義母の聴診器!つまり、将来の職業は医者!「ワー!」と大騒ぎする私たちを他所に、長男は聴診器を口に入れようと必死。長男にしたら、いつものように目についた物をとりあえず手に取っただけで、周りの大人がはしゃいでいるだけです。

それでも我が子の事となると、本当に医者になるかも…と一瞬思ってしまいます。間もなく40の誕生日を迎える私は、息子が大きくなる頃にはけっこうな歳なので、「息子が医者になってくれたら助かるなあ」と少しマジで考えました。まあ、ただの占いですし、息子には好きな仕事を見つけて、それを頑張ってくれたら何よりです。

DSCN9901armenia14-4-2.jpg 
最近は小さな紙に職業を書いて選ばせるのが流行りですが、私たちは昔風にいろいろと物を並べました。選択肢が多いようにと、10種類以上揃えました。

DSCN9909armenia14-4-2.jpg 
まず、子供の頭上を布で覆って、「健康な歯が生えますように」「元気に育ちますように」と祈りながら、茹でた小麦や大豆などをかけます。最近はチョコレートを混ぜたりしますが、歯のお祝いにチョコレートって矛盾しているような…

DSCN9926armenia14-4-2.jpg  
長男は即座に聴診器をゲット!そして、いつもの如く口に…とにかく目に付いたものを触って口に入れるのが、ほぼ条件反射になっています。逆に何の考えもなく本能的に選んだ訳ですから、深層心理の表れで案外この占い当たるかも…

DSCN9935armenia14-4-2.jpg 
ずっと聴診器をモグモグする長男。医者になるかどうか分かりませんが、ずっと健康でいてくれて、自分の好きな道に進んでくれたらと思います。

その後はみんなで食事をして、最後に特製ケーキを食べました。歯や歯ブラシなどをデザインしたケーキが一般的で、私たちもそれを注文しました。しかし、健康な歯が生えることを願うお祝いで甘いケーキを食べるって何だか矛盾しているような…でも、ケーキは可愛らしくて、長男の大切な日の良い記念になりました。当の本人はまだ食べられませんけどね。

DSCN9943armenia14-4-2.jpg 
みんなで食事。お祝いなので、巻き寿司も作りました。

DSCN9899armenia14-4-2.jpg 
そして、特注ケーキ!甘いケーキに歯ブラシと歯磨き粉って、やっぱり矛盾しているような…でも可愛いデザインですね。

DSCN9948armenia14-4-2.jpg 
花火を差して、なぜか「ハッピーバースデー」を合唱。まあ、歯が生えたことを祝う歌なんてありませんもんね。とにかく、おめでとう、アレン!

一通りお祝いが済んだら、妻の親戚たちは帰りました。しかし、まだ明るかったし雪も止んだので、残った日本人会メンバーと一緒にカラオケで盛り上がりました。実は、日本人会にはホームカラオケがあるんです。元副会長がいた時は、集まるたびにカラオケ大会になっていましたが、子供が生まれてから久しくやっていませんでした。

久々のカラオケ、とても楽しかったです。お祝いの主役である長男は、何も分からずボーッと見てましたけど…とにかく、大雪の中でも無事にお祝いできたし、最後は懐かしい日本人会のノリで盛り上がれたし、思い出に残る素敵なパーティーでした。

DSCN9964armenia14-4-2.jpg 
最後は日本人会メンバーでカラオケ大会。お酒も入って、久々にみんなで歌って楽しかった!長男にとっては初カラオケでした。下は動画です。