軍隊の日でした 

暖かくなったと思ったら、また少し寒くなってきました。まだ1月末ですから、確かにこのまま冬が終わるわけないですよね。それでも最高気温は0℃以上あるので、雪はどんどん解けています。滑る心配はないけど、道がドロドロで歩きにくい…

さて、昨日1月28日は「軍隊の日」で休日でした。国を守る軍隊に敬意を払う日で、今年は例年より愛国心が高揚しているような気がしました。というのも、最近隣国アゼルバイジャンとの緊張が高まっているからです。先週ナゴルノ・カラバフ共和国の境界線で発生した戦闘で、若干20歳の兵士が亡くなりました。(今日のニュースによると、昨日また銃撃されて兵士が一人亡くなったらしい…)

この兵士には、国の英雄として勲章が贈られ、国防大臣も出席して厳かに軍葬が行われました。フェイスブックなどでは、彼を追悼する書き込みが多数されています。国の戦争で亡くなったのですから、丁重に葬ってあげるべきだと思います。

しかし…今更何をしたところで、彼が生き返ることはありません。一生懸命に育てた息子を失った親の気持ちを考えるとやり切れません。自分にも子供がいる今は、心底そう思います。「もし息子に同じことが…」と想像しただけで、胸が締め付けられそうになります。

隣国との紛争を抱えたアルメニアでは、成人男性はみな2年の兵役義務があります(私の息子は日本国籍もあるので兵役義務はありません)。アゼルバイジャンとの国境近くの危険地帯に送られた場合、今回のように戦死する可能性もあります。時には、戦闘以外の不審死も起こります。

しかし、そうやって幾つもの尊い命が犠牲になった先に、一体何があるのでしょうか…残念ながら、この紛争が近い将来終わるとは思えません。きっと同じような悲劇が延々と繰り返されるだけでしょう。多くのアルメニア人もそう感じていますが、それでも息子や兄弟を戦地に送り出し、時には愛する彼らの死に直面しなければいけないのです。

こんな状況にはもう慣れてしまったと思っても、若い兵士の死亡事件を見聞きすると、改めて戦争の残酷さや理不尽さを痛感します。自分の子供が大きくなる頃には、少しでも平和になっていてくれればと願わざるを得ません。

DSCN9035armenia14-1-29.jpg 
子供たちには、争いなどない平和な社会で生きていってほしいと思います。

新年金制度導入が保留! 

例年だと今頃から最も寒くなるのですが、今年は逆に少しずつ暖かくなってきて、積もっていた雪も解けてきました。また寒くならなければいいのですが…なんせ光熱費がメチャクチャ高くて困ります。

前回の記事に、光熱費がバカ高い!と書きました。生活費は高くなる一方なのに、給料は大して上がらず、市民の家計は苦しくなるばかり…にも関わらず、今月から強制加入の年金制度が施行されました。1974年以降に生まれた人は、給料の5~10%を年金基金に積み立てなければいけないという新制度です。

確かに、毎月微々たるお金しかもらっていない年金受給者のためにも、若者の老後のためにも必要な制度かもしれません。しかし、「今の生活だけで精一杯やのに、更に給料を減らされるなんて我慢できるかいな!」と、怒った市民たちがよく抗議デモをしていました。

そして昨日、憲法裁判所が制度導入の保留を決定したため、とりあえずこの強制加入年金の施行は見送られました。市民の多くはホッと胸を撫で下ろしているのではないでしょうか。いずれ年金制度の改革は必要になると思いますが、まずは給与水準を上げたり、失業率や貧困率を下げるなどしないといけませんよね。

だって、給料が減って生活が苦しくなったら、また国外へ出稼ぎに行く人が増えるでしょう。年金を支える働き手がいなくなったら、制度自体が破綻しかねません。まあ年金問題といえば、日本もかなり深刻で他国のことを偉そうに言えませんが…

さて、今週はまた我が家に集まってパーティーを開きました。仕事でアルメニアに来られた方々をお呼びして、一緒に楽しい時間を過ごしました。風邪と腰痛で長らく寝込んでいた日本人会副会長も復活しました。

DSCN8967armenia14-1-25.jpg 
副会長も復活したので、次回は日本人会で鍋でもやりたいなあと思っています。

その時に、息子に服のプレゼントを頂きました。着せたら本当に可愛いらしかったので、写真を載せておきます。私は特に野球好きって訳じゃありませんが、やっぱり関西出身だからか、応援するのは阪神タイガース。で、息子はすでに筋金入りの阪神ファンみたいです。

DSCN8980armenia14-1-25.jpg 
この本人は何だかよく分かっていない感じが可愛いんですよね~

お食い初め 

少しずつ暖かくなってきました。先月は本当に寒かったですからね。おかげで光熱費がバカ高かったです。なんとガス代だけで200ドル以上!覚悟していたとはいえ、一瞬「エッ!うそ?!」と思いました。お正月でお金が掛かった直後なので、これはかなり痛い出費…

先月はマイナス20度近い厳しい寒さが続いた上、小さな子供がいるので、セントラルヒーティングの温度を高めに設定していました。あと、昨年ガスや電気が20%値上がりしたことも、光熱費が高額になった原因です。とにかく、アルメニアの生活は大変になる一方…これについては、また後日書くことにします。

さて、昨日は長男が生まれてちょうど100日目でした。なので、「お食い初め」という儀式をしました。これは、子供が生まれて100日目(もしくは120日目)前後に、健康と一生食べ物に困らないようにという願いを込めて行われる日本の習慣。

実は、前日に友人からもらった育児本を何気なく見ていたら、お食い初めのことが書かれてあって、「3ヶ月過ぎたし、今100日ぐらいじゃないか?」と思い、試しに計算してみました。すると…なんと99日!ゲッ、明日がちょうど100日目やんか!と気がつき、急遽お食い初めをすることにしたのです。

しきたりでは、尾頭つきの鯛などを含む一汁三菜を用意して、箸で子供に食べさせる真似をします。もちろん内陸国アルメニアに鯛はないので、鱒を用意しました。他には、レトルトの赤飯、和風の煮物やお吸い物も用意することができました。それらを箸で子供の口に近づけて、お食い初めは無事に終了。食事は、その後家族で美味しく頂きました。

単なる儀式ですが、いつの時代も親が子供の健康と幸せを願う気持ちは同じ。これからも健やかに成長していってほしいと思います。

DSCN8877armenia14-1-21.jpg 
魚は鱒ですが、ちゃんと尾頭つき。赤飯、煮物、お吸い物、梅干も用意できました。ここがアルメニアだと思えば十分でしょう。

DSCN8883armenia14-1-21.jpg 

DSCN8888armenia14-1-21.jpg 
こうやって箸で口に近づけて食べさせる真似をします。

DSCN8889armenia14-1-21.jpg 
子供は何のことか終始分からなかったでしょうが、一生に一回の儀式を無事に行うことができました。

アルメニアの教育は大丈夫か… 

最近晴れ間が広がって、少し暖かくなってきました。といっても、最高気温はまだ0度ぐらい…しかし、天気が良いと寒々しい感じはしませんね。言語大学のの苗木のためにも、このまま暖かくなってくれればと思います。

DSCN8815armenia14-1-18.jpg 
今年の厳しい冬も頑張って乗り切ってほしいですね。

さて、今大学は冬休みですが、昨日一人の女子学生にテストをするためだけに大学に行ってきました。そして、結局その学生はテストを受けることなくパスしました…ヘッ?!何それ??? ですよね。

過去に何度かブログに書いていますが、アルメニアの大学では落第というのがほとんどありません。授業料さえ払っていれば、進級して卒業できてしまいます。昨日の学生も例外ではありませんでした。しかし、テストも受けずにパスさせてしまうというのは初めてです。

その学生というのは、過去に日本語のクラスにいましたが、とにかく不真面目な上に態度も悪く、ずっとひらがなもろくに書けない状態で、毎回再テストを受けていました(どうせ通さないといけないので形だけのテスト)。一度は再テストに筆記用具さえ持参せず、「先生、ペン貸してください」と言う始末…

その後、彼女は結婚して子供が生まれたので休学していましたが、去年復学したようです。とりあえず卒業のために日本語も及第点を取らないといけないということで、大学事務所の指示でテストだけ受けさせることになりました。どうせ何も書けないのに受ける意味あんのか?というか、こんな状況を許す大学のシステム自体どうなん?

で、1回目のテストは案の定何も書けず、2回目の最終テストには来ませんでした。なんせテストの時にしか現れないから、私も彼女の存在をすっかり忘れていて、「これでテストも全部終わったぞ-」とホッとしていたら、突然大学から「その学生のためにテストをしろ」と連絡があり、仕方なく昨日行ってきました。

いつもの如く形だけのテストをして帰るつもりでしたが、成績を書くリストに彼女の名前がない。どのように処理していいのか分からず、学生と一緒に大学事務所に問い合わせました。その際に、「テストしても、どうせ彼女は何も書けないけどね」と話したら、テストせずに及第点を与えるよう指示されました。

まあ、形だけのテストしても時間の無駄だし、どうせ通さなきゃいけないので、渋々指示に従うことにしました。「こんにちは」「ありがとう」ぐらいしか知らない学生が、最後のテストも免除されてあっさり卒業が決定したのです。めでたし、めでたし…って、こんなん大学と呼べんやろ!

挙句の果てに、その学生の態度もひどかった。私が及第点をつけるのを確認したら、サッサと帰ろうとします。これにはさすがに私も大学職員も呆れて、「君のために、わざわざ先生が大学に来たのに何も言わないのか!」と叱ると、面倒くさそうに「サンキュ-」。ハア、もうどうでもええわ…

恐らく彼女は、他の科目も似たような流れで及第点をもらったでしょう。こうやって勉強せずとも卒業できてしまうのでは、学生が傲慢になるのも仕方ないか…一応フォローしておくと、この学生はかなり人間性に問題がありますが、他の学生の多くは素直ないい子たちです。とにかく、こんな酷い学生でも取れてしまう大卒資格にほとんど価値はない気がします。

アルメニアの教育、マジで大丈夫か…子供がいると余計に心配になってきます。

DSCN8821armenia14-1-18.jpg 
まだ先のこととはいえ、子供の教育は、親にとって大事な問題です。

旧正月と妻の誕生日 

寒い日が続いています。やっぱり最高気温でもマイナス…本当に今年は寒い!

さて、今日1月13日はアルメニアの旧正月。一般的に今日までがお正月とされていて、年末から飾られている祭の木(アルメニアではクリスマスツリーと呼びません)も明日には片付けられます。

DSCN8582armenia14-1-13.jpg 

しかも1月13日は妻の誕生日なので、我が家では旧正月と誕生日のお祝いをします。昨年まではたくさん人を呼んでパーティーをしていましたが、今年は家族や親戚だけで祝うことにしました。ちょっと妻も正月の疲れがたまっているようです。

まあ、今年は長男アレンがいるので十分にぎやかで楽しいパーティーになりました。どうも息子は親に似て人が集まるのが好きなようで、パーティーを開いた時はいつも機嫌がいいです。今日も、誰に抱かれても泣いたりせず大人しくしていました。

とにかく、いつも私の我がままを許してくれて、微笑みを絶やさず支えてくれている妻には心から感謝です。誕生日おめでとう!

DSCN8797armenia14-1-13.jpg

DSCN8799armenia14-1-13.jpg

DSCN8806armenia14-1-13.jpg

DSCN8802armenia14-1-13.jpg