私なりの親孝行 

母が帰国してから、今週は天気が悪かったです。ほとんど夏の陽気だったのに、また上着が必要なほど寒い日もあったぐらい…今日も朝から曇り空です。

さて、母が私を訪ねて海外に来るのは、実は今回で4度目。初めは、12年前のタイ・カンボジアでした。当時海外放浪中だった私は、日本から出たことも、飛行機にも乗ったことがない母を呼んだのです。母は帰国の際、「こんな楽しい時間、人生で初めてやったわ」と言ってくれました。

2度目は、7年前のコロンビア・ペルー・ボリビア。当時私はコロンビアで日本語教師をしていたんですが、母がマチュピチュ遺跡を見たがっていると聞き、それならば!とコロンビアに呼んで、一緒にペルー・ボリビアも旅しました。夢だった景色を見ることができて、母は本当に嬉しそうでした。

3度目は、同じく7年前の中国の北京。というのも、母と南米を旅した後、私は住み慣れたコロンビアを去り、7ヶ月ほど旅しながら帰国したんです。その途中、母を北京に呼んで一緒に観光しました。歴史遺産のスケールのでかさと、中国人のバイタリティーに圧倒されていました。

母にとって、年を取ってからの海外旅行は大変だったと思います。まして、私と一緒だと、半分バックパッカースタイルの旅ですし…母は、田舎育ちで引っ込み思案、英語もさっぱり分かりません。そんな自分が、まさか南米やアルメニアに行くことになるなんて想像もしなかったでしょう。

しかし、私としては、母に少しでも広い世界を知ってほしい、人生を楽しんでほしいという思いがありました。「日本で安定した生活を送ってくれれば…」という一般的な親の願いは叶えてあげられませんでしたが、私なりの親孝行をしたいと思ったのです。

今回は、一緒に観光して楽しく過ごすだけでなく、アルメニアで家族を築き、そこに根を張って生きようとしている自分の姿を、母に見せることができたように思います。ずっと心配かけ続けていますが、少しは安心させられたかもしれません。

これからも親孝行ができるように、母には元気で長生きしてもらいたいです。

14_800armenia13-5-11.jpg 
母にとって初の海外旅行では、カンボジアのアンコールワット遺跡を訪問。運転手とバイクに3人乗りして、オフロードを走り回るというスリリングな経験をしました。

56_800armenia13-5-11.jpg 
ペルーでは、母の念願のマチュピチュ遺跡を訪問。私は二度目の訪問でしたが、やっぱりここは良かったですね。母も、「すごいわあ…」と感動していました。

15_800armenia13-5-11.jpg 
中国の紫禁城。映画「ラスト・エンペラー」の舞台になった場所ですが、何とオリバー・ストーン監督の姿を発見(本物でした)。興奮して母に言っても、「それ誰?」と全く分かってもらえませんでした。

DSCN6381armenia13-5-7.jpg 
エレバンの空港で、母を見送った時の写真。私という息子を持ったせいで、色々苦労も多かったと思いますが、「お陰で中々できへん経験もさせてもらってる」と思ってくれたら嬉しいです。

母が帰国しました 

昨日、母が帰国しました。その数時間後、急に天気が崩れて、どしゃ降りの雨。更に、今日はずっと曇り空…母の滞在中は、毎日晴天が続いていたんですけどね。母が、こんなにすごい晴れ女だとは知りませんでした。

まあ、それは単なる偶然でしょうけど、本当に天気に恵まれて幸運でした。毎日いろんな所を観光して、妻の家族や私の友人たちと楽しい時間を過ごして、あっという間の10日間でした。

母は、来る前はアルメニアを遥か遠くに感じていたようですが、今回の訪問で、「もっと身近に感じるようになった」と言ってくれました。そう思えるほど、いい思い出をたくさん作ることができたんでしょう。

母は英語も全く話せませんし、すごく控えめな性格ですが、いつも笑顔を絶やさずにいるので、周りも母を受け入れて優しく接してくれました。そんな優しさが伝わっていたのか、母は別れ際に何度か涙ぐんでいました。

「これで最初で最後やわ…」と冗談まじりに言っていましたが、アルメニアを気に入ってくれたようなので、元気でいてくれたら、また来ることがあるかもしれません。それに、その頃にはもいますしね。

とにかく、母が今回アルメニアに来てくれて本当に良かったです。私も、久しぶりに再会して、一緒に楽しい時間を過ごすことができました。母も、そう思ってくれていたら嬉しいです。

DSCN0458armenia13-5-7.jpg 
私の大学の授業に来てもらいました。学生たちも大喜び。

DSCN0441armenia13-5-7.jpg 
学生の一人が、伝統楽器カノンの演奏を披露してくれました。母は、ずっと昔に少し琴をやっていたで、これには感激していました。

DSCN6368armenia13-5-7.jpg 
最近結婚したばかりの友人夫婦に呼ばれて、彼らの新居を訪ねました。


DSCN0496armenia13-5-7.jpg 
縫い物が趣味の母に、刺繍の先生がアルメニア刺繍を教えて下さいました。

DSCN0503armenia13-5-7.jpg 
NGO「ヒカリセンター」も訪問。昨年夏、日本に来られたヒカリセンターの方々は、私の実家にホームステイしたんです。みな、母との再会を喜んでくれました。

DSCN0537armenia13-5-7.jpg 
ホルヴィラップ修道院。この日もバッチリ晴れて、美しいアララト山を間近で見ることができました。

DSCN0557armenia13-5-7.jpg 
友人宅で夕食会。どれも本当に美味しかったし、楽しい一時を過ごしました。

DSCN0592armenia13-5-7.jpg 
友人の運転で、エチミアジン大聖堂に行ってきました。母は、日曜ミサの賛美歌に聞き惚れていました。

DSCN0607armenia13-5-7.jpg 
私たち夫婦の結婚式の仲人宅。毎日いろんな人に会って、親切にしてもらいました。たくさんの出会いが、何よりの思い出になったでしょう。

DSCN6377armenia13-5-7.jpg 
帰国前に、家族で記念写真を撮りました。来てくれた母、温かく迎えてくれた妻と妻の家族に感謝です。本当に素晴らしい思い出ができました。

母がアルメニアを満喫中 

毎日、晴天で夏の陽気です。母も、「暑いわあ…」と言っています。今日5月1日はメーデーで休日だったので、一緒に地方に行ってきました。美しい自然や古い修道院などを見て周り、母はアルメニアを満喫しています。

しかし、母も疲れが溜まってきたようなので、後半はのんびりペースで観光するつもりです。それに、私が仕事で忙しい時も母のガイドをしてくれている妻は、安定期とはいえ妊娠中ですから、体を気遣わないと。

母は、史跡名所を訪れるたびに、「すごい歴史があるんやねえ」と感心しています。確かに、日本では知名度のない小さな国ですが、歴史と文化の豊かさは世界屈指。せっかく息子の私が住んでいるんですから、少しでも楽しんでもらわないと。

幸い、天候にもずっと恵まれているので、母もアルメニアで充実した時間を過ごしています。そんな母の様子を見ていると、本当に来てくれて良かったとしみじみ感じます。旅行後半も、いい思い出をたくさん作りたいと思っています。

DSCN0129armenia13-5-1.jpg


DSCN0166armenia13-5-1.jpg

DSCN0200armenia13-5-1.jpg 

DSCN0278armenia13-5-1.jpg 

DSCN0355armenia13-5-1.jpg  

DSCN0420armenia13-5-1.jpg 
5月1日は祖母の誕生日だったので、グルジア料理レストランでお祝いしました。