オハナバンク修道院 

先週半ばから、毎日天気が崩れがちです。どんよりとした曇り空で、雨もぱらつきます。そして、気温もぐっと下がりました。どうも、季節の変わり目のようです。秋も終わり、冬が近づいているのでしょう…

さて、今日は最近行ったアルメニアの美しい修道院をご紹介します。それはオハナバンク修道院。オハナバンというエレバン近くの村に建つ修道院です。正式名称はホヴァナ修道院。ホヴァナはホヴァネスのことで、キリストに洗礼を与えた聖人ヨハネのアルメニア語名です。

12世紀に建てられた修道院で、「有名ではないけれど、とても美しい」と聞いていました。確かに美しい建物で、ロケーションも素晴らしいし、観光客がほとんどいないので、厳かな雰囲気が本当に良かったですね。エレバンから車で30分ほどなので、機会があれば是非訪れてみてください。

IMG_1896armenia12-11-13.jpg


IMG_1899armenia12-11-13.jpg 
修道院のあるオハナバンは小さくのどかな村で、修道院の周りをヤギが歩いていました。こっちに近づいてきて、ジーッと見てました。可愛かった。

IMG_1911armenia12-11-13.jpg 

IMG_1905armenia12-11-13.jpg 


IMG_1903armenia12-11-13.jpg 
小さな修道院ですが、ハチュカル(十字架石)やレリーフは精微で美しかったです。

IMG_1916armenia12-11-13.jpg 
すごいのは、修道院の建つ場所。裏には深い渓谷があり、その崖っぷちに建てられています。柵も何にもなくて、けっこう怖い…

ところで、最近ブログの写真を大きくしています。この方が見やすいですよね?前から考えていたのですが、何となく変えないままでいました。過去記事の写真も大きくして張り替えたいのですが、残念ながら量が膨大すぎて今となっては無理…まあ写真をクリックすれば大きくなるので、それでご覧になってください。

いろいろな日本関連イベント 

11月5日の結婚記念日は、ちょうど同日に日本から来られた専門家の方々と一緒にお祝いしました。皆さん、昨年から文化財保存修復のセミナーをされていて、妻が通訳を担当しています。

実は、一年前に皆さんアルメニアにいらっしゃったのですが、結婚式当日に帰国されたので、式には参加できませんでした。その代わり、前日の夜ホテルでお祝いして下さいました。その方々と結婚1周年をお祝いできたのは、これも不思議な縁です。

DSCN3052armenia12-11-9.jpg 
ちなみに、左端の方はアルメニア人です。私たち夫婦の結婚式の仲人さん。

さて、先週いろいろな日本関連イベントがあって忙しかったと書きましたが、今日はその詳細をご紹介します。

まず、11月1日に天皇誕生日レセプションがありました。アルメニアでは10年ぶりだそうです。まあ、大使館がありませんからね。しかも、本当の天皇誕生日は12月ですが…まあ、諸事情でこの時期になったそうです。

6、7人しかいない在留邦人の一人として、私もご招待頂いたので、妻と行ってきました。ここを管轄しているロシアの日本大使館の方々が来られ、他の在留邦人やアルメニアの政府関係者、各国の大使なども招待されました。

さすがに大統領はいませんでしたが、アルメニアの外務大臣が来て、日本大使と共に両国の友好を深めていきましょうとスピーチを行いました。今年は、国交樹立20周年という節目の年ですからね。

残念ながら寿司はありませんでしたが、日本酒が振舞われ、私もここぞとばかりに飲みました。久々に美味しい酒が飲めて嬉しかったです。いろんな方々ともお話しすることができて、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

DSCN2936armenia12-11-8.jpg 

DSCN2939armenia12-11-8.jpg 
地位が高そうな人達が来ていました。下はスピーチされる原田在露日本大使。


DSCN2942armenia12-11-8.jpg   

DSC_0573armenia12-11-8.jpg 
ちょっと飲みすぎましたが、美味しかった!で、上機嫌な私と妻。

DSC_0611 (1)armenia12-11-8 
原田大使ご夫妻と一緒に。翌日、妻が大使の奥様の観光ガイドを務めさせて頂きました。しかし、私、顔赤いなあ…美味しい日本酒のせいです。


もう一つのイベントは日本映画祭。去年も同じ時期に行われ、毎年恒例の行事になったようです。今回もオープニングに招待されたので行ってきました。大使のスピーチや音楽演奏などの後、映画が上映されました。

オープニングの映画は、「ALWAYS 三丁目の夕日」。私は初めてでしたが、素晴らしい映画でした。笑えたし、泣けたし、本当に良かった…アルメニア人にも大好評だったみたいで、上映後は拍手喝采。観に来ていた私の学生たちも絶賛していました。

しかし、50年前の東京の風景をよくあそこまでリアルに再現しましたね。続編もあるということで、是非観てみたいものです。

映画祭は3日にわたって、5本の映画が無料で公開されました。他の映画も見ましたが、「ALWAYS」が一番良かったと思います。映画として良く出来ていたし、エンターテイメント性も強く、アルメニア人には受けたでしょう。来年の映画祭も楽しみです。

DSCN2946armenia12-11-8.jpg   

DSCN2953armenia12-11-8.jpg 
オープニング会場には、折り紙や生け花も展示されていました。日本を紹介する映像が流され、音楽も演奏されました。

結婚1周年 

先週は、ここで天皇誕生日レセプションと日本映画祭が開かれ、私と妻も招待されたので行ってきました。また、日本大使館の方々と仕事でご一緒したりと、けっこう忙しい日々を過ごしました。

さて、今日11月5日は、私たち夫婦の結婚記念日。ちょうどあれから1年が経ったんですね…昨年の結婚式については、過去の記事(こちら)をご覧下さい。

1年前、多くの人に祝福されて、本当に素晴らしい結婚式を行うことができました。妻は、いまだに式のDVDを時々見ては、「素敵な式だったなあ…」と感慨に浸っています。でも、私は恥ずかしくて、まともにDVDを見ることができません。

というのも、私は妻の花嫁姿を見たときに泣いてしまったり、教会の式ではアルメニア語がさっぱり分からず緊張しまくっていたり、披露宴パーティーでも、友人たちの祝福のスピーチで何度もこみ上げてしまったりと、情けない姿ばかりなんですよね…

対照的に、あの日妻は落ち着いて、終始にこやかにしていました。手前味噌で恐縮ですが、あの日の妻は本当に美しかったです。そして、とても幸せそうでした。やっぱり、結婚式というのは花嫁のための日、花嫁が主役の日なんですね。

この1年、ドバイに行ったり、妻の実家に引っ越したり、リフォームしたりといろいろとありましたが、お陰さまで仲良くやっています。それも、妻の大らかで穏やかな性格に助けられているからですし、そんな妻の支えもあって、私もアルメニアで頑張れていると思います。

私の方はと言うと、大して甲斐性もないし、今年は日本に連れて行くこともできず、妻に申し訳ないと思うことが多かったです。家のリフォームという大きなプレゼントはできましたが…まあ、お金や物ではなく、自分も妻にとって精神的に大切な存在であれば嬉しいです。

普段は一緒にいることが当然と思いがちの夫婦でも、結婚記念日には、二人が愛を誓った時のことを思い出します。毎年こうやって、結ばれた縁やお互いの存在の大切さを再確認して、ずっと仲良く暮らしていければと思います。

IMG_0413armenia12-11-5.jpg 
今日、ちょうど日本から知人の方々が到着されたので、結婚1周年のお祝いを家でしようと思っています。いつまでも、いろんな人たちに祝福される夫婦でいたいですね。

ストーン・シンフォニー 

11月になりました。今日から、アルメニアではいろいろと日本関連のイベントがあります。そして、来週月曜には個人的に大切なイベントがあります。まあ、それは追々ブログに書いていくこととします。

しかし、この1週間は風邪をこじらせて大変でした。もうほとんど大丈夫ですが、こんなにしつこい風邪は久々です。これから更に寒くなってきますから、本当に皆さんも体には気をつけてください。

さて、今日もアルメニアの素晴らしい観光地をご紹介します。ここも、片岡さんたちを連れて行ったのですが、私も前から行きたいと思っていた場所です。ちょっと行きにくいので、普通のツーリストはほとんど知りません…

その場所とは、ストーン・シンフォニー!「石の交響曲」という名前から、どんな所を想像しますか?ちょっとイメージが沸かないでしょうから、早速写真をお見せします。

DSCN2550armenia12-11-1.jpg 

すごいでしょう?これ、柱状節理と呼ばれる自然現象で、マグマ等が冷却凝固したり、地殻変動などによって岩体が柱状になったもの。玄武岩質の岩石によく見られ、六角形になることが多いのだそうです。有名な所では、アメリカのデビルズタワー、沖縄・奥武島の畳石などがあります。

しかし、アルメニアのストーン・シンフォニーもすごいですよ!前から行きたいなあと思っていたんですが、実物は予想以上に迫力があって、自然の力に圧倒されました。素晴らしい場所なので、是非機会があれば行ってみてください。

ただ、ちょっと行きにくいんですよね…ガルニ神殿の建つ渓谷を下った場所なんですが、タクシーをチャーターするか、歩いていくかしありません。未舗装のダート道なので、けっこう大変です。それでも行く価値は十分ありますが。

DSCN2551armenia12-11-1.jpg 
本当に自然にできたものなのか…と疑ってしまうほど、きれいな六角形の石柱がびっしりと並んでいます。

DSCN2564armenia12-11-1.jpg 
下から見上げると、まるですだれのように石が降り注いできています。パイプオルガンようにも見えますね。まさに、ストーン・シンフォニー!

374564_467812183258659_1273290732_n2012-11-1.jpg 
「田岡君、危ない!」と思わず叫んでしまいそうなほどの迫力!

DSCN2573armenia12-11-1.jpg 
周りは同じように切り立った玄武岩質の岩山に囲まれています。川が流れ、静かで美しい場所でした。