長い長い帰国の旅 

16日夕方、無事に帰国しました。本当は朝に到着する予定だったのですが、ちょっとトラブルがあって…というのも、アルメニア出発の便が40分以上遅れてしまい、モスクワでの乗り換えが間に合わなかったのです。予想していたとはいえ、本当に乗り遅れるとは…

「トランジット・ホテルに一泊か…」と思っていたら、アエロフロートの職員は、モスクワ~ソウル~成田のチケットを出してくれました。当初の予定よりも時間は掛かりますが、16日の夕方には到着できます。仕方なくソウルへの便が出発するゲートに行くと、その飛行機も遅れていました…

30分近く遅れて出発し、翌日の朝11時過ぎにソウルに到着。かなり日本に近づいたとはいえ、まだ韓国…韓国は4年前に旅行したことがある上に、ソウル市内に行くほどの余裕はありません。それでも、せっかく韓国に来たのだからと、空港のレストランでビビンバを食べました。美味しかった。

さて、ソウル~成田間は全日空でした。タダで全日空に乗れて、韓国料理も食べれて、少し得した気分になりましたが、やっぱり早く日本に帰りたかったです。あのモスクワでの短い乗り換え時間は何とかならないでしょうか。頻繁に遅れるくせに、たった1時間しかないのでは毎回ヒヤヒヤします。

日本とアルメニアは遠く離れていますが、それが更に遠く感じるような、長い長い帰国の旅でした。しかし、疲れた…


DSCN4925armenia12-21.jpg DSCN4928armenia12-21.jpg

出発の日は晴天で、アララト山もきれいに見えました。こんなに晴れているのに、出発が遅れるとは…アエロフロートの飛行機は、荒涼としたシベリアの大地の上を飛んで行きます。

一時帰国します 

本日15日、一時帰国します。午後4時20分に出発し、モスクワ経由で成田には明日16日の朝に到着します。モスクワでの乗り換え時間が1時間と短いので、無事に乗り換えられるかどうか少し心配ですが、運を天に任せます。

アルメニア・ビザも18日に切れるし、初年度の活動報告や来年度の活動の打ち合わせなど行いたいので、帰国のタイミングとして良かったと思います。帰国してすぐ、19日の香川県坂出市の「光輝里フェスティバル」に行く予定です。その国際交流イベントで、地元高校生たちが本を集めて送ってくれたので、是非とも感謝の気持ちを伝えたいと思っています。

いろいろやることはありますが、アルメニアに戻る2月13日までの2ヶ月の間に、日本を満喫したいですね。とにかく、まずお風呂に入りたいです。この寒さの中、チョロチョロとしか出ないシャワーでは厳しい!やっぱり日本人としては、ゆっくり湯船に浸かりたいものです。冬ですから、鍋料理も味わいたいです。日本のお正月の様子を写真やビデオに撮って、アルメニアの学生に見せてあげたいですね。

しかし、この半年いろいろありました…過去に訪れたことがあるとはいえ、アルメニアに住むのは初めて。旅行歴が長いですし、コロンビアやフィリピンに住んだことがあるので、海外慣れは大分していますが、それでも苦労は多かったです。いいことだけではなく、嫌なこともありました。ただ、それも自分の受け止め方次第という部分があります。

いろいろあっても、私はアルメニアを嫌いになることはありません。それは、素晴らしい友人たちに恵まれているからです。私が困っている時は親身になって助けてくれ、私がここにいることを心から喜んでくれている、そんなアルメニア人に囲まれています。この国に来て本当に良かったと思っています。

初年度できる限りのことはやりましたが、来年の活動こそが大事です。図書室を本格的に稼動させなくてはいけません。まだまだ規模が小さいですから、今後も本を送って、日本語や日本文化紹介の活動を行う必要があります。そのための英気を、日本で養いたいと思っています。

とにかく、この半年で一つの成果を出せたのは、多くの方々の無償のご協力のお陰です。私一人では、ほとんど何もできませんでした。誠に有難うございました。心より感謝申し上げます。今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

 

DSCN4910armenia12-15.jpg 

共和国広場に登場した、巨大なクリスマスツリー。まだ飾りなどはありません。アルメニアのクリスマスは1月6日ですが、街にもクリスマスムードが出てきました。帰国は楽しみですが、アルメニアのクリスマスを体験できないのは残念…今度のクリスマスは、是非ともアルメニアに滞在したいと思います。


アルメニアに本を送る会

フリーマーケット 

あと三日で帰国。授業もテストも終わったので、残りの時間で帰国の準備をするつもりです。といっても、また2月に戻ってくるので、大した準備はないですが、お世話になった方々にお土産を買って帰ろうと思っています。それで今日は、フリーマーケットに行ってきます。

「ヴェルニサージ」と呼ばれるマーケットで、毎週土日に共和国広場近くで開かれています。ガラクタ、服、CDやDVD,土産物、古本など、いろいろな物が売られています。見ているだけでも楽しいので、週末よく訪れます。以前ここでギターやセーターなどを買いました。まだ十分使える古着のセーターが、たった200円!経済的に苦しい私にとって、本当に助かります。

このマーケットは、独立直後に仕事を失った人々が、生活のために、自分の要らない物や手作りの物を売り始めたことがきっかけだそうです。今も失業率が高いアルメニアですから、その頃と同様に、生活のため物を売っている人たちもいるとは思います。

日本と違って値段なんてあってないようなものですが、アルメニア人はあまりボラない気がします。法外な値段を言われたことはほとんどありません。とはいえ、値段交渉はした方がいいです。相場を知らない外国人と見られて、少し高く請求されることはありますから。

いろいろな土産物も売っているので、今日は久々に買い物をしてきます。 夏に撮った写真ですが、ヴェルニサージの様子をご紹介します。

 

DSCN3629armenia12-13.jpg DSCN3626armenia12-13.jpg

ネジや金槌、ノコギリなどが売られています。中には、誰が買うの?というようなガラクタも…古着もたくさん売られています。車の上にまで服が並べてあります。古着は本当に安い!

 

 

DSCN3823armenia12-13.jpg DSCN3824armenia12-13.jpg

古本が売られています。ほとんどアルメニア語やロシア語の本ですが、アルメニアの美しい写真集などもあります。画家たちが自分の作品を売っています。やっぱりアララト山を描いたものが多いですね。

 

 

DSCN3822armenia12-13.jpg DSCN3825armenia12-13.jpg

観光客向けのお土産も売っています。アルメニアの民芸品は結構いいですよ。ソ連時代のものを売っている店もあります。その頃のお金や、レーニンやスターリンのグッズなど売られています。

 

アルメニアに来られたら、見物がてら訪れてみてください。いろいろと面白いものが見つかると思います。

雪が降りました 

寒い日が続いていますが、今朝ついに雪が降りました。一気に冬景色です。そして、私も風邪を引いてしまいました。周りも体調を崩している人が多く、小学校なども休校になっていると聞きました。幸い私の風邪は鼻と喉だけで、熱はないので、何とか仕事はこなせていますが、やっぱり少しだるいです。

そんな私の体調を気遣ってくれた友人が、自家製のイチゴ・ジャムを持ってきてくれました。風邪を治すためにジャム!?と思うかもしれませんが、こちらで一般的です。というのも、このジャムはチャイ(紅茶)を飲むためのものなんです。

アルメニアではコーヒーもよく飲まれますが、ロシアの影響で、チャイ(紅茶)もよく飲まれます。特に寒い冬には、体を温めるために頻繁に飲まれます。その飲み方ですが、日本のように砂糖を入れて飲む場合もありますが、ジャムを少しずつ食べながら飲むロシア・スタイルもあります。 ウクライナなどでは、チャイに直接ジャムを入れて飲むそうです。

熱いチャイは体を温めますし、果物のジャムでビタミンも取れます。甘いもの好きな私は、このロシア風の飲み方が好きです。友人のくれたジャムは本当に美味しくて、毎日チャイと一緒に食べています。帰国まで残り1週間弱。それまでに風邪を完治させたいと思います。

 

DSCN4888armenia12-11.jpg DSCN4891armenia12-11.jpg

今朝起きると、雪が降っていました。寒いですが、雪化粧をした街はきれいです。イチゴ・ジャムを少しずつ食べながら、チャイを飲みます。美味しいし、体が温まります。

日本語サミットに向けて 

10月末に応募した ジャパン・リターン・プログラムの日本語サミット(こちら)ですが、ルシネさんという4年生の学生が、第一次選考を無事に通過しました。残念ながら、もう一人の応募者は通過できませんでした。

第二次選考のために、先週ルシネさんのスピーチをビデオ撮影して日本へ送付しました。スピーチは、第一次選考の作文テーマ「勇気と平和」の要旨を、自分の言葉で話すというもの。ルシネさんがスピーチのためにまとめた要旨は良かったので、あまり私が手直しする必要はありませんでした。

隣国トルコ・アゼルバイジャンと、いまだに険悪な関係にあるアルメニア。真の平和のためには、どうしたらいいのか…結果はともかく、今回のプログラムへの応募は、学生がそれについて深く考える良いきっかけになったと思います。

しかし、やっぱり担任教師としては、是非とも合格して日本に行ってほしいと思います。日本大使館もないアルメニアでは、学生が日本へ行くのは大変難しいですから。ルシネさんも、この貴重なチャンスを何とか手にしたいと思っています。合否は来年1月末に出ます。さあ、どうなるでしょうか…

私もルシネさんも出来ることは全てやりました。あとは祈るばかりです。どうか合格しますように!

 

DSCN4874armenia12-9.jpg 

4年生のルシネさん。とても真面目な学生です。日本語サミットへの参加という、貴重な機会を是非とも手に入れて、夢である日本へ行ってほしいと思います。