飲みすぎに注意 

アルメニア人は、すごく酒好きです。そして強い。アルメニアやグルジアはワインの発祥地と言われていますから、当然と言えば当然です。

ビールもよく飲まれていますが、旧ソ連だったのでウォッカもよく飲まれています。人が集まる時などは、大体ウォッカです。私はあまり強くないくせに、お酒が好きです。しかしウォッカは、ただ酔うためのお酒という感じで好きではありません。

ナゴルノ・カラバフに着いた日の夜、泊まった家の庭で、近所の人たちが酒盛りをしているのに誘われました。飲んでいるのは、やっぱりウォッカ…小さいグラスに注ぐのですが、注がれたら乾杯して飲み干さなくてはいけません。「ケナーツ!(アルメニア語で乾杯)」と言って、グイッと飲み干すと、一気に喉から胃までカーッと熱くなります。

ウォッカは普通アルコール度数が40%ぐらいですが、その時のウォッカは自家製で、何と70%近くありました。勧められて3,4杯飲んだら、もうフラフラ…酔い潰れてというより、ほぼ失神状態でベッドに倒れました。そして次の日の昼頃まで、頭がズキズキして気持ち悪かったです。

 

グルジア人も、アルメニア人同様に(それ以上かも…)、かなりの酒好きで強いです。先月グルジアに滞在したときも、友人達と飲んで、何度か酔い潰れてしまいました。

 

お酒の席は、言葉が通じなくとも皆が陽気で楽しいものですが、やはり飲みすぎには気をつけないと…

アルメニアのビール 

昨日は朝から曇っていて、時折雨も降る悪い天気でした。夜には雷を伴う雨が…寝るときは少し肌寒かったくらいです。今日は、また快晴で暑いですが、今は季節の変わり目なんでしょう。ビールが美味しい季節も、もうすぐ終わりのようです。さて、アルメニアには幾つか国産ビールがあります。一通り飲んだので紹介します!

 

DSCN3598armenia9-14.jpg  
まずは、キリキア。一番安くて、ポピュラーです。飲みやすい味です。

 

 

DSCN3723armenia9-14.jpg 
これは、コタイクというビールで、キリキアと同じくらいポピュラーです。これも美味しいです。

 

 

DSCN3634armenia9-14.jpg 

左はギュムリ、右はエレブニというビールです。どちらも、キリキアやコタイクより少し高いですが、その分もっと美味しいと思います。

ざっと紹介しましたが、私はお酒の味はさほど分からないので、細かい味の違いには言及できません。とにかく今の暑い時期、冷たいビールは何でも美味しいです。

 

節約のため、家で一人で飲むのはなるべく控えています。でも、日本よりはずっと安いですから(全て70円~90円)、経済的に厳しいとはいえ、たまにこれぐらいの楽しみは必要です。

 

写真には果物も一緒に写っていますが、アルメニアは、夏の間とても果物が豊富で、安くて美味しいんです。その果物の美味しい季節も、もうすぐ終わるんですね…

アルメニアとトルコが和解 

9月1日に、アルメニアとトルコがスイスの仲介によって和解し、国交樹立などで合意したそうです!(こちら) こんなビッグニュースを、「本を送る会」の会長からのメールで、私は先ほど知りました。テレビがないので、情報に疎くなっても仕方ないのですが、アルメニアに関わっている者として恥ずかしい…これからは、毎日ネットでアルメニア関係のニュースをチェックするようにします。

 

両国が和解に向けて交渉を始めていたのは知っていました。昨年はトルコの大統領がアルメニアを訪れ、来月にはアルメニアの大統領がトルコを訪問する予定です。着実に和解へのプロセスは進められてきましたが、やはりこの合意はすごいことです。第一次世界大戦中に起きたトルコによるアルメニア人虐殺を巡って、両国は1世紀近く対立してきたんですから。

 

しかし、これは、両民族の対立が終わったことを意味しません。あくまで政府間の和解であって、民族間の不信感、特にアルメニア人のトルコに対する憎しみは何も変わってはいません。グルジアとロシアの戦争、EU加盟、石油パイプラインなど、この和解の裏には、政治的また経済的な思惑が多分にあることは確かです。両国が真の和解に至るまでの道のりは、まだまだ長く険しいでしょう…

 

とはいえ、ずっと閉ざされていた国境が、年内に開く予定です。直接アルメニアとトルコを行き来できるようになるのです。アルメニア人が、聖地アララト山へ自由に行けるようにもなるのでしょうか…とにかく、両国間の人や物の行き来は増えるでしょう。アゼルバイジャンと国交を断絶しているアルメニアにとって、トルコという外への窓口が開かれるというのは、とても大きな意味があります。

 

第三者の意見ですが、やはり憎しみからは何も生まれません。虐殺を巡る歴史認識の対立も、両国が話し合いの場を持たなければ進展するわけがありません。国交が樹立されて交流が始まれば、いろいろと摩擦も生じるでしょうが、真の和解に向けて乗り越えていってほしいと心から望みます。

 

個人的には、これでアルメニアという国の重要性が増して、日本大使館ができれば…と願っています。

匂いには無頓着… 

9月に入って、日も少しずつ短くなり、気温も下がってきました。しかし、まだ日中は暑いですね。乾燥しているとはいえ汗をかきます。だから、出かける前に、私は脇や首のあたりに消臭ローションを付けます。しかし、アルメニア人はそうしない人が多いのか、けっこう汗臭い人がいます。やはり男性に多いですが、意外に女性にも時々います。

特にミニバスに乗ると、狭い車内で体臭が鼻につきます。身なりはきちんとしている人が多いんですが、体臭に関してはけっこう無頓着なんでしょうか…美人が多いアルメニア。皆おしゃれだし、ハッとするような美人もよく見かけますが、そんな美人も汗臭いとちょっと興ざめです。

去年住んでいたフィリピンは匂いにうるさい国で、ここよりもずっと蒸し暑いのに、バスに乗っても、ひどい体臭を嗅いだことはほとんどありません。国によって、いろいろ違うんですね。これも映画館でのマナーの悪さ同様に、けっこう慣れてしまいました(こちら)。しかし、私はちゃんとローションを付けます。


私たちの活動について 

このブログを読んでくださった方から、「大学に寄贈するのではなく、独立した図書館を作るのではないのですか?」というコメントを頂きました。同じような疑問を抱いている方が他にもいらっしゃるかもしれないので、ご説明致します。

独立した図書館を作れたら素晴らしいと、私も思います。しかし、残念ながら資金がありません。独立した図書館を作るには、不動産を購入または借りなくてはいけませんが、私たちは本を送付したり、本棚などの設備を購入したりするだけで精一杯です。

しかし、アルメニアの学生たちに、もっと日本語や日本文化に触れられる機会を作ってあげようというのが、私たちの元々の目的です。そのために、日本語教育機関に本を寄贈して、図書室を作る活動を行っています。会のホームページにもそのように書かれていますので、そちらをご覧になってください。

幸いなことに、ここでアルメニア柔道連盟から協力を依頼されました。連盟会長(アルメニア人)は、昔から日本文化センターを作りたいという夢があり、最終的には土地や建物も購入し、日本庭園も作りたいと真剣に考えています。今はオフィスの一室に本を置くことになっていますが、彼の夢である日本文化センターができれば、そこが独立した図書館の役割を果たすのではないかと思います。

せっかく寄贈して頂いた本ですから、より多くの人に読んでもらう ためにも、独立した図書館を作った方がいいんですが、今できることから少しずつやっていきたいと思っています。私たちの活動も始まったばかりですので、ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。

「アルメニアに本を送る会」 http://bookarmenia.web.fc2.com/

 

DSCN4303armenia9-9.jpg 

寄贈された日本の写真集やマンガを、興味深く見ている学生たち。他にも茶道や浮世絵の本などに、「ウワー!」と目を輝かせていました。喜んでくれて、こちらも嬉しいです。