いろはセンターとひかりセンターが外務大臣表彰を受賞 

暑い日が続いています。この真夏日は、来週後半まで続くようです。9月の二週目から少しずつ気温が下がって、過ごしやすくなるかもしれません。

ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツ氏の訃報がありました。享年80歳。ストーンズというと、まだまだ走り続ける伝説のロックバンドというイメージがありますが、もうそんな歳なんですね…ジャズに影響を受けた彼のドラミングは、ストーンズの音楽に独自性を与えました。冥福を祈りたいと思います。

タリバンが政権を掌握し、混乱が続くアフガニスタンの空港で悲惨なテロ事件が発生しました。自爆テロによって、多くの死傷者が出ているようです。ISISが犯行声明を出しましたが、アフガンやイラクに侵攻してから20年におよぶ米軍の対テロ戦争とは一体何だったのでしょうか…少しでも早く事態が収束してほしいと願います。

今週は、アルメニアでも、南部のゴリスからカパンを結ぶ幹線道路の一部がアゼルバイジャン軍によって封鎖されるというきな臭いニュースがありました。現在、アルメニアとロシアの国境警備隊が、封鎖解除に向けてアゼルバイジャン側と交渉を行っているそうです。

封鎖された地域は、アゼルバイジャンとの国境に接していたり、微妙にアゼルバイジャン領内に入っている場所で、今回のようなことが起こり得る危険性はありました。武力衝突などは発生していないようですが、地域住民の移動やイランとの物資輸送などに大きな影響が出ています。こちらも早く収束してほしいと思います。

今週の火曜は、懇意にしている日本人ご家族にお誘いを受けて、エチミアジンにあるアルリアというワイナリーに行ってきました。小さなワイナリーですが、全てに徹底的にこだわって作っているそうで、いろいろ説明を聞いて、ワインを試飲できるというもの。飲み放題だったこともあり、たくさん飲んでしまいました。白も赤も美味しかったです。いろんな人が参加していて、エレバンにお住まいの他の日本人の方々ともお知り合いになれました。

その翌日も、ここに取材に来られていた日本人の写真家の方を囲んで、カラバフ産のカタロという美味しいワインを飲みました。このワインのブドウ畑は、戦争によってアゼルバイジャン領になってしまったため、今はとても貴重になっています。その写真家の方の取材の日本語通訳を妻が担当していたのですが、生々しく、そして悲しい戦争の体験を聞くことができたそうです。やはり戦争ほど悲惨なものはないと改めて思います。

239526587_985940135283830_2977498860900847225_narmenia21-8-27.jpg
アルリアワイナリーの見学では、樽から直接注いだワインを試飲できます。

239709604_418122446319374_5948957498821902192_narmenia21-8-27.jpg
こだわりの美味しいワインを飲みながら、いろんな人と語らって楽しい時間を過ごすことができました。

さて、今週は明るいニュースもあって、記事タイトルにあるように、アルメニアのいろはセンターとひかりセンターが外務大臣表彰を受賞しました!この外務大臣表彰は、国際関係の様々な分野で活躍し、日本との友好親善関係の増進に多大な功績をした個人や団体を称えるものです。4年前には、アルメニアの日本語教育の基礎を築いた故カリネ先生が受賞しました。

いろはセンターはアルメニアにおける日本語教育の促進、ひかりセンターはアルメニアにおける日本文化の普及に多大な貢献をしたことが受賞理由となりました。私はいろはセンターで今も日本語を教えているし、ひかりセンターには、有志の方々と運営している「アルメニア友の会」から日本の図書などを寄贈したりと、両センターとは結びつきがあるので、今回の受賞ニュースを本当に嬉しく思います。おめでとうございます!これからの益々の活躍を祈っています!

20247932_1970220963258315_7080779907332400873_oarmenia21-8-27.jpeg
日本語教育への貢献が評価されたいろはセンター。9月からは対面授業が再開する予定で、私もまた頑張って教えたいと思います。

DSCN1883armenia21-8-27.jpeg
日本文化普及への貢献が評価されたひかりセンター。アルメニアの子供たちが平和を祈って作った灯籠を広島に送る活動を長年続けています。

いろはセンターの節分イベント 

すっきりと晴れず、時には雪が舞ったりしますが、気温は少しずつ上がっています。子供たちを学校と幼稚園に連れて行く朝も、それほど寒さが厳しくなく、週末からは最高気温が10℃以上になるという予報も出ています。

国会は「桜を見る会」の問題で膠着状態が続いていますね。野党が求めている書類を提出せず、安倍首相はぐだぐだな答弁をして逃げ回ってばかり。ANAホテルが忖度しなかったから(あっぱれ!)、答弁と事実の食い違いが明らかになったというのに往生際が悪い…

この政府の隠蔽体質は、新型コロナウイルスの問題にも影響しているようです。感染が拡大しているダイヤモンド・プリンセス号に入った感染症専門医の岩田健太郎氏が、「適切な対策が全く取られておらず、誰が感染してもおかしくない惨状」と船内の様子を告発しました。また、そのような事態を招いている原因として厚労省の隠蔽体質があり、きちんと情報公開すべきだと訴えています。これが本当だったら人災でしょ…

ここ最近ネットで「虚偽の情報だらけ」とか「嘘つき国家」などと中国を叩く意見をよく目にする度に、いやいや、原発事故の報道とか考えたら日本も偉そうなこと言えんやろ〜と思っていました。しかし、今まさに同じことが起こっているとしたら、マジで他国を批判している場合じゃありません。政府が臭いものに蓋をして問題を悪化させるようことだけは避けてほしいと思います。

ところで、アルメニア議会で喫煙制限を厳格化する法案が承認されました。今年5月からホテルやペンション内での喫煙は禁止され、2020年5月からレストランやカフェ内でも禁止されます。違反すると150ドル近い罰金!どこでもタバコが吸える喫煙者天国のアルメニアも、世界の潮流に乗って厳しくなるようです。まあ、嫌煙家も当然たくさんいるわけで、これは仕方ない流れだと思います。

さて、先週の金曜日、いろはセンターで恒例の節分イベントがあったので参加してきました。本当は前回の記事でまとめて書こうかと思ったんですが、あまりに分量が多くなりそうだったので今回ご紹介することにしました。

当日は20人以上の学生たちが集まり、初めてイベントに参加する人たちのために、まず節分についての説明が行われました。そして、みんな恵方巻き作りに挑戦。けっこう上手に作っていましたね。その自分が作った恵方巻きを西南西の方向を見ながら食べました。いつも思うことですが、その時の光景はちょっと怖い…

それから、メインイベントの豆まき。私と南江先生が鬼役をしました。これもいつものことですが、仮面で覆われていない顔の部分に時々豆が当たって痛い!まあ、厄災払いで鬼を追い出さないといけない訳ですから、それぐらいの方がいいかもしれませんね。

最後に、学生たちは紙相撲をして遊びました。日本人には見慣れた小さい子供向けの遊びでも、アルメニア人にとっては初めて見るものだから、面白そうに真剣にやっていました。勝ち負けが決まると、「ワーッ!」と叫んで盛り上がっていましたね。学生たちが日本の伝統や文化を知ることができ、有意義で楽しいイベントになったと思います。

86969851_571546540103608_2011702100932689920_narmenia20-2-19.jpg
スライドを見せながら節分についての説明

87115489_2613912612266527_8382784007166754816_narmenia20-2-19.jpg
恵方巻き作りに挑戦!私も作って食べましたが、美味しかったです。

86801605_898407847280166_9088326247750041600_narmenia20-2-19.jpg
初めての子が多かったけど、みんな上手に作れていました。

86348937_623968541732656_5774820770580529152_narmenia20-2-19.jpg
上手に作れて嬉しそうな学生たち

86766443_487893412119661_2028104885978791936_narmenia20-2-19.jpg
西南西の方向を向いて黙々と恵方巻きを食べる学生たち。うーん、シュールな絵…

86746702_513535399296130_6557148389237063680_narmenia20-2-19.jpg
「鬼は外ー!福は内ー!」と言いながら豆まき!

86842082_209274837131528_6279364979866992640_narmenia20-2-19.jpg
紙相撲で盛り上がる学生たち。楽しい節分イベントでした。

クリスマスイベントいろいろ 

今年は今のところ暖冬傾向で、朝晩もマイナスにならない日さえあります。今週一杯はそれほど寒くならないようですが、さすがに来週からは一気に冷え込むという予報が出ています。

あと1週間で2019年も終わりですね。アルメニアのクリスマスは1月6日なので、今週は特に何もありませんが、共和国広場に設置された大きなクリスマスツリーが点灯されました。かなり派手な点灯式で盛り上がったそうです。ということで、我が家も昨日、クリスマスツリーを飾りました。子供たちが楽しそうに飾り付けを手伝ってくれました。

80190755_434079727501868_5638369870040006656_narmenia19-12-23.jpg 
クリスマスツリーの飾り付けをするアレンとレオ。結局ほとんどは私がこの後にやったけど…

フィリピンにいる間は、アルメニアのニュースに疎くなっていましたが、今月初めにセルジ・サルクシャン前大統領が職権濫用と収賄の容疑で起訴されたようです。長年この国の実権を握っていた人物が、革命から1年以上経った今ついに逮捕されるかもしれません。

しかし、最近もっとすごいスキャンダルが発覚して、国中で話題になっています。というのも、エレバンの産婦人科病院の院長が不法な養子縁組取引に関与していたのです。逮捕された院長と関係者らは、新生児には重い障害があるなどと言って親たちを騙し、多くの子供たちをイタリアやアメリカに養子に出していた疑いが持たれています。

長年大きな産婦人科病院の院長を務めていた人物が、この悪魔のような犯罪に手を染めていたことに国民は大きなショックを受けて怒り狂っています。それはそうでしょう。夫婦が待ちに待った赤ちゃんをお金のために人の手に渡していたなんて…私も二児の父親なので、この事件で被害を受けた親御さんの気持ちを考えると、強い憤りと悲しみを覚えます。これはひどすぎる!

さて、息子たちが通う小学校と幼稚園でクリスマスイベントがあったので、妻と見に行ってきました。まだ1年生のアレンは、みんなと歌ったりしたぐらいですが、3年生や4年生や上手にダンスをしたり、詩を読んだりして中々見応えありました。小学生になって初のイベントに嬉しそうに参加しているアレンの姿は可愛らしかったです。

幼稚園のイベントの方は、レオが泣きべそをかいて妻から離れようとしなかったので、結局レオは歌や踊りに全く参加しませんでした…イベント直前に連れて行ったのが良くなったようです。いつもと違う幼稚園の雰囲気に驚いてしまったんでしょうね。でも、サンタさんにプレゼントを貰ってからは機嫌よくなりました。

IMG_2863armenia19-12-23.jpg
同級生たちと歌うアレン。サンタ帽の姿が可愛らしい!

IMG_2893armenia19-12-23.jpg
頑張ったアレンをほめてあげる妻。息子の成長した姿はいつも嬉しいものです。

IMG_2910armenia19-12-23.jpg
サンタの登場でやっと機嫌がよくなったレオ

IMG_2917armenia19-12-23.jpg
貰ったプレゼントを嬉しそうに見せてくれるレオ。よかったね!

IMG_2921armenia19-12-23.jpg
とにかく子供たちにとって初のイベントが終わりました。これから2週間の冬休み!こちらは疲れるけど…

また先週土曜は、いろは日本文化センターの5周年記念イベントが行われたので、妻とアレンと一緒に参加してきました。レオは少し風邪気味だったのでお留守番。イベントには山田日本大使や学生たちが参加して盛り上がりました。学生たちによる踊りや歌、またプロのマジシャンによるショー、クイズや漫才、ドゥドゥク演奏などが披露されて、とても楽しい時間を過ごすことができました。

私もずっと、いろはセンターを立ち上げた友人のルザンさんの頑張りを見てきたし、協力してきたので、5周年という節目を迎えられたことを嬉しく思います。アルメニアの日本語教育の大切な場所として益々の発展と成功を祈っています。5周年、本当におめでとうございます!これからも頑張りましょう!

79847757_444060009596109_4178889160511193088_narmenia19-12-23.jpg
山田大使からもお祝いのスピーチ

80574432_447920789223100_9027829425772691456_narmenia19-12-23.jpg
センターの関係者や学生たちが踊りを披露してくれました。

80098271_479402572709592_1665629184002621440_narmenia19-12-23.jpg
学生たちが日本語で漫才を披露。相変わらずこの二人のかけ合いは面白い!

80129105_2215935602041482_5102645336350916608_narmenia19-12-23.jpg
日本人留学生によるドゥドゥク演奏。これも素晴らしかったです。

80259718_2454444354683325_9118324502663528448_narmenia19-12-23.jpg
学生の息子さんがプロのマジシャンで、マジックを披露してくれました。これは盛り上がって、アレンも大喜びでした。

80739907_3104621149566995_2434037981883924480_narmenia19-12-23.jpg
お祝いのケーキが登場。5周年、本当におめでとうございます!

カリネ先生が逝去されました 

明日はいよいよ即位の礼が行われますが、悪天候が心配されていますね。エレバンも気温が日増しに下がってきて、朝晩はかなり肌寒いです。そのせいか風邪が流行っているようで、アレンと妻、そして私も風邪気味です。

残念なことに、アルメニアで初めて日本語を教えて、ここの日本語教育の基礎を築いたカリネ・カラミヤン先生が先週金曜日にお亡くなりになりました。享年65歳。少し早すぎるお別れのように思います。ここ数年はガンとの闘病生活を送られていたため、お会いする機会がほとんどありませんでしたが、訃報を聞いた時はショックを受けました。お強い方だったので、信じられない気持ちでした。

しかし、カリネ先生が天国へ召されたことは事実で、週末にお通夜と葬儀が行われたので、私と妻も参列しました。カリネ先生の最初の学生の一人だった友人のルザンさんも一緒でしたが、やはり大好きな恩師が亡くなった悲しみは深く大きく、ずっと辛そうに涙を流していました。

カリネ先生がルザンさんたちに日本語を教えたのは、旧ソ連から独立してまだ間もない頃でした。経済は破綻し、人々の生活状況もひどかった時代です。「電気がないから毎晩ロウソクの灯りで勉強した」「バスがないから教師も学生も雪の中を数時間歩いて大学に通った」「教室が寒くて何枚も服を重ね着して勉強した」などなど、今からは想像もできないような苦労話を聞いたことがあります。

さらに当時は、日本大使館もなく日本人もおらず、ネットもなくて、日本の情報はほとんど手に入らなかったから、日本語を教える方も学ぶ方もかなり大変だったと思います。そんな厳しい環境でも一生懸命教えてくれるカリネ先生は、学生たちにとって本当に大きく貴重な存在だったに違いありません。今のアルメニアの日本語教育と日本語コミュニティがあるのは、まさにカリネ先生のお陰だと言えます。

私がここにいるのも、約20年前にカリネ先生の学生たちに出会ったことがきっかけです。世界放浪中にふらっと立ち寄ったアルメニアで日本語を勉強している学生に偶然出会い、熱心でひたむきな彼らの姿に強く胸を打たれました。その後、コロンビアやフィリピンで日本語を教えましたが、大使館もなく日本人もいない環境で学ぶアルメニアの学生に教えたいと思い、10年前に戻って来たのです。(過去の記事)

カリネ先生にはお子さんがいませんでしたが、たくさんの教え子がいて、またその教え子から日本語を学んだ学生がいます。さらに今は、その学生たちが日本語を教えています。それは先生にとって、日本語を通じて繋がる子供や孫やひ孫のようなものだと言えるでしょう。だとすれば、私もその一人かもしれません。カリネ先生がいらっしゃらなければ、アルメニアで日本語を教えるという選択は私の人生になかったと思います。

カリネ先生、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。ずっと頑張ってこられたので、どうかゆっくり休んでください。先生が教えたことや残されたものは、これからも大切に引き継がれていくはずです。心からご冥福をお祈りいたします。

34_800armenia12-11-29.jpg
20年前にエレバンで日本語を学ぶ学生に出会い、カリネ先生の授業も見学させていただきました。

417721_10150530743526819_651894085_narmenia19-10-21.jpg
8年前の私と妻の披露宴に出席して下さいました。私たちの結婚や子供の誕生をいつも心から喜んで下さいました。

425662_10150530752601819_423546903_narmenia19-10-21.jpg
お祝いのスピーチもして下さいました。この時はまだまだお元気で、日本語教育に熱心に取り組まれていました。

CIMG1697armenia16-5-12.jpg
カリネ先生は時々お食事に呼んで下さいました。料理がお上手で心の優しい方でした。

21552115_1995659210714490_5738849217383317542_o.jpg
その多大な功績が評価され、2年前にアルメニア初の日本外務大臣賞が贈られました。これは私も本当に嬉しかったです。

アルメニア日本語弁論大会 

昨日は世界IT会議(WCIT)のオープングで、夜にエレバンの共和国広場でコンサートが行われました。AIが作曲した音楽を世界で初めてオーケストラが演奏し、後半は世界的に有名なDJのアーミン・ヴァン・ブーレンが登場しました。コンサートでは、美しく幻想的な3D映像も次々と映り出されたそうです。

文末が「そうです」となっているのは、実際には私は行っていないから。開始から2時間ぐらい前の映像で、すでに広場にはけっこう人が集まっていたため、行列と混雑が大の苦手な私はネットで見たのです。AI作曲の音楽はあまり独創性がないように感じましたが(でも、AIが作ったと思うとすごい!)、3D映像は素晴らしかったし、DJの演奏にはアルメニア人の聴衆がとても盛り上がって楽しそうでしたね。

今日から3日間、その世界IT会議の本番がエレバンの大きなコンベンションセンターで行われます。IT業界をリードする起業家や経営者、またキム・カーダシアンなどの有名人も登壇します。彼女はアルメニア系ですからね。プロデュースした下着ブランドにKimonoという名前をつけて顰蹙を買ったのが記憶に新しいです。とにかく、今回の世界的イベントは、アルメニアがIT立国としてもっと注目されるきっかけになるかもしれません。


長いですが、昨晩のコンサートの動画。さすが世界的なイベントのオープニングだけあって豪華!

さて、先週の金曜日は、アルメニア日本語弁論大会が行われました。昨年の大会で私は審査員を務めましたが、いろはセンターで日本語を教えている今は中立性の面から審査できません。なので、今回は質問役を引き受けました。スピーチの後に出場者に質問する役目です。内容をちゃんと理解せず丸覚えしてくる人もいるため、質疑応答で実際の理解度や日本語能力を見るのが目的です。

今年は一般の部に3人、学生の部に6人が出場しました。それぞれ自由なテーマについて日本語で話します。やっぱりみんな緊張している様子でしたが、一生懸命スピーチする姿には感動しますし、全員を応援したい気持ちになりますね。学生のレベルなどを考えて即座に質問するのは少し難しかったですが、何とかやり通せました。

9人全員のスピーチが終わってから、学生たちによる出し物が披露されました。今回は歌の他に、なんと漫才も登場!日本語がとても上手な二人の学生が、日本人顔負けのテンポの良さでボケとツッコミをして会場から笑いを取りました。いや、これマジでけっこう面白かったです。

そして、審査も終わってお待ちかねの結果発表!一般の部はハスミックさん。彼女は交通事故で生死の境をさまようほどの大ケガを負いましたが、必死のリハビリで歩いて話せるようになりました。その自分の経験を基に、体を鍛える大切さを語ってくれました。そして、学生の部はシュシャンさん。インターネットミームについて話してくれました。とにかく日本語能力が高いので、恐らくダントツの評価で1位に輝いたと思います。

学生の部の優勝者は、来年9月に日本へ行くプログラムに参加できます。シュシャンさんは一度旅行で日本に行ったことがありますが、また大好きな日本に行けることになって本当に嬉しそうでした。ちなみに私の教え子でもあるので、私も彼女の優勝を嬉しく思います。シュシャンさん、おめでとう!

優勝できなかった出場者もみんな頑張りました。この経験は、日本語の学習にとって大きな糧になるはずです。これからも勉強を頑張ってください!

72469781_1152323561643445_1760999761738989568_narmenia19-10-7.jpg
優勝したいろはセンターのシュシャンさん。上手な日本語でミームについて話してくれました。

71467115_514624722685654_3019543651844882432_narmenia19-10-7.jpg
漫才を披露してくれたマリアさんとディアナさん。テンポが良くて面白かったです。ディアナさんは落語も披露してくれました。

71655379_539970693431510_4364023691445534720_narmenia19-10-7.jpg
音楽学校に通うマリナさんが日本の歌を披露してくれました。

72044109_477807332949097_4570739801682083840_narmenia19-10-7.jpg
優勝したシュシャンさんに山田大使からトロフィーの贈呈。本当におめでとう!

72554639_2426060730998790_5095165010854805504_narmenia19-10-7.jpg
今年の出場者のみなさん。お疲れ様でした。これからも日本語の勉強を頑張ってください!