片岡さんと餅つき大会に参加 

天気はいいのですが、けっこう寒い日が続いています。夜にはマイナス10℃近い冷え込み…1月下旬から2月上旬に最も寒さが厳しくなるので、当分はこの真冬の気候が続くでしょう。

さて、一昨日の午後に片岡さんは帰国の途に着いて、メールで無事に到着したとの連絡がありました。今回はいつもより少し短い滞在でしたが、一緒に充実した時間を過ごすことができました。短いといっても10日間で、片岡さんがアルメニアを訪問し始めた頃に比べると長いです。当時の片岡さんは仕事が忙しくて、1年に1回程度しか来られなかったし、滞在日数もいつも4、5日だけでした。

ちなみに、私と妻の結婚式のために2日だけ滞在して帰って行ったこともあります。プロカメラマンの片岡さんは、私たちの結婚式や披露宴の写真を撮って、そのまま寝ずに翌日の早朝の便で帰国したんです。そんなことまでしてくれる親友がいるのは、何より素晴らしい財産ですね。

それほど忙しかった片岡さんが、今は年に数回アルメニアに来れるようになって、滞在期間も10日や2週間と昔より断然長くなりました。これも偏に、アルメニアへの変わらぬ愛情を持ち続けた結果だと思います。本当にすごい!

ところで日曜日は、片岡さんと毎年恒例のいろはセンターの餅つき大会に参加してきました。実は、その餅つきで使われている杵と臼は、片岡さんが約6年前に日本から持って来てくれたものなんです。当時、私が教鞭と取っていたエレバン国立言語大学で日本文化イベントを開いた時に餅つきを紹介してくれて、すごく盛り上がりました。

そのイベントでは、香川大学の学生たちと協力して、大学の中庭に桜の苗木を植樹してくれましたんですが、先週その桜の木がどうなっているか、片岡さんとちょっと覗いてきました。久しぶりに見た桜は無事に育っていて、2本とも私たちよりも大きくなっていました。春には花を咲かせるでしょうから、その時にまた見に来たいですね。

とにかく、上記のような経緯で片岡さんが持って来てくれた杵と臼が、今もアルメニアで日本文化紹介のために使われて活躍しているわけです。今年も日本語を学ぶ学生たちが楽しそうに餅をついていました。そして、そのつきたてのお餅で作ったお雑煮は絶品でした!きなこ餅も美味しかったです。私も片岡さんも餅をついたり、二人羽織に参加したりして楽しく過ごしました。

実は、私は3月上旬に仕事で日本に行く予定があるので、その時にまた片岡さんに会えると思います。だから、空港で見送った時も、「じゃあ、また近々会いましょう!」と笑顔でお別れしました。昨年は5回も会いましたが、今年も同じぐらいのペースで会えそうな気がします。片岡さん、今回も素敵な時間をありがとうございました!

IMG_8053armenia19-1-23.jpg
片岡さんが、6年前に自分が持って来た杵と臼で餅つきをしました。

IMG_8055armenia19-1-23.jpg
いろはセンターの学生たちも楽しそうに餅つきに参加していました。

IMG_8056armenia19-1-23.jpg
つきたてのお餅をみんなで丸めて…

IMG_8059armenia19-1-23.jpg
お雑煮が完成!すごく美味しかったです。ご馳走様でした!

IMG_8061armenia19-1-23.jpg
お正月に関するゲームや二人羽織などのゲームで盛り上がりました。

IMG_8063armenia19^1^23
我が家に片岡さんを呼んで食事会。ティグランと奥さんも参加して、楽しい一時を過ごしました。

IMG_8065armenia19-1-23.jpg
片岡さんがアレンにカメラの使い方を教えてくれました。

50517214_384084695724663_7125229183604621312_narmenia19-1-23.jpg 
今回も一緒に思い出深い時間を過ごせました。ありがとうございました!また3月に会いましょう!

いろはセンターのクリスマスイベント 

年末に入って本格的な冬が到来したのか、今日は午後から雪が降っています。週末は天気が良くて、少し暖かく感じるぐらいだったんですけどね。

昨日は天皇誕生日だったので、日本では今日は振替休日ですね。誕生日の記者会見で、天皇が皇后への感謝と労いの言葉を涙ぐみながら述べられる姿には私も目が潤みました。これまで共にした歩みを振り返り、天皇としてだけでなく、一人の男性として、また夫として様々な思いが込み上げられたんだろうと思います。

そして、明日はクリスマスですね。何度も当ブログでも書いているように、アルメニアのクリスマスは1月6日なので特に何もありませんが、この時期になると家にクリスマスツリーを飾り始めます。子供たちが喜ぶので、我が家もあと少ししたら飾ろうかと思っています。

さて昨日は、いろはセンターのクリスマスイベントがあったので、家族で行ってきました。正確には創立4周年を祝うイベントですね。先月上旬から週2コマだけですが、また私も同センターで教鞭を取り始めました。優秀な学生たちが揃ったクラスなので、楽しく教えることができています。

エレバン市内のホテルで開催されたイベントには、センターの関係者や学生たちが参加して、歌や踊りやギター演奏、またゲームで盛り上がりました。手作りの食事も美味しくて、アレンとレオもたくさん食べていました。最後にはセンター4周年を祝って誕生日ケーキが登場。私からもお祝いの言葉を述べさせて頂きました。

同センターの学生の一人が、今やっている翻訳プロジェクトで頑張ってくれています。今は私が彼女の漢字の授業をしていますね。去年は私の会社でアルバイトとして活躍してくれた優秀な子で、今回も本当に助かっています。こういう素晴らしい日本語学習者を育てている同センターの益々の発展を祈ります。もちろん私も教師として貢献できればと思っています。4周年おめでとうございます!

しかし、今年も残りあと1週間ですか…当ブログの年内の更新もあと1,2回でしょうね。年の瀬で忙しくしていますが、毎年恒例の1年を振り返るスライドショーの準備も始めないと。

IMG_7712 armenia18-12-24
ルザン会長と南江副会長による挨拶。この後、スライドショーで今年のいろはセンターの活動を振り返りました。

IMG_7716armenia18-12-24.jpg
学生たちがすずめ踊りを披露してくれました。

IMG_7717armenia18-12-24.jpg
みんなでゲームをして盛り上がりました。

IMG_7721armenia18-12-24.jpg
着物や浴衣を着た学生たちが踊りを披露してくれました。みんな似合っていますよね。

日本語教師の仕事を再開 

また最近、雨が降ったり止んだりの不安定な天気です。その雨で木々の葉もかなり落ちて、寒々しい風景になってきました。冬の足音がすぐそこまでやって来ているようです。

世間を騒がしているゴーン会長の逮捕劇。その裏には合併問題を巡る日仏政府の思惑があったと噂されています。もし本当にマクロン大統領の主導でルノーが日産の吸収合併を画策していたのなら、今回の日本側のクーデターは天晴れと言えるかも。

ルノーにすると、「経営危機を救った恩を仇で返すのか!」と憤慨しているかもしれませんが、日産の方が規模や利益が圧倒的に大きいし、親会社だからって言いなりになる必要はありません。たとえ陰謀説が真実ではないとしても、実際に悪質な不正があったのなら、たとえカリスマ経営者であろうと厳しく裁かれるべきです。

そういえば、セミナーを終えて帰国された極真館の廬山館長と弟子の方々から、温かいお礼のメッセージを頂きました。皆さんアルメニアのことを大変気に入られたようで、特に館長は、「これほど素晴らしい思い出と余韻を残した国は初めて。アルメニアの国と人々のことを心から愛している」と書かれていました。いやあ、嬉しいですね!皆さん、どうもありがとうございます!

でもメッセージの最後に、「我が娘のようなリリットさんをもし泣かたせら、私の鉄拳が待っているぞ!」という恐ろしい言葉が…館長の鉄拳なんか喰らったら、マジで死んでまうやん!館長、大丈夫です!妻を泣かせるようなことは絶対にしません!

さて、記事タイトルにあるように、実は日本語教師の仕事を再開しました。といっても週に1回だけですが、2週間前からいろはセンターの上級クラスの授業を2コマ担当しています。昨年夏に会社JASCの仕事がかなり忙しくなり、10年以上続けた日本語教師の仕事を辞めました。それ以来ですから、約15か月ぶりに教壇に立ったことになります。

今年の春頃に少しずつ時間的な余裕ができ始めたので、いろはセンターから授業の依頼を受けていましたが、他の仕事や日本からの来客があったりしたため中々決断できないでいました。適当に引き受けて、後で迷惑かけたくないですしね。しかし、教える日時やクラスなどについて私の希望を聞いてくれたこともあって、もう一度教鞭を取ることにしたのです。

で、久々の授業ですが、さすがに10年以上やっていたからか、全く問題なく以前通りできています。違和感があるとか、勘が鈍っているとかは全然ありません。上級クラスなので難しい質問が飛んできたりしますが、逆にその方が張り合いがあって楽しいです。やっぱり私は日本語教師の仕事が好きやなあ。家庭教師などの依頼もずっとあるので、他の仕事に影響しない程度なら再開してもいいかも…

まあ久々だから新鮮っていうのもあるでしょうし、今教えている学生たちが本当に真面目で優秀なので、やりがいを感じながら楽しくやれているのでしょうね。あまり無理せず、ぼちぼちやっていきたいと思います。

IMG_7333armenia18-11-24.jpg
いろはセンターで教えている生徒たち(写っていないけど、もう一人います)。みんな真面目で優秀なので、とても教え甲斐があります。

日本語弁論大会と武道フェスティバル 

気持ちのいい晴天が続いていますが、朝晩は薄手のセーターやジャケットが必要なほどの気候になってきました。もうすぐ10月中旬ですもんね。そういえば、今週はフランコフォニー国際機関のサミットがエレバンで行われるので、木・金曜を休日とする政府決定が出されました。

さて、先週の土日は日本関連のイベントが続けてありました。土曜日は第8回アルメニア日本語弁論大会が行われ、私は審査員を務めました。弁論大会の審査員をするのは初めて。日本語教師だった時は、自分が教えている大学やセンターの学生が出場するので、公平性の観点から審査員はできませんからね。私の他に日本大使や国際交流基金の方なども審査員を務められました。

今年は一般部門に1人、学生部門に9人が参加しました。それぞれユニークなテーマで頑張って発表してくれました。私は発表後の質疑応答を担当したんですが、何人かは質問にも上手に答えてくれました。その質疑への受け答えやスピーチの内容、また発音などを点数で評価して、最後に4人の審査員がつけた点数の総合で順位をつけます。

数字で評価するのは難しかったですが、やはり上位3,4人はどの審査員も同じような評価で、意見が割れることなく1位から3位までの入賞者が決まりました。今年の優勝者はひかりセンターで日本語を学ぶムヘル君!私も教えていたことがある優秀な学生です。「たとえ遅くても物事に挑戦するのは大切だ」ということを、自分の経験を通して語ってくれました。2位はいろはセンターで学ぶシュシャンさん。大好きなヘヴィメタルについて話してくれました。3位はスラボニック大学で学ぶイネッサさん。自分のお兄さんのことや家族の大切さについて話してくれました。

見事1位に輝いたムヘル君には、来年の9月に日本に行くチャンスが与えられます。また一人の学生の夢が叶って嬉しく思います。よかったね、ムヘル!優勝おめでとう!これからも勉強を頑張ってください!

IMG_6089armenia18-10-8.jpg
山田大使からムヘル君に賞状と優勝トロフィーが授与されました。おめでとう!

そして日曜日は、今年で第三回目となる武道フェスティバルが開催され、長男アレンが昨年に引き続いて空手の演武を披露するので家族で行ってきました。しかし会場に着いてみると、観客が少なすぎて驚きました。昨年もかなり少なかったですが、今年はガラガラと言っていいレベル…場所は便利な中心部の会場だったんですけどね。

それはともかく、フェスティバル自体は中々面白かったです。いろはセンターの皆さんがオープニングですずめ踊りを披露してくれて、その後は居合道や剣道、空手や合気道、柔道など様々な武道のデモンストレーションが行われました。以前2つあったアルメニアの剣道団体が統合され、今年は指導に来られている前野先生も演武を披露されました。

そして、アレンも頑張って空手の演武を披露しました。昨年よりも少し動きが増えましたが、ちゃんと最後までやり通すことができました。その後は同い年ぐらいの女の子とも一緒に演武をして、小さい体で頑張る姿は可愛らしかったです。もちろん親バカらしく動画を撮っているので、下に載せておきます。来年もフェスティバルがあれば、また参加して上達ぶりを見せてほしいと思います。

IMG_6098armenia18-10-8.jpg
フェスティバルのオープニングで、いろはセンターの皆さんがすずめ踊りを披露。

IMG_6105armenia18-10-8.jpg
JTIのモスクワ支社の方が居合道を披露してくださいました。

IMG_6108armenia18-10-08.jpg
今年は前野先生と共にアルメニアの剣道連盟も参加しました。

IMG_6129armenia18-10-08a.jpg
やはり疲れたのか、家に帰ったらパクパク食べるアレン。次男レオはフェスティバルの途中で寝てしまいましたが、ちょうどアレンの演武の時に目を覚まして見ていました。


アレンの空手演武の動画。まだ小さいから動きはぎこちないけど、頑張って最後までやり通りました。

アルメニア日本語弁論大会 

先週はもう冬になったのかと思うほど寒かったですが、聖美さんとダグラスさんが到着した日から暖かくなってきました。さすが、我らがゴッドペアレンツ!

朝4時頃に二人を空港に迎えに行きましたが、再会の乾杯をするためにちゃんとコニャックを用意しておきました。残念ながら、ご主人は医者から3か月断酒するよう言われているため飲めませんが、聖美さんとは会って早々に乾杯しました。毎年こうやって会って飲めるなんて嬉しい限りです。

そして、翌日(というか日付では当日)は、アルメニア日本語弁論大会がスラボニック大学で開催されたので行ってきました。私は今は日本語教師ではありませんが、会社でアルバイトとして働いてくれている大学生のディアナさんが出場しました。そして、私は彼女の原稿作成のお手伝いもしました。まあ、いろはセンターで学んでいる彼女のことはよく知っていますしね。

以前から、その才能を高く評価していた優秀な学生で、仕事させてみると、やっぱりすごかった!というか、思っていた以上でした。そうやって会社に貢献してくれている彼女を応援したいと思い、会場まで足を運びました。一緒に働いている社員たちも応援に来てくれました。

実は、彼女は昨年の大会の一般部門(大学生以外の人が参加する部門)で優勝しています。残念ながら、その部門で優勝しても日本へ行けませんが、今年は日本旅行のチャンスをつかめる学生部門。彼女の実力ならまず大丈夫ですが、今年は原稿作成も手伝ったので、どこか祈るような気持ちで見守っていました

最後の方で少しアドリブが入ってしまったり、間違えてしまったりしましたが、質問にもちゃんと答えて断トツで良かった!しかし本人にすると、その少しのミスさえ許せないのか、スピーチの後に泣いていましたね。本人としては完璧を目指していたんでしょう。その自分への厳しさが絶え間ない努力に繋がっている訳で本当に偉い!

そして、いよいよ結果発表。今年の学生部門の優勝者は…ディアナさん!無事に彼女が優勝を果たしました!実力が飛び抜けているので、予想通りの結果ですが、彼女の名前を聞いたときはホッとしました…本当に良かった!よく頑張った!

彼女から、「先生(今は違うんだけど…)!ありがとうございます!」と感謝されましたが、いやいや、この優勝は彼女の才能と努力で勝ち取ったものです。しかし、これで憧れの日本に行けるのかと思いきや、なぜかテストがあるらしいのです。何それ?!でも、優秀な彼女なら日本旅行の切符をきっと手に入れるでしょう。ディアナさん、優勝おめでとう!

22368930_1639581672752168_969160805_oarmenia17-10-9.jpg
「心の声」というテーマでスピーチするディアナさん。彼女の日本語能力と表現力は天賦の才能!

22343550_1639581269418875_897534684_oarmenia17-10-9.jpg
大会後に、みんなで記念撮影。ディアナさんの夢を叶えるお手伝いができて良かったです。考えてみると、今まで教えたコロンビア、フィリピン、アルメニアの全ての国の弁論大会で、関わった学生が優勝しました。

22375467_10213683225736117_1113835290_oarmenia17-10-9.jpg
教師ではない私は参加できませんでしたが、表彰式は大使公邸で行われました。トロフィーをもらって嬉しそうなディアナさん。本当におめでとう!これからも頑張ってください!