アレンが初めて日本語で書いた手紙 

ここ最近は不安定な天気で、曇ったり雨が降ったりしています。少し涼しくなっていいんですけど、子供たちのために新しくビニールプールを買ったばかりなのに使えなくて残念…

さて、世界の感染者数が1千万人に達する勢いの新型コロナですが、アルメニアの現在までの感染者数は23,909人、死者は421人。百万人当たりの感染者数は約8,100人と、米国とシンガポールも抜いて世界で7番目の多さです。

ここ数日の感染者の増加ペースは700人前後と多く、政府は依然として深刻な状況が続いていると警戒を強めています。まだピークを迎えていない可能性もありますが、これは検査数もかなり影響していて、検査が多ければ感染者数が増えるのは当然。アルメニアはPCR検査キットの国内生産を始めたので、今後さらに検査数が増え、感染者数も増えるかもしれません。しかし、重症患者や死者の割合は低く抑えられているため、それほど不安になることはないと思います。

独自の緩やかな政策を続けているスウェーデンも同様に感染者数が急増していて、また海外から激しく同政策を批判されていますが、現地で働く日本人医師の記事を読むと、重症患者の数は明らかに減少しており、そのため医療機関に余裕が生まれて検査数が大幅に増えたのが理由だそうです。いずれは自然に収束していくものですから、日々の情報に振り回されたり、一喜一憂しないよう努めたいです。

さて、その新型コロナよりも心配になることが最近ありました。実は先週末、日本にいる母が実家の階段から落ちて、左足大腿骨を骨折する大ケガをしたのです…すぐ入院しましたが、全治3ヶ月の重傷という連絡が父からありました。幸い頭や脊椎を負傷しなかったので、翌日には母と直接メールでやり取りすることができました。

新型コロナの問題がまだ落ち着いていない時期でもあり、「みんなに心配と迷惑をかけて申し訳ない…」と母は書いていました。いつも周りを気遣う母らしいですが、病気や怪我をしたくてする人なんていないので、「何も気に病む必要はないから、今は治療に専念して」と返信しました。

お陰さまで水曜日に無事に手術も終わり、予後も良好のようで、少しずつリハビリを始めています。もう80近い高齢のため、完治には時間が掛かりますが、無理せず療養に努めてほしいと思います。私も時々メールを送って励ましています。

そして、長男のアレンも母のために手紙を書いてくれました。短いですが、習ったばかりの小学1年生の漢字も使って頑張って書いた手紙の写真を送ると、母はすごく喜んで、「アレン君ありがとう!一日でも早く元気になるよう頑張ります!」という返事が返ってきました。

アレンが初めて日本語で書いた手紙は、母に大きな力と幸せを与えてくれました。私も嬉しかったし、その手紙は大切な宝物になると思います。アレン、本当にありがとう!日本のおばあちゃんは、またアレンとレオに会えるよう頑張って元気になるからね!

新型コロナの影響で今は出国すらできない状況のため、遠いアルメニアから祈ることしかできませんが、可愛い孫たちも応援しているので、母には早く回復してほしいと思います。

106604971_705406610244725_4355816063253491491_narmenia20-6-27.jpg
私の母に手紙を書くアレン。文章作成は私が少し手伝いましたが、全部アレンが一人で書きました。

106128726_10157576311301819_7339558912885076090_narmenia20-6-27.jpg
アレンが初めて日本語で書いた手紙。母もとても喜んでいました。どんな薬よりも効くかもしれませんね!アレン、ありがとう!

106190767_586745005552871_5584546081347614130_narmenia20-6-27.jpg
もう一つアレンが書いた日本語。YouTubeで見たゾンビゲームの曲の歌詞だそうです。漢字も使ってすごくきれいに書けてるんだけど、内容がグロい…マニアックなアレンらしい

フィリピン人たちと久々の再会 

日中の気温が30℃を超える日もあって、すっかり夏の陽気です。しかし、今年は例年に比べてそれほど暑くないように感じますし、日本と違って乾燥しているから過ごしやすいです。

世界の感染者が900万人を超えた新型コロナですが、アルメニアの現在までの感染者数は21,006人、死者は372人となり、ついに2万人を超えました。100万人当たりの感染者数は約7,116人と、米国に次ぐ世界で9番目の多さで、あと数日したら米国も追い抜くでしょう。

こういうデータを列挙すると、また読者の恐怖を煽りそうですが、これまでの回復者は1万人を超えているし、最近の増加ペースを見ていると、アルメニアも感染拡大のピークを越しつつある気がします。感染者が2万人前後になった頃に収束の兆しが見え始めるのでは…と予想していたので、実際にそうなるかもしれません。いずれにしても感染は自然に落ち着いていくものですから、日々の感染者数の増減に一喜一憂しても仕方ありません。

前回の記事に、ガギク・ツァルキャンという大物オリガルヒが刑事訴追されたというニュースを書きましたが、同じ日に別の大物政治家のニュースも話題になりました。それは、12年前のデモ弾圧事件で裁判中のロベルト・コチャリャン元大統領で、なんと20億ドラムという巨額の保釈金を支払ったそうです。これは4億5千万円ほどに相当し、一般のアルメニア人にしたら信じられない大金!コチャリャン氏を支持するビジネスマンらが負担したと報道されていますが、何にしてもあるところにはあるんですね…

さて、日曜は、ここで働くフィリピン人たちと久々に再会しました。彼らは、私の友人がフィリピンのダバオで経営する会社の社員で、昨年開設したアルメニア支社の運営に携わっています。男性は駐在員として昨年秋から住んでいて、女性は今年1月から出張で来ています。本来の予定では、彼女はもうフィリピンに戻っているはずなんですが、新型コロナの影響でフライトがなくなって帰国できない状態が続いています。

私の方も、元々は3月頃に集まろうかと思っていたんですが、その直後に非常事態宣言と外出規制が出されたため、ずっと延期になっていました。多くの規制は次第に緩和されましたが、向こうが感染リスクを心配している可能性もあるので、声をかけるのを躊躇していました。

しかし、先週は彼女の誕生日だったこともあり、お祝いのメッセージを送って、「もしよかったら久々にみんなで会わないか?」と聞いてみたら、「もちろん喜んで!」とすぐ返事が来ました。それで、日曜に彼女の住むアパートに家族を連れて訪問したのです。

同じエレバンにいながら、ずっと会えずにいたので、久しぶりに再会できて嬉しかったです。一緒にお酒を飲んだり食事したりしながら、会話にも花が咲いて、とても楽しい時間を過ごすことができました。もちろん新型コロナのことも話題になりましたが、こうやって気兼ねなく誰とでも会える日が早く来てほしいものです。せっかくいい季節になったので、また近々みんなで集まりたいと思っています。

105399250_276315050144379_7596806040452048116_narmenia20-6-23.jpg
昨年11月以来の集まり!私の元学生も参加しました。彼女とも久しぶりに会えて嬉しかったです。

104938423_683302272526615_5935598225747295455_narmenia20-6-23.jpg
涼しくなる夕方に家族で近所を散歩するんですが、他の子供たちとボール遊びなどせず、ひたすら道にある石で遊ぶアレンとレオ。誰に似たのか変わってるなー

再びミツバチとの触れ合い体験 

今日も朝から晴れ渡っていい天気です。そういえば、アレンは上の前歯が二本とも抜けました。ひどい虫歯だったので良かったです。どちらもグラグラしていましたが、遊んでいる時にレオの手が当たって、さらに早く抜けたみたいです。偶然とはいえ、レオのお手柄!ありがとう!そして、アレン、おめでとう!

事務的な報告作業になりつつありますが、世界の感染者が800万人近くになった新型コロナのアルメニアの状況です。現在までの感染者数は16,667人、死者は269人。しかし、最近は回復者の数も多いため、実際の感染者数は10,093人となっています。というのも、以前は病院で治療を受けて完治した人のみ回復者として計算していたのですが、政府が方針を変えて、自宅療養の人も、医師が完治したと判断すれば回復者数に含まれるようになったからです。

たとえピークを越しつつあるとしても、確実にあと数日で感染者数では日本を追い抜くでしょう。というか、百万人当たりの感染者数は、すでに日本の40倍以上の約5,650人となっており、世界で11番目の多さです。これは、イタリアや英国よりも多い数です。

と、また恐怖を煽るようなデータを書いてしまいましたが、やはり私は不安になったりはしていません。このまま感染者が増え続けて3万人や4万人になっても、特にパニックに陥ったりはしないと思います。その根拠や自分なりの考えについては、また機会があれば当ブログに書いてみようかと思います。

さて、前回の記事で、ミツバチの羽音を感じながら寝ることができるゲストハウスに泊まったと書きましたが、また昨日もミツバチとの触れ合いを楽しんできました!今年1月に片岡さんと訪問した蜂蜜工場の社長さんが、「田舎に移動させたミツバチを一緒に見に行かないか?」と誘ってくれたので、家族で行ってきたのです。

彼は、徹底的にオーガニックで良質の蜂蜜を作ることにこだわっていて、それに感銘を受けた片岡さんと協力して仕事を進めようとしているのですが、あいにくコロナ禍のせいで停滞しています。そんな中でも、私と妻には時々連絡し続けてくれていて、今回久しぶりに会うことになりました。片岡さんと彼の工場を訪問した時のことについては、過去の記事をご覧ください(こちら)

場所はエレバンから30分ほどのチャレンツァバンという村で、今回も元学生のティグランの車で向かいました。着いた先は美しいお花畑が広がっていて、そこに今年1月にエレバンで見せてもらった大量の巣箱が置かれていました。防護服を着て近づくと、花のミツをせっせと集める蜂がたくさん飛び回っていて羽音もすごかったです。さすがに防護服を着てないと怖くて近づけないレベルでした。先週行ったゲストハウスの蜂は大人しかったけど、こちらはかなりアクティブな感じ。

蜂がブンブン飛び回る中、社長さんが巣箱の中を見せながら、いろいろ説明してくれました。やっぱり健気に働くミツバチは可愛い!小さな虫の集まりに過ぎませんが、恐ろしいほどシステマチックで効率的に、自分のコミュニティーを守って維持しようとするその生態には感動すら覚えます。そんなミツバチを見ていると、「人命が何よりも大切」という価値観と恐怖に過剰に絡め取られて、バランスを失った今の人間社会に改めて疑問を感じます。

それはさておき、実はこの直後に子供たちにトラブル発生!アレンが靴下の上からくるぶしの辺りを蜂に刺されてしまいました。それほど痛くはなかったみたいですが、それからは怖がって巣箱に近づかなくなりました。私と妻とレオは、社長さんに誘導されてさらに奥に行ったのですが、そこで妻とレオが手を蜂に刺されてしまいました。

それでパニックになったレオが、泣きながら手を振り回して蜂を追い払おうとしたため、刺激された蜂の群れがさらに寄ってきてしまいました。急いで妻がレオを抱いて巣箱から立ち去りましたが、しつこく蜂の群れは飛んできます。幸いほとんど刺されずに済みましたが、状況が分からないレオは大泣きしていました。そりゃあ怖かったでしょうね…本当に可哀想でした。

そんなトラブルもありましたが、その後は気分を変えて、近くの村にみんなで食事に行きました。眺めがよく、庭には遊具もあるレストランで、社長さんが注文した料理も全て美味しかったです。アレンとレオも、蜂に刺されたことも忘れたかのように楽しく庭で遊んでいました。

ただ夜になってから、蜂に足を刺されたアレンがけっこう痛がるので、患部を見てみると、かなり腫れていました。レストランの庭で走り回っていたから、そのせいもあったかもしれません。今日もまだ腫れていますが、痛みはどんどん和らいでいるみたいです。アレンとレオも当分は蜂を見に行くのは嫌がりそうですね…でも、天気も良かったし、田舎の穏やかな自然の中でリラックスできました。

104007698_262111965025494_1480598220117558901_narmenia20-6-14.jpg
蜂がたくさんミツを集められるようにと、美しいお花畑に巣箱が置かれていました。

104094849_761785421312892_1450896114752122857_narmenia20-6-14.jpg
防護服を着ていざ出陣!結局、刺されてしまったけど…

104262963_745396019364406_1621040840503680823_narmenia20-6-14.jpg
たくさんの蜂が飛び回っていてブンブンとすごい羽音でした。こうやって写真を撮っていると、手に寄ってくるから少し怖い…

104291139_342347586732462_4371160980384840945_narmenia20-6-14.jpg
社長さんが巣箱の中を見せて、いろいろ説明してくれました。

82957491_259285358855860_556547645795632498_narmenia20-6-14.jpg
せっせと働くミツバチ。その健気な姿は可愛らしい!でも、この後、息子たちを刺して泣かしちゃったけど…

103982163_1178869335787027_690511131691251039_narmenia20-6-14.jpg
その後に行ったレストランで楽しく遊ぶアレンとレオ。さっき悪夢のような体験をしたばかりなのに、子供ってすごい!

104024478_626177501317938_8617254573580755901_narmenia20-6-14.jpg
レストランからの景色。穏やかな自然の風景に癒されます。

103982922_264828524930925_2308612671986716328_narmenia20-6-14.jpg
ウェイターがうまく撮れなくて背景が白くなってしまったけど、今回一緒に行ったみんなと記念撮影

新型コロナとは別の話題について 

昨日は少し天気が崩れましたが、今日はまた朝から晴れ渡って、日向はかなり暑いです。すっかり夏の陽気です。

新型コロナですが、ここ3日程は500〜700人ほどのペースで増えていて、現在までのアルメニアの感染者数は11,221人、死者数は176人となっています。感染者が1万人を超えて、韓国さえ追い越しそうな勢いです。この状況を受けて、今日から屋外でもマスク着用が義務付けられましたが、あまり守られないでしょうね…

こう書くと読者の恐怖心を煽ってしまいそうですが、私自身は、なるべく現地の情報をお伝えしようとしているだけで、それほど不安になったりしていません。前々回の記事にも書いたように、アルメニアにおける感染拡大の第1波が自然に収束するまでに、公式データで2万人前後の感染者が出るだろうと思っていて、あと2、3週間ほどは高いペースで増加すると予想しています。

一日の検査数も以前より多いし、経済活動なども再開しているから、感染者が増えるのは仕方ありません。それより重要なのは重症化率や致死率で、アルメニアはまだかなり低いレベルにあります。いくら気をつけても罹患する可能性はあるので、免疫力が落ちないよう心も体も健康に保つことが最も大切に思います。

なので、明日から週末にかけて、アルメニア北部の田舎にあるユニークなゲストハウスに家族で滞在する予定です。妻の知り合いの養蜂家が経営するそのゲストハウスは、なんと客室の下にミツバチの巣箱が置かれていて、ミツバチの羽音を聞きながら過ごせるそうなんです。ミツバチの羽音は高いヒーリング効果があると言われているので、心と体をリフレッシュしてこようと思います。

さて、前回の記事に書くつもりだったんですが、長くなりそうだったので省いた内容を今回ご紹介します。

連日報道されているように、米国全土で激しい抗議デモが拡大していますね。発端は、ジョージ・フロイドという若い黒人男性が白人警官に殺害された事件。デモ参加者の一部は暴徒化して略奪などが発生しているため、各地で非常事態宣言が出されています。

暴力的なデモには賛成できないし、扇動している集団が背後にいる可能性も否定できません。しかし、今年2月にも白人親子がジョギング中の黒人男性を射殺する事件があったばかりで、根深い人種差別に対する怒りが爆発したのは確かです。実際に、米国で警官が武器を持たない黒人市民を射殺する件数は、同じ丸腰の白人市民を射殺する件数の2倍以上というデータがあります。

また、米国における黒人の新型コロナによる死亡率も、白人より2倍以上高いという分析結果もあります。その主な原因は、黒人の置かれた生活環境が劣悪であることが多いためで、コロナ禍による経済停止でさらに悪化しているはず…それもデモが暴動に発展した理由の一つかもしれません。歌手のマドンナが、「あらゆる人が感染する新型コロナは平等をもたらす」という発言をしましたが、逆に人種差別による弊害が改めてあぶり出されたように思います

あと日本では、女子プロレスラーでリアリティ番組に出演していた女性タレントが自殺したというニュースがありましたね。まだ22歳と聞き、本当にやるせない気持ちになりました。そして、彼女の自殺の原因がネットによる誹謗中傷だったことに激しい憤りを感じます。

テレビの中で起こることなんて、その多くがヤラセや演出だと分からないのでしょうか。いや、そんなことは百も承知で、匿名性を利用して、面白半分に心ない言葉をぶつけて彼女を追い詰めた輩も多かったに違いありません。完全に悪質ないじめですね…こういったSNS上の誹謗中傷を法的に罪に問うのは難しいようですが、時には理不尽に人の命を奪ってしまうこともあるので、早急に法整備を進めてほしいと願います。

ちなみに、日本の自殺者数は公式発表で年間2万件ほどですが、それに含まれていない自殺と思われる変死や失踪なども合計すると、実際には5万件以上という意見もあります。また今年は、コロナ禍による失業や倒産を苦にした自殺が急増する可能性が指摘されています。自殺は社会的な問題ですから、新型コロナによる病死よりも深刻に考えた方がいいかもしれません

とまあ、今回は新型コロナ以外の話題についても、いろいろ私見を書き連ねてみました。明日からは、今の暗い世界情勢のことなど忘れて、田舎でのんびり過ごしたいと思います。

101629696_179599256795536_519228294449594368_narmenia20-6-4.jpg
「国際子どもの日」にプレゼントした本の実験道具をやってみました。肺活量を調べる実験。フーッと吹くと、吐いた空気の量だけ水が減ります。

101679741_254293792343640_7129734896355901440_narmenia20-6-4.jpg
レオも挑戦!やっぱりアレンより肺活量は少なかったけど、とても喜んでいました。

101708092_1419935091531420_4967887503328542720_narmenia20-6-4.jpg
文字が大好きなレオは、今日もまた自分で妻の携帯をいじって、ひらがなを書いたりしていました。すごいなー

ホヴァナ修道院とサフモサ修道院を訪問 

天気のいい日が続いています。もう半袖で十分なほど暖かい、というか暑いぐらい。なので、けっこう伸びていた髪を切りました。サッパリして気持ちいです。昨日は久しぶりに展望台に行って、美しいアララト山の景色を眺めました。

前回の記事でお伝えしたように、アルメニアは今週からバスや地下鉄の運行が再開し、ほとんどの経済活動が再び動き出しました。私も昨日バスに乗ってみたら、ルールに従って乗降口に消毒液が置いてあるし、乗客もみんなマスクと手袋をしていました。エレバン中心部では警察が厳しく取り締まっているというニュースを見ましたが、一人でもマスクを着用していないのが分かると乗客全員が降されていましたね。

まあ、規制が緩和されてすぐの今は市民も緊張感を持っているため、けっこうルールが守られるでしょうけど、アルメニアのことだから徐々に緩くなっていく気がします。この初夏の陽気もあって、人々もどんどん開放的になっていくでしょうしね。

というか、すでに緩くなってしまっているのか、ここ最近は毎日200〜300人とすごい勢いで新型コロナの感染者が増えています。これまでの感染者数は5271人、死者は67人となっています。ついに5千人超え!保健省が予想した通り、このペースだと来月上旬には1万人に達しそうです。

この現状に対して政府は、「ウイルスは存在しないとか世界的な陰謀だというデマが広がったり、市民の警戒心が薄れたりしていて危険だ!」と怒っていますが、私にすると、実質的に集団免疫の方針に転向したように思います。いくらルールを設けても、人の社会生活や移動が戻っていくと感染リスクが拡大するのは不可避ですからね。

しかし、今はそれしか有効な手立てがないのも確か。ロックダウンは医療崩壊を防ぐ上で一時的に有効ですが、さすがに何ヶ月も続けるのは無理なので、ある程度の犠牲やリスクを覚悟しながら、徐々に自然免疫を獲得していくしかありません。もちろん年齢や健康状態に関係なく致死率がかなり高い病気だと話は別ですが、新型コロナはそうではないので、とりあえずアルメニアの現状を私は受け入れています。

と書くと、楽観的すぎるとか冷徹だと批判されそうですけど、私だって罹患したくはないし、他人に感染したくもないし、そして二児の父親なので不安な気持ちがない訳ではありません。ただ、ワクチンが実用化されるまでの時間やロックダウンによる影響、この病気の危険性など様々なことを考えると、ある程度のリスクは割り切り、一定のルールの中で通常の生活を送るしかないかなとも思うのです。

100088943_10157467785341819_8090753078879322112_narmenia20-5-20.jpg
久しぶりに展望台からエレバントとアララト山を見渡しました。青空に映えるアララト山の雄姿に見とれてしまいました。

さて、この初夏の陽気に誘われて、私も家族と日曜に少し遠出してきました。妻が、子供たちを自然がきれいな場所に連れて行ってあげたいということで、日帰りでホヴァナ修道院とサフモサ修道院を訪問しました

二つともエレバンから車で30分ほどの場所にあり、私の元学生のティグランに運転をお願いしました。彼と会うのも3ヶ月ぶりぐらいでしたね。日本語ガイドをしている彼は、新型コロナの影響で仕事がなくなってしまい大変なようですが、とりあえず元気そうで安心しました。

その二つの修道院には、私と妻は行ったことがあって、当ブログでもご紹介したことがあります。どちらも切り立った断崖絶壁の傍に建つ12〜13世紀の古い修道院で、教会のレリーフや雰囲気も素晴らしいんですが、そのロケーションは一見の価値ありです。(過去の記事はこちらこちら

「まだ人出も少ないだろうし、家族で静かにのんびりできるかな」と思って行ってみると、日曜日ということもあって、多くのアルメニア人の訪問客が来ていました。まるでウイルスの問題なんてないかのような賑わい。まあ、天気がいい日に家に閉じこもっているのも体に悪いですからね。自然が美しく、空気のきれいな場所で気分転換するのも大事です

特に、サフモサ修道院の周辺は広々とした草原になっていて、そこでは同じような家族連れが楽しく過ごしていました。私たちも座って休んだり、アレンとサッカーしたり、雄大な景色を眺めたりと充実した時間を過ごすことができました。もちろん、どちらの教会でもロウソクを灯して、今の状況が少しでも早く収束するよう祈りました。

久しぶりの遠出だったので、やっぱり疲れましたけど、妻も子供たちも楽しく過ごしてリラックスできたようです。私もいい息抜きになりました。これからさらに明るく暑くなっていきますから、時々こうやって自然豊かな場所に出かけたいなあと思います。

98200390_10157461714566819_3301970990308786176_narmenia20-5-20.jpg
最初に訪れたホヴァナ修道院。状況が早く改善するように、そして何より健康を祈りました。

97414231_10157461714891819_9073817573346246656_narmenia20-5-20.jpg
ホヴァナ修道院すぐ裏の切り立った断崖絶壁。雄大な景観が広がっています。

98101224_10157461715151819_6201874647336615936_narmenia20-5-20.jpg
次に訪れたサフモサ修道院の敷地でのんびり。子供たちはおにぎりを食べました。

98279776_10157461715251819_3395948654316486656_narmenia20-5-20.jpg
その草原でアレンとサッカーをしました。しかし、けっこう人出があって驚きました。

97529472_10157461715816819_5810610715878227968_narmenia20-5-20.jpg
草原には花が咲いて、牛が放牧されていました。空気も澄んでいて気持ちいいー

97613087_10157461715321819_5136003131863203840_narmenia20-5-20.jpg
サフモサ修道院の裏も断崖絶壁。深い渓谷の向こうにアララト山が見えています。