スピタク大地震から30年 

アルメニアでは、家族が亡くなってから1週間、その人の部屋の電気をつけっぱなしにする習慣があります。妻の伯父の部屋もずっと明るくて、いつものようにタバコ吸いながらテレビでも見てるのかなんて思ってしまいます。でも、もういないんですよね…何だかまだ信じられません。

今日9日は国会議員総選挙の投票日。これまでの買収や圧力がまかり通る腐敗した選挙ではなく、公平でクリーンな選挙になるのではと期待されています。もしそうなれば、パシニャン首相が率いる政党「マイステップ」の勝利は確実でしょう。気になる結果については、また当ブログでお伝えします。

そういえば、革命で辞任した元大統領の甥がプラハで逮捕されるというニュースがありました。今年夏に横領やドラッグ・武器の密輸などの罪で指名手配を受けてから、国外に逃亡していました。拘束された時、彼はフランクリン・ゴンサレスという偽名でグアテマラのパスポートを所持して身を隠していたそうです。それなりに大きな力が逃亡を手助けしたのではないでしょうか…

彼の父親、つまり元大統領の弟は国内外に莫大な資産を持つマフィアで、革命後に武器の不法所持の疑いで一時拘束されました。もともと汚職スキャンダルが絶えない人物で、最近も30億円以上を国庫に返還させられることになったと聞きました。息子が逮捕されて、さらに苦しい状況に追い込まれるかもしれませんね。まあ、私利私欲のために権力を濫用してきた罰です。

さて、一昨日の12月7日は1988年にスピタク大地震が起こった日。今年でちょうど30年が経ちました。2万5千人もの尊い命が失われた大きな悲劇です。寒さの厳しい冬だったこと、また耐震性に乏しいソ連時代の高層住宅がほぼ全壊したことなども被害を甚大にしました。

その際に日本政府も様々な支援を行ったので、東日本大震災の発生直後にアルメニア政府は義援金を送ってくれました。また、震源地のスピタクの町には日本の犠牲者のためにハチュカル(十字架石)が建てられ、毎年3月11日にアルメニアの人たちがそこに献花してくれています。

7日にパシニャン首相が、震源地に近いギュムリというアルメニア第二の都市を訪問し、「2年以内に被災地の問題を解決する」と述べました。というのも、震災から30年経った今も、家を失った多くの被災者が仮設住宅で暮らしているのです。私も見たことがありますが、老朽化した仮設住宅での生活はかなり大変そうでした。当時の復興予算が不正に使われたことも原因だそうで、本当に酷い話です。

このように革命前までの政府は、国民不在の腐敗した政治を行ってばかりで、地震の被災者など弱者に目を向けることはほとんどありませんでした。住居や家族を失った人たちが苦しい生活を強いられているというのに、30億円もの大金をすぐ払えるほど不正に蓄財してきた輩が幅を利かせるような社会だったんです。今日の選挙が、そんなアルメニアの社会を変える大きなきっかけになってほしいと願います。

DSCN3840armenia12-12-26.jpg
東日本大震災の犠牲者のためにスピタクの町に建てられたハチュカル。私も黙祷を捧げたことがあります。30年前に起こった大震災の犠牲者の冥福を祈りたいと思います。


地震発生当時の悲惨な状況を捉えた映像。突然の自然災害で大切な人を失った悲しみを見ていると、胸が締め付けられます…


大地震をテーマにしたアルメニア映画「スピタク」。第91回アカデミー賞の外国語映画部門に出品されています。アルメニア人にとって決して忘れられない悲劇です。

妻の伯父が天国へ旅立ちました 

月曜日の朝、妻の伯父が亡くなりました。一昨日にお通夜、昨日お葬式が行われ、3年前に亡くなった義祖母、つまり伯父の母親が眠る墓地に埋葬されました。享年65歳…少し早過ぎるお別れになってしまい、とても残念です。

伯父は今年の春過ぎから体調を崩し、9月末に末期の肺ガンと分かりました。すでに手の施しようがなかったため、ずっと自宅で最後の時を過ごしていました。死に目には会えませんでしたが、義母に見守られる中、安らかに眠るように逝ったのはせめてもの救いです。

気さくで陽気な性格の伯父は、妻の家族の中で私が一番仲良くしていた人。お酒とタバコが大好きで、私が一番たくさん一緒にお酒を飲んだアルメニア人だったと思います。「お前のことが大好きだ!俺たちは兄弟だ!」と言って乾杯する姿が懐かしいです。周りにもよく、「俺には日本人の家族がいるんだ。だから少し日本語も知っているぞ!」と嬉しそうに話していたそうです。そんな伯父のことを、私も歳の離れた兄のように慕っていました。

11月に入ってからは容体が日増しに悪くなり、一気に痩せ細って寝たきりになってしまいました。伯父から笑顔が消えて、ほとんど話さなくなり、あれだけ好きだったお酒もタバコも嗜むことができなくなりました。そんな姿を見るのは辛かったけど、できれば一緒に年を越したいという希望を持っていました。しかし、先月下旬から食べることも飲むこともできなくなり、いつ何が起きてもおかしくない状態になってしまいました。

だから、私だけでなく、妻や義母など伯父の家族はみんな心の準備はできていました。とはいえ、やはりいざ大切な人が亡くなると悲しいものです。妻もお通夜や葬儀の時に泣いていましたし、私も伯父と過ごした時間を思い出すと涙が出てきます。義祖母が亡くなった時も同じでしたね。

それからたった3年、しかも同じ12月上旬で、最後の状況もほとんど同じ。まるで母親の後を追うように天国へと旅立って行きました。容体が悪化し始めてからあっという間でしたが、伯父はこの2、3年いろいろと苦労していたので、その苦しみからやっと解放されて、今は義祖母のもとでゆっくり休んでいるのではないでしょうか…

伯父との最後の思い出は、9月上旬に片岡さんと一緒に家の庭で飲んだこと。しばらく元気な顔を見れていなかったのですが、その時は以前みたいに陽気に喋って飲んで楽しい時間を過ごしました。久しぶりに伯父の明るい笑顔を見れて、嬉しさのあまり涙ぐんでしまったのを覚えています。それから3ヶ月後に逝ってしまうなんて…伯父と仲が良かった片岡さんに訃報を伝えたら、とても残念がっていました。

アルメニアに住んで9年半。義祖母に続いて、大好きだった妻の伯父も亡くなりました。身近な人の死に直面するのは辛いですが、どこかに根を張って暮らしている限り避けられない現実です。でも、別れが辛く悲しいのは、その人の存在や共に過ごした時間が愛おしいものだからこそ。素晴らしい思い出を残してくれた伯父に感謝です。本当に会えて、そして家族になれて良かった…

セルゲイ、お疲れ様。いつも僕のことを、親友や弟のように大切にしてくれてありがとう!もう一緒に飲めないし、その笑顔を見れなくなって寂しいけど、どうか天国で義祖母と幸せに暮らしてください。

269436_470295029677041_352432467_narmenia18-12-6.jpg
陽気な性格の伯父さんは、いつも冗談を言って場を明るくしてくれました。

1545897_681732358533306_1533717024_narmenia18-12-6.jpg
私も伯父さんもお酒が大好きだから、本当によく一緒に飲みました。こんな写真を見ると、また泣けてきます…

1536542_10151938059996819_893936436_narmenia18-12-6.jpg
長男アレンが生まれた時も、とても喜んでくれました。

16729083_10154405338901819_9124397122778920592_narmeia18-12-6.jpg
次男レオもすごく可愛がってくれました。まさか、この写真を撮った2年後にこの世からいなくなるなんて…

1527027_10151938057866819_1718299144_narmenia18-12-6.jpg
毎年のお正月は伯父さんの家族とも一緒に過ごしました。伯父さんには孫が四人います。少し早過ぎる旅立ちでしたが、孫に恵まれて良かった。

408090_10150530454931819_1536995880_narmenia18-12-6.jpg
今頃は天国で愛するお母さんと一緒に幸せに暮らしているでしょう。セルゲイ、寂しくなるけど、ゆっくり休んでね。本当にありがとう!

子供たちと一緒にすごろくゲーム! 

ついに12月になりましたね。2018年もあと残すところ1ヶ月…毎年この時期に思うことですが、ホントにあっという間でした。お正月と3月に日本、夏にクロアチアと海外に3回も行ったから余計にそう思うのかもしれません。家族や友人と素晴らしい思い出をたくさん作れて、今年も幸せな1年でした。って、まだ振り返るには早すぎかな。

昨日、ブッシュ元大統領(父の方)が亡くなりましたね。私にとっては湾岸戦争時の米大統領という印象が強いです。そして息子もN.Y.のテロを口実にイラクを攻撃しました。あとで大量破壊兵器なんてないことが分かって、全くの濡れ衣だった訳ですが、父のブッシュが湾岸戦争の口実にしたイラクによるクウェート侵攻も、実はフセインを陥れるためのアメリカの罠だったという話があります。

そういえば、明日はエレバンで日本語能力検定試験が行われます。今年で3回目。実は試験官をしてもらえないかと聞かれたんですが、急なキャンセルが起こり得るかもしれない事情があって、申し訳ないけどお断りしました。受験者の人たちには頑張ってほしいと思います。

さて、雨が降ったり止んだりのスッキリしない天気が続いているせいで、子供たちと外出する機会が最近あまりありません。まだそれほど寒くなっていないとはいえ、昼間でも10℃以下です。先月は息子たちが立て続けに病気になったので気を付けないと。

それで家でのんびりしていることが多いんですが、子供たちがテレビやスマホばかり見ているのはよくない!ってことで、最近すごろくゲームで盛り上がりました。妻が買った小さなすごろくゲームが意外にアレンには面白かったみたいで、勝っても負けても、「パパ、またしよう!もう一回!」とせがむので、何度も一緒に遊びました。勝つと万歳しながら大喜びする姿が可愛かったなあ。

その様子を見ていた次男のレオも、面白がって参加しようとしていました。私がいい加減すごろくに疲れて休んでいると、アレンとレオが兄弟で遊び始めました。といっても、レオはただ渡されたサイコロを振るだけで、一体何がどうなっているか全然分かっていません。アレンが一人で、「レオは一回休みー!」とか「アレンが勝ったー!」と言って興奮しています。でも、そんな二人の姿がとても可愛らしかったです。

私は家でも仕事をするので、忙しい時に子供たちにテレビやスマホを見せていると楽ではあるんですが、それだと親子や兄弟の間のコミュニケーションが少なくなってしまいます。だから、すごろくみたいに一緒に遊べる単純なゲームをするのは大切かもしれません。アレンも遊び方をすぐ理解できるようになってきたし、次はオセロやジェンガでもやろうかなと思っています。

IMG_7434armenia18-12-1.jpg 
家族ですごろくをして遊びました。私の子供の頃はこんな遊びばかりでしたが、今はスマホ一つで無数のゲームができる便利な時代になりました。

IMG_7436armenia18-12-1.jpg 
兄弟で仲良くすごろくゲーム。意味分からずサイコロを振るレオと、真面目にゲームを進めるアレン。微笑ましい光景でした。

廬山極真館館長のセミナーが無事に終了! 

11月も下旬に入り、どんどん寒くなっています。日中の気温も10℃前後で、そのうち朝晩には零度以下になる日も出てくると思います。

昨日、ヴァハグン・マルガリャンというアルメニアのバレエダンサーが23歳の若さで亡くなりました。2週間前に乗っていたタクシーが事故に遭い、ずっと昏睡状態が続いていたそうです。彼は5年前のユーロビジョン・ヤングダンサーズにアルメニア代表として出場して一躍有名になりました。才能あるダンサーの訃報に、多くのアルメニア人が心を痛めています。ご冥福をお祈りします。

さて、極真館の廬山館長と弟子の方々が、昨日アルメニアを発って帰国の途につかれました。セミナーも成功裏に終わり、アルメニアで充実した時間を過ごされたようです。最後の夕食会に私も参加しましたが、館長は、「アルメニアが本当に好きになった。今は去りがたい気持ちで一杯だ…」と仰っていました。

そして、お世話になったアルメニアの空手道場の関係者に何度も感謝されていました。バックパッカー時代にいつも感じたことですが、その国の印象を決めるのはやはり出会った人たち。館長は温かい思いやりともてなしの心を持ったアルメニア人と触れ合えたようです。もちろん偉大な空手家である館長の指導を通して、アルメニアの人たちも得たものがたくさんあったと思います。この交流が今後も続いて発展していくことを願います。

通訳を務めた妻もすごく楽しい日々を過ごし、「この仕事に関われて良かった!」と笑顔で言っていました。幸いお役に立てたようで、館長も、「奥さんの通訳のお陰で、セミナーも大成功だったし、忘れらない訪問になった」と仰って下さいました。ちなみに夫の私は、「こんな素晴らしい女性、君にはもったいない!」と何度も館長に言われました。まあこれは、いつもいろんな人に言われるお決まりの言葉…

でも、私にとっては最高の誉め言葉です。だって、「いい人と結ばれて幸せ者だ!」と言われているようなものですから、こんな嬉しいことはありません。富や地位などは周りがいくらすごいと思っても、当の本人が満たされているのか、また幸せなのかは分かりません。しかし、素晴らしい友人やパートナーに恵まれていることは、何にも代えがたい幸せ。私も妻のことを本当に素晴らしい女性だと思っていますし、「自分の娘みたいな存在だ」と仰るぐらい、館長に気に入ってもらえて光栄です。

そんな私にも館長はいつも気さくに接して下さって、とても楽しい時間を過ごすことができました。突っ込みで胸に飛んでくる裏拳はちょっと痛かったけど(笑)。ちなみに弟子の方が、「館長の蹴りは、軽く入っただけでも痛みがずっと続く」と仰っていました。中には肋骨にヒビが入った人もいるらしい…さすが伝説の空手家だけあります。エッ?ってことは、あの裏拳も危険ちゃうの?!

とにかく館長と弟子の方々、そしてアルメニアの道場の関係者の方々とお会いできて本当に良かったです。お陰さまで、私も妻も素敵な思い出ができました。何より館長たちが、「必ず戻って来る!」と何度も仰るほどアルメニアを気に入って下さったことを嬉しく思います。だから、空港でお見送りした時に「さようなら」とは言いませんでした。またお会いしましょう!どうもありがとうございました!押忍!

46505848_1916133291809628_3970676232697151488_o.jpg 
多くの人が参加して成功裏に終わったセミナー。廬山館長に直接指導してもらえる貴重な機会になりました。極真館の今後の発展を祈ります。

46513432_1944789035598369_6152926485612068864_o.jpg 
現地のテレビ番組にも出演されました。館長は内閣府で首相代理にもお会いしたそうです。

46524108_1944777648932841_4404278225182654464_o.jpg 
最後の晩餐でも心温まる交流があり、館長はアルメニアのことを心から気に入られたようです。

IMG_7292armenia18-11-21.jpg 
空港で最後の記念撮影。皆さん、本当にお疲れさまでした!今後に繋がる素晴らしい訪問になったと思います。

IMG_7295armenia18-11-21.jpg 
妻も館長のことをすごく慕っていました。楽しい時間をありがとうございました!是非またアルメニアにいらっしゃってください!

IMG_7308armenia18-11-21.jpg 
子供たちは、ここ数日ほとんどママと一緒にいられませんでした。でも、恋しがって泣いたりせずに頑張ってくれました。息子たちもお疲れ様!

ティグランの結婚式に参加 

昨日はエレバンで、極真館の廬山初雄館長による空手のセミナーが行われたので、長男アレンを連れて行ってきました。その前日の夕食会に私も参加させて頂き、館長とはいろいろとお話しすることができました。とても気さくでユーモアのある方で楽しかったです。お陰で、妻も今回の通訳の仕事を本当に楽しくやっているみたいです。

セミナーには、子供や女性も含め大勢のアルメニア人たちが参加していました。廬山館長の指導を受けられるということで、みんな嬉しそうでした。ちなみに、彼らを指導しているアルメニア人の先生には、館長から師範の位が授与されました。31歳という若さですが、その技術だけでなく、素晴らしい人格が高く評価されたとのこと。確かにすごく純粋で真面目な人で、師範に任命されたことは大きな励みとなるでしょうね。

午前のセミナーでは、基本的な空手の技の指導が行われ、みんな熱心に館長の説明に聞き入りながら練習していました。小さな子供たちも、「押忍!」と気合を入れて頑張っている姿は微笑ましかったです。セミナーは午後もあったんですが、あまり長時間アレンはいられないし、私も大切な用事があったため帰宅しました。

IMG_7216armenia18-11-19.jpg
廬山館長の空手指導の様子。極真空手の普及と発展のために熱心に指導されていました。

IMG_7236armenia18-11-19.jpg
廬山館長と一緒に。空手には厳しいけど、普段はとても気さくな方で、多くの弟子に慕われているのも分かります。

その大切な用事というのは、私の元学生で友人のティグランの結婚式!長年付き合っていた彼女と昨日ついに結ばれました。あいにく妻は空手セミナーの通訳があるので、私だけ参加しました。ティグランは当ブログに写真や記事で何度か登場していて、最近では、片岡さんの招待で日本を旅行したことをご紹介しました。(その記事はこちら

片岡さんがそこまでしてあげたくなるほど、すごく心の優しいアルメニア人です。日本語も上手になって、今年の夏からはガイドとして働き始めました。仕事も少しずつ安定してきたし、夢だった日本にも行くことができました。一念発起して頑張ってきましたからね。そんなティグランが愛する女性と結ばれて、私もとても嬉しいです。片岡さんに式の様子をすぐ写真で送ったら、「素晴らしい!本当におめでとうと伝えて」と心から喜んでいました。

式の後はティグランの家で小さなパーティーが行われました。盛大な披露宴などはなく、小ぢんまりしたお祝いでしたが、結婚というのはゴールじゃなくて、あくまでスタート。大切なのはこれからです。だから、二人にはいつまでも仲良く、幸せな家庭を築いていってほしいと思います。いろんな苦労や障害を乗り越えて結ばれた二人ですから、きっと大丈夫でしょう。ティグランとセダさん、本当におめでとう!末永くお幸せに!

IMG_7245armenia18-11-19.jpg
ウェディングドレスを着たセダさんとティグラン。幸せそう。

IMG_7255armenia18-11-19.jpg
神に愛を誓って二人は晴れて夫婦になりました。

IMG_7262armenia18-11-19.jpg
式を終えた二人をみんなで祝福。本当におめでとう!いつまでも強い愛で結ばれた夫婦でいてください!

IMG_7269armenia18-11-19.jpg
家でお祝いのパーティー。コニャックやワインで乾杯しました。ちょっと飲み過ぎたけど楽しかったです。パーティーが終わってから、二人はハネムーンでトビリシに行きました。