昨日はアルメニア人虐殺記念日 

一昨日4月23日に、多くの市民の要求していたサルグシャン前首相の辞任が実現し、アルメニア中が歓喜の渦に包まれました。前首相を支持していた人もいたでしょうけど(それも尊重すべき一つの立場)、ほとんどの国民は、「ついに私たちが勝利した!」と心から喜んでいました。最後は軍人や警察までもがデモに参加し、首相辞任のニュースが報じられると、市民と共に喜びを分かち合っていました。

だって、アルメニアの政府権力の腐敗ぶりは半端ないですからね…辞任した前首相の兄弟は多くの土地や不動産を所有しているし(アメリカにも持っているらしい)、有力な政治家たちは、賄賂やビジネスなどで莫大な資産を築いています。一方、多くの国民の生活は苦しく、海外流出に歯止めがかかりません。そういえば、その代表格の政治家の一人が所有する「CITY」という最大手のスーパーマーケットに対する不買運動が起こっていて、実際に今すごく利用者が減っているそうです。

大きな変革が起きたアルメニアですが、市民たちは興奮に酔いしれたままではなく、自分たちの手でより良い国を作っていきたいという気持ちを強くしたのか、昨日の朝は、デモ集会が行われていた共和国広場をみんなで掃除していました。これは素晴らしい!前首相の辞任は最初の一歩であって、大切なのはこれからですからね。


ずっとデモが行われていた共和国広場を掃除する人たち。「新しいアルメニアは掃除から始めよう!」と、一部の市民ら自主的にしたそうです。偉いですね!

新しく生まれ変わろうとしているアルメニアですが、実は今日も大規模な抗議デモが発生し、エレバン市内の交通が混乱しています。というのも、今日予定されていた野党勢力指導者のパシニャン氏と、臨時で首相を務めるカラペチャン氏との会談がキャンセルされたからです。事前に提示されたお互いの条件や要求が全く合致しなかったことが理由だそうです。

そのためパシニャン氏は、「サルグシャン前首相が影で操る共和党の一党支配を終わらせ、市民が求める候補者を選ぶべきだ!」と訴え、市民らがデモを継続しているのです。確かに10年も国のトップに居座った権力者が、「私が間違っていた…」と潔く非を認めて辞任したからって、彼の支配する政党が強権を握っている限りは大して何も変わりませんからね。

かといって、パシニャン氏が本当に首相としてふさわしいかどうか分かりませんし(もちろん今は圧倒的に支持されていますけど…)、今回の事態に大国の思惑が絡んでいないとも言えません。何より人々が冷静さや寛容を失って一つの方向に振り切ってしまうのは危険ですが、真の変革のためには、腐敗した既存権力や腐敗システムをできる限り排除する必要があります。そういう意味で、アルメニア市民の戦いは決して終わった訳ではなく、今まさに始まったばかりだと言えるでしょう。

ところで、昨日4月24日はアルメニア人虐殺記念日でした。今年は103周年になります。毎年その日の朝に大統領や首相などの要人が虐殺記念碑を訪問するのですが、やっぱりサルグシャン前首相の姿はありませんでした。私は午後に家族と一緒に献花してきました。住み始めてから毎年のことなので、これで9回目になります。

しかし、今年は一番混雑していて大変でした。記念碑が建つ丘の上までやっと着いたと思ったら、そこからほとんど進まない…けっこう暑かったせいもあって、子供たちが疲れ切ってしまったし、とりあえず列から外れて公園の日陰で休むことにしました。長男のアレンは「足が痛い」と言うし、次男のレオはそのまま妻に抱かれて寝てしまいました。

さすがに「もう帰ろうか…」とも思ったんですが、日が傾いて涼しくなり、休憩を取ったからか、子供たちも少し元気になりました。それで試しに人の列に戻ってみると、けっこうスムーズに前進します。それでも記念碑まで40分ほどかかりましたが、何とか到着して、犠牲者のために献花することができました。結局、全部で4時間近くかかってしまい、私も妻もぐったり…

今年は、前日に革命と言えるような歴史的出来事があったので、訪問するアルメニア人が多かったんだと思います。疲れましたが、無事に虐殺の犠牲者への追悼をすることできました。同じような悲劇が繰り返されないよう祈ると同時に、アルメニアが過酷な歴史の中で犠牲になった人たちに誇れるような国になってほしいと、心から願います。

IMG_3610armenia18-4-25.jpg 
献花するチューリップを持って嬉しそうなアレン。この時はまだ元気でしたが…

IMG_3614armenia18-4-25.jpg 
あまりに進まないので、公園で休憩することに。家族みんながしんどそうな表情…

IMG_3617armenia18-4-25.jpg 
列に戻った時は5時過ぎでしたが、それでもこの人の多さ!

IMG_3622armenia18-4-25.jpg 
何とか無事にアレンも献花できました。辿り着くまで時間がかかってしまい、花はヨレヨレでしたけど…

IMG_3626armenia18-4-25.jpg 
永遠の炎の周りに無数の花が積まれています。毎年のことですが、この光景には圧倒されます。

IMG_3631armenia18-4-25.jpg 
何とか慰霊ができて一安心の家族。今年は疲れたね…犠牲者の冥福とアルメニアのより良い未来のために祈りました。

サルグシャン首相が辞任を発表! 

1日に2回も記事を更新するなんて初めてだと思いますが、先ほどビッグニュースが飛び込んできたのでお伝えします。

11日間続いた市民による大規模な抗議行動を受け、セルジ・サルグシャン首相が辞任を発表しました!とりあえず、前首相のカレン・カラペチャンが代理首相を務めるそうです。明日はアルメニアにとって大切な虐殺記念日ですから、これ以上の混乱を避けるために事態が大きく動いたのかもしれません。

この首相辞任のニュースが報じられて、今エレバン中がお祭り騒ぎです。「おめでとう!」と声をかけると、「ありがとう!」とみんな嬉しそう。これまで抑圧され続けてきたアルメニア市民が、一致団結して変革を起こしたんですからね!本当に素晴らしい!「自分の国と人々のことを誇りに思う」と、妻も喜んでいます。

しかも、一人の死者も出なかった無血革命です。警察が次第に横暴になってきていたにも関わらず、多くの市民は暴力で応じたりせず平和的にデモを行うよう努めていました。そしてデモ参加者は10万人を超え、最後は兵士や警察の一部までがデモに参加していました。

もう強制排除なんてできる状況じゃなくなり、政府は市民側の要求を受け入れる方向で考えざるを得なくなったのでしょう。もちろん政権内部では様々な駆け引きや交渉が行われたはずで、サルグシャン首相が辞任しただけで国が大きく変わると決まった訳ではありません。大切なのはこれから!掴みとった希望が二度と失望に変わらないよう、市民が腐敗や不正と闘っていかなければなりません!

いずれにしても、市民の力で政府決定を覆し、ずっと国民不在だった政治を変えたという事実は本当に大きいと思います。アルメニア人にとっては誇りと自信になり、政府にとっては忘れられない教訓になったでしょう。市民の力を侮るな!ってことですね。日本もちょっとは見習ってほしい…

まさかアルメニアで、こんなすごい歴史的瞬間を目の当たりにできるなんて思ってもみませんでした。アルメニア人じゃありませんが、この国で家族を作って住んでいる私も涙が出るほど感動しています。そして、この国の強く優しい人々のことを誇りに思います。本当におめでとう!Շնորհավոր, Հայաստան!

反政権デモで首相辞任=アルメニア

CIMG8805armenia18-4-23.jpg
ついにアルメニア市民が勝利しました。おめでとう!真の勝利は、これからに掛かっています。子供たちのためにも、より良い未来への第一歩になりますように!

10万人以上の市民が抗議デモに参加 

すっきりしない肌寒い天気が続いていましたが、今日は雲一つない青空です。今年は信じられないほどの暖冬で、春も早くやってきたと感じたんですけどね…三寒四温とはよく言ったものです。そのせいで体調を崩していた息子たちですが、お蔭さまでだいぶ元気になりました。

さて、セルジ・サルグシャン前大統領の首相就任に対する抗議デモですが、もちろん今も継続中です。アルメニアだけでなく、海外に住むアルメニア人も各地で同様のデモを行っています。そういえば、今朝アレンを幼稚園に連れて行ったら、どうも子供が少ない…なんと、多くの親たちが抗議として子供たちを幼稚園や学校に行かさないことにしたそうです。「Merjir Serjin!(セルジを拒否しろ!)」というスローガンの下、国民が一致団結しています。

ところで昨日、そのサルグシャン首相とデモを率いる野党勢力指導者のニコル・パシニャン議員が会談を行いました。でも、数分後にサルグシャン首相が、「まるで話にならん!」と席を立って会談は終了…パシニャン議員は首相職を辞任するよう求めましたが、首相にはその気など全くないからです。

その際にサルグシャン首相が発した言葉に、また市民の怒りが爆発しました。パシニャン議員に対して、「7~8%の票しか獲得していない野党に国民を代表して語る資格などない」とか、「2008年3月1日の出来事から何も学んでいない」と言い放ったんです。あんな不正だらけの選挙システムでは有権者の意思なんてほとんど反映されないし、たとえ7%だとしても、それも国民の声なんですから尊重すべきでしょう。

さらに問題なのは、「2008年3月1日の出来事から学んでいない」という発言です。この出来事というのは、10年前にサルグシャン氏が当選した大統領選で不正があったと抗議する野党支持者らと警察隊との激しい衝突のこと。双方に死傷者が出て、非常事態宣言まで発令されました。このサルグシャン首相の発言は、「さらにデモが続けば、また弾圧するぞ!」という脅しとも取れます。

まして彼はその弾圧事件の当事者ですからね。さらに明日4月24日はアルメニア人虐殺記念日で、海外から多くのアルメニア系移民や要人らが訪れるので、事態を収拾するためにデモ隊を強制排除するつもりかもしれません。それを暗示するかのように、昨日の会談の直後、パシニャン議員は違法なデモを扇動したという理由で拘束されました。また警察隊による横暴な逮捕も増加し、覆面をした集団がデモ参加者を襲撃する事件なども起こっているようです。

このサルグシャン首相の発言や野党議員の拘束などによって市民の怒りが最高潮に達したのか、昨晩は共和国広場に10万人以上の市民が集結したそうです。これのどこが7%なんやねん!エレバンの人口の約10%なので、もし東京だったら100万人規模の超巨大デモです。これを武力で弾圧でもしたら、政府による自国民の虐殺になってしまうやん!

とまあ、熱くなって書き連ねましたが、デモ開始から1週間が経過し、自分なりに冷静に考えてみると、何だか怪しい部分も見えてきます。たとえば同盟国(というより宗主国)のロシアが、なぜかいまだに声明などを一切出さず無反応なこと。背後にロシアの存在を感じなくはないですし、もちろん欧米(特に今ロシアと対立している英国)が関与している可能性も否めません。

あと、政府は鼻っから市民が大反対することを百も承知で、敢えてデモを一種のガス抜きとして利用している可能性もあります。住んでいるこの9年の間にも、理不尽な政府決定に対する抗議デモは何度か発生し、かなり大きな規模に発展したこともありましたが、いずれも最終的には政府権力に制圧されて、市民らは不満を抱えながらも普段の生活に戻っていきました。

しかし今回は、「ついに変革が起こるかも…」と思えるすごいデモです。だって、国民の多くがサルグシャン政権に疲れ果て、心底うんざりしていることは紛れもない事実。これまでアルメニア人から政府について肯定的な意見を聞いたことはほとんどありません。たとえ大国の思惑が絡んでいようと、政府が武力で制圧しようとしたとしても(そんな事態にならないことを祈っていますが…)、最後にはアルメニア市民が勝利すると信じています!

反政権デモ主導の議員拘束 = アルメニア、混乱続く

31180230_10156520022639284_556493505178894336_o.jpg
昨晩の共和国広場の写真。10万人以上(警察の発表では約3万5千人)の市民が集まり、サルグシャン首相の辞任を求めました。すげー!至って平和的なデモですから、あまり危険な雰囲気などはありません。

DSCN0028armenia15-4-25.jpg 
ちなみに、ちょうど3年前にこの共和国広場で虐殺100周年コンサートを開いた世界的バンド「System of A Down」のボーカルのセルジ・タンキアンが、デモを支持するため急遽アルメニアを訪問しています。私もそのコンサートを見ました(写真はその時のもの)


昨日の集会の様子を空撮した動画。アルメニア人の団結力と、彼らの心からの叫びに感動して泣けてきます…

前大統領への抗議デモが継続中 

ここ数日は天気が不安定です。春らしい暖かい天気だったのに、急にまた肌寒くなったせいか、子供たちが風邪を引いてしまいました。次男のレオは39℃近い熱を出して、昨晩はなかなか寝付いてくれませんでした。かわいそうに…

さて、先週から行われているサルグシャン首相に対する抗議デモですが、現在もずっと続いており、ギュムリなど他の都市でも同様の抗議デモが発生しているようです。一部のデモ隊が警察と衝突することもありますが、多くの参加者は暴徒化したりなどせず、特に危険は感じませんし、今のところ生活への影響もほとんどありません。

ただ、デモ隊によって市内の道路が封鎖されるので、交通が混乱しています。私も今日バスやタクシーで移動中に道路封鎖に遭遇しました。仕方ないので最後は歩きましたが、別に迷惑だとは全く思いません。市民が権利を行使して、自分たちの抗議の意思を表明しているだけですからね。もし誰も行動を起こさなかったら、さらに政府のやりたい放題になってしまいます。

毎晩エレバン中心部の共和国広場には、老若男女問わず大勢の市民が集まり、前大統領が首相の座から降りるよう訴えています。これまでも何度か政府に対する抗議デモを経験してきましたが、今までになく市民の怒りや不満がかなり深刻に思えます。普段ならこういう状況下でも冷静な妻でさえ、「さすがにこれは酷すぎる…」と呆れています。

まあ、そりゃそうでしょう。「私腹を肥やしてばかり!」と、国民から全く支持されていない前大統領が、不正だらけの国民投票で改憲して、任期を終えてからも首相の座について実権を握ろうとしているんですから…もちろん一方的な見方をしてしまうのは危険で、政界内部には凄まじい駆け引きがあったり、ロシアや米国などの大国の思惑も絡んでいるかもしれません。

しかしですね、1万人以上の市民が連日デモに参加して、「もういい加減にしろ!お前は出ていけ!」と必死で反対しているんです。エレバンの人口は約100万なので、もし東京だったら10万人以上の市民が街中で、「安倍首相やめろ!」と叫んで抗議しているような状況です。デモに参加していない人たちだって、もしアンケートでも取ったら確実に80%以上が、「前大統領の首相就任に断固反対!」と答えるでしょう。

これだけ有権者から嫌われて辞めてほしいと思われているにも関わらず、よくまあ臆面もなく地位や権力にしがみつけるなあ…と、私には理解できません。しかも、「わしは首相になったりせえへんで!」と言い切っていたんですよ。厚顔無恥にもほどがあるって、ウン?あれ?そういや安倍首相も、「もし私や妻が関わっていたら、首相も議員も辞める!」とはっきりと言ってたな…

デモが拡大する中、警察側も次第に横暴になってきています(彼らも仕事だから不憫ですけどね…)。この抗議デモがいつまで続くのか、また政府がどのような対応をするのか、今は何とも言えません。とにかくアルメニア市民には、権力に屈することなく声を上げ続けてほしいと思います。日本語のニュースも増えてきたので、下に少し貼っておきます。

アルメニアで1万人抗議デモ = 前大統領の首相就任に反発

前大統領の首相就任に対する抗議デモの動画

CIMG8795armenia18-4-20.jpg
風邪を引いてだるそうなレオ。実は、どうしようもないアルメニア政府に呆れてたりして…

IMG_3595armenia18-4-20.jpg
バスが急に止まったので、「あれ?!」と思ったら、デモ隊が道路を封鎖していました。

IMG_3602armenia18-4-20.jpg
いつもなら交通量の多いメイン道路もガラガラです…

エレバンで前大統領への抗議デモが発生 

英仏米が、アサド政権が行ったとされる化学兵器使用への報復としてシリアを爆撃しましたね…まだ国際機関の調査結果も出ていないにも関わらず、またまた疑惑だけで攻撃を行いました。先月英国で起こったロシアの元諜報員の暗殺未遂事件もそうですが、「ホンマかいな?なんか怪しいな~」と、個人的には思っています。

その暗殺未遂事件も、英国は「ロシアが関与した証拠はたくさんある!」と主張するばかりで、いまだに何も提示していません。国民一人当たりの監視カメラの台数が世界トップとも言われる監視カメラ大国のくせして変ですよね…また、15年前に英米が中心になって開始したイラク戦争の根拠とされたのは、「イラクは大量破壊兵器を保有しており、米多発テロに協力した疑いがある」というでっち上げ情報でした。

これについては、当時英国の首相だったブレア氏でさえ、「あれは誤情報だった…」と後に認めています。そんな虚の大義名分で始まった戦争のせいで、約50万ものイラク市民の命が犠牲になりました。ブレア氏は、「結果的にフセインの圧政からイラク市民を解放した」と無理やり正当化していますが、そんな身勝手な理屈が通るんやったら、「あそこは酷い独裁国家や!市民を解放したらなアカン!」と適当にいちゃもん付けて、どこでも先制攻撃してよくなるやん!

とにかく、今回のシリア攻撃の根拠や正当性についても、私はすごく懐疑的です。ほとんど勝っている状況で、わざわざ化学兵器を使うメリットなんてシリア政府には全くありませんからね。だからといって、「これも欧米のねつ造に決まっとる!」とまでは言い切れませんが、日本のマスコミ含めて欧米寄りの情報を鵜呑みにしないように気を付けたいと思います。

さて、1週間前にアルメニアでは、新大統領の就任式という大きな政治イベントがありました。といっても、大統領はただの象徴的存在になるので実権はありません。なぜなら、アルメニアは2015年の改憲によって実質的な議院内閣制に移行して、今後は首相が強力な権限を持つことになったからです。そして今日、その首相職に新しく就任するのは前大統領…えっとーつまりは、同じ人が権力のトップに収まり続けるってことです。

ちなみに、お飾りの新大統領の名前はアルメン・サルグシャン。また前大統領で、首相になるのはセルジ・サルグシャン。たまたま同じ苗字というだけで、血縁関係などはありません。新大統領の就任式の前後は混乱などはありませんでしたが(というより、国民は「どーでもええわ!」という冷めた反応…)、ここ数日はずっとエレバンで、前大統領の首相就任に抗議する大規模なデモが行われています。

まあ、そりゃそうでしょう。だってこれは、前大統領が権力を維持するための政体変更としか思えませんから。アルメニアの憲法では、大統領の任期は2期までと決められており、前大統領は今年でその職から降りなければいけません。しかし、首相職に就くことはできるので、議院内閣制に移行すれば、そのまま実権を持ち続けることが可能になります。

この議院内閣制への移行に伴う改憲については、国民投票によって是非が決められました。その結果、63%の賛成で可決。「それやったら問題ないんちゃうの?」と思うかもしれませんが、アルメニアの選挙や投票システムは腐りきっていて、国民の意思がまともに反映されることなんてありません。その国民投票でも不正が横行したようですし、有権者の方も諦めているのか、投票率はたったの51%…つまり、国民の支持なんてほとんど得てないに等しいわけです。

3年前に行われた改憲の是非を巡る国民投票については、当ブログでも過去に記事を書いているので是非ご覧ください。(こちら)

もし国民から幅広い支持を得ている政治家であれば、その人が長く国を治めることもありかもしれませんけど、前大統領は全く人気がなくて、多くの国民は、「また権力を握って私腹を肥やすつもりか!いい加減にしてくれ!」と幻滅しています。政治家に清廉潔白を求めても仕方ないかもしれませんが、アルメニアのコネ社会や政治腐敗はホンマに酷いですからね…それでも、こうやって市民が政府に対してデモを起こしたり、マスコミが批判的な報道をしたりできるので、旧ソ連諸国の中ではかなり民主的な方です。

現首相のカレン・カラペチャン氏はハンサムでけっこう人気があり、そのまま首相職に留まってほしいという意見も聞かれますが、それもどうなんでしょう…どうせ2年前に前大統領が彼を首相に任命した際に、「俺が首相になるまでの間だけ頼むわ!」 「はいよー!」という密約が二人の間にあったんちゃうかと思います。

ところで、前大統領は以前、「この大統領任期が終わったら、政界から身を引くし、首相になったりせえへん!」と言っていて、その映像もしっかり残っています。今となっては、あの発言は一体何だったんでしょうか?政治家が子供みたいな嘘やでたらめを平気で言うのは、日本もアルメニアも同じですね…

前大統領への抗議デモ騒乱 アルメニア (←映像付きの日本語ニュース)