アレンの6歳の誕生日パーティー! 

猛烈な大型台風ハギビスが日本を直撃して、河川の氾濫や停電など甚大な被害が出ているようです。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。どうか皆さん、お気を付けください。

ブログ更新が少し滞りました。というのも、一昨日からビジネス視察ツアーのアテンドで忙しくしているからです。ITやロボティクス関連の教育施設や企業、またアルメニアの観光地をご案内しています。参加された方々は充実した時間を過ごされているようで良かったです。あと数日ツアーは続くので、残りも頑張りたいと思います。

さて、一昨日の10月11日は、長男アレンの6歳の誕生日でした。次男レオの誕生日と10日ほどしか違わないので、お祝い事が続いていますが、今年はフィリピンから来た友人やツアー参加者の方々、そして妻が先週から通訳をしている日本の専門家の方々も招待して、レストランで盛大にお祝いしました。子供たちも入れて30人もの大パーティー!

いろいろ大変でしたが、たくさんの人たちが集まってお祝いしてくれたお陰で、アレンも喜んでいたし、とても楽しい時間になりました。みんなで何回も乾杯したり、夏に仕事を共にしたフィリピン人が素敵な歌声を披露してくれたり、音楽に合わせて踊りまくったり、素晴らしい誕生日パーティーでした。

周りに「日本の歌を歌ってくれ」と言われて、私も他の日本人と一緒に即席で歌いました。ちなみに歌ったのはブルーハーツの「リンダリンダ」。お祝いの席だし、シンプルでノリのいいロックがいいかなと思ったんです。大好きな歌を久々に大声で歌えたし、アルメニア人も喜んでくれました。

とにかく、たくさんの祝福とプレゼントを貰って、アレンにとっては大満足の誕生日だったでしょう。毎年こんな盛大にお祝いするのは経済的に難しいですが、今年は小学生になったお祝いもあるし、幸せな時間をいろんな人たちと共有できて良かったです。来てくれた皆さんに感謝です。本当にありがとうございました!

アレン、6歳の誕生日おめでとう!これからも元気に学校生活を楽しんでね!

72754296_449268169268453_2229630858950606848_narmenia19-10-13.jpg
友人や知人がたくさん集まって盛大なパーティーになりました。

72836734_406850386656284_5435754796441141248_narmenia19-10-13.jpg
アルメニアらしくみんなで踊って盛り上がりました。

72270665_439026480074047_2853422799396012032_narmenia19-10-13.jpg
フィリピン人の知人が美しい歌声を披露しれくれました。アン、ありがとう!

72270665_743104526141607_8657462885326258176_narmenia19-10-13.jpg
アレンの希望で今年はレゴをデザインしたケーキ。アレン、おめでとう!

72325887_563684927504627_8450874099395198976_narmenia19-10-13.jpg
プレゼントもたくさん貰いました。皆さん、どうもありがとうございました!

73012030_1208288356039339_620625471511461888_narmenia19-10-13.jpg
プレゼントのイカの帽子を嬉しそうに被るアレン

72401940_2396217087293097_8640821338753204224_narmenia19-10-13.jpg
帰宅してから、私のあげたレゴで遊ぶアレン。疲れたけど、みんなで楽しく誕生日をお祝いできて良かったです。

次男レオの3歳の誕生日! 

気持ちよく晴れた日が続き、暑くも寒くもなく過ごしやすい気候です。ただ朝晩は少し肌寒いので、風邪を引かないように気をつけないと。そのせいか、次男のレオはちょっと風邪気味です。

今週初めにアルメニアでユーラシア経済連合(EAEU)の会議が行われ、プーチン大統領などEAEU参加国の首脳、またイランとシンガポールの首脳が訪問していました。そのため、エレバン市内の道が一部封鎖されたりしました。日曜からはエレバンで世界IT会議が開催されるので、世界的なIT企業のトップや有名人が集まります。その時もエレバンは厳戒態勢になるかもしれませんね。

毎年広島に子供たちが作った灯篭を送る活動をしているひかりセンターが、同活動を始めて今年で15周年ということで、それを記念するイベントが昨日行われたので行ってきました。そのイベントでは、片岡さんからの写真の寄贈も報告されました。エレバン国際写真祭で展示されていた写真で、今後はひかりセンターに飾られます。片岡さんからのビデオメッセージも流されて、それを見ていたら、またすぐ会いたくなってしまいました。1ヶ月ほど前に会ったばかりなんですけどね。

72437696_502768646975563_8909427635667337216_narmenia19-10-3.jpg
片岡さんから寄贈された写真。この写真を通して、アルメニア人が日本の美を感じてほしいと思います。

71466862_2533389523560041_143732291741417472_narmenia19-10-3.jpg
片岡さんからは、ひかりセンターを祝福するビデオメッセージもありました。今後もこの平和のための活動を続けてほしいと思います

さて、今週月曜は、次男レオの3歳の誕生日でした!9月から正式に幼稚園に入って通っています。アレンはその幼稚園を運営している小学校に入学したので、毎朝兄弟で一緒に家を出ますが、まだ小さいレオは機嫌が悪い時に泣きじゃくることがあります。それでも幼稚園に着くと、泣きながらもちゃんと自分でリュックを置いて靴を履き替えます。その姿が可愛らしい!

誕生日当日の朝も不機嫌で少し泣いていましたが、楽しくお祝いしようと、午後に妻と幼稚園にケーキやジュースを持って行き、ピエロも呼びました。ケーキは、レオが大好きなアンパンマンのキャラクターのデザイン。同じ頃のアレンも大好きだったから、アンパンマンって小さい子供がハマる要素があるんでしょうね。まだあまり話せないのに、最近レオはテーマソングをよく歌っています。

この特製ケーキとピエロにレオはきっと大喜びしてくれるだろうと思ったら、昼寝から起きた直後でまたもご機嫌斜め。ケーキを見てもピエロが登場しても、ずっと半泣きで妻に抱っこされたままでした。うーん、子供って思い通りにならんから難しい…でも、次第に落ち着いてきて、最後はケーキに灯したろうそくを嬉しそうに吹き消しました

家に帰ってから私や妻が買ったプレゼントを渡すと、すぐに楽しそうに遊び始めました。レオは車や列車が好きだったり、レゴで飽きずに遊び続けたりと好みが分かりやすいからプレゼントも選びやすいです。アレンは飽きっぽい上に変わり者だから、好みもイマイチよく分かりません。そのくせ人のものは欲しくなるのか、レオが貰ったばかりのおもちゃで遊ぼうとして兄弟ゲンカが勃発!いつものことだけど疲れます…

夜には、家族でお祝いするために市内の中華レストラン行きました。初めて行く新し目のお店でしたが、どれも本当に美味しかった!アレンもレオも美味しそうにたくさん食べてくれました。ちょっと高いですが、私も妻も気に入ったので、こういう特別な時にはまた行きたいですね。

その後は、近くの公園のアトラクションで子供たちを遊ばせました。まだ大して寒くないからか、けっこう家族連れがいましたね。美味しいものを食べて、兄弟で楽しく遊んで、きっとレオにとって素敵な誕生日になったと思います。これからも健やかに大きくなってほしいです。レオ、3歳の誕生日おめでとう!

71309331_489875565192183_3450009789923328000_narmenia19-10-3.jpg
レオが大好きなアンパンマンのキャラクターを飾ったケーキ

71341050_1514157822057149_3046406138250657792_narmenia19-10-3.jpg
ピエロも呼びましたが、主役のレオはご機嫌斜めで妻に抱かれっぱなしでした…まあ、アレンや他の子供たちが盛り上がったので良かったです。

71071625_538118473590529_5317795387967275008_narmenia19-10-3.jpg
みんなで記念撮影。この時は機嫌も良くなっていました。

71784125_429917187654518_6350185494474653696_narmenia19-10-3.jpg
ろうそくを吹き消すレオ。3歳の誕生日おめでとう!

71844095_771401196647939_7798831745272381440_narmenia19-10-3.jpg
アレンから汽車のおもちゃのプレゼント。優しいお兄ちゃんです。

71112573_389662655299231_6218233761155252224_narmenia19-10-3.jpg
帰宅後、私と妻からプレゼントしたおもちゃで遊ぶレオ。アレンも遊び始めてケンカになりました。優しいなあと思ったのに…

71184652_246145669624817_8841657857804861440_narmenia19-10-3.jpg
中華レストランでお祝いの夕食会。ここは美味しかった!

71288986_1186504008226732_3914709338496696320_narmenia19-10-3.jpg
ちゃんと教えたことないのに、アレンが上手に箸を使って食べるのを見てビックリ!すごい!

71965778_431195577518109_3086803325031546880_narmenia19-10-3.jpg
公園のアトラクションで遊ぶアレンとレオ。兄弟だからケンカもするけど、やっぱり二人で遊ぶ姿は微笑ましいです。

秋場敬浩さんのピアノコンサート 

昨日はどんよりとした曇り空でしたが、今日はまた朝から気持ちのいい青空が広がっています。でも、少しずつ気温が下がっているように感じます。だから、妻と次男レオが少し風邪気味です。そのレオは、明日3歳の誕生日を迎えます。プレゼントは何がいいかなあ…

ラグビーW杯で、日本代表チームが優勝候補のアイルランドに勝利しましたね。歴史的な番狂わせだったみたいですが、相手チームの主将も完敗を認め、日本の健闘を称えていました。とにかく嬉しいニュースです。

また、タイで行われている重量挙げの世界選手権で、日本の山本俊樹選手が89キロ級で優勝しました。これはあまり話題になっていないかもしれませんね。私も特に重量挙げには関心ないんですが、ではなぜ取り上げたかというと、その大会でアルメニア人選手が大健闘しているからです。金メダル2つ、銀メダルと銅メダル1つずつ獲得して、メダル数では参加国中トップ!すごい!

さて、木曜日からコミタス生誕150周年記念音楽祭が開かれています。コミタスは、当ブログでも何度か紹介したことがある偉大なアルメニア人音楽家。その音楽祭に日本からピアニストの秋場敬浩さんも参加しました。秋場さんは日本コミタス音楽協会を立ち上げるなど、アルメニア音楽の紹介と普及に尽力されています。4年前にもエレバンでピアノリサイタルを開き、妻と聴きに行きました。(関連記事)

木曜はオペラハウスで音楽祭のオープニングが行われ、そこで秋場さんも一曲演奏されました。他にも様々な合唱団がコミタスの作品を歌い、とても聴き応えのあるコンサートでした。コンサート後、秋場さんとお会いしたんですが、その時になんと作曲家のティグラン・マンスリャン氏が秋場さんに声をかけてきました。彼はアルメニアを代表する有名な作曲家で、ソプラノ歌手である妹のアラクス・マンスリャン女史は秋場さんと何度か共演しています。

金曜はコミタス博物館で秋場さんのソロリサイタルが行われ、それも妻と聴きに行きました。コミタスやショパン、他のアルメニア人音楽家の作品を演奏して、聴衆から惜しみない拍手が送られました。やはり秋場さんのピアノは素晴らしかったです。コミタス、そしてアルメニア音楽への愛を感じるんですよね。妻も、「アルメニア人の演奏より、もっとコミタスの心が伝わる」と言って感動していました。

秋場さん、本当にありがとうございました!日本とアルメニアの音楽文化交流の架け橋としての更なるご活躍を祈っています。

71770434_479445066237520_8039744591278112768_narmenia19-9-29.jpg
音楽祭のオープニングコンサートで演奏する秋場さん。この時も聴衆から盛大な拍手が送られました。

71781516_2473328069369964_5131115609404211200_narmenia19-9-29.jpg
いろんな合唱団が出演しましたが、その中でも、このホヴェル国立合唱団は素晴らしかった!

71923650_463247267598761_6630750883011362816_narmenia19-9-29.jpg
コンサートを終えた秋場さんと、山田大使とティグラン・マンスリャン氏。

71172490_545602202879558_6350992231066763264_narmenia19-9-29.jpg
コミタス博物館で演奏する秋場さん。間近で素晴らしい音楽を堪能することができました。

71212636_454960218439297_2726610724590714880_narmenia19-9-29.jpg
ソロリサイタル後、秋場さんと一緒に記念撮影。コンサートにご招待いただきありがとうございました!

チェスを教えてくれる長男アレン 

空も晴れ渡り、朝晩以外は暖かくて過ごしやすい天気が続いています。あまり寒くならずに、なるべくこの陽気が続いてくれたらいいんですけどね。

今年春になったドケルバン病(腱鞘炎)が再発したようで、同じ右手の手首が少し痛いです。前回は日本滞在中にひどくなって、ちゃんと調べもせずにホテルの温泉で温めながらマッサージしていたんですが、逆にそのせいで更に悪化してしまいました。今回はすぐにドケルバン病だと分かったので、悪化させるようなことは出来るだけ避けて、病院でも診てもらいました。前回みたく注射なんかしないで治ってほしいです。

日米首脳が貿易協定の合意文書に署名しましたね。結局、日本がかなりアメリカに譲歩する内容みたいで、その前に日本側がけっこう強気で交渉に臨むといった報道がありましたが、いつものマスコミの忖度だったんでしょね。中国みたく貿易戦争も辞さない態度で対等にアメリカと渡り合うなんて、やっぱり対米従属の日本には無理なのか…

さて、今月から小学校に通い始めたアレンは、アルメニア文字などを少しずつ勉強しているようです。また体育やダンスの授業の他に、チェスの授業もあります。実は、アルメニアの小学校ではチェスが必須科目なんです!

2011年に世界で初めてチェスを義務教育として導入し、小学校の1年〜4年生の児童にチェスが教えられています。というのも、昨年の無血革命で失脚したセルジ・サルグシャン前大統領がチェス愛好家で、ここのチェス連盟の会長も務めていました。その彼の肝いりで義務教育化が行われたのです。

アルメニアはチェスの強豪国で、チェスオリンピックでも優勝していますし、世界のトッププレイヤーも多数輩出しています。将来のトッププレイヤーの育成、そして子供たちの集中力や論理的思考力を養うために現在もチェス教育が続けられています。まあ、将棋と同じく頭を使うゲームですから、私はいいことだと思っています。

アレンも駒の動き方などを覚えたようなので、家でもチェスができたらと思い、雑貨屋で小さなチェス盤を買いました。私はバックパッカー時代に、同じ宿に泊まっていたドイツ人に教えてもらって駒の動きやルールなどを知っていた時期もあるんですが、今ではすっかり忘れてしまいました。

なので、チェス盤を見せて、「アレン、パパに教えて!」と言うとアレンは大喜び。習ったばかりの駒の動きを教えてくれました。まだ子供だから、説明が適当だったり分かりづらかったりしますが、息子が自分に知らないことを一生懸命教えてようとしてくれるのは何だか嬉しかったです。そのうちルールもちゃんと覚えて、一緒にチェスが打てるようになりたいと思います。

71174770_377043796577603_1980036333556465664_narmenia19-9-26.jpg
私にチェスの駒の動きを教えてくれるアレン。これも成長の証。いつかアレンには将棋を教えてあげたいですね

71750511_472613886663031_8566805295462875136_narmenia19-9-26.jpg
アレンは今度レオに教えようとしましたが、レオは好きなように無茶苦茶に動かすから、「レオ!ちがーう!」と言って怒っていました。微笑ましい光景です。

泳ぐ息子の姿を見て思ったこと 

今週は忙しくしていたため、更新が少し滞ってしまいました。ずっと晴天に恵まれて、日中は半袖で十分な暖かさです。予報では、当分この陽気が続くみたいで、朝晩に少し肌寒いことを除けばとても過ごしやい気候です。

今日9月21日はアルメニアの独立記念日です。ソ連から独立して今年で28周年。それをお祝いするイベントがエレバン市内でいろいろ行われていますが、私はもう10年以上住んでいるので、わざわざ人混みの中を見に行ったりはしません。

さて、先月末に片岡さんと一緒に家族でエレバン市内のプールに行った時の出来事について。そこは子供用のプールと大人用のプールがあり、大人用は広くて中央部がかなり深くなっています。基本的に子供たちは小さくて浅い子供用のプールで遊ばせていました。

最初はレオと水遊びに夢中だったアレンが、途中から泳ぐ真似をし始めて、なんとプールの端から端まで泳げるようになりました。犬かきにもなっていない無茶苦茶な泳ぎ方ですが、顔を水につけることもできて、その姿にはけっこう驚きました。鼻や目に水が入ると、すぐ泣いてしまいそうなイメージがありましたからね。

しばらくして自分の限界にもっと挑戦したくなったのか、アレンは大人用のプールも泳いで往復したい!と言い出しました。私は、何を無茶なことを…と呆れました。というのも、その前に一緒に入った時に、私が中央部で潜って大人でも立てないぐらい深いことをアレンに見せたんです。だから、怖がりのアレンにできる訳がないと思いました。

しかし、アレンは浮き輪を付けて大人用のプールに入っていき、「パパ、見てて!」と言って、反対側に向かってバシャバシャ泳ぎ始めました。少しずつ前に進んではいますが、深いところで急に怖がったりしないか、おぼれそうになったりしないかヒヤヒヤしながら見ていました。もちろん、何かあればすぐに飛び込んで助けに行く心づもりをしています。

心配しながら見守る中、なんとアレンは自力で向こう側まで泳ぎ切りました。その瞬間、「エーッ!アレン、すごい!」と思わず叫んでしまいました。アレンはプールから出て、「パパー!見た?!」と嬉しそう。「見た、見た!すごいやん、アレン!」と褒めてあげると、「今からそっちに行く!」と言って、またプールに入って泳ぎ始めました。

そして、頑張って泳いで私が待つ場所に戻ってきました。「アレン、よくやった!本当にすごい!」と褒めまくると気を良くしたのか、「また行ってくる!」と言って再び泳ぎ始めました。自分の力だけで一往復したのも信じられないのに、またすぐ行こうとするなんて…

遠ざかる息子の後ろ姿を見つめていたその時、「ああ、こうやって子供たちは成長して、いつか自分の元から離れていくんだなあ…」という思いがよぎり、胸がぎゅっと締め付けられました。私には、まるで親子や人生というものを象徴する光景に見えたのです。何かできるようになったり、幼稚園や学校に上がったりするのは喜ばしい子供の成長であると同時に、彼らが親から自立していくプロセスでもあります。そう思うと、何だか少し寂しくなりました。

しかし、向こう側から一生懸命こっちへ泳いで戻ってくる息子の姿は、また別のことを象徴しているように映りました。それは、「いずれ子供たちは離れていくけど、いつでも戻れる場所はやはり家族なんだ」ということ…たとえ息子たちが巣立っていっても、自分と妻は常にそういう存在であり続けたいと思いました。

いろんな思いを巡らせながら見守る中、アレンは大人用のプールを自力で二往復しました。「パパー!できた!」と笑顔で言うアレンの頭をなでてあげると、嬉しそうに妻のところに駆け寄って行きました。アレンから話を聞いた妻も、「エッ?!本当に自分一人で泳いだの?すごい!」と信じられない様子。

子供はいつの間にか成長して、たくましくなっていくことを改めて実感しました。けれど、それは親にとってまた別の意味を持っていることにも気づきました。手は掛かっても、子供が親に甘えて助けを必要とする今は、かけがえのない幸せな時間なのかもしれません。その時間はいつか…いや、あっという間に終わりが来るから、全てを大切にして楽しもう。そんなことを思ったプールでの出来事でした。

IMG_0881armenia19-9-21.jpg
深い大人用のプールを一生懸命に泳いで往復するアレン。その姿に感動すると同時に、いろんな思いが込み上げてきました。

IMG_0885armenia19-9-21.jpg
レオも子供用のプールを歩いて往復していました。そのうち泳げるようになるでしょう。子育ては大変ですが、いつも驚きや気づきに溢れています。