日本の教科書が届きました! 

今日で東日本大震災から9年。今も5万人近くの人たちが避難生活を余儀なくされているそうです。福島原発からは毎日大量の汚染水が発生し、その原因となっている核燃料の取り出しも技術的にかなり難しいとのこと…

新型コロナウイルスの影響で、東京五輪の開催を不安視する声が上がっていますが、私は元々このオリンピック誘致に甚だ疑問を持っていました。いくら五輪による経済効果が大きいと言っても、それが被災地の真の復興に繋がるでしょうか。今も苦しむ人々に対して、他にもっとやるべきことがあるように思いますが…

ご存知のように、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないイタリアは、ついに移動制限を国全土に発動しました。それを受けて、アルメニアとイタリアを結ぶライアンエアーも1ヶ月運行を中止すると発表しました。さすがにこうなってくると、病気よりも経済への悪影響の方が少し心配なってきますね。

前回の記事で、日本人のアルメニア入国時の措置についてご紹介しましたが、今日から全ての入国者に対して、アドレスカードの記入と14日間の電話による問診という同じ措置が取られるそうです。その間の行動制限は特にありませんが、今後の状況次第では自主隔離が要請されるかもしれませんので、最新の情報にご注意ください。

ちなみに、日本など特定の国・地域から帰国したアルメニア人に対しては、すでに14日間の自主隔離が要請されていますが、その対象国にドイツとフランスも追加されました。あと、入国時にアドレスカードに記入するのは、過去14日間の滞在歴やアルメニアでの滞在先,連絡先などの情報です。

さて、昨日は大使館に行って、日本から届いた教科書を受け取ってきました。というのも、うちの息子たちは日本国籍も持っているため、義務教育期間の教材は無償配布されるのです。今回は長男のアレンが使う小学1年生用の教科書です。

自分がどんな教科書を使っていたかなんて全く覚えていませんが、表紙のデザインや薄さを見ると、「ああ、こんな感じだったなあ…」と何となく懐かしい気持ちになりました。算数や国語の他に、「あたらしいせいかつ」という見慣れない教科書がありました。小学校生活の楽しい送り方を写真や絵で説明したものでしょうか。

表紙デザインがやたらアニメっぽい道徳の教科書を開くと、「生きているなとかんじるのは、どんなときかな?」という深い質問がありました。まあ、命について考えさせるためなのかもしれませんが、この質問って子供じゃなくて、現代社会に疲れた大人にした方がよくないか…

しかし、日本の教科書は絵や写真が豊富で、見ているだけでもけっこう楽しいですね。とても凝っているし、これが海外在住の子供たちにも無償で配布されるってすごい!天邪鬼で判官贔屓な私は、ブログで政府批判をすることもよくありますが、この制度には心から感謝です。

とにかく真っ新な教科書が届いて、私も嬉しくなりました。すぐにでもアレンに使ってほしいですが、それはもうちょっと先になりそうです。というのも、学校でアルメニア文字は全て習ったけど、まだロシア語の文字を勉強中だそうで、さすがに負担が大きすぎて可哀想…学校の勉強が落ち着いてきたら、少しずつ始めたいと思います。

89471207_510850169575358_556935663472082944_narmenia20-3-11.jpg
届いたアレンの教科書。秋にまた配布される予定です。なぜか道徳の教科書のデザインだけアニメっぽいのが気になりますが…

89056504_282440962737494_5883902099401474048_narmenia20-3-11.jpg
レオも興味津々で一緒に見ていました。レオも将来もらえるよ!

89262917_644623223043099_7736346155868487680_narmenia20-3-11.jpg
アレンは音楽の教科書が気になったみたいで、ピアノで曲を弾こうしていました。

墨絵にコンサートにスキー! 

天気もいいし、かなり暖かくなってきました。なのに、教育機関が今週は閉まっているから、子供たちは家にいます。さすがに疲れてきましたが、仕方ありませんね。来週から再開すればいいんですけど…

アルメニアでは新たな感染者は出ておらず、疑いのある人たちも隔離されています。しかも、地方の5つ星ホテルに隔離されているから至れり尽くせり。中には隔離されてラッキーと思っている人もいるかも…また、近隣住民の不安を少しでも和らげようと、パシニャン首相も家族で町をすぐ訪れていました。

逆にウクライナでは中国からの退避者の隔離入院を妨害するために激しいデモが起こりましたが、このアルメニアの寛容で親切な対応は他国でも話題になったそうです。パシニャン首相は、「自分の家族のようにケアしなければいけない」と言っていましたが、誰も感染したくてする訳じゃないんだから、この対応は素晴らしいと思いますね。

とりあえず今日は新型コロナウイルスに関する記事はやめて、先週参加したイベントについてご紹介したいと思います。

まず、金曜は山田みどり先生の墨絵セミナーにアレンと参加してきました。山田先生は毎年2月や3月に墨絵や茶道などの日本文化セミナーを開いており、私も家族と毎回参加しています。先週後半はレオが少し体調を崩していたので、アレンだけ連れて行きました。

新型コロナの影響で人の集まり具合はどうだろうかと思いましたが、たくさんのアルメニア人が参加していました。山田先生もお元気そうで、実演を交えながら墨絵の魅力を伝えてくださいました。アレンも最初は真似して描いていましたが、途中から墨と水で遊び始めて全く絵になっていない。うーん、落ち着いてくれるのは一体いつになるんでしょうかね…とにかく、山田先生ありがとうございました!

88185954_670399107065656_8270976091372388352_narmenia20-3-5.jpg
アルメニアの前は中央アジアでセミナーを開いたそうで、新型コロナの影響で向こうは入国が大変だったとのこと。そんな中でも精力的に活動されていてすごい!

88224525_2546333872288630_6460213902239072256_narmenia20-3-5.jpg
今年もアレンは参加しました。途中から遊び始めて大変でした…

土曜の夜は、アルメニア・リトルシンガーズのコンサートに妻と行ってきました。2週間ほど前の記事に書いたように、指揮者であるヘケキャン氏のお母様の追悼コンサートで、日本の曲も歌うということで私は発音指導のために練習に参加していました(こちら)

会場は満員で、コンサートも素晴らしかったです。やっぱりリトルシンガーズの歌声は美しい…また、曲の合間に偉大な文化人でもあったお母様の足跡を辿る映像が流されました。最後の日本の歌の前にヘケキャン氏が、「多くの日本人に愛されているドラマがあって、戦後の貧しい時代の苦労を乗り越えて夢を叶えた女性の話だ。まさに私の母もそうだった。愛する母にこの歌を捧げたい」と話しました。そのドラマは恐らく「おしん」でしょうね。

そして歌われたのは、平原綾香の「おひさま〜大切なあなたへ」。その歌詞のように、亡くなられたお母様はヘケキャン氏だけでなく、多くの人々にとって太陽のような偉大な存在だったんでしょう。とにかく感動したコンサートでした。

88218255_1459384724227088_4207211553545519104_narmenia20-3-5.jpg
天使の歌声に改めて感動!クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」も披露してくれました。また聴きに行きたいと思います。

そして、日曜は友人・知人たちとスキーに行ってきました。実は、そのスキーリゾートであるツァフカゾールが、新型コロナの感染が疑われる人たちが隔離されている高級ホテルのある町なんです。しかも、初の感染者が見つかったのは、その日の朝!防護服を着た人が運転する救急車が、私たちの車を追い抜いて行ったので、「も、もうそんな非常事態になってるの?!」と驚いたんですが、隔離先のホテルに向かっていたようです。

そのせいなのか、もう3月だからか、日曜にも関わらずゲレンデはすごく空いていました。まるで平日みたいで、リフトも全く並ばずに乗れました。参加者の中にはスキーが初めてという人もいましたが、みんな楽しい時間を過ごしたようです。私も今年2回目のスキーを満喫できました。来年もまた来たいと思います。

88075229_645334706251050_7666208983442522112_narmenia20-3-5.jpg
今年も友人・知人たちとスキー!ゲレンデも空いていたし、楽しく滑れました。

89070910_300925120874824_8991529899785191424_narmenia20-3-5.jpg
途中から曇って雪が降り始めましたが、それほど寒くなかったです。

アルメニアが日本への渡航自粛を勧告 

朝晩もマイナス気温になることはなく、日中はかなり暖かくなってきました。新型コロナウイルスは、インフルエンザのように温暖な時期に入ると落ち着くのではという観測もあります。本当にそうならいいんですが…

その新型コロナウイルスの初の感染者が、隣のジョージアで出ました。感染が拡大しているイランを旅行していたジョージア人で、アゼルバイジャンを経由して帰国した際に感染が発覚したようです。アルメニアはまだ感染者が出ていないから(正確にはまだ見つかっていないという状態)、このニュースに不安になった市民も多いかもしれません。

アルメニア政府も国内での感染を防ぐため、中国やイランの他、日本・韓国・イタリアへの渡航は必要な場合を除き自粛するよう勧告しました。ついに日本も渡航自粛の対象になってしまいました…ダイアモンドプリンセス号ふくめて毎日新しい感染者のニュースがあり、来週からは小中学校が臨時休校となるような状況だから仕方ないかもしれません。

しかし、日本政府が感染防止のためにいろいろ方針を出すのはいいんですけど、唐突で場当たり的で、それによって発生する影響や被害に対して無責任な印象を受けます。エンタメ業界の大損害に補償はしないし、共働き夫婦や給与の問題についても企業任せ…これではウイルスに感染しなくても、生活や人生が狂ってしまう人がたくさん出てきそうです。

香港は住民1人に14万円を支給するなど2兆円近くの大規模な経済対策を行うと発表したし、韓国は大打撃を受けているエンタメ業界に対して2億7千万円規模の緊急支援をするそうです。明らかに国難なんだから、政府が毅然と方針を示して、それによる悪影響を最小限に止めるよう支援や補償をしないといけませんよね。

韓国では急速に感染が拡大して問題視されていますが、あれも政府の対応の違いによるものだと思います。韓国では、1日に8千件以上を処理して、これまでに6万件以上の検査を実施しています。一方、日本では1日平均900件程度で、合計1万件にも全く達していない…ちなみに、間もなく韓国では1日に1万件以上の検査を行えるようになるらしいです。

そして、韓国では電話の聞き取りだけで誰でも無料で検査を受けられますが、日本では重い症状が出てからじゃないと受けられない上に保険適用外!さらに韓国では、14日以上の隔離・入院の場合には12万円の生活費が支給され、感染者が出て病院が閉鎖された場合も国が補償するそうです。す、すごい…なんでこんなに違うの?!

つまり、急激に韓国で感染者が増えているのは、それだけ体制を整えて検査しているからなんです。もちろん深刻な状況には変わらず、有効な治療法が確立してないから検査すればいいって訳でもないんですが、上記のような手厚い支援や補償を国が行なっています。もし日本でも韓国と同じぐらいの検査をやっていたら、実際はもっと多くの感染者が見つかるでしょうね。

厚労省は少なくとも1日3800件できるって言ってたのに、「検査難民」なんて言葉が生まれるぐらい検査をやっていないのは、五輪中止などの事態を避けるために意図的に感染者数を少なく見せるためでしょうか。または、民間の製薬会社のラボをフル活用できないような利権が絡んでいるのでしょうか。いずれにしても、日本の対応はおかしいと言わざるを得ません。

なのに、「東京五輪中止を煽る韓国メディア」みたいなネット記事があって、どこまでおめでたいんだ…と呆れました。もし逆の立場だったら、日本のメディアもかなり煽ってるでしょうし、日本よりも国挙げて危機に取り組んでいる他国を非難している場合じゃないでしょう

とまあ、いろいろ書きましたが、さすがに新型コロナウイルスの話題はもう当分いいかな…今週アレンとレオが続けて体調を崩してしまって、一瞬まさか?!と疑っちゃうし、来月初めに日本から来る予定だった友人が渡航を中止したりなど、微妙に自分や周りにも影響が出ていて何だか疲れてきました。疫病の流行というのは、実際のリスクよりも心理面への影響がひどい気がします。とにかく早く収束することを心から願います。

87538096_191480278777647_3032466096042016768_narmenia20-2-28.jpg
新型コロナウイルスではなかったけど、2、3日体調を崩していたアレンは元気になりました。二桁やマイナスの足し算引き算の練習中。

88445882_2822159647862966_2638927498364059648_narmenia20-2-28.jpg
アレンが治ったと思ったら、今度はレオが体調を崩しています。ちょっと熱があってだるそう…やっぱり健康が一番!

令和最初の天皇誕生日レセプション 

日中は10℃を超える気温で、冬用のダウンジャケットだと暑いぐらい。まだ少し寒くなったりする日もあるみたいですが、ようやく冬が終わりを迎えようとしています。

日本では毎日のように新型コロナウイルスの感染者が出ていますね。クルーズ船で検査漏れがあったという人為的ミスが発覚して、さらに国内の不安が高まっているようです。しかし、経路が不明な感染がここまで増えると、過剰に神経質になっても意味がない気がしますし、それが差別や偏見という別のパンデミックを引き起こしてしまいます…というか、実際にもう起こっています。

治療に当たっている現場の医師によると、高齢者や持病がある人でなければ、無症状または風邪ぐらいの軽症で済む場合がほとんどみたいですから、社会生活を送っている限りは感染してしまう可能性があると割り切って、免疫力が落ちないよう体調管理に気をつけるなどした方がいいかもしれません。

アルメニア国内でまだ感染者は出ていませんが、隣国イランでは感染が拡大していて、感染者64人、死者が12人に達したそうです。それを受けて周辺国が感染防止のために厳しい対応を開始し、アルメニアもイランとの国境を2週間閉鎖することを決めました。現状ではこの措置も仕方ない気はしますが、そのうち日本からの渡航者に対しても何か制限を課すなんて状況にならなければいいんですけどね…

さて、昨日は令和に変わって初の天皇誕生日でしたね。新型コロナウイルスの問題で一般参賀は中止になりましたが、宮中での祝賀行事は行われたようです。アルメニアでも、先週金曜日に大使館主催でレセプションパーティーが開かれ、私も妻と出席してきました。

私と妻は約2年ぶり。というのも、一昨年は妻の叔父が直前に亡くなったため出席せず、また昨年は平成から令和に変わったのでレセプションパーテイー自体がなかったからです。今回は令和最初の天皇誕生日レセプションだからだかどうか分かりませんが、けっこう人が多かった気がします。

まず最初に、山田大使がホルンで日本国歌とアルメニア国歌を演奏されて、会場から大きな拍手が送られました。それから山田大使とアルメニア外務副大臣の挨拶があって、みんなで「おめでとう!」と乾杯!お寿司やお酒を味わいながら、いろんな知人や友人たちと会話して、楽しい時間を過ごすことができました。日本を含め世界が混乱している中、無事にレセプションパーティーが行われて良かったです。

あと、土曜の夜もパーティーがありました。私がオンラインで仕事をしている現地のIT企業の親睦会で、同僚のアルメニア人たちと一緒にエレバン市内のレストランとバーに行ったのです。ほとんどが20代で、特に女性はノリがいい人が多いから、夜遅くまで飲んで踊って盛り上がりました。最年長の私もバーでけっこう踊ったせいで、翌日は体がだるかった…

87253764_585113192074484_4820509797965103104_narmenia20-2-24.jpg
レセプションパーティーで山田大使と。日本酒や梅酒、ウイスキーやワインとごっちゃ混ぜで飲んだから私の顔が赤い!

Image from iOSarmenia20-2-24
会社の同僚たちとのパーティー。普段オフィスに行くことがない私にとって、同僚と親睦を深める貴重な機会です。ここでも私の顔、赤いなあ…

87268000_182163066533728_3857513576843444224_narmenia20-2-24.jpg
けっこう飲むなら、これがお得!ビールを売りにしている店なのでとても美味しい!

そのだるい体に鞭打って、昨日は家族で出かけました。かなり髪が伸びたレオの散髪と、市内のショッピングモールにあるミニ動物園の見学に行ったのです。久しぶりにミニ動物園を訪問して、子供たちはとても喜んでいました。考えてみると、家族でショッピングモールに来たのはお正月のトビリシ以来かもしれません。

動物園の展示は少し変わっていて、他の種類のサルなどが飼われていました。そして、大きなニシキヘビと写真を撮るサービスもありました。なぜか妻と子供たちは爬虫類が平気というか、けっこう好きなので、そのニシキヘビを持って記念写真を撮りました。屋内で規模は小さいけど、珍しいサルや爬虫類などがいるので、私も興味深く見学しました。時々また連れて来たいと思います。

85235235_610157283172026_7955318904471945216_narmenia20-2-24.jpg
ミニ動物園では、ヤギやうさぎに食べ物をあげることができます。

87268046_10157181137766819_2624359815404584960_narmenia20-2-24.jpg
大きなニシキヘビを持つアレンとレオ。重そうだったけど、レオもけっこう平気で持っていました。

87178998_10157181137911819_8370240318955585536_narmenia20-2-24.jpg
妻も一緒に記念写真。なぜか妻も子供たちもこういうの好きなんですよね…

リトルシンガーズと合唱団ホヴェル 

予報どおり、週半ばから少しずつ気温が上がっています。ちなみに、2月13日はテアルンタラチという火を崇める古代宗教の祭りの日でした。アルメニアではこの日を境に暖かくなると言われているんですが、本当にそうなってくれたら嬉しいですね。その祭りについては過去の記事をご覧ください。(該当記事)

今日、妻は女友達と温泉旅行に行っています。私も数年前に行ったことがあるハンカヴァンという温泉で、妻は初めて。私が行った時はまだまだ未整備で、よく言えば手作り感たっぷりでしたが、その後に観光地として整備されたと聞いたことがあります。夕方に妻が帰ってきたら、どうだったか感想を聞こうと思います。ちなみに私が行った時の様子については過去の記事をご覧ください。(該当記事)

新型コロナウイルスの感染が日本で拡大し続けて、先日ついに死者も出ました。これを受けて、政府は水際対策よりも、重症者を出さないよう検査や治療を重視する方針に変更したとのこと。今もインフルエンザの方が感染者は多いし、生命に与える危険も高いのですが、症状が軽くてワクチンもないと余計に感染拡大に歯止めをかけるのは難しいかもしれません。春が近づくにつれ人の移動も増えるので、事態がこれ以上深刻化しなければいいのですが…

86976877_2453178178330461_859718939305836544_narmenia20-2-16.jpg
妻は子供抜きで息抜きしていますから、私と義母で子供たちの面倒を見ています。雪がまだ残っているけど、そんなに寒くありません。

さて、今週はアルメニア・リトルシンガーズの練習に参加しました。リトルシンガーズは、国際的に高い評価を受けているアルメニアの子供合唱団で、3年前に日本のポップスを歌うCDを出しました。その現地コーディネートを私と妻が担当したことが縁で、今も繋がりがあります。当時のことについては過去の記事をご覧ください…って今回はそう書いてばかりですね。(該当記事)

そのリトルシンガーズから今回また、「練習に参加して日本の歌の発音指導をしてほしい」と私に依頼がありました。というのも、リトルシンガーズの指揮者で著名なアルメニア人音楽家ティグラン・ヘケキャン氏のお母様の追悼コンサートを今月末に開く予定で、その時に日本の曲も歌うからだそうです。

昨年2月に91歳で亡くなられたお母様は、ソ連時代からテレビやラジオの仕事に従事し、数多くの有名な番組やドキュメンタリーを制作した方で、その多大な文化的貢献から様々な賞や称号を授与されています。親子そろって偉大な文化人なんてすごい!生前はリトルシンガーズの練習に来られることもあって、私もお会いしたことがあります。

リトルシンガーズの練習に久々に参加しましたが、私がよく知っている年長者のメンバーは卒業して、初めて見る子供たちがいました。でも、半分以上はCD制作の仕事で一緒だった子供たちで、私が到着すると嬉しそうに迎えてくれました。その子たちも成長して、けっこう大人びていました。

コンサートに向けて練習中の日本の歌を披露してくれましたが、メンバーが少し変わっても、やはり素晴らしい歌声で鳥肌が立ちました。3年前同じように発音指導のために初めて練習に参加した時、思わず聞き惚れてしまって発音のチェックなどすっかり忘れてしまったことを思い出しました。

久々だったこともあって、今回も聞き入りそうになる瞬間がありましたが、ちゃんと発音をチェックして指導しました。といっても、それほど直す箇所は多くなかったし、指導するとすぐに上手になるところはさすが!

最初は指揮者のヘケキャン氏はいませんでしたが、途中から参加しました。彼が舞台に立って指揮し始めると、合唱団の雰囲気がガラッと変わります。一瞬で全体が引き締まって、かつもっと明るく輝くような感じがします。これもさすが!そのコンサートには私と妻も招待されているので、ぜひ聴きに行きたいと思います。

86273754_849003295520676_9128323053384630272_narmenia20-2-16.jpg
リトルシンガーズの皆さん。相変わらず美しい天使の歌声に感動しました。コンサートも楽しみです。

そして、リトルシンガーズとは別の合唱団のコンサートを昨日妻と聴きに行きました。「ホヴェル」という大人の国立合唱団で、昨年コミタス生誕150周年記念コンサートで歌声を聴いて、とても気に入りました。妻がそのコンサートの情報を見つけて一緒に行くことにしたのです。

というのも、一昨日の14日はバレンタインデーだったから、そのお祝いのデート。昨年も確か妻の希望でエレバン国立室内合唱団のコンサートを聴きに行った覚えがあります。それも良かったですが、今回のホヴェルも素晴らしかったです。前半は自分たちのオリジナルを中心にしたアルメニア語の曲で、後半はビートルズやスティービー・ワンダーなどのポップス曲!

しかも、ビートルズは「ビコーズ」や「ブラックバード」など私好みの渋いレパートリーで嬉しかったですね。「ビコーズ」は原曲も美しいコーラスが特徴的な名曲だから、プロの合唱団のハーモニーで聴くとまた違った味わいで良かったです。また曲によっては、合唱団のメンバーが手拍子を入れたり踊ったりなんてパフォーマンスもあって楽しかったです。

聴き応えのあるコンサートはあっという間でした。アルメニアがいいのは、こういうレベルの高いコンサートやオペラが安く鑑賞できること。このコンサートのチケットも4〜6ドルぐらいでした。バレンタインデーに限らず、また機会を作って行きたいと思います。

86665343_493021041414210_2279719828413480960_narmenia20-2-16.jpg
国立合唱団「ホヴェル」のコンサート。歌も素晴らしかったですが、見ていて楽しい内容でした。


昨日のコンサートのものじゃありませんが、YouTube にホヴェル国立合唱団が「ビコーズ」を歌う動画があったので載せておきます。