いながわさんがアルメニアを訪問 

天気が不安定で、気温が下がりました。朝晩は少し肌寒く感じますが、日中は太陽が顔を出すと暖かいです。4月も中旬になりますが、なかなか本格的な春がやって来ません。

先日アゼルバイジャンが国境付近のアルメニア軍陣地に発砲を行ったというニュースがありました。幸い死傷者はいなかったそうです。アゼルバイジャン側は、アルメニア軍から発砲があったと主張しているので真相は分かりませんが、今もこのような悲しい出来事が起こることに暗い気持ちになります。

ナゴルノ=カラバフ共和国の元国務大臣で、事業家また慈善活動家として知られるルーベン・ヴァルダニヤン氏がノーベル平和賞の候補となったそうです。彼は昨年9月にカラバフから出国しようとした際にアゼルバイジャンに逮捕され、今もテロ支援や不法逃亡などの容疑で拘束されています。ノーベル平和賞は、西側諸国の政治的思惑が強く反映されるので、今回のノミネートもそれが背景にあるでしょう。

日曜は、「母性と美しさの日」というアルメニアの女性の日でした。天使ガブリエルが聖母マリアにキリストの誕生を告知した日とされています。多くの人が母親や奥さんにプレゼントを渡して感謝の気持ちを伝えます。なので、私も花束を買って妻と義母にプレゼントしました。

fc0dd1b0-4ae3-4a2c-a349-84a55b94d51darmenia24-4-10.jpg
妻と義母に花束をプレゼント

b33637e3-5c20-4762-83d8-8a169fb95309armenia24-4-10.jpg
プログラミング教室で習ったゲーム作成を家でするレオ

さて、前回の記事に、嬉しい再会が待っていると書きました。というのも、いながわさんが週末にアルメニアを訪問してくれたのです。出張先のドバイから仕事も兼ねて、急遽アルメニアに来ることになりました。昨年7月以来だから、約9か月ぶりの訪問でした。

金曜に空港に迎えに行って、会うとハグして再会を喜び合いました。先週はかなりハードなスケジュールでしたが、いながわさんは思ったより元気そうで安心しました。もちろん大好きなアルメニアに来れた嬉しさもあったと思います。久しぶりにアルメニアに来てくれて、こちらも嬉しい限り。

いながわさんは、日曜の早朝のフライトで欧州に向かう予定になっていたので、土曜に一緒にゆっくり過ごすことにしました。まず、当ブログでもご紹介した魚の美味しいレストランで昼食を取りました。いながわさんも、「美味しい!」とすごく気に入ってくれました。本当にここは美味しくて、みんなで食べ過ぎてしまいました。

d0ff969f-3a43-41cc-9f30-6510056c3b66armenia24-4-10.jpg
魚の美味しいレストランで一緒にランチ

その後は、手配した車でアザト貯水池に向かいました。いながわさんは行ったことないし、エレバンから車で1時間弱と近いので、そこに連れて行くことにしたのです。ただ、予報では雨となっていたので、天気が心配でしたが、晴男のいながわさんの運を信じて出発しました。

エレバンを出た時は青空が見えていて、「さすが!これなら大丈夫!」と思ったら、目的の貯水池に近づくにつれて黒い雲が空を覆い始めました。予報通りではあるけど、せっかく風光明媚な場所に行くのに、天気がよくないのは残念…雨も降ってきましたが、傘など要らないほどの小雨だったのは不幸中の幸いでした。

それでも、貯水池のほとりに着くと、山に囲まれた湖の雄大な風景が広がっていました。私と妻は過去に来たことがありますが、地元の釣り人しかいなくて、とても静かできれいな場所です。いながわさんも、「オーッ!きれい!」と気に入っていました。天気がちょっと残念でしたが、アルメニアの自然に感動してくれてよかったです。

しばらく景色を楽しんでいたら、雨が強くなってきたので車に戻って出発しました。しかし、走り出してすぐに太陽が顔を出してきて、青空が広がっていくじゃないですか?!エッ?!うそ?急に晴れてきた!さらに、なんと目の前に大きな虹が現れました!それを見た妻がドライバーに、「悪いけど、さっきのところに戻って」とお願いして、また同じ場所に引き返しました。

車を降りると、貯水池に大きな虹がかかる素晴らしい風景が広がっていました。雲が晴れて、空が青く明るく輝き、ちょっと前に見た風景がより美しいものとなっていました。これも雨が降ったおかげ。そして、ちょうど雨が止んだタイミングだったから、その自然の芸術を見ることができました。いながわさんも、「やっぱりアルメニアはいいなー」と感動していました。

それからエレバンに戻る途中、杏の木がたくさん植えてあるレストランで休憩しました。ちなみに、レストランの名前は「ツィラン」、アルメニア語で杏の意味です。その名の通り、庭にある杏が満開でとてもきれいでした。今年は日本で桜の開花が遅かったらしく、いながわさんは日本で桜を見ていません。杏の花は桜に似ているから、ちょっとした花見になったと思います。

4744b49c-316d-4367-ba23-877b27a35375armenia24-4-10.jpg
貯水池に着いたときは曇り空で、写真を撮ったら墨絵にみたい!実際はここまで暗くはなかったけど…

7ae4aec7-67e4-4436-bd9f-093815744706armenia24-4-10.jpg
しかし、ザっと雨が降った後に青空が広がって、明るく美しい景色になりました

3556db26-0d76-4ff9-ae2d-0604479a32eaarmenia24-4-10.jpg
さらに美しい虹がかかりました!さすが晴男のいながわさん!

d472c516-580f-4375-9897-7d692343c12darmenia24-4-10.jpg
いつも二人でするお決まりのポーズで記念撮影

3f798a83-2d6e-401c-a3ef-fe3b48224617armenia24-4-10.jpg
エレバンに戻る道の途中、野生の杏がきれいに咲いていました

31fd6d32-dcdb-4d4d-9d31-e71366512939armenia24-4-10.jpg
レストランの杏も満開できれいでした。その花の下で仕事のメールをするいながわさん…

花見を兼ねた休憩を終えて、我が家に向かいました。いながわさんはアレンとレオに会って、「見るたびに大きくなっているなあ」と言っていました。私は毎日息子たちを見ているけど、久しぶりに会うとそう感じるんでしょうね。いながわさんは、「美味しい!」と言って妻の手料理をたくさん食べてくれました。

そして、ワインを飲んでお互いに気分が良くなってきたので、いつものように私がギターを弾いて歌いました。いながわさんとは歳が近く、音楽の趣味も合うから、いつも好きな歌を一緒に歌います。今回も楽しい時間を過ごしました。私はいながわさんの海外秘書として3年働いていますが、心通じ合う友人でもあります。妻もいながわさんのことが大好きです。だから、いながわさんと会うといつも私たちは幸せな気持ちになります。

いながわさんは一度ホテルに戻りましたが、翌早朝のフライトだったので、私は深夜に空港に送って見送りました。ホテルを出たのが遅れて、けっこうヒヤヒヤしましたけど、無事に間に合いました。結果オーライとはいえ、もしかしたら乗り遅れるかも…と今回はマジで焦りました。

大きな会社の経営者として多忙を極める生活を送り、常にストレスやプレッシャーと闘ういながわさんにとって、今回もアルメニアで過ごした時間は心安らぐものになったようです。急な訪問かつ2日ほどの短い滞在でしたが、「アルメニアに来て本当に元気をもらった!また頑張ろう!」と笑顔で言ってました。

私たちも、いながわさんに再会できて嬉しかったし、素敵な時間を過ごすことができて、元気をもらった気がします。忙しい中、アルメニアに会いに来てくれてありがとうございます!また会いましょう!いつでも待っています!

6eb19b0d-0391-4eb4-b423-726bebb583ecarmenia24-4-10.jpg
我が家で食べて飲んで歌って楽しい時間を過ごしました。来てくれてありがとうございました!

急な嬉しい再会がもうすぐ 

暖かい陽気が続いていたのですが、昨日あたりから少し気温が下がりました。予報によると、また天気が不安定になるらしく、来週はさらに気温が下がるそうです。

その天気のせいか、アレンが今朝は頭が痛いというので学校を休ませました。こうなると、レオも一緒に休みたがるのが常でしたが、なんと全くぐずることなく通学しました。アレンが休むのに、こんなに素直に学校に行ってくれたのって初めてかも!まだまだ幼いように見えて、ちゃんと成長しているんですね。

イスラエルがダマスカスのイラン大使館をミサイル攻撃し、軍司令官らが殺害されました。これに対してイランは報復すると述べています。イランも巻き込んだ大戦争になる可能性は低いと思いますが、昨年秋から中東情勢はずっと混乱したままです。ガザの死者は3万人を優に超え、その多くは女性や子供を含む一般市民…早く収束してほしいと思います。

今日ブリュッセルで、パシニャン首相がブリンケン米国務長官とフォンデアライエンEU委員長らと会談を行い、協力強化を進めていくことで合意しました。外交チャンネルを多様化させること自体は問題ないし、経済分野などで協力を進めていくことも国益に沿っているでしょう。しかし、多極化する国際情勢において、欧米側に過度に傾斜することには懸念を抱きます。

さて、今週は仕事が怒涛の忙しさで、すっかりブログのことが頭にありませんでした。私の仕事はすごく波があるので、忙しいときはほとんどずっとPCに張り付きっぱなしで、ニュースを見る余裕もありません。でも、やるべきことがあるというのは有り難いことです。

そんな状況ですが、今日はとても嬉しい再会が待っています。急に決まったので、今日からさらにバタバタしそうです。それで週末も忙しくなるため、特に取り上げるような出来事はありませんが、少し仕事が落ち着いている今のタイミングを利用してブログを更新しています。

嬉しい再会といえば、今月末にロボティクスの国際大会が開催されるギリシャのクレタ島に家族で行く予定ですが、そこでも出会いが待っています。さらに6月と7月にも大切な友人たちがアルメニアに来るかもしれません。アルメニアというマイナーな国に住んでいながらも、こうやっていつも会いに来てくれる人たちがいるというのは本当に幸せなことだと思います。

急遽決まった今日の再会も、きっと素晴らしい時間になるはずです。それについては、また次回の記事でご紹介したいと思います。

3681aab6-1fa6-4ce0-8647-1c58d230a4efarmenia24-4-5.jpg
忙しい中、息子たちの学校や習い事も送り迎えはしています。プログラミング教室で、レオがまたゲームを作りました。

イースターのお祝いとコンサート 

4月になりました。今年も3か月が過ぎたんですね。天気がよくなり、一気に暖かくなりました。日向にいると、少し暑いぐらいの陽気。日もどんどん長くなって、今は夜7時半頃まで明るいです。気分も明るく開放的になります。

モスクワ郊外で起こったテロ事件で、ロシア政府は実行犯がウクライナの民族主義者と関連している証拠を入手したと発表しました。実行犯がウクライナから多額の現金と仮想通貨を受け取ったとし、テロ資金の調達に関与した別の容疑者を拘束したことも明らかにしましたが、まだ真偽のほどは分かりません。米政府は「ばかげたプロパガンダだ」と批判しましたが、存在しなかった大量破壊兵器を保持していると濡れ衣を着せてイラクを攻撃したくせにどの口が言うねん!と心底呆れます。

今月末にギリシャのクレタ島で開催されるロボティクスの国際大会にアレンが出場するため、家族みんなで行く予定なのですが、無事に妻がシェンゲンビザを取得しました!他のアルメニア人参加者たちも、ほぼ全員無事に取得できたとのこと。これで問題なく大会に参加できそうです。よかったー!

その国際大会のために、アレンは週5日の練習に参加しています。チームの男の子たちと仲良くしているみたいで、組み立てては動かしたり、コードを変えたりと一緒に試行錯誤しています。順位を争う競技ですから、勝てるように少しでも良いものを作らないといけません。あと3週間は大変だと思いますが、アレン、頑張れー!

74c74dbc-0845-4a63-aece-a35177098c75armenia24-4-1.jpg
ロボティクスの国際大会に向けて、チームメンバーと練習するアレン

日曜はイースター(復活祭)でした。その前日の夕方、近所の教会に家族で行って、イースターのミサに参列しました。多くの参拝者に混じってロウソクに火を灯して祈りました。そのロウソクの火を家に持ち帰るのが慣わしですが、今回はアレンとレオが交代で運んでくれて、無事に消えることなく家に持ち帰ることができました。けっこう風が強い日だったんですけどね。

それから、イースターをお祝いする夕食。まずは玉ねぎの皮で赤く染めたイースターエッグをぶつけ合う遊びをしました。先に割れた方が負けという遊びで、子供たちは大好きです。今回も勝った負けたと盛り上がりました。二人ともまだ無邪気に喜んでいますが、いつまでこういう遊びを楽しんでくれるんでしょうね。

そして、赤ワインでキリストの復活を祝って乾杯しました。イースターの前夜は肉食をしないので、マス料理とドライフルーツのピラフを食べました。イースターはこうやって家族で静かに過ごすのが慣しです。ちなみに、卵はイースターグラス(草)の中に置くのですが、飼い猫がその草を美味しそうにムシャムシャ食べていました。

bb18b63a-1d17-4361-8fd4-089f69d6d429armenia24-4-1.jpg
近所の教会で行われたイースターのイブのミサ

c26d7f7a-e79f-4ed9-b3b4-fb1ba7a9e701armenia24-4-1.jpg
家族でロウソクを灯してお祈りしました

de3ae0b8-9d4b-44bb-8311-a004d74ed842armenia24-4-1.jpg
今年は息子たちが教会からロウソクの火を家に運んでくれました

545fc84d-f36e-45bf-a625-5d83a1b51fd9armenia24-4-1.jpg
レオも頑張って消えないように運んでくれました

ec07d124-cd23-46d5-a3cb-2cd9fe3be2b1armenia24-4-1.jpg
イースターのイブの食事。マス料理とドライフルーツのピラフ。そして、赤ワイン

d3e85e08-8a56-4736-ac6d-a31b2622dd61armenia24-4-1.jpg
イースターグラスを食べる飼い猫

a061f0a6-1261-4116-b968-8d980a1c6ba6armenia24-4-1.jpg
イースターエッグをぶつけ合う遊びをするアレンとレオ

イースター当日の日曜の夜は、妻と久しぶりのクラシックコンサートを聴きに行きました。イースターのコンサートで、演奏されたのはマーラーの交響曲第二番(復活)。あまりに久しぶりで、前回コンサートに行ったのは…と思い出してみると、昨年9月の辻井伸行さんのリサイタルでした(こちらの記事)。ということは、なんと半年ぶり!私も妻も忙しくしていましたからね。オペラハウスも久しぶりでしたが、周辺の杏の木の花が咲いて美しかったです。

そして、楽しみにしていた演奏もとてもよかったです。休憩を挟まず1時間半ずっと通しでしたが、飽きることなく聴くことができました。特にメゾソプラノのロシア人歌手は素晴らしかった!アルメニアのオーケストラとソプラノ歌手は、やっぱりロシアのそれと比べるとレベルが落ちます…昨年ロシアの有名なオーケストラの演奏を聴いて以来どうしても比較してしまうのですが、洗練さや完成度の高さは明らかに違います。

でも、久しぶりにクラシック音楽を生で聴けて、私も妻も満足できました。さらに、今回は今までで最も聴衆のマナーがよかったです。携帯の音が鳴ったり、話し声がしたりがほとんどなく(やっぱりゼロではなかったけど…)、お蔭で演奏をじっくりと聴くことができました。いつもこうだったらいいんですけどね。

とにかく素晴らしい芸術を味わうことができて、幸せなイースターの夕べとなりました。アルメニアは、こういうコンサートやオペラを10~20ドルぐらいで楽しむことができるので、音楽好きの私にとっては恵まれた環境です。良さそうな演目があれば、なるべく時間を見つけて、また妻と行きたいと思います。

8083ad9d-67f9-42ac-bb7c-45589fbdfa3earmenia24-4-1.jpg
オペラハウス周辺の杏の花が咲いていました。すっかり暖かくなって春が到来!

ff6acd88-a85c-4ece-ac6a-449d63037e44armenia24-4-1.jpg
イースターコンサートは聴き応えがありました

日曜は花飾りの祭り 

週明けから雨が降っていましたが、今朝はやっと晴れました。当分は天気は安定するようで、気温も上がって、予報によると日中の気温は15℃以上になるようです。春がすぐそこまで来ている気がします。

モスクワ郊外のコンサートホールで起きたテロ事件ですが、死者は139人に上るそうです。本当に悲惨な出来事です。プーチン大統領は、ISによる犯罪だったことを認めながらも、その背後にウクライナや欧米がいた可能性は否定していません。確かにISも、アルカイダ同様に米国が育てた組織なので、まだ関与がないとは言い切れないでしょう。

ただ同時に、ロシア政府は今回のテロ計画を事前に把握していたのではないか…と感じなくもありません。事件発生後すぐに実行犯を含む容疑者らが拘束されたこと、テロの被害者や家族に対して迅速に補償などが決定されたことなどから、9.11テロと同じように(あれは自作自演の可能性さえあるけど…)、知っていたにも関わらず敢えて看過したのかもと穿った見方をしてしまいます。

こちらの記事に書いたように、来月末に家族でギリシャに行くのですが、妻が今朝シェンゲンビザを申請しました。いつものごとく、妻だけビザが必要です。今回はロボティクスの国際大会に参加する団体としての申請で、また妻は昨年ポーランド渡航のためにシェンゲンビザを取得しているので、おそらく問題ないかと思います。無事にビザが取れて、家族みんなでギリシャに行けますように!

65563f78-4301-44f6-952f-b1dc0c3239cfarmenia24-3-27.jpg
飼い猫はよく私のベッドで寝るのですが、ぬいぐるみを置いてみると、まるで手足が生えたみたい!家族で大笑いしました

前回の記事に書いたように、先週後半は風邪を引いていましたが、お蔭さまで週末には良くなりました。アルメニアでは、風邪を引いたときは紅茶をたくさん飲むのがいいとされていて、私もレモンティーを飲みまくっていました。なるべく病気にはならない方がいいですが、普段よりも水分を取ったり、ゆっくり休むようにするから、体がリセットされる気がします。

日曜はツァフカザルトというキリスト教の祝日でした。ツァフカザルトは「花飾り」という意味で、キリストがエルサレムに入城した際、住民がオリーブの枝を持って歓迎したことに由来するお祭。イースターの1週間前に祝われ、アルメニアでは春の訪れを感じさせるネコヤナギの枝が飾られます。

その日は天気が良かったし、私もほとんど風邪が治ったので、家族で近所の教会にお祈りに行きました。教会の前では、ネコヤナギの枝やリースが売られていて、私たちも買いました。そして、教会内でロウソクを灯してお祈りしました。そういえば、教会でお祈りするのはスキー旅行以来だから1か月ぶりでしたね。

買ったネコヤナギのリースを、妻がアレンやレオに被らせようとしましたが、二人とも嫌がっていました。男の子だからリースなんて被りたくはないでしょうけど、幼いころは喜んで被っていました。まあ、これが成長というものですけどね。でも、レオは少し被ってくれて、とても可愛らしかったです。

今週は学校は春休みで、息子たちはずっと家にいます。でも、ロボティックスやプログラミングの習い事はあるし、妻も大学院の授業があるから、旅行に行く予定などはありません。それに、私も仕事でけっこう忙しくしています。とにかく家族みんな健康に過ごして、本格的な春を迎えたいと思います。

771a618f-82d5-4723-bc13-690594f5ba39armenia24-3-27.jpg
教会の前ではネコヤナギのリースが売られていました

bfc52f50-391d-489c-90b4-ef35001fc757armenia24-3-27.jpg
ネコヤナギの枝も買いました

c97cfbff-be05-41fb-92d6-416a27017a4darmenia24-3-27.jpg
家族でロウソクを灯してお祈り

6bde942b-c1f9-49ef-a2a9-3e0499b6278carmenia24-3-27.jpg
嫌がっていたけど、レオは少しの間リースを被ってくれました

CIMG8645armenia18-3-25armenia24-3-27.jpg
写真のように、二人とも幼いころは喜んで被ってくれたんですけどね。小っちゃいし可愛いなあー

7f981f68-c67a-42ee-9f53-f2c26a8323fbarmenia24-3-27.jpg
春休みで息子たちは家にいるので、お昼にうどんを作って食べたりしています

4ef3e03a-23b4-4dc4-bba8-c2b42f92ef09armenia24-3-27.jpg
プログラミングの授業でゲームを作ったレオ

また風邪を引いてしまいました 

最近は雨がよく降る不安定な天気が続いています。予報によると、来週半ばから次第に天気はよくなって、気温も上がるそうです。3月も下旬に入り、春の陽気が待ち遠しいです。

昨晩モスクワ郊外のコンサートホールで悲惨なテロ事件が発生し、多くの犠牲者が出ています。実行犯4人を含む11人の容疑者が拘束されたようですが、犯行組織や動機についてはまだ明らかになっていません。容疑者の一部はタジキスタン国籍だとか、50万ルーブルで犯行を請け負ったとか、ウクライナへの逃亡を図っていたなど情報が錯綜しています。犯行声明を出したISである可能性も否定できません。

ちなみに、テロが起こってすぐに米国が、「ウクライナは関与していない」という声明を出したため、「それを裏付ける重要な情報を持っているのであれば、私たちに提供すべきだ」とロシア側は述べました。確かになぜすぐにウクライナの関与はないと分かるのか甚だ疑問…また、こういうテロ事件は、9.11もそうですが、政府が事前に把握していながら敢えてやらせるなんてこともありますからね。今後の展開を注視したいと思います。

ブリュッセルで開催された第一回原子力エネルギーサミットにアルメニアも出席し、その会期中にパシニャン首相はフランスやスウェーデンなど欧州諸国の首脳らと会談しました。アルメニアの現政府は、アゼルバイジャンとの平和条約締結交渉へのEUの積極的な仲介を望んでいるみたいですが、ウクライナ問題などへの対応を見ても分かるように、西側諸国は信頼に足る相手とは思えません。

そのウクライナの最大の支援国ポーランドでは、先月から農家による大規模なストライキが続いていました。ウクライナからの安価な農作物流入やEUの環境規制に反発し、国内各地の道路を封鎖するなど深刻化していましたが、ポーランド政府は先日、ウクライナからの農作物輸入停止で合意し、ストライキも収束したようです。まずは自国民の生活を守ることが最優先であり、正しい判断だと思います。

432398353_705413964853255_7021323668019643757_narmenia24-3-23.jpg
昨日は夕方に雨が上がって、雲の切れ間から沈みかけた太陽が顔を出してきれいでした(写真は妻撮影)

さて、記事タイトルにあるように、また私は風邪を引いてしまいました。ちょうど1か月前にも風邪を引いたと記事に書きましたが、今回も似たような症状で、熱はないけど体がちょっとだるいです。今回は少し喉が痛くて咳が出ます。それほどキツくはなく、こうやってブログも更新できていますが、時々だるくて横になっています。

季節の変わり目で、雨がちの天気が続き、気温も下がったせいで、風邪が流行っているようです。先週後半にアレンが体調を崩して学校を休みましたが、他のクラスメイトや先生も病気で休んでいたそうです。そして、今週も休んでいる人がいるとのこと。やっぱり体調を崩しやすい時期なんですね。

あと、私とアレンは、疲れて免疫力が落ちたのもあって風邪を引いたように思います。来月末にギリシャのクレタ島で開催されるロボティクスの国際大会に出場するため、アレンはその練習に週4回参加しています。そのうち2回の平日は、学校が終わってからすぐに参加して、それが終わると、同じセンターでプログラミングの授業があります。さすがにきつかったみたいで、その疲れから体調を崩したかもしれません。

私も学校の送り迎えに加えて、ほぼ毎日アレンとレオをセンターに連れて行くのと、最近の不安定な天気のせいもあって免疫力が落ちていた気がします。風邪を引いている今は、妻と義母が送り迎えをしてくれています。幸いレオは、こちらの記事に書いたズル休み以降は、ほとんど登校しぶりをしなくなったので楽です。

そういえば、ギリシャのロボティクスの国際大会では、英語で話さないといけないこともあるらしく、先生が子供用の言語学習アプリで勉強しておくように言いました。大会に出場するのはアレンだけなのに、レオも一緒にそのアプリで勉強しています。ゲーム感覚で学べるから、けっこう二人とも熱心にやっています。

ちなみに、来週は学校は春休み。学校に一週間行かなくていいから、息子たちも嬉しそうだし、私も送り迎えがないから、少しゆっくりできて嬉しいです。特に体調を崩している今は、余計にありがたいです。ただ、来週もロボティックスとプログラミングはあるし、妻も大学院の授業があるので、どこか遠出するのは難しそうです。

でも、まずはこの風邪をちゃんと治さないといけません。週末もあまり無理せず、ゆっくり休んで療養に努めたいと思います。みなさんもどうか体に気をつけてください!

689d8a37-5483-4533-a5da-af55bfe5da04armenia24-3-23.jpeg
ロボティックスの先生に勧められたアプリで英語の勉強をするアレンとレオ

698fd9fe-4366-44d2-b306-83ce19670f7aarmenia24-3-23.jpeg
天気のせいか、飼い猫も寝ていることが多いです

c4e31f01-771f-49a8-83a5-a9d05da9333darmenia24-3-23.jpeg
レオと一緒に気持ちよさそうに寝る飼い猫。どちらも可愛い!