エレバンのオペラ周辺のカフェが強制撤去 

今日は春分の日で、日本はお休みですね。アルメニアもどんどん日が伸びていて、7時半頃まで明るいです。でも、朝晩はけっこう空気が冷たくて、また耳あてやマフラーをしています。そういえば、イチロー選手が引退を表明したそうで…本当にお疲れさまでした。

ところで、日本に行く前から違和感があった右手首の状態が悪化して痛い!ネットで調べてみると、明らかにドケルバン病という腱鞘炎の症状。しかし、ドケルバン病って響きはちょっと…もし何も知らずに医者に宣告されたらビビるやろなあ。

手首をひねったり、強く力を入れたりしなければ大して痛くないんですが、重いものを持てないし、子供を抱っこできないし、ギターやピアノも弾けないし、寝起きの時は激痛だし…やはり何かと不便です。あまり改善が見られないようなら病院に行くつもりです。

さて、革命後の選挙で刷新されたエレバン市当局は、街の緑化計画を進めており、オペラ周辺も緑の多い自然豊かな公園に戻そうとしています。そのために先週、オペラ近くのカフェの一部が強制撤去されました。市当局者や警察が重機と共にやって来て、カフェを解体したのです。抗議するカフェのオーナーや従業員らと警察が衝突して、負傷者や逮捕者が出たそうです。

こう書くと、市当局がやたら乱暴に思うかもしれませんが、撤去されたのは敷地の賃貸契約が終了したカフェで、半年以上前から移動するように伝えられていたようです。結局その通達に従わなかったため、仕方なく強制撤去したとのこと。まあ、オーナーや従業員にすると仕事を失うかもしれない事態なので、そう簡単に納得はできなかったんでしょう。

しかし、エレバン市内の広場や公園はカフェだらけで、「ちょっと増えすぎちゃうの?こんなに必要?!」と以前から思っていました。夏場は賑やかで華やかだけど、どうも落ち着きがないし、あまり文化的ではありません。多くの市民も同じ不満を持っていたので、街の緑化計画には賛成です。昔のエレバンの写真を見ると、もっと緑が多くて美しい…散歩したら気持ち良さそうです。

昨年夏に家族でクロアチアに行った時、首都ザグレブの市内には緑豊かで芝生に座ってのんびりできそうな公園がたくさんあって、妻も羨ましがっていました。子供にとっても、そういう環境の方が絶対いいですもんね。

ちなみに、パリで初めてカフェを開いたのはアルメニア人。1672年にパスカルというアルメニア人が、仮設の小屋でコーヒーを飲ませる商売をやったのが始まりだそうで、アルメニア人にとってカフェは縁深いものなわけです。

う~ん、でも、やっぱりカフェ多すぎ…革命前はカフェを経営する許可を与えたり、土地を貸したりすることで利益を得ていた輩が多かったから、やたらとカフェが増えたのかもしれませんね。今回のような強制撤去という事態はなるべく起こってほしくないですが、緑化計画は推進してほしいと思います。


カフェが解体される様子を伝えた現地のニュース映像。JAZZVEというアルメニアのコーヒーチェーン店です。

54434163_411351869642804_3457380336055353344_narmenia19-3-21.jpg
カフェが撤去された場所。何もない更地になっていました。

55462345_303762216970621_1287321949105553408armenia19-3-21_n.jpg
うちの近所はあまり公園がなくて、子供たちが可哀想…小さくてもいいから、いろんな所に公園を作ってほしいです。

パシニャン首相再任と新紙幣の登場 

一昨日は晴れ間が広がって、日中の気温は10℃ぐらいまで上がりました。その陽気で雪が解けてしまいそうだったので、家の庭に残っていた雪でアレンと一緒に雪ダルマを作りました。アレンも自分で小さな雪ダルマを作りました。しかし、昨日は寒さが戻って、少し雪が降りました。

また一昨日のお昼は、片岡さんが妻の誕生日のお祝いで食事をご馳走してくれました。そして夜は、年末年始に翻訳案件を手伝ってくれた学生たちと打ち上げパーティーを開き、片岡さんも参加して、とても楽しい時間を過ごしました。大変な仕事を頑張ってくれた学生たちには本当に感謝です。

50236657_794435834223285_2632184219320713216_narmenia19-1-18.jpg 
私が作った雪ダルマと写真を撮るアレン。どちらも青い帽子を被って何だか似ているなあ~

50104926_758871451160883_2146365908531019776_narmenia19-1-18.jpg 
アレンが自分で作った雪ダルマ。小さいけど上手にできています。

50451870_2314729128809321_1721668590135934976_narmenia19-1-18.jpg 
妻の誕生日祝いで、片岡さんがお寿司をご馳走してくれました。ありがとうございます!

50138667_222170742062118_6741275363793436672_narmenia19-1-18.jpg 
翻訳を頑張ってくれた学生たちと打ち上げパーティー。遅くまで盛り上がりました。みんな本当にありがとう!

ところで、ここ最近はずっとバタバタしているため、アルメニアの重要なニュースをお伝えするのを忘れていました。といっても、予定通りの出来事でしたが、今週の月曜日、パシニャン氏が首相に再任命されました

当ブログでも何度か書いたように、総選挙を早期実施するために、昨年10月にパシニャン氏は首相職を辞任し、その後は暫定首相という立場で政務を行っていました。そして12月の総選挙で圧勝し、再び首相に任命されたわけです。立法府でも行政府でもパシニャン氏率いる政党連合が実権を握ったので、今後の国の舵取りに注目が集まっています。

この話題について、日本では反ロシアとか親EUという視点で報道している記事をいまだに見かけます。あの革命は反ロシア的意味合いなどなかったのに、一体いつまでアホな偏向報道を続けるんでしょうか…これってアルメニアが遠く離れた小国だからという訳ではなく、基本的に日本のマスコミって独自に情報を分析せずに欧米寄りの報道をする傾向が強いからだと思います。報道番組がワイドショーみたくなっているのもそのせいでしょう。

あと最近、アルメニアで新紙幣が流通し始めました。タイミング的に、「革命で政権交代が起こったからか?!」と一瞬思いましたが、別にそうではなく、革命前から決まっていた変更だったようです。先日、銀行でお金を引き出した時に、その新紙幣をゲットしました。印刷されている人物の顔ぶれは全て変わりましたが、前と同じくほどんとが芸術家です。

千ドラムは詩人のセヴァック、5千ドラムは作家のウィリアム・サローヤン、1万ドラムは音楽家のコミタス、2万ドラムは画家のアイヴァゾフスキーです。私はまだ実際に見ていませんが、2千ドラム紙幣もあって、チェスの元世界チャンピオンのティグラン・ペトロシアンが印刷されているそうです。

紙質が丈夫になって、色使いがもっとカラフルになったような気がします。まだまだ旧紙幣の方が圧倒的に流通していますが、いずれは普通に2種類の紙幣を見かけるようになるでしょうね。

49678585_223624281856832_7835728572361736192_narmenia19-1-18.jpg 
流通し始めた新しいドラム紙幣。現在1ドル=約484ドラムなので、千ドラムは220円ぐらい。日本円に比べて為替レートは安定しています。

政党連合「マイステップ」の由来について 

本格的な冬がそこまで来ているのか、朝は水たまりが凍っていて、昨日は雪が少し舞いました。寒かったけど、きれいでしたね。長男アレンが喜んでいました。

入管法の改正が強行採決されました。ちゃんと議論が尽くされていれば強行採決も仕方ないと思いますけど、今回はあまりに審議時間が短すぎ!案の定、具体的な中身はほとんど決まっておらず、自民党は、「これから検討する」と繰り返すばかり。深刻な人手不足を解決するためとはいえ、日本の社会を大きく変え得る重要な法改正ですから、さすがにちょっと無茶苦茶でしょ。

多くの外国人技能実習生が劣悪な環境で働かされ、自殺者まで出ているという衝撃的な報告がありました。また、AIなどの技術革新によって、近い将来には人手が余るというデータもあります。もちろん今の人手不足の問題に対して何も手を打たなくていいとは思いませんが、今回の法改正はもっと様々な観点から議論すべきだったのではないでしょうか…

ところで、一昨日はパートタイムで働いている現地のIT企業のクリスマスパーティーがあったので、妻と一緒に行ってきました。大きなクラブを借り切った盛大なパーティーで、多くの社員が参加していました。後で分かったんですが、スーパーモデルのナタリア・ヴォディアノヴァも来ていたそうです。お酒も食事も美味しかったし、妻と踊って楽しい時間を過ごしました。

さて、前回の記事でお伝えしたように、議会総選挙の結果は、パシニャン首相率いる政党連合「マイステップ」の圧勝でしたが、その「マイステップ」という名前の由来はご存知でしょうか?

いつも英語名で書いていますが、アルメニア語ではイム・カイル。「私の歩み」という意味です。これは革命前にパシニャン氏が始めたデモ行進が由来となっています。権力維持を狙うサルグシャン元大統領の首相就任に抗議するために、パシニャン氏と支持者らは、今年3月末にアルメニア第二の都市ギュムリからエレバンに向けて行進を始めました。

最初は少人数でしたが、約200キロの道のりを歩いて4月13日にエレバンに着いた時には、数千人もの支持者が一緒でした。それほど国民は長年の腐敗政治に疲れ切っていたわけです。政治家たちは、庶民の生活など省みず、私腹を肥やすことばかり考えていましたからね。

その後はご存知のように、10万人を超える規模までデモが拡大、元大統領を辞任に追い込み、パシニャン政権が誕生しました。そのアルメニアの無血革命は、突発的にエレバンで起こったデモではなく、パシニャン氏が、「みんなで団結して闘おう!」と人々に呼びかけながら行った「マイステップ」というデモ行進がきっかけだったのです。そして、その名前が付けられた政党連合が選挙で勝利し、革命は一つのゴールに辿り着きました。

これはもちろんアルメニア市民の団結力の勝利です。しかし、私がすごいと思うのは、諦めずに腐敗政治と戦い続けたパシニャン氏の不屈の精神。多くの国民は、政治に不満や怒りを募らせつつも、いつもただ批判するか諦めるかのどちらかでした。それほどに、「どうせ何も変わらない…」という失望感が蔓延していました。

だから、パシニャン氏のような主導者がいなかったら、革命は成功していなかったと思います。というか、あれほどのデモさえ起こらなかったかもしれません。デモに参加していた人たち自身が、「あんなことを自分たちができたなんて信じられない!」と一番驚いていますからね。

ましてパシニャン氏は元ジャーナリストで、その後は政界に入り、金や欲にまみれた闇の部分を嫌というほど見てきたはずです。よほど強い意志がなければ、いずれ希望や情熱を失ってしまうでしょう。権力にすり寄って自分も甘い汁を吸おうなんて誘惑に負けてしまうかもしれません。しかし、彼は決して絶望や誘惑に屈することはありませんでした。

そんなパシニャン首相の国の舵取りには大きな期待が寄せられています。それと同時に、山積みになっている問題を解決できるのか、本当にこの国をより良い方向に導けるのか…という不安の声も聞かれます。期待が大きい分、成果を出さなければいけない責任も重大です。きっと長く困難な道のりになるに違いありませんが、諦めずに一歩一歩進んでいってほしいと思います

IMG_7598armenia18-12-15.jpg 
勤めている現地のIT企業のクリスマスパーティー。アルメニアの伝統音楽とダンスも披露されて、かなり盛り上がりました。私も妻も少し飲み過ぎましたけど…

IMG_7593armenia18-12-15.jpg
共和国広場の巨大なクリスマスツリーもほとんど完成しています。間もなく、美しくくライトアップされるでしょう。

48389547_338086976746626_2075292360220082176_narmenia18-12-15.jpg 
エレバンの目抜き通りもクリスマスムード一色です。

IMG_7565armenia18-12-15.jpg
どんどんクリスマスムードが高まっています。といっても、アルメニアのクリスマスは1月6日ですけどね。アレンもサンタさんとツーショット!


以前にも載せたことがありますが、「マイステップ」の行進から始まる革命の様子をまとめた動画。こんな歴史的変革がアルメニアで起こったなんて…改めて見ても、ちょっと信じられません。

アルメニアの議会総選挙の結果 

あまりスッキリしない不安定な天気が続いていますが、寒さはまだそれほどでもないです。といっても、日中でも10℃を余裕で下回っていますけどね。まあ、アルメニアの12月中旬にしては大したことありません。

さて、日曜に行われた国民議会の総選挙の結果ですが、大方の予想通り、パシニャン首相が率いる政党「マイステップ」が70%もの得票率で圧勝!過半数の議席を獲得したので、ねじれ現象は解消され、パシニャン氏も年内に首相に再選される予定です。日本でも下の記事のように報道されていました。

パシニャン氏政党が圧勝 アルメニアで議会総選挙

まあ、これは完全に想定内の結果です。私がもっと気になっていたのは、革命前までずっと与党として権力を握っていた共和党の得票率で、なんと、たったの4.7%…議席獲得に必要な5%に届かなかったので、野党にもなれない小政党に落ちぶれてしまいました。自業自得とはいえ、何ともみじめな転落劇。

だって、20年もの間この国を強大な力で支配してきた政党が、たった半年で全議席を失ったんですよ。自民党が全ての選挙区で大敗するようなものです。いや、自民党は過去に下野したことがあるから、このアルメニアの選挙結果はもっと衝撃的かもしれません。盛者必衰の理とは、正にこのことですね。

この結果で証明されたのは、過去の選挙が有権者の意志など全く反映していなかったという事実。今は特に忌み嫌われているとはいえ、5%以下の支持しか得ていない共和党がいつも選挙で圧勝していたんですから、いかに腐敗していたのか改めて痛感します。そういう意味で、今回の選挙は共和党の独裁に終止符を打った歴史的な出来事だと言えるでしょう。

これまでの権力構造が完全に一変し、無血革命の目標が達成されたわけです。しかし、まさかこんなことがアルメニアで起こるなんて…もう10年近く住んでいますが、ずっと共和党の一党独裁は微動だにせず、国民も諦めきっているように見えました。だから、元大統領も、権力の座に居座ろうと首相職に横滑りするなんてアホなことをやらかしたんでしょうね。

それがきっかけで、虐げられてきた国民の怒りが爆発し、元大統領を辞任に追い込むほどの巨大デモに発展しました。そんな国民の鬱積したエネルギーと団結力を侮ったことが、共和党にとって致命傷になりました。やはり国の主権者は、為政者ではなく国民だということです。

とはいえ、今回の投票率がたった約49%と、5割に満たない低いものだったことは残念です。まあ、これも個人的には予想していましたけどね。革命直後ならともかく、すでに半年以上経っていて当時の熱狂はかなり落ち着いていますし、今回はいい意味で結果が見えていたから、けっこう投票率は低いんじゃないかなあと…

でも、やっぱり選挙は国民が政治に直接参加できる貴重な機会なので、もっと多くの人が行くべきだったと思います。しかも、これまでのような政府が恣意的に操作する出来レースじゃなく、有権者の意志が反映されるまともな選挙だった訳ですから、なるべく国民は投票権を活用するべきです。権利は行使しないと意味がありませんからね。

パシニャン首相率いる政党が圧倒的な支持を集めて勝利して、行政府だけでなく、立法府でも実権を持つことが決まりました。パシニャン政権の指導力、そして責任はより重大になります。しかし国民が関心を失い、国の舵取りを政府任せにしてしまったら、また権力が暴走するかもしれません。

やっと公平かつクリーンな選挙が実現して、アルメニアは民主国家として大きなスタートを切ることができました。でも、何より大切なのはこれから!国民の政治参加の意識も良い方向に変わっていってほしいと願います。

IMG_7552armenia18-12-11.jpg
記事と関係ありませんが、週末は家族で出かけました。息子たちも仲良く手を繋いで、妻が幸せそうでした。

IMG_7556armenia18-12-11.jpg
アレンがレオの靴を脱がしてあげていました。お兄ちゃんらしくなってきたなあ

IMG_7559armenia18-12-11.jpg
一緒に粘土遊び。以前はアレンの真似ばかりしていたレオも、今は自分一人で工夫して遊べるようになりました。

IMG_7486armenia18-12-11.jpg
アルメニアの未来が子供たちにとって明るいものでありますように!

総選挙に向けて選挙活動が本格化 

かなり寒くなってきて、朝晩は耳が痛く感じます。もうすぐ12月ですからね。秋も終わりを告げて、本格的な冬が始まろうとしています。

ゴーン会長の逮捕劇ですが、彼に同情したり無実だと訴える報道と、日産の対応を妥当とする報道が交錯しています。ルノーの最大株主は仏政府なので、下手したら外交問題にも発展しかねないのに、日本政府は静観しています。やはり今回の事件は、ゴーン氏の不正を糺すことではなく、ルノーの支配強化を阻止するために政府と日産が結託して起こしたクーデターだったのかもしれないですね…

さて、当ブログでも何度か書きましたが、来月9日に国会議員の総選挙が行われる予定です。パシニャン首相が辞任した後、新しい首相が選ばれなかったため、憲法規定に従い、国民議会は解散となりました。というのも、いまだに議会は共和党などの旧勢力が多数派を占め、ねじれ現象が続いているので、パシニャン首相は総選挙の早期実施をずっと主張していました。

選挙活動は11月26日からと決められていたので、昨日から各党のキャンペーンが本格化しました。パシニャン首相も連日、支持者らの前で演説しています。今の情勢だと、首相が率いる政党「マイステップ」が確実に勝利すると思います。そうなると、強大な権力を誇った共和党もついに弱小野党に転落してしまうのでしょうか…つくづく盛者必衰の理を感じます。まあ、国民不在の腐敗政治を続けたせいだから自業自得なんですけどね。

とはいえ、それも公正な選挙が行われた場合の話です。革命前のアルメニアの選挙は、とにかく腐っていて、最初から結果ありきの出来レース。圧力や買収がまかり通り、票の集計がまともに行われることなどありませんでした。過去の選挙の時に、自分の学生に支持政党や予想結果について聞いてたことがあったんですが、みんな呆れた顔で、「先生も知っているように、この国の選挙は形だけで意味がない。私たちの意思なんて関係なく、どうせ結果は決まっている…」と言っていたのを覚えています。

そんな酷い状況がずっと続いていたため、今回の選挙は画期的なものになると言われています。革命後、パシニャン内閣は腐敗との闘いに最も力を注いできましたから、その成果が試される時がやって来たわけです。結果よりもまず、国民が政治に直接参加できる選挙というシステムが正しく機能し、有権者の意思が反映されることが民主国家への第一歩。アルメニアがその大切な一歩を無事に踏み出してほしいと願います。

IMG_7431armenia18-11-27.jpg
「選挙で金銭を受け取らないように!」という注意が書かれてある看板。政治家だけではなく、有権者の側も清廉でいる心づもりが必要です。

IMG_7422armenia18-11-27.jpg
子供たちの未来のためにも、公正な選挙が行われ、アルメニアが民主的で希望の持てる社会に生まれ変わるスタートを切ってほしいと思います。