いろはセンターでお好み焼き作り 

暑い日が続いていますが、例年よりは気温は低めのように感じます。まだ6月下旬ですから、これからもっと暑くなっていくでしょうね。

安倍首相がイラン訪問中に、日本のタンカーがホルムズ海峡で攻撃されるという事件がありましたね。.すぐに米国が、「イランの仕業だ!」と言い出して、英国も同調しています。これってイラク戦争の時と全く同じ流れ...その開戦の口実になった大量破壊兵器は存在せず、英米がでっち上げた濡れ衣でした。

そのオオカミ少年みたいな米国の言い分を誰が信じんねん?!と思ったら、世間の反応もやっぱり冷めているように感じます。大体イランの核問題も、米国が一方的に核合意から離脱したことが原因ですしね。とにかく真相がはっきりしない状況の中、更なる関係悪化や制裁、まして戦争なんかに発展しないことを祈ります。

あと、お隣のジョージアは、ロシアに抗議するデモが拡大して混乱しています。これを受けて、ロシアはジョージアへの直行便の運航禁止などの措置を取りました。訪問中のロシアの下院議員が議会の議長席からロシア語で演説したことが、ジョージア人の反ロ感情を刺激したようです。南オセチア・アブハジアを巡る紛争から10年以上経ちますが、今もロシアに対する怒りや反発は強いんですね…

さて、観光・ビジネス視察ツアーが終わり、やっと普段通りの生活に戻りました。しかし、なかなか疲れが取れなかったので、タイマッサージに行ってきました。エレバンにはタイ人が働いているマッサージ屋があります。本格的なマッサージを受けたら、体がかなり軽くなりました。もうそんな若くないし、本当に疲れている時は無理せずマッサージとか受けた方がいいですね。

IMG_0472armenia19-6-21.jpg 
アレンと一緒におもちゃのロボットを作りました。

IMG_0499armenia19-6-22.jpg 
外で遊ぶアレンとレオ。レオも上手にキックスクーターに乗れるようになってきました。

昨日は、いろはセンターで、お好み焼きを作るイベントがあったので参加してきました。学生たちも楽しそうに作っていたし、できたものはどれも美味しかったです。その後、ここに留学している日本人学生たちと飲みに行って、いろいろ話しました。就活時期が近づいている二人は仕事や将来について悩んでいるようでしたが、そんな姿を見て、「自分もそんな頃があったなあ…」と少し懐かしい気持ちになりました。

私も大学3年の時に卒業後のことについて考え始めましたが、当時はすでに旅にはまっていて、「この世界をもっと自分の目で見てみたい!」という気持ちを抑えられず、将来は必ず放浪の旅に出ると決めました。そして、卒業後に勤めた会社を1年で退職して、夢だった世界旅行に出ました。その旅でふらっと立ち寄ったアルメニアに10年前から住み始め、今は家族もできて定住しています。人生は予想がつきませんから、若い二人には自分の直感や気持ちを大切にして前に進んでいってほしいと思います。

そういえば、飼い犬が10日ほど前に亡くなりました…ちょうど泊りがけで旅行のアテンドに行っている時で、妻からの連絡で知りました。もう15歳だったので、人間でいうと70後半のおばあちゃん。散歩させている時も歩き方が弱々しいから、先は長くないと分かっていましたが、まさかこんな早く逝ってしまうとは思いませんでした。冥福を祈りたいと思います。

IMG_0480armenia19-6-21.jpg
南江副会長がお好み焼きの作り方を説明しました。

IMG_0484armenia19-6-22.jpg
学生もお好み焼き作りに挑戦!

IMG_0488armenia19-6-22.jpg
ソースとマヨネーズをかけて出来上がり!美味しかったです。

観光・ビジネス視察ツアーが無事に終了! 

日中は35℃前後になる暑い天気が続いています。2週間ほどブログの更新が滞ってしまいました。というのも、観光・ビジネス視察ツアーのアテンドでずっと忙しくしていたのです。それも無事に終わってホッとしています。そして、疲労困憊でぐったりしています…

今回はツアーが2つ連続して、10日間ぶっ通しでアテンド・通訳をしたせいか、疲れが半端ありません。しかし、ツアーに参加した方々はアルメニアを気に入られて、「必ずまた来る!」と仰っていました。とても気さくで良い方ばかりだったので、私も楽しく充実した時間を過ごすことができました。

前半のツアーでは、一泊二日でアルメニア南部を周り、美しい修道院や古代天文台、最古の革靴やワイナリーが発見された洞窟などを見学しました。また、片岡さんと一緒に元学生の誕生日パーティーにも参加しました。ちょっと片岡さんが飲みすぎて最後は大変でしたけど、アルメニアの一般家庭を訪問して交流する貴重な機会になったと思います。

後半のツアーでは、大使が参加者の方々を公邸にご招待して下さって、美味しい和食を頂きながら楽しくお話しすることができました。また、エレバン市内や近郊の観光地を巡って、この国の豊かな歴史と文化、そして美しい自然に触れて頂きました。

ツアーでは、老舗の英語学校やTUMOセンターを訪問しましたが、アルメニアの才能溢れる若者の姿に驚かれたようです。また、いろはセンターでは、日本や日本語に関心を持つ学生たちとの楽しい交流のひと時を過ごしました。経済省や人材派遣会社、大手銀行などを訪問して、ここでの投資や事業の可能性に大きな期待を感じる機会も持てました。

今回はIT分野にこだわらず、アルメニアの素晴らしさやポテンシャルを感じられるよう訪問日程を組みましたが、お陰様で皆さんには満足して頂けたようです。何をするにしても、まずはこの国のことを気に入ってもらわないといけませんからね。そういう意味では、今回のツアーも成功だったと言えるかもしれません。

特に皆さんが気に入っていたのは、治安がいいこと、物価が安いこと、食事やお酒が美味しいこと、そして人が優しく親切なこと。まだまだ日本では知られていないアルメニアですが、いざ来てみると、素晴らしい点がたくさんあって、皆さんが再訪問したがっていました。この国に長く住む日本人として、私も嬉しく思います。

今回はるばるアルメニアに来て頂いた方々、そして連れて来てくれた友人に心から感謝したいと思います。どうもありがとうございました!そしてお疲れ様でした!是非またいらっしゃってください!

64253374_2043368512624230_7569080578671116288_n.jpg
ツアーの数日前に到着した片岡さん一行を自宅に招待してBBQを食べました。美味しかった!

64413875_10156533466181819_4315999536100147200_o.jpg
元学生のティグランの誕生日パーティーに参加。この後、片岡さんが盛り上がりすぎて大変でした…

64387112_10156533466246819_7774727345130176512_o.jpg
アルメニア南部にあるタテヴ修道院を訪問。私は3回目ですが、神々しい景色に感動しました。

64268740_10156533466386819_3203875766924214272_o.jpg
世界最古の天文台と呼ばれるゾラツカレルという場所も訪問しました。

64521987_10156533466906819_4292301813526298624_o.jpg
子供たちが無料でITを勉強できるTUMOセンターを訪問しました。ここは誰もが驚きます。

64863690_10156533467641819_2922341377930952704_o.jpg
アルメニアの料理とお酒の美味しさにも感動されていました。なのに、日本に比べるとかなり安い。

62317431_1235866056572837_6120045929685843968_n.jpg
ツアーのない一晩を利用して、以前に我が社で働いてくれていた社員とアルバイトたちと会食しました。

64317291_10156533467781819_6510243175951499264_o.jpg
後半グループは、大使公邸に訪問させて頂きました。楽しい会食になりました。

64329482_10156533468006819_2298932728956977152_o.jpg
経済省を訪問して、ここでの投資や起業のメリットなどについて伺いました。

64309685_10156533468426819_6470578942519541760_o.jpg
いろはセンターを訪問して、日本語を学ぶ学生たちと交流しました。

62447690_315389926005049_8155742234784825344_n.jpg
世界に誇るアルメニアコニャックの工場を見学して、年数が違う3種類を試飲しました。

64935988_10156533470476819_2613106558707433472_o.jpg
アルメニア絨毯の工場も見学。見応えがあり、中には美味しいレストランもあります。

64702341_10156533469096819_2997760780310413312_o.jpg
忙しかったですが、皆さんと楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました!

64582671_435876543915883_70239530086563840_n.jpg
ツアー中あまり会えなかった家族との時間を大切にして、数日はのんびり過ごしたいと思います。

6月1日は国際こどもの日 

6月になりました。日中は30℃を超える暑さが続いています。もうすっかり夏ですね。でも乾燥しているので、日が沈むとそよ風が吹いて過ごしやすいです。

先週土曜日は、国際こどもの日でした。日本は5月5日ですが、アルメニアを含む旧ソ連諸国は、1925年にジュネーブの子供の福祉世界会議で制定された6月1日を子供の日としています。この日は子供向けのイベントがたくさん行われて、公園や遊園地などは家族連れで賑わいます。

私も家族を連れてどこかに遊びに出かけようかと考えていましたが、次男のレオがものもらいになってしまったので、おもちゃ屋にプレゼントを買いに行くだけにしました。痛がってはいないけど、左目が赤く腫れていて可哀想…目薬をする時にすごく泣いて嫌がるんですよね。その姿もまた可哀想です。お陰様で、今朝にはほとんど治りました。

IMG_0273armenia19-6-4.jpg 
ものもらいで左目が腫れています。痛くはないみたいですが可哀想…

さて、今年のプレゼントですが、アレンにはキックスクーター、レオにはラジコンを買ってあげました。アレンには3年前の子供の日にキックスクーターをあげています。しかし、最近レオがそれに乗りたがるので、アレンに新しいのをプレゼントしました。買ったのは3輪ではなく2輪のもの(前後に1輪ずつ)で、バランスを取るのが難しく、まだアレンは苦労しています。

そのアレンから3輪のキックスクーターをお下がりで貰ったレオは嬉しそう!まだフラフラして危なかったしいけど、どんどん上手く乗れるようになってきています。そのうち二人とも上手になって、一緒に外を走り回れるようになると思います。でも、そうなったら車に轢かれないように注意しないと!

レオに買ったラジコンは、なんと2日目で動かなくなってしまいました。開けて中を見ても、何も問題なさそうなんですけどね。ぶつかっても回転して走り続けるタイプだから、そう簡単に壊れないと思ったのに…健気にリモコンをいじって動かそうとするレオの姿が不憫…なので、誰かに頼んで直してもらおうと思います。さすがに2日だけ遊んで終わりじゃもったいない!

そういえば、特に息子たちに日本語を教えるなどはしていませんが、ネットやアプリで日本語を見聞きしているからか、自然にひらがな・カタカナを学習しているようです。まだあまり話せないレオまでカタカナの文字をけっこう知っていて、「エッ!い、いつの間に?!」と驚きました。英語やロシア語だけでなく、自然に日本語の文字まで覚えてしまうんだから、子供って本当にすごいですね。

ちなみに、明日は片岡さんとご友人の方々が来て、さらに週末からビジネス視察ツアーを催行する予定です。ということで、明日から2週間はかなり忙しくなり、ブログの更新も滞るかもしれませんが、いろんな人たちがアルメニアを訪問してくれるのは嬉しい限り!楽しく充実した時間を過ごしたいと思います。

IMG_0319armenia19-6-4.jpg
それぞれ自分のキックスクーターに乗って走るアレンとレオ。今のレオと同じ頃のアレンは、すぐ上手に乗りこなして走り回っていました。

IMG_0262armenia19-6-4.jpg
ラジコンで遊ぶレオ。買ったばかりなのに2日目で動かなくなっちゃいました…扱い方が乱暴すぎたかな。それでも壊れるの早すぎやろ!

IMG_0307armenia19-6-4.jpg
日本語や英語、ロシア語の歌の動画を一生懸命に見る息子たち。こうやって自然に言語を学んでいるようです。うらやましい!

アルメニアと中国が査証相互免除協定に署名 

かなり日が長くなって9時前まで明るいです。毎日いい天気ですが、夜は少し風があって肌寒い…そのせいか、次男のレオが風邪を引いて熱を出しています。なので、ここ数日は幼稚園には連れて行っていません。本人は行きたがっているんですけどね。

一昨日バクーで行われた欧州リーグ決勝で、チェルシーが4−1でアーセナルに勝利しました。ムヒタリャン選手を欠いたアーセナルにとって苦しい戦いだったように思います。スポーツは何があるか分かりませんから、「もしムヒタリャンがいたら勝てた」なんて誰も言えませんが、パス1本で試合の流れを大きく変えられるキープレイヤーの不在は悔やまれます。

そのムヒタリャン選手の欠場で問題視された試合でしたが、特に大きな混乱はなかったようです。ただ、ムヒタリャン選手のユニフォームを着たアーセナルの外国人ファンが、アゼルバイジャンの警官に呼び止められて職務質問を受ける動画がネットで流れて話題になりました。質問して終わっただけですが、別にファンがどの選手のユニフォームを着ようが勝手なわけで、ちょっとこれはやり過ぎだろ…と思いましたね。

そういえば、先週末は中国の王毅外相がアルメニアを訪問し、アルメニアと査証相互免除協定に署名しました。これで両国人はお互いにビザなしで入国できるようになります。アルメニア人もビザなしで中国に行けるのはすごい!アルメニア人がビザなしで行ける国は限られていて、海外旅行の時はいつも妻のビザのことで苦労しますが、中国はそんなことを気にせずに行けるようになるんですね。

このニュースには、中国が大好きな妻も喜んでいます。というのも、8年前に一緒に上海に行ったことがあって、その時に妻は中国をとても気に入ったんです。中国と言っていいのか微妙ですが、香港にも5年前に妻とアレンを連れて行きました。やっぱり中華料理が美味しいのが気に入っている一番の理由のようです。

私も中国は大好きな国の一つ。これまで5回ぐらい訪問したことがあって、いろんな地域を旅行しました。20年前にはチベットの奥地を2ヶ月間ヒッチハイクで旅したことがあります。最後は車ではなく、ラクダで峠や川を越えてウイグル自治区に抜けました。マジ死ぬかも…と何度か思うほどの冒険でしたが、圧倒的な大自然に感動しっぱなしでした。

あと、近い将来アルメニアと中国を結ぶ直行便が飛ぶようになるかも…という話もあります。もしそうなれば日本に帰国する際に中国経由という選択肢も出てくるかもしれません。ついでに中国を訪問できるし、中国からは日本のいろんな都市に飛行機が飛んでいますから、私と妻にとって魅力的なルートになりそうです。

ビザが不要になるし、もし直行便も就航することになれば、中国からの観光客やビジネスマンのアルメニア訪問が大幅に増えるでしょうね。というか、ここ数年で急激に増加していて、さらに拍車が掛かることは間違いありません。政府統計によると、昨年アルメニアを訪れた中国人の数は前年に比べて60%近くも増え、すでに今年の1〜3月の中国人観光客の数は、昨年同時期に比べて40%も多かったそうです。世界中でそうなんでしょうけど、ものすごい増え方!

ついでに、他の最近のアルメニアに関する統計データを少しご紹介すると、4月の経済活動指数の伸び率は9.2%、今年第一四半期のGDP成長率は7.1%、工業生産高は13.2%の増加、貿易高は9%の増加など、かなりポジティブな状況のようで、パシニャン首相も閣議で、「政府が進めている経済改革の効果が出ている証だ」と述べました。本当にそうであれば、今後も好調を維持、またはさらに上向くかもしれませんね。そして、この経済発展の恩恵を、多くの国民が享受できるようになってほしいと願います。

IMG_0169armenia19-5-31.jpg  
明日6月1日は国際こどもの日なので、息子たちに何かプレゼントを買ってあげようと思っています。何がいいかなあ

第2回日本音楽祭「音色」が開催 

やっと天気が安定してきたのか、週末からは毎日きれいな青空が広がる晴天です。今日5月28日は、「第一共和国の日」というアルメニアの祝日。1918~1920年のたった2年だけ存在したアルメニア民主共和国の独立を祝う日です。

今朝、川崎市で児童たちがいきなり刃物で襲われるという衝撃的な事件がありました。女児一人と男性一人が亡くなったそうで、負傷した子供たちもトラウマになるほど恐ろしい思いをしたでしょう。池袋の暴走事故などもそうですが、無垢で幼い子供の命が突然奪われるというニュースを見ると、私も二児の父親なので本当に胸が痛みます…

そういえば、トランプ大統領が来日中ですね。相変わらず安倍首相はトランプ氏との親密ぶりをアピールしていますが、やっぱり媚びへつらってご機嫌を取ろうと必死に見えてしまいます。国賓なので破格の接待をするのは仕方ありませんが、トランプ大統領を令和初の国賓にわざわざ選んだのは、天皇の政治利用では…と思えなくもないです。

とにかく、トランプ大統領の気分や好き嫌いで日本の運命が左右されるかのような大歓迎ぶり。なのに、ここまで尽くしても、共同声明は見送られる方針だとか…まあ、参院選の前に日本に不利な交渉結果が出たりしたら与党は困りますもんね。もちろんアメリカは重要な同盟国に違いありませんが、真の友好関係というのは、相手にナメられたり、逆らえなかったりという関係ではありません。それは同盟ではなく従属と言った方がいいでしょう。

さて、日曜にいろはセンターが主催する、第二回日本音楽祭「音色」が開催され、私は審査員の一人として参加しました。他の審査員は山田日本大使、そしてアルメニア人のソプラノ歌手と作曲家。大使も管楽器を演奏されるので、皆さん音楽に精通した方々です。その中に、楽器を演奏するとはいえ楽譜も読めない私が入って、ちょっと場違いな気がしましたが…

音楽祭は、今年もアルメニア・ロシア大学のホールで行われました。けっこう大きなホールなんですが、聴衆はかなり少なかったです。まだ今年で二回目ということもありますが、もっと宣伝活動が必要かもしれません。来年以降はもっと多く人に来てもらえたらいいですね。

というのも、音楽祭はけっこう見応えあったからです。12組の出場者が日本の歌を歌ったり、楽器演奏したり、ダンスをしたりしましたが、レベルは総じて高かったし、バラエティに富んでいて楽しかったです。その後のゲストの歌や演奏も素晴らしかったです。

大使もホルンでアルメニアの曲を演奏されて、観客から盛大な拍手が送られました。また、ディリジャンの国際学校に留学中の日本人学生がドゥドゥクとピアノの演奏を披露して、こちらも会場は盛り上がりました。お二人ともアルメニア語で挨拶されて、またその演奏からもアルメニアに対するリスペクトを感じました。

そして、同じく審査員を務めたソプラノ歌手のタテヴィックさんの歌も、本当に素晴らしくて聞き惚れてしまいました。さすがプロ!大の日本好きの彼女は、来月下旬に東京で開かれるコミタス生誕150周年コンサートに出演するので、機会があれば足を運んで彼女の歌声をお聞きください。

とても楽しい時間でしたが、審査はかなり難しかったですね...というのも、歌も楽器演奏もダンスも一緒に採点して1〜3位を選ばないといけないからです。ジャンルが違うので、同じ基準で審査するのは無理があります。もっと出場者が増えたら、ジャンル別に審査できるようになるかもしれません。

他の審査員とお互い評価を擦り合わせながら、何とか上位3組を選びました。1位はダンスを披露した学生、2位は歌を歌った学生、3位はアルメニアの伝統楽器で日本の曲を演奏した子供たちのグループになりました。1位の女の子は、ずっと笑顔で上手に踊って、途中で浴衣からセーラー服に衣装を変えたりして、会場が一番盛り上がりました。

実は私は、入賞できなかった別の女の子の歌が一番気に入りました。「ハウルの動く城」の主題歌「世界の約束」を歌ったひかりセンターの学生なんですが、その子の雰囲気と歌声がすごく曲にマッチして、とても心に響きました。他にも気に入った出場者はいましたが、これはもう人それぞれの好みですから、やっぱり審査するのって難しい…

それでも、日本の歌を歌ったりして、一生懸命パフォーマンスを披露するアルメニア人の子供や学生たちの姿を間近で見れて良かったです。出場者みんなを褒めたいと思います。そして、イベントを開催してくれたいろはセンター、協賛者の皆さん、またゲストの方々に感謝したいと思います。ありがとうございました!

IMG_7808armenia19-5-28.jpg
すずめ踊りで音楽祭がスタート!

IMG_7833armenia19-5-28.jpg
トップバッターで、私が一番気に入ったアナヒットさんの歌。審査員全体の評価では入賞できませんでしたが、個人的にはすごく良かったです。

IMG_7844armenia19-5-28.jpg
3位になったスペンディアリャン音楽学校の子供たち。本当に上手でした。

IMG_7893armenia19-5-28.jpg
2位になったクリスティナさんの歌。観客からの評価も高かったですね。

IMG_7873armenia19-5-28.jpg
見事1位に輝いたオブサンナさんの踊り。途中で衣装が変わって見応えありました。

IMG_8000armenia19-5-28.jpg
ホルンでアルメニアの曲を吹かれる山田大使。拍手喝采でした。

IMG_8003armenia19-5-28.jpg
ソプラノ歌手のタテヴィックさんの歌。日本語の歌なのに、心込めて歌いあげて聞き惚れました。

IMG_8048armenia19-5-28.jpg
ドゥドゥクで「ふるさと」を吹く留学生の鈴木さん。この後のピアノも本当に上手で、拍手喝采でした。

IMG_8065armenia19-5-28.jpg
最後はいろはセンターのスタッフや学生による踊り

IMG_8086armenia19-5-28.jpg
1位のオヴサンナさんに山田大使からトロフィーが授与されました。おめでとう!

IMG_8125armenia19-5-28.jpg
入賞できなかった出場者全員にも参加賞が手渡され、無事にイベントは幕を閉じました。みんなお疲れ様!

IMG_8130armenia19-5-28.jpg
いろはセンターのルザン会長と審査員たち。審査は難しかったけど、楽しい時間を過ごすことができました。