いろはセンターの花見イベント 

昨日から天候が崩れ始めて、雨がちの憂鬱な天気です。せっかく暖かくなったと思ったのに、少し肌寒くて衣替えできません。ここ最近また革命前に偉い地位にいた役人たちが、横領や権力濫用などの容疑で告訴されています。次から次へとよく出てくるものですね…

パリのノートルダム寺院の火災で大騒ぎでしたね。あの有名な歴史的建造物が燃え盛る様子は衝撃的でした。無事に鎮火したとはいえ、大きく損傷したため、パリ市民は悲嘆に暮れているようです。私は、まだユーロが存在しなかった約25年前にノートルダム寺院を訪れたことがあります。パリの名所セーヌ川沿いで一際目立つ美しい大聖堂でした。

さて日曜は、毎年恒例のいろはセンターの花見イベントがあったので、家族で参加してきました。私は同センターの上級クラスを教えています。昨年の花見は子供が病気だったせいで参加できませんでした。今年はアレンもレオも元気で、当日は天気にも恵まれて暖かかったです。

花見が行われたのは、エレバンの北西にあるアシュタラック地方の杏畑。そこへ向かう途中に、サグモサ修道院に寄りました。深い渓谷の断崖のそばに建つ13世紀の修道院です。昔、私も妻と訪れたことがあります。教会に着くと、ネコヤナギの枝やリースが売られていました。というのも、その日はツァフカザルトというお祭だったんです。

ツァフカザルトは「花飾り」という意味で、キリストがエルサレムに入城した際、住民がオリーブの枝を持って歓迎したことに由来するお祭。イースター(復活祭)の1週間前に祝われ、アルメニアでは春の訪れを感じさせるネコヤナギの枝が飾られます。

教会内では祭を祝福するミサが行われ、多くの信者がお祈りしていました。教会の外でも、アルメニア人たちが輪になって踊っていました。アララト山の雄姿を望むこともできて、短い寄り道でしたが、楽しいひと時でした。

IMG_9291armenia19-4-17.jpg
サグモサ修道院。保存状態の良い中世の教会です。すぐ傍には切り立った深い渓谷があります。

IMG_9281armenia19-4-17.jpg
レオも自分で頑張ってロウソクを灯しました。

IMG_9284armenia19-4-17.jpg
アララト山をバックに家族で記念写真!この日はずっときれいに見えていました。レオが手にしているのはネコヤナギのリースです。

その後、花見の場所へと向かいましたが、移動中の道からもずっとアララト山の美しい姿を見ることができました。目的地に着くと、畑にある杏の花がとてもきれいに咲いていました。滑り台やブランコなどもあって、アレンもレオもずっと楽しそうに遊んでいました。遊具があると、子供たちが飽きないので助かります。

みんなで食べたり飲んだり、ギターを弾いて歌ったり、子供たちと遊んだり、そして花を眺めたりと有意義な時間を過ごすことができました。昨年末のJLPT(日本語能力検定)の合格証書の授与式も行われて、受け取った学生たちはとても喜んでいました。ありがたいことに、私も先週の誕生日のプレゼントを頂きました。

天候にも恵まれたし、とても楽しいピクニックになりました。本当に参加して良かったです。どうもありがとうございました!

IMG_9293armenia19-4-17.jpg
花見の場所では、杏の花がきれいに咲いていました。

IMG_9295armenia19-4-17.jpg
滑り台で遊ぶアレンとレオ

IMG_9298armenia19-4-17.jpg
ブランコもあって、子供たちはずっと楽しそうにしていました。

IMG_9336armenia19-4-17.jpg
レオが乗ったブランコを後ろから押すアレン。すっかりお兄ちゃん!

IMG_9323armenia19-4-17.jpg
ドッジボールで盛り上がる参加者たち

IMG_9326armenia19-4-17.jpg
ギターを弾いて歌を歌う参加者たち

IMG_9359armenia19-4-17.jpg 
私もお酒を飲みながら、妻や子供たちと花見を楽しみました。

57012603_334804753905353_818483731391053824_n.jpg 
美しい花に囲まれて、みんなで楽しい時間を過ごせました。

私の45回目の誕生日! 

気持ちのよい晴天が続いていて、かなり暖かくなりました。本格的な春が到来したようです。自宅の庭にある杏の花も美しく咲いています。

右手首の腱鞘炎(ドケルバン病)ですが、ほとんど改善が見られないので、2日前に病院で注射を打ってもらいました。お蔭でかなり痛い部分の範囲が小さくなりました。とはいえ、まだまだ痛いのでサポーターをしています。本当に早く完治してくれないかなあ…

56913338_314854639212586_1854068876954828800_narmenia19-4-13.jpg 
暖かくなって、庭の杏の花もきれいに咲いています。

さて、昨日は私の45歳の誕生日でした。いわゆる中年に分類される年齢になってしまったわけで、腱鞘炎がなかなか良くならないのも、やっぱり歳のせいもあるかと思います。アルメニア人は日本人より見た目が老けるのが早いので、ここでは私も年齢よりけっこう若く見られるんですけど、体は年相応に衰えているんでしょうね…

と、まあネガティブな書き出しになってしまいましたが、今年もたくさんの人から誕生日のお祝いメッセージを頂きました。ありがたいことです。そして小ぢんまりとですが、家族でお祝いしました。

義母からは、「何か好きなものを買って」とお金をもらって、妻からはなんと、手作りの刺繍!私の誕生日に間に合うようにと、この2週間ぐらいずっと密かに縫っていたそうです。「生命の木」をモチーフにした刺繍で、私たち家族を表しているとのこと。このプレゼントは本当に嬉しかったです。リリット、ありがとう!

アレンは、私のために絵を描いてくれました。朝起きると、「パパ、おめでとう!」とキスしてくれたんですが、絵はまだ描いている途中だったみたいで、「見ちゃダメ!」と必死に隠しながら幼稚園に行ってしまいました。そして幼稚園から戻ったアレンが見せてくれたのは、パパの似顔絵とかではなく…深海魚の絵!

今アレンは深海魚にすごくハマっているんです。ゴブリンシャークとかフクロウナギとか、やたらマニアックな深海魚のことを知っています。太陽系に興味があった時も、マケマケとかハウメアとか準惑星の名前まで知っていたし、最近発表された世界初のブラックホールの写真にもめちゃ興奮していました。どんな5歳児やねん?!

まあ元はと言えば、アレンが深海魚にも興味を持つきっかけを作ったのは私。この世のものとは思えない不気味な姿の深海魚の世界が昔から大好きなんですよね。だからアレンは、私の好きな深海魚の絵を描いたそうです。何にしても、私のために頑張って描いてくれたプレゼントだから嬉しい限りです。アレン、ありがとう!

次男のレオは小さいのでプレゼントはできませんが、お祝いのキスしてくれました。というか、「レオ、今日はパパの誕生日だからチューして!」と言って、私がさせたんですけどね。それに毎日、同じように何回もキスさせてますし。でも、これも嬉しいプレゼントです。レオ、ありがとう!

二階に住む妻の親戚家族も来たので、誕生日ケーキのろうそくに火を灯して、ハッピーバースデーを歌いました。まず私が吹き消して、またろうそくに灯をつけてから、子供たちに吹き消してもらいました。小ぢんまりとしたお祝いでしたが、45回目の誕生日も賑やかで楽しいものとなりました

IMG_9246-2armenia19-4-13.jpg 
妻が手作りの刺繍をプレゼントしてくれました。とても嬉しかったです。

IMG_9243-1armenia19-4-13.jpg
アレンが深海魚の絵を描いてくれました。私が右手に巻いているのは腱鞘炎のサポーター

IMG_9262armenia19-4-13.jpg
まだ小さいレオは何もできなくても、笑顔でいてくれるだけで十分です。

IMG_9254armenia19-4-13.jpg
妻の親戚の子供たちも一緒にハッピーバースデーを歌ってお祝いしてくれました。


子供たちがハッピーバースデーを歌って、ロウソクを吹き消す様子。まるで自分の誕生日かのように盛り上がっています。

アルメニア国会議事堂の庭園で花見イベント 

今日は曇り空で肌寒いですが、昨日は青空が広がり、柔らかな陽気が暖かくて気持ちよかったです。

そういえば、数日前から次男のレオを、アレンが通う幼稚園に午前中だけ連れて行っています。お兄ちゃんが一緒にいる安心感もあるのでしょうか、すっかり気に入っている様子で、お昼過ぎに妻が連れて帰ろうとすると嫌がるそうです。一週間ぐらいはトライアルのつもりだったんですが、もう普通に通わせても問題ないかもしれません。

56728382_416294865824538_1888394307124068352_narmenia19-4-10.jpg
他の子供たちと楽しくお絵描きをしているレオ

56894468_436944973514246_2069754626957115392_narmenia19-4-10.jpg
レオは長く伸びていた髪を昨日バッサリ切って、男らしくなりました。

昨年の今頃は、大統領職から横滑りして首相に就任したセルジ・サルグシャン前大統領の辞任を求める大規模な市民デモが起こっていました。(当時のブログ記事) 4月23日にサルグシャン前大統領が辞任を表明し、5月8日にパシニャン首相が誕生して、アルメニアの無血革命が成功しました。その歴史的変革を記念して、4月の最終土曜日を「アルメニア市民の日」という祝日に制定する法案が議会で可決されました。あれから1年が経ったんですねえ…

さて、その議会が行われているアルメニアの国会議事堂の庭園には桜が植えられているんですが、その開花を祝う花見イベントが昨日あったので行ってきました。ちなみに国会議事堂の庭園は、数か月前から市民に開放されていて誰でも入れます。立派な議事堂建物を間近で見ながら、きれいに整備された庭園を散歩することができます。

4年前に、両国友好の証として日本から贈られたソメイヨシノ3本とエゾザクラ2本が、当時の原田駐ロシア日本大使とアルメニアの国会議員らの手によって植樹されました。昨日のイベントでは、そのうちのエゾザクラが美しい花を咲かせていました。

ちなみに、4年前の植樹式にいたアルメニアの国会議員らは、革命によって議席も権力も失った共和党の議員。今は一体どこで何をしているやらという状態で、今回のイベントにも誰も参加していませんでした…代わりに、パシニャン首相率いる政党連合で与党の「マイステップ」の議員らが出席していました。まさに盛者必衰の理。アルメニアで起こった大きな変化を実感しました。

イベントには、山田駐アルメニア大使をはじめ、日本語教育関係者や学生たち、日本と関わりを持つアルメニア人が参加しました。いろはセンターとひかりセンターの学生たちが、桜にちなんだ俳句を紹介したり、折り鶴を参加者に配ったりして、両国の友好親善の証である桜の開花をお祝いしました。大使が用意して下ったお寿司や梅酒も美味しかったです。昨日のイベントのことは、アルメニア国会のHPにも掲載されています。英語ですが、どうぞ下のリンクをご覧ください。

Japanese Hanami Festival Celebrated in National Assembly Park

この花見イベントの前に、私と片岡さんたちが約6年前にエレバン言語大学の中庭に植えた桜を見に行ったんですが、どうもソメイヨシノは咲く時期が早かったみたいで、すでに葉っぱだけになっていました…アルメニアの方が寒いから、日本の満開の時期より遅いと思っていたのに、まさかもう散っているとは予想外でした。自分たちが植えた桜の花を見れなくて残念ですが、無事に大きくなっていたし、来年は開花している姿を見てみたいと思います。片岡さんたちと桜を植樹した時のブログ記事はこちら。すごく懐かしい!

IMG_9170armenia19-4-10.jpg
国会議事堂の庭園に咲くエゾザクラ。少し葉がついていましたが、ピンクの花びらがきれいでした。

IMG_9173armenia19-4-10.jpg
鮮やかな着物姿のいろはセンターの学生たち。みんな似合っていますね。

IMG_9181armenia19-4-10.jpg
ひかりセンターの子供たちが作った折り鶴を桜の木に飾りました。

IMG_9163armenia19-4-10.jpg
言語大学の庭の桜。2本とも大きくなっていましたが、今年は開花の時期を見逃してしまいました…片岡さん、すみません!

アルメニアのチョコレート会社GRAND CANDY 

昨日は雨が降っていましたが、今日からまたいい天気で暖かいです。予報を見ると、当分は晴天が続いて気温も高いみたいです。この暖かさで、杏の花がきれいに咲いています。桜に似ているので、アルメニアで初めて迎えた春に見た時は、「エッ?アルメニアに桜があるの?!」と驚きました。

昨日、SPAYKAというアルメニアの輸出・運送業界のトップ企業の社長が逮捕されました。容疑は巨額の脱税行為で、その額は何と16億円以上!これが本当だったら、物価が日本の4分の一ほどのアルメニアでは凄い大金です。まあ、革命前はこんな不正がまかり通っていましたけどね…

ちなみに、最近パシニャン首相の近い親戚も文書偽造の容疑で調べられていて、パシニャン首相自身が捜査するよう指示したそうです。首相は、「私含め誰もが法の下にあり、有罪であれば例外なく罰せられる。これが新しいアルメニアだ」と述べています。やはり指導者が公正で毅然とした態度を示さないと国は変わりません。

IMG_9060armenia19-4-7.jpg 
エレバン中心部の杏の花が満開で美しい!多くの通行人が足を止めて写真を撮っていました。

さて、以前ブログにも書いたように、先月初めにFOODEX JAPANという食料品エキスポに参加しました。去年に引き続き、今年もGRAND CANDY(輸出用のブランド名はJOYCO)というアルメニアの菓子会社のお手伝い。そのGRAND CANDYという会社について詳しく書いたことがなかったので、今回ご紹介したいと思います。

GRAND CANDYは、フラント・ヴァルダニャンというアルメニア人が2000年に設立した菓子会社。ちなみに、彼はタバコ会社など様々な事業を興して成功を収め、GRANDホールディングというアルメニア最大のグループ企業となっています。フラント氏は2014年に亡くなりましたが、彼の二人の息子さんが会社を引き継いで経営しています。

GRAND CANDYは、アルメニアの食品業界では規模、従業員数、納税額また輸出額において最大の企業です。国内のスーパーや商店では必ずと言っていいほど同社のお菓子を見かけます。また、独自の販売店チェーンもあって、そこではいろんな種類の商品が置いてあり、チョコレートを量り売りで購入することもできます。

チョコレートだけでなく、アイスクリームやケーキなども製造していますが、今年1月末から日本でもイオン系のスーパーで販売されているのは、主力の輸出商品であるパンダのチョコボール。デザインが可愛いくて美味しいので、売れ行きも上々らしく、今年もエキスポでは多くの方々に関心を持ってもらえました。

他にリスやクマ、ウシなどのデザインがあり、チョコの色や味も異なります。これらもエキスポで好評だったので、今後パンダチョコと共に日本で販売される予定です。他に日本で販売されるかもしれないのは、ドライフルーツ入りのチョコレート。杏やイチジクなどのドライフルーツをチョコでコーティングしたものです。これも「美味しい!」とエキスポで好評だったし、実際に私はよくお土産で渡すんですが、とても評判がいいです。

国内最大の企業だけあって、多くのチョコレートを製造・販売していますが、どれも美味しいし、値段も手頃でお得感があります。品質が高いのに価格が安いことも、ロシアや欧州、アジアの市場に進出している大きな要因です。日本でも、パンダチョコだけでなくGRAND CANDYのいろんな製品が手に入るようになれば嬉しいですね。

IMG_9099armenia19-4-7.jpg 
日本でも販売されているパンダチョコレート。リスやクマなどもあって可愛い!この150g袋がアルメニアでは130円ほどで売られています。

IMG_9118armenia19-4-7.jpg 
小分け袋にも同じデザインがされていて、中にチョコボールが二つ入っています。味もホワイトチョコやヘーゼルナッツ、ダークチョコと違います。どれも美味しい!

IMG_E9095armenia19-4-7.jpg 
大人向けのチョコレートもいろんな種類があります。アルメニアっぽいデザインのチョコ、カカオ80%の板チョコ、そしてドライフルーツ入りのチョコレート。今日は女性の月の最終日だったので、妻と義母に写真のチョコレートや花をプレゼントしました。

IMG_9102armenia19-4-7.jpg
このドライフルーツ入りのチョコレートは日本でも大好評だったので、将来的に販売される可能性があります。果物の酸味とチョコの甘みのバランスが絶妙でとても美味しい!

あと、私がGRAND CANDYを素晴らしいと思うのは、誠実さと清廉さを大切にする経営方針。この記事の冒頭に書いたような不正事件の多くは、権力との癒着によって起こります。しかし、同社は常に権力とは距離を置き、最大の納税者でありながら、政府に見返りなどを求めたことは一度もないと聞いています。これが事実だったら、本当に立派なことです。

それはやはり、創立者フラント氏の人格やポリシーに寄るところが大きいかもしれません。彼は優れたビジネスマンでしたが、母国アルメニアの発展や雇用創出を何よりも大切にし、様々なチャリティー活動も行っていました。そのため、今も多くの人々に慕われ、一緒に日本へ行ったアルメニア人社員も、「尊敬するフラント氏の会社で働けることを誇りに思う」と言っていました。そんな父親の遺志を継いだ息子さんたちも、熱心にチャリティー活動を行っています。

私も、GRAND CANDYというアルメニアを代表する素晴らしい企業のお手伝いができて光栄に思います。今年のエキスポでも、日本ではアルメニアという国がまだまだ知られていないことを痛感しましたが、同社の高品質の製品は日本の市場でも十分通用することがよく分かりました。今回もかなり反響があったようなので、更なる成功のきっかけを掴んだかもしれません。日本でGRAND CANDYのチョコレートを食べられる機会が少しでも増えてほしいですね!


9年前にGRAND CANDYは、ギネス記録を更新する厚さ25cm、縦幅5.6m、横幅2.7m、重さ4410kgという世界最大の板チョコを作りました!天然素材100%、カカオ70%と、味や品質にもこだわったそうです。

息子たちの空手の練習と犬の散歩 

4月に入り、日本は桜が満開のようですね。エレバンはまだ天候が不安定で少し肌寒く、あまり春らしくはありません。そんな中でも木々は芽吹き始めていて、生命の力強さを感じます。

新しい元号が「令和」と発表されました。そのうち慣れていくかもしれませんが、個人的に響きがあまりしっくり来ません。日本語でラ行が語頭に置かれることは多くない上に、次が「わ」という鋭さや強さに欠ける音だからでしょうか…逆にそれが現代的で美しいという評価も多いみたいですけどね。

あと、初の日本古典由来ということで、安倍政権の意向が反映された気がします。その現政権が推し進めるアベノミクスがもたらしたのは見せかけの経済効果ばかりで、国民生活が良くなることは結局ありませんでした。来月1日に皇太子様が即位されて始まる令和が、日本人にとって少しでも希望が持てる時代になってほしいと思います。

昨日は、3年前にアゼルバイジャンとの軍事衝突で亡くなった犠牲者の追悼式典が行われました。本格的な戦争勃発の可能性が危惧されるほどの大規模な衝突で、日本でも報道されていました。数日間の交戦で多くの尊い命が失われ、昨日はテレビでいまだ悲しみの癒えない遺族のインタビューなどが放送されていました。同じ悲劇が繰り返されないよう、早く平和が訪れてほしいと願います。(当時のブログ記事)

さて日曜に、アレンが空手の練習を再開しました!というのも、昨年11月頃からやっていなかったんです。グループ練習を嫌がるので、ずっと先生にマンツーマンで教えてもらっていたんですが、その先生が忙しくなったのと、アレンもやる気をなくしてしまったからです。無理矢理やらせるのはよくないし、とりあえず中断していました。

しかし、最近また空手に行きたくなったみたいで、先生も時間が取れるということで、再開することにしました。久々の練習には妻も参加しました。私は腱鞘炎が痛くてサポーターをしているので、大人しく見学していました。

慕っている先生と久々に一緒に体を動かして、アレンも嬉しそうでしたね。妻もいい運動になったみたいです。そして、レオも楽しそうにみんなの真似をしていました。でも、時折かなり運動神経のいいところを見せるので、レオも何かスポーツをやらせてもいいかもと思いました。

IMG_8917armenia19-4-3.jpg
妻とレオも参加して、久々にアレンが空手の練習をしました。

IMG_8927armenia19-4-3.jpg
兄弟仲良く練習して微笑ましかったです。

IMG_8933armenia19-4-3.jpg
アレンも頑張って練習していました。このやる気が少しでも持続してくれたらいいんですが…

いろいろできるようになったのは成長の証ですが、何でも頑固に自分でやろうとしたり、妙なこだわりが出てきたから大変です。空手の後にスーパーに寄ったら、レオが入り口のドアを自分で開けようとして、妻が少し手伝った瞬間に癇癪を起こして大泣き。仕方なく自分一人で開けさせたら、今度はなぜかドアを閉めさせてくれません。出入りする人が閉めようとすると怒ってまた大泣き…お腹が空いていたのも原因ですが、とにかく疲れました。

まだ小さいくせに、自分で折り紙を折ろうとしたり、犬に散歩をさせようとしたりする姿は可愛らしいんですけどね。まあ、アレンもこんな時期がありましたから、いずれ過ぎることです。そんなアレンもまだ手が掛かりますが、レオに服を着せたり、靴を履かせたりしてお兄ちゃんらしくなりました。子育ては大変ですけど、だからこそ、子供のちょっとした成長に幸せを感じられるんでしょうね。

IMG_8938armenia19-4-3.jpg
頑張って自分で折り紙を折ろうとするレオ。できるわけないんだけど、可愛らしいなあ

IMG_8852armenia19-4-3.jpg
一丁前に犬の散歩させるレオ。危なっかしいけど、本人は楽しくてお気に入りみたいです。

IMG_9003armenia19-4-3.jpg
レオに靴を履かせてくれるアレン。不思議とアレンがすると、レオは大人しく服を着たり、靴を履いたりしてくれます。兄弟っていいものですね。

IMG_8970armenia19-4-3.jpg
最近アレンも折り紙に興味があって、上手に折っています。


久々のアレンの空手練習と、レオが犬に散歩させる動画