いろはセンターの節分イベント 

すっきりと晴れず、時には雪が舞ったりしますが、気温は少しずつ上がっています。子供たちを学校と幼稚園に連れて行く朝も、それほど寒さが厳しくなく、週末からは最高気温が10℃以上になるという予報も出ています。

国会は「桜を見る会」の問題で膠着状態が続いていますね。野党が求めている書類を提出せず、安倍首相はぐだぐだな答弁をして逃げ回ってばかり。ANAホテルが忖度しなかったから(あっぱれ!)、答弁と事実の食い違いが明らかになったというのに往生際が悪い…

この政府の隠蔽体質は、新型コロナウイルスの問題にも影響しているようです。感染が拡大しているダイヤモンド・プリンセス号に入った感染症専門医の岩田健太郎氏が、「適切な対策が全く取られておらず、誰が感染してもおかしくない惨状」と船内の様子を告発しました。また、そのような事態を招いている原因として厚労省の隠蔽体質があり、きちんと情報公開すべきだと訴えています。これが本当だったら人災でしょ…

ここ最近ネットで「虚偽の情報だらけ」とか「嘘つき国家」などと中国を叩く意見をよく目にする度に、いやいや、原発事故の報道とか考えたら日本も偉そうなこと言えんやろ〜と思っていました。しかし、今まさに同じことが起こっているとしたら、マジで他国を批判している場合じゃありません。政府が臭いものに蓋をして問題を悪化させるようことだけは避けてほしいと思います。

ところで、アルメニア議会で喫煙制限を厳格化する法案が承認されました。今年5月からホテルやペンション内での喫煙は禁止され、2020年5月からレストランやカフェ内でも禁止されます。違反すると150ドル近い罰金!どこでもタバコが吸える喫煙者天国のアルメニアも、世界の潮流に乗って厳しくなるようです。まあ、嫌煙家も当然たくさんいるわけで、これは仕方ない流れだと思います。

さて、先週の金曜日、いろはセンターで恒例の節分イベントがあったので参加してきました。本当は前回の記事でまとめて書こうかと思ったんですが、あまりに分量が多くなりそうだったので今回ご紹介することにしました。

当日は20人以上の学生たちが集まり、初めてイベントに参加する人たちのために、まず節分についての説明が行われました。そして、みんな恵方巻き作りに挑戦。けっこう上手に作っていましたね。その自分が作った恵方巻きを西南西の方向を見ながら食べました。いつも思うことですが、その時の光景はちょっと怖い…

それから、メインイベントの豆まき。私と南江先生が鬼役をしました。これもいつものことですが、仮面で覆われていない顔の部分に時々豆が当たって痛い!まあ、厄災払いで鬼を追い出さないといけない訳ですから、それぐらいの方がいいかもしれませんね。

最後に、学生たちは紙相撲をして遊びました。日本人には見慣れた小さい子供向けの遊びでも、アルメニア人にとっては初めて見るものだから、面白そうに真剣にやっていました。勝ち負けが決まると、「ワーッ!」と叫んで盛り上がっていましたね。学生たちが日本の伝統や文化を知ることができ、有意義で楽しいイベントになったと思います。

86969851_571546540103608_2011702100932689920_narmenia20-2-19.jpg
スライドを見せながら節分についての説明

87115489_2613912612266527_8382784007166754816_narmenia20-2-19.jpg
恵方巻き作りに挑戦!私も作って食べましたが、美味しかったです。

86801605_898407847280166_9088326247750041600_narmenia20-2-19.jpg
初めての子が多かったけど、みんな上手に作れていました。

86348937_623968541732656_5774820770580529152_narmenia20-2-19.jpg
上手に作れて嬉しそうな学生たち

86766443_487893412119661_2028104885978791936_narmenia20-2-19.jpg
西南西の方向を向いて黙々と恵方巻きを食べる学生たち。うーん、シュールな絵…

86746702_513535399296130_6557148389237063680_narmenia20-2-19.jpg
「鬼は外ー!福は内ー!」と言いながら豆まき!

86842082_209274837131528_6279364979866992640_narmenia20-2-19.jpg
紙相撲で盛り上がる学生たち。楽しい節分イベントでした。

リトルシンガーズと合唱団ホヴェル 

予報どおり、週半ばから少しずつ気温が上がっています。ちなみに、2月13日はテアルンタラチという火を崇める古代宗教の祭りの日でした。アルメニアではこの日を境に暖かくなると言われているんですが、本当にそうなってくれたら嬉しいですね。その祭りについては過去の記事をご覧ください。(該当記事)

今日、妻は女友達と温泉旅行に行っています。私も数年前に行ったことがあるハンカヴァンという温泉で、妻は初めて。私が行った時はまだまだ未整備で、よく言えば手作り感たっぷりでしたが、その後に観光地として整備されたと聞いたことがあります。夕方に妻が帰ってきたら、どうだったか感想を聞こうと思います。ちなみに私が行った時の様子については過去の記事をご覧ください。(該当記事)

新型コロナウイルスの感染が日本で拡大し続けて、先日ついに死者も出ました。これを受けて、政府は水際対策よりも、重症者を出さないよう検査や治療を重視する方針に変更したとのこと。今もインフルエンザの方が感染者は多いし、生命に与える危険も高いのですが、症状が軽くてワクチンもないと余計に感染拡大に歯止めをかけるのは難しいかもしれません。春が近づくにつれ人の移動も増えるので、事態がこれ以上深刻化しなければいいのですが…

86976877_2453178178330461_859718939305836544_narmenia20-2-16.jpg
妻は子供抜きで息抜きしていますから、私と義母で子供たちの面倒を見ています。雪がまだ残っているけど、そんなに寒くありません。

さて、今週はアルメニア・リトルシンガーズの練習に参加しました。リトルシンガーズは、国際的に高い評価を受けているアルメニアの子供合唱団で、3年前に日本のポップスを歌うCDを出しました。その現地コーディネートを私と妻が担当したことが縁で、今も繋がりがあります。当時のことについては過去の記事をご覧ください…って今回はそう書いてばかりですね。(該当記事)

そのリトルシンガーズから今回また、「練習に参加して日本の歌の発音指導をしてほしい」と私に依頼がありました。というのも、リトルシンガーズの指揮者で著名なアルメニア人音楽家ティグラン・ヘケキャン氏のお母様の追悼コンサートを今月末に開く予定で、その時に日本の曲も歌うからだそうです。

昨年2月に91歳で亡くなられたお母様は、ソ連時代からテレビやラジオの仕事に従事し、数多くの有名な番組やドキュメンタリーを制作した方で、その多大な文化的貢献から様々な賞や称号を授与されています。親子そろって偉大な文化人なんてすごい!生前はリトルシンガーズの練習に来られることもあって、私もお会いしたことがあります。

リトルシンガーズの練習に久々に参加しましたが、私がよく知っている年長者のメンバーは卒業して、初めて見る子供たちがいました。でも、半分以上はCD制作の仕事で一緒だった子供たちで、私が到着すると嬉しそうに迎えてくれました。その子たちも成長して、けっこう大人びていました。

コンサートに向けて練習中の日本の歌を披露してくれましたが、メンバーが少し変わっても、やはり素晴らしい歌声で鳥肌が立ちました。3年前同じように発音指導のために初めて練習に参加した時、思わず聞き惚れてしまって発音のチェックなどすっかり忘れてしまったことを思い出しました。

久々だったこともあって、今回も聞き入りそうになる瞬間がありましたが、ちゃんと発音をチェックして指導しました。といっても、それほど直す箇所は多くなかったし、指導するとすぐに上手になるところはさすが!

最初は指揮者のヘケキャン氏はいませんでしたが、途中から参加しました。彼が舞台に立って指揮し始めると、合唱団の雰囲気がガラッと変わります。一瞬で全体が引き締まって、かつもっと明るく輝くような感じがします。これもさすが!そのコンサートには私と妻も招待されているので、ぜひ聴きに行きたいと思います。

86273754_849003295520676_9128323053384630272_narmenia20-2-16.jpg
リトルシンガーズの皆さん。相変わらず美しい天使の歌声に感動しました。コンサートも楽しみです。

そして、リトルシンガーズとは別の合唱団のコンサートを昨日妻と聴きに行きました。「ホヴェル」という大人の国立合唱団で、昨年コミタス生誕150周年記念コンサートで歌声を聴いて、とても気に入りました。妻がそのコンサートの情報を見つけて一緒に行くことにしたのです。

というのも、一昨日の14日はバレンタインデーだったから、そのお祝いのデート。昨年も確か妻の希望でエレバン国立室内合唱団のコンサートを聴きに行った覚えがあります。それも良かったですが、今回のホヴェルも素晴らしかったです。前半は自分たちのオリジナルを中心にしたアルメニア語の曲で、後半はビートルズやスティービー・ワンダーなどのポップス曲!

しかも、ビートルズは「ビコーズ」や「ブラックバード」など私好みの渋いレパートリーで嬉しかったですね。「ビコーズ」は原曲も美しいコーラスが特徴的な名曲だから、プロの合唱団のハーモニーで聴くとまた違った味わいで良かったです。また曲によっては、合唱団のメンバーが手拍子を入れたり踊ったりなんてパフォーマンスもあって楽しかったです。

聴き応えのあるコンサートはあっという間でした。アルメニアがいいのは、こういうレベルの高いコンサートやオペラが安く鑑賞できること。このコンサートのチケットも4〜6ドルぐらいでした。バレンタインデーに限らず、また機会を作って行きたいと思います。

86665343_493021041414210_2279719828413480960_narmenia20-2-16.jpg
国立合唱団「ホヴェル」のコンサート。歌も素晴らしかったですが、見ていて楽しい内容でした。


昨日のコンサートのものじゃありませんが、YouTube にホヴェル国立合唱団が「ビコーズ」を歌う動画があったので載せておきます。

アルメニアは楽観的で幸せな国! 

天気予報どおり、先週末に雪が降ってかなり積もりました。そして、昨日までは寒さが厳しく、子供たちを学校と幼稚園に連れて行く朝はマイナス15℃まで下がりました…この数日が今冬で最も寒かったと思います。しかし峠を越したのか、予報ではこれから段々と気温が上がっていくようです。

そういえば、トランプ大統領が弾劾裁判で無罪となりましたね。アンチトランプの人たちは落胆しているでしょうけど、私個人は民主党が強行した理不尽な裁判という印象を持っているので、この結果は妥当だと思います。大体バイデン親子のウクライナや中国における濃厚な汚職疑惑の方がもっと問題視されるべきでしょう。

86382828_2939915372718525_4488681457899798528_narmenia20-2-12.jpg
雪が降った翌日の風景。晴れていますが、日中でも0℃下回ってるから道が凍って危ないです。

さて、先日ギャラップ国際協会が世界46カ国の楽観度と幸福度を調査して公表した結果によると、アルメニアは楽観的な国ランキングで5位、幸せな国ランキングで7位でした!

この楽観度の調査は、正確には次の年の生活に対する展望調査で、新年に生活が良くなるかどうかの期待度について国内の成人約1500人を対象に調べたもの。その結果、アルメニアは62%の人が楽観的な展望を持っていたとのことで、ナイジェリア、ペルー、アルバニア、カザフスタンに続いて堂々の5位!

ちょっと上位の国の顔ぶれが意外な印象を受けますが、アルメニアは昨年も51カ国中4位とトップ5に入っています。元々明るい国民性もあって基本的に上位なのかと思ったら、一昨年の調査では楽観的な回答はたったの27%で、悲観的な回答は同じぐらいの割合でした。やはり革命前と後では将来に対する希望の持ち方が大きく変わったようです。

次に幸福度ですが、1位のコロンビアから、インドネシア、エクアドル、カザフスタン、ナイジェリア、フィリピンと続いてアルメニアは堂々の7位!これもまた顔ぶれがすごいけど、昨年アルメニアはトップ10にも入っていなかったので、大きく順位を上げたことになります。これも革命のお陰でしょうか?!何にしても幸せと感じられる人が多いのは良いことです。

ちなみに、今回最も幸せな国に選ばれたコロンビアは常に上位に入っています。昔私が住んで日本語を教えていた時も、別の国際機関の幸福度ランキングで1位に輝いたことがあります。当時はまだ内戦やコカインなどの問題が深刻で、治安も悪いし、対外的なイメージも最悪だったから、「なんでこんな国が1位なん?」と不思議でした(それでも永住を考えたほど大好きな国)。

それで、授業中にコロンビア人の学生たちに「君たちは幸せか?」と聞いてみました。「なんで急にそんなこと聞くの?」と一瞬キョトンとしましたが、「まあ幸せですね」とほとんど全員が即答。いや、答えるの早すぎやろ!「じゃあ、なんで幸せなの?」と聞くと、少し考えてから、「健康だし、家族や友人もいるし、勉強もできてるから幸せでしょ」と答えました。

とてもシンプルな答えだけど、私にとって目から鱗が落ちるような経験でした。当時コロンビアで私が教えていた学生の多くは経済的に豊かではなく、客観的に見て幸せとは言いがたい状況でした。コロンビアってえげつない階級社会で貧富格差がひどいんです。にも関わらず、「自分は幸せです!」と即答できる彼らを見て、幸せとは何か気付かされる思いがしました。幸福度ランキング1位も納得です。

もし日本人に同じ質問をしたら、いろんな客観的な要素や条件を頭で考えて、自分は幸せと言えるのだろうか…と悩むでしょう。実際に前述の幸福度調査で、日本は「どちらでもない」と答えた人が最も多い国だったそうです(曖昧を好む国民性も一因でしょうけど)。客観的条件だけで比べたら、日本人はコロンビア人より圧倒的に幸せなはずなんですけどね。

結局、幸せかどうかは主観的なものであって、世間の基準や評価、他者との比較なんてどっちでもいいんです。その瞬間に自分は幸せだと思えたら、それが幸福なんです。「幸せってこういうものだ」とか「こうでなければ幸せとは言えない」などと理屈っぽく考えている限りは幸せになれません。ただ心で感じればいいものを頭で定義づけようなんて無理な話。

もし私が幸せか?と聞かれたら、「めっちゃ幸せ!」と迷いなく即答できます。経済的に不安定で、トラブルや不便が絶えない生活を送っていますけど、旅を含め自分がこれまで歩んできた人生、そして家族や友人など今の自分が持っているものに十分満足していますからね。これで幸せと思わなかったらバチが当たります。

人間というのは、あるかどうかも分からない未来に縛られると不安や欲求が尽きません。逆に、かけがえのない今を大切にして生きていれば、自分が本当にやりたいことや必要なものが見えてきて、シンプルに幸せを感じられるようになるのではないでしょうか。

同様の調査で日本はいつも楽観度や幸福度が低く、先進国で最下位になることもあります。もちろん社会が豊かで便利になると、人が求める幸福のレベルや質も変化するので仕方ない面もあるのですが、日本人が幸せというものをもっとシンプルに捉えるようになれば、結果は多少変わってくるかもしれません。

突き詰めると、この世の誰もが「一度きりの人生を悔いなく幸せに生きたい」という同じ土俵の上に立っているはずですから、自分は幸せだといつも心で感じられる生き方をしたいものですね。

86359891_613164215924773_6367270191478341632_narmenia20-2-12.jpg
幼い息子たちは、過去や未来に縛られず今を笑って過ごすことだけに一生懸命。世話は大変だけど、その無垢な姿からは教えられることがたくさんあります。

遊びも勉強も頑張れーアレン! 

一昨日ぐらいから気温は高めですが、天気予報では今晩から寒くなって雪も降るそうで、週明けにかけて最低気温がマイナス10℃以上!なかなか冬の終わりが見えませんね…

治ったかに思えた風邪がぶり返して、レオと私がまた少し体調を崩してしまいました。熱はないけど、喉がイガイガしています。新型コロナウイルスが騒がれている今、この症状はちょっと困るんですよね…アルメニアって人種差別はあまりないけど、アジア系の人が少なくて目立つから、私なんかがバスの車内で咳き込んだりすると周りがビビりそう…

今日はアルメニアで聖サルキスの日。サルキスはキリスト教の聖人で、イースターの約2ヶ月前の土曜日が、彼を称える日となっています。別名「愛の日」とか「恋人の日」と呼ばれています。この日については過去の記事で説明しているので、そちらをご覧ください。(該当記事)

さて、アレンが通う私立学校は1・2年次に宿題をほとんど出さないという方針で、代わりに授業できっちり教えるそうです。今春からアレンは日本の教科書で自宅学習を始めるつもりなので、この方針はとてもありがたい!ちなみに日本国籍を持つ息子たちには、海外にいても義務教育期間の教科書が無償配布されます。

さすがに宿題がゼロってことはなく、時々出される宿題をアレンは妻に叱られながらイヤイヤやっています。子供がいる家庭ではよくある光景みたいですが、私にはイマイチ理解できません。両親によると、私はいつも自分から机に向かっていたらしく、確かに勉強しなくて親に叱られたという記憶が全くないんですよね。そんな真面目な子供だった私が、こんな破天荒な生き方をするなんて親は想像だにしなかったでしょう…

まあ、半年前まで勉強なんかしなくてよかったし、レオは隣で遊びまわっているから、ちょっとアレンを可哀想には思います。でも、みんなこうやって成長していくわけだし、アルメニア語を書いたり読んだりしている姿に息子の成長を感じて嬉しくなります

レオはレオで、アレンの教科書を横から面白そうに覗いて、自分が知っているアルメニア文字を見つけては大喜びしています。レオもアレンと同じくアニメなどで文字を自然に覚えてしまい、ひらがなやカタカナだけでなく、英語とロシア語、アルメニア語のアルファベットもほとんど読むことができます。子供の脳の吸収力ってすごい!

これから英語とロシア語の授業も本格的に始まるそうで、アレンは学ぶべきことが増えていきます。うーん、三つの言語に加えて日本語まで勉強する余裕なんてあるんかいな…今の時点で宿題を面倒くさがっているから先が思いやられます。

しかし、知識というのはとても大切で、得ようと思えば機会はいくらでもあるもの。それは、「耳と耳の間に最大の資産がある」というユダヤの格言からも分かります。だから、息子たちがいろんなことを学べる環境にいるのは幸運なことかもしれません。アレン、大変だけど頑張れー!

84506263_566430007289913_3348967295555731456_narmenia20-2-8.jpg
アルメニア語のテキストを読んで覚える宿題をするアレン。妻に似たのか記憶力は高いので、あまり苦労しないみたいです。

84273957_1992436047569932_1110927736748113920_narmenia20-2-8.jpg
アレンの真似をして教科書を読もうとするレオ。文字はほとんど知っているけど、もちろんまだ単語は読めません。

84668432_818912088574546_3473890993500061696_narmenia20-2-8.jpg
アルメニア語の教科書。ちなみに無料の教科書は持ち回りなので、使い終わったら学校に返して次の学年が使用します。

83815697_171842184092356_4217363872685752320_narmenia20-2-8.jpg
まだまだ遊び盛りだから宿題は面倒くさいのも分かるけど、勉強も頑張れよー!


学校の宿題をするアレンとアンパンマンの本を読むレオの動画

節分の豆まきと恵方巻き 

昨日は澄み切った青空が広がり、日向はけっこう暖かったのに、今日は朝からずっと雪が舞っています。見た目ほど寒くはありませんが、予報どおり不安定な天気ですね。

日本では、マスクを入荷しても客が殺到してすぐに売り切れるという状況が相次ぎ、マスクを高額転売する人たちも出てきたそうです。定価の10倍以上で売る場合もあって問題になっているらしく、当然そんなあこぎな商売をする輩が悪いんですけど、買う方もちょっとアカンやろ…なんだか新型肺炎とは別のパンデミックが起こっている気がします。

さて、昨日は節分でした。ということで、我が家でも毎年恒例の豆まきをして恵方巻きを食べました。昨年まで使っていた私の手作りの鬼の面を子供たちが無くしてしまったため、新たに作ることにしました。

「怖い顔の鬼がいい」というアレンのリクエストに応えて、ネットで見つけた怖目のデザインをデフォルメすることにしました。ホラー映画好きの私が凝ってくると怖すぎなお面になりそうだったので適当なところでストップ。我ながら良いものが完成しました!

いつもは豆まきをしてから恵方巻きを食べるんですが、私が恵方巻きを作っているのを見た子供たちもやりたがったので、一緒に作ってそのまま食べることにしました。今年の恵方は西南西。その方向を見ながら、二人並んで寿司を頬張る姿はとても可愛かったです。全く意味が分かっていないのに、アレンの真似をして食べるレオが愛くるしかった!去年好評だったツナマヨを入れたら、二人とも美味しそうに食べていました。

84260603_717773845417954_3832369871925018624_narmenia20-2-4.jpg
完成した鬼のお面。アレンは気に入ってくれました。

83984402_842568242856636_8707269976085495808_narmenia20-2-4.jpg
早速お面を被ってポーズをとるアレン

84502579_159757815470097_5643041772255838208_narmenia20-2-4.jpg
意味の分からず被らされるレオ

84033634_1553555744782516_9178642842979926016_narmenia20-2-4.jpg
恵方巻き作りの挑戦するアレン。それを興味津々で眺めるレオ。

84062223_730313307499731_722246489383895040_narmenia20-2-4.jpg
やっぱりレオもやりたがったので少し挑戦させてみました。

84269233_1217940688410946_887566180108206080_narmenia20-2-4.jpg
自分たちが巻いた寿司を西南西の方向を向いて食べる息子たち。この姿は愛くるしかったですねえ。

その後に家族で豆まきをしました。投げるのは大豆ではなく、アルメニアでよく売られている赤い豆。まず私が鬼役をやって、次は妻。子供たちは楽しそうに豆をぶつけてきました。アレンはちゃんと「鬼は外!福は内!」と言っていましたが、ここでもレオは意味など分からないまま一緒に豆を投げていました。

次に子供たちが鬼役。アレンは自分が鬼だということを理解しているから、お面を被るとすぐ怖がらせようとして、豆をぶつけられるとちゃんと外に逃げ出します。しかし、レオはお面を被っても、豆をぶつけられてもボーッと立ったまま…これまた可愛いらしいんだけど、節分の豆まきになりません。アレンが「レオ!走って逃げてー!」と怒ると、やっと外に出てくれました(といってもベランダまで)。まあ、本人は最初から最後まで何が何だかよく分かってなかったでしょう。

とりあえず今年も無事に節分の行事ができました。海外に住んでいると、なるべくこういう日本の伝統行事(恵方巻きは違うけど…)はやっておかねばという気持ちになります。特に日本人の血が半分流れている息子たちには大切なこともかもしれません。それに、無邪気に楽しんでくれるのは幼いうちだけですから、その間だけでも続けたいと思います

84362427_468930080468850_6805829486756495360_narmenia20-2-4.jpg
まずは私が鬼役。アレンが全力で投げてくるから時々けっこう痛かった…

83856920_270377977272902_3368392796980379648_narmenia20-2-4.jpg
次に妻も鬼役に挑戦。

84268118_632553764166905_4302475663337586688_narmenia20-2-4.jpg
お面を被って鬼になりきるアレン。いつまでこうやって楽しんでくれるんですかねえ

84214274_212464083244179_1877493100306235392_n.jpg
鬼のお面を被ってボーッと立ちつくすレオ…可愛かったなあ