アルメニア北部を家族旅行 Part 3 

日本はお盆休みですね。とはいえ、新型コロナの影響で旅行や帰省などは控えられて、例年のような民族大移動は起きていないようです。海外旅行どころか、国内旅行もあまりできないなんて残念でしょうね…

世界の感染者が2千万を超えた新型コロナのアルメニアの状況ですが、感染者数は40,794人、死者は806人です。明らかに収束しつつあるため、外国人の入国制限やマスク着用義務などの規制が緩和される方向です。そして、9月15日から小中学校が再開されることも決定!やったー!でも、9月1日からじゃないのは残念…非常事態宣言が来月中旬まで延長されたからだそうですが、とにかく正式に再開が決まって、私と妻もホッとしています。

子供の感染リスクはかなり低いことは証明されているんだから、これ以上教育の機会を奪う必要はないと思います。それに子供が家にいると、祖父母が面倒を見ることが多く、逆に高齢者の感染リスクが高まるので矛盾しています。ちなみに、大学などの再開については来週以降に決定されるそうですが、ここのアメリカ大学やロシア大学は独自でオンライン授業の継続をすでに決めました。学生や父兄からは、「だったら学費を安くしろ!」という不満の声が上がっているみたいです。

さて、アルメニア北部を訪問した家族旅行の話の続きです。今日で最後になります。旅の最終日は、前日の雨も上がり、朝からきれいな青空が広がっていました。アレンが山登りしたいと言うので、ゲストハウスのオーナーのお父さんが、近くの山に連れて行ってくれました。いつも優しくアレンの手を握って、まるで本当の祖父と孫という感じです。

ゲストハウスに戻ると、オーナーの娘さんも来ていました。美人の奥さんに似てめっちゃ可愛い!レオと仲良くブランコに乗る姿はもう可愛すぎ!同い年ぐらいの子が来て、レオも嬉しそうでした。しかし、帰路の運転をお願いしていた運転手も到着し、出発時間になったのでゲストハウスを後にしました。家族みんなが手を振ってくれて、そのホスピタリティに心が温かくなりました。とてもステキな場所ですから、また訪問したいと思います。

117160132_10157686324106819_7963250398849958276_narmenia20-8-12.jpg 
ゲストハウスのオーナーのお父さんとアレン。まるで本当の孫とおじいさんみたい!

117157747_10157686324156819_2747608055547227403_narmenia20-8-12.jpg 
オーナーの娘さんと仲良くブランコに乗るレオ。可愛いなあー

まっすぐエレバンには向かわずに、コバイル修道院に寄って観光しました。山奥に建てられた12世紀の教会で、妻がずっと行きたいと言っていた場所です。けっこう険しい山道を登らないといけないと聞いたので、子供連れで大丈夫なのか微妙でしたが、せっかくだから訪問してみました。

山道の入り口が分かりづらかったですが、すでに麓にはアルメニア人観光客の車が何台か止まっていました。歩き始めると、すぐに小さな集落が出てきました。修道院で灯すロウソクを売っている家族がいたので、そこで買いました。道はどんどん急になり、足場も悪くなってきて、確かに子供にはキツイかも…アレンは、途中からかなりしんどそう。レオは、さっさと歩くのを諦めて妻に抱っこしてもらっています。

休み休み20分ほど歩くと、石造りの建物が見えてきました。もうすぐだ!と力を振り絞り、最後の急な山道を登り切って、コバイル修道院に到着しました。ここも、足がすくむような深く切り立った崖っぷちに建てられています。なぜこんな場所に?そしてどうやって?またもや古人の信仰心の強さに感動を覚えました。

建物自体はかなり崩壊していますが、それがまた謎多き遺跡のような秘境ムードを醸し出しています。風光明媚な立地と共に、かなり見応えのある場所でした。礼拝堂の跡地に入ってみると、キリストと弟子たちを描いた素晴らしい壁画が残されていました。当時はとても立派で美しい修道院だったことが分かります。少し行きづらいけど、妻が行きたい!とずっと言っていただけあって、訪問する価値は十分ありました。

117157259_10157686324131819_1368667786296067696_narmenia20-8-12.jpg 
険しい山奥に建つコバイル修道院の鐘楼

117168551_10157686324311819_7394261765487510771_narmenia20-8-12.jpg 
崩れた礼拝堂の入り口。精微なレリーフが残されています。上部に壁画の痕跡がありますね。

117108656_10157686324116819_4808078593841342291_narmenia20-8-12.jpg 
古いグルジア文字・アルメニア文字が彫られています。

117159626_10157686324331819_5539686097990187460_narmenia20-8-12.jpg 
キリストと弟子たちの壁画が残っています。これは見応えがありました。当時は美しく鮮やかな教会だったのでしょう。

117715461_919653985200835_5161137928434794866_narmenia20-8-12.jpg 
教会の裏の渓谷。こんな険しい自然に囲まれています。

117165132_10157686324336819_2042219480357714353_narmenia20-8-12.jpg 
玄武岩が隆起して形成されたものなのか、柱状節理という六角形の岩石が見られます。

116708442_10157686324576819_7964259836024745255_narmenia20-8-12.jpg 
鐘楼の上から見た礼拝堂。崩れ落ちて遺跡のような姿です。周りの厳しい自然と相まって秘境感たっぷり!

117191829_10157686324556819_3022315671577358699_narmenia20-8-12.jpg 
鐘楼からは雄大なアルメニア北部の自然を望むことができます。

コバイル修道院を後にして向かった先は、マラリックという村。アルメニア第二の都市ギュムリの近くにある村で、そこに私と妻の結婚式のカヴォルが住んでいるのです。カヴォルというのは、アルメニアで結婚式や洗礼式の証人のこと。日本では仲人みたいなものでしょうか。そのカヴォルとご家族を訪問するために、ちょっと遠回りをして立ち寄りました。

彼はアルメニア柔道連盟の創立者で、昔はオリンピック委員会の会長や国会議員も務めていました。そのため、エレバンに長年住んでいました。私もエレバンで知り合い、その大らかで誠実な人柄に惚れ込んで、私と妻はカヴォルをお願いしたのです。しかし、ここ数年は糖尿病が悪化したり、脳梗塞を起こしたりと体調を崩してしまい、マラリック村の実家に住んでいます。奥さんもそこの出身で、二人とも自然豊かでのんびりした村の生活を気に入っているみたいです。

エレバンから離れているため、ここ数年はお互い会う機会が少なくなり、今回も約10か月ぶりの再会となりました。電話では時々話すんですけど、その度に「マラリックに遊びにおいで」と誘われていたので、やっと訪問が実現した訳です。向こうは、私たちが到着した瞬間、とても喜んでくれました。

ちなみに、マラリック村は3〜4月に新型コロナが流行して問題になりました。そのため、持病がある彼のことを案じて電話したら、「大丈夫だよ」との返事でしたが、実は3月末に感染して数日入院していたそうです。奥さんも数日熱があったとのこと。しかし、重症化することなく回復したそうです。村人の多くも同じ感じだったみたいで、「そんな大騒ぎすることじゃない」と二人とも言っていました。とにかく元気そうでよかったです。

彼の実家には、広くて緑豊かな庭があり、鶏やウサギ、アヒルなどが放し飼いになっています。それを見て、アレンとレオは大喜びしていました。田舎だから空気もきれいで気持ちいい!その庭で、カヴォルの家族と一緒に食事しました。カヴォルと度数の強いウォッカで乾杯しながら、楽しい時間を過ごしました。健康を損ねたせいで昔の豪快さや覇気はなくなったけど、包み込むような優しさが溢れている感じで、傍にいると心穏やかになります。

奥さんも、そんな彼の変化について話していました。例えば、飼っていたウサギが病気で死んだ時に、彼は悲しそうに涙を流していたそうです。もちろん病気やケガなんてしない方がいいに決まっていますが、その経験によって、人はもっと謙虚に優しくなれるのかもしれません。本当に大切なものが見えてきて、心に余裕や繊細さが生まれるのかもしれません。カヴォルも、以前よりもずっと自然体で温かいオーラを持っています。

そんな彼やご家族と久々にゆっくりお話しながら、楽しい時間を過ごすことができ、その村に立ち寄って本当によかったです。暖かい気候の間に、また遊びに行きたいと思います。夕方にマラリック村からエレバンに戻り、三泊四日の家族旅行が終わりました。アルメニアの美しい自然と悠久の歴史、そして心温まる人々の触れ合いを満喫する素晴らしい旅でした。私たち家族にとって、忘れられない夏の思い出になりました。

116708442_10157686324811819_6980580594846239049_narmenia20-8-12.jpg 
久しぶりに再会したカヴォル。大切な仲人であり、大好きな人です。

117156604_10157686324801819_258929854210402297_narmenia20-8-12.jpg 
息子さんがアレンを可愛がってくれました。

116582780_10157686324991819_3318293964921159981_narmenia20-8-12.jpg 
自然豊かな庭で遊ぶ子供たち。女の子はお孫さんです。

117173818_10157686324971819_6878074317411931899_narmenia20-8-12.jpg 
アヒルを可愛がるアレン。動物が放し飼いになっているから、子供たちは嬉しそうでした。

116884361_10157686324966819_4791974071570455382_narmenia20-8-12.jpg 
アレンを抱いてアヒルを見守るカヴォル。柔道一筋の覇気あふれる人でしたが、今はとても柔和で穏やか。

117171088_10157686325111819_7903603768731996144_narmenia20-8-12.jpg 
エレバンに向かう帰路からの景色。美しい自然を満喫できた旅でした。

アルメニア北部を家族旅行 Part 2 

ここ毎日は青い空が広がる夏らしい天気です。せっかくなので、昨日はエレバン中心部の屋外カフェに家族で行ってきました。有料ですが、時間制限なしのキッズスペースがあって、そこでアレンとレオを遊ばなせながら、私と妻は集中して仕事できました。新型コロナの問題も落ち着いてきて、先月に比べて客足が明らかに増えていましたね。

しかし、アルメニアは非常事態宣言をまた1か月延長しました。延長はされましたが、新型コロナ対策の規則は緩和される方向のようです。とはいえ、3月中旬に発令されてから間もなく半年になるので、そろそろ解除してほしいと思います。アルメニアの現在までの感染者数は40,410人となり、ついに4万人を超えました。死者は791人です。でも、データからは明らかに収束時期に入ったことが見て取れます。

三日前の8月6日は、75年前に広島に原爆が投下された日でした。先日レバノンで発生した爆発事故は、原爆の10%程度の規模だったというデータがあります。爆発の瞬間を捉えた動画をいくつか見ましたが、遠く離れた場所まで衝撃波で吹き飛ばす凄まじさに声を失いました。しかし、広島や長崎に投下された原爆は、その10倍もの破壊力だったわけです。改めて戦争の悲惨さに胸が締め付けられる思いです…

ちなみに、私は20年以上前にレバノンを旅行したことがあります。当時は15年も続いた内戦の傷跡がまだ生々しく残っていたため、私の脳裏に焼きついているベイルートの光景は、今回の爆発事故の惨状に近いものです。しかし、一瞬でこれほど大規模な被害が出るとは…アルメニアもレバノンに対して人道支援を始めました。

117226089_653702078568747_3201247475815662191_narmenia20-8-8.jpg 
キッズスペースで遊ぶアレンとレオ

117184051_1416132885249350_2495285334677529021_narmenia20-8-8.jpg 
美味しそうにピザを食べていました。私はもちろん暑いからビール!

117237234_790144794856491_6623623221421509912_narmenia20-8-8.jpg 
帰りに展望台に上ると、アララト山がきれいに見えていました。しかし、暑かった…

さて、アルメニア北部を訪問した家族旅行の話の続きです。二日目は、宿泊した養蜂家が経営するゲストハウスで、ハチミツの収穫を見学させてもらいました。この旅行のハイライトの一つ!そこの朝食に出てくる美味しい天然のハチミツがどのように収穫されるのか…その工程を見れるなんて貴重な体験。

まず、ミツバチの巣箱から巣枠を取り出す作業。ミツバチを燻煙器の煙でを大人しくさせてから、オーナーが丁寧に一枚ずつ巣枠を取り出し、ハチをふるい落として空の巣箱に入れていきます。8枚入れて運ぶのですが、持たせてもらうとかなり重い!たっぷりハチミツが詰まっている証拠ですね。

それを作業場に運んで、今度はハチミツを取り出します。昔ながらの手作業で行うらしく、オーナーは、「時間も労力もかかるけど、この方が好きなんだ」と言っていました。蜜蓋(完熟した蜜の入った巣穴を塞ぐためにハチが作る蓋)をナイフで削ぎ落としていきます。蜜蓋の下にナイフを入れると、ドロ〜ッと濃厚なハチミツが流れてきます。美味しそう!削ぎ落とした蜜蓋は、それでロウソクを作ったり、またハチミツに混ぜて食べることもできるので、大切に保管しておきます。

次は、巣に詰まったハチミツを取り出す作業。手動の遠心分離機に入れて、グルグルと60回ほど回します。これは子供もできるので、アレンとレオが楽しそうに挑戦していました。もちろん私と妻もやってみました。そうやって遠心力で取り出したハチミツは、どんどん下に貯まっていきます。

そして、オーナーが分離器の下のコックを開けると、黄金色のハチミツが勢いよく出てきました。すごい!大量のハチミツが水のように流れ出てくる光景なんて初めて見ました。息子たちも面白そうに眺めていました。とにかくきれいだし、美味しそう!こうやってハチミツが作られるんですね。とても楽しかったし、養蜂を愛するオーナーの気持ちが伝わり、そこのハチミツが美味しいのも納得できました

117129645_10157681330701819_3626818049634433359_narmenia20-8-8.jpg
防護服を着ていざ出陣!

116437491_10157681330716819_5355451302945422956_narmenia20-8-8.jpg
巣枠を丁寧に取り出していきます。ここのハチは元から大人しいので、安心して見学できます。

116907105_10157681330946819_623828416248532771_narmenia20-8-8.jpg
蜜蓋を削り落とす作業。ハチミツが垂れているのが見えますか?

116849649_10157681330936819_7953747127220971291_narmenia20-8-8.jpg
手動の遠心分離機で巣枠のハチミツを取り出します

116588272_10157681331196819_604882616755821671_narmenia20-8-8.jpg
採れたての新鮮なハチミツが出てきました!

117208426_735147137323089_1315115257652475346_narmenia20-8-8.jpg
ハチミツを3キロ買ったんですが、蜜蓋がたっぷり入ったハチミツを1瓶プレゼントしてくれました。朝食に出されていましたが、濃厚で美味しかった!

その夜は、ハグパット村に住む20年来の友人のお宅に滞在させてもらいました。今年はすでにお正月と6月に訪問していますが、いつも友人から、「家に泊まっていけ!」と言われるので、今回お言葉に甘えさせてもらうことにしたのです。私は過去に泊まったことが何度かありますが、家族で泊まったのは今回が初めて。

友人が、飼っている牛やその乳搾り、野菜や果物が植えられている庭など見せてくれて、都会育ちの息子たちはすごく面白がっていました。空気も澄んでいるし、自然豊かな田舎の生活を垣間見れて、いい経験になったと思います。しかし、やはり田舎には現金収入を得る仕事がほとんどなくて、みんな暮らしは大変なようです。友人も、息子さんがずっとモスクワで働いて仕送りしています。

ハグパット村には世界遺産に登録されている修道院があり、例年の今頃はツアーグループがひっきりなしに訪れますが、今年は新型コロナの影響で閑古鳥が泣いています。観光客に土産物を売るなどして生計を立てている人たちも大打撃を受けています…修道院ではアルメニア人の観光客をけっこう見ましたが、彼らはわざわざ自国のお土産なんて買いませんしね。

しかし、友人は私たちの訪問をすごく喜んでくれて、奥さんの美味しい手料理でもてなしてくれました。度数の強い自家製ウォッカで乾杯しながら、楽しい夜を過ごすことができました。約20年前ふらっと村に立ち寄り、そのまま彼の家に招待されて、食事やお酒をご馳走になった日のことを思い出しました。当時の私はお酒が全くダメで、すぐに酔い潰れてしまいましたが…とにかく、今もこうやって温かい交流が続く友情に胸が熱くなりました。20年前の彼との出会いについては、過去の記事をご覧ください。(こちら)

翌日は、ハグパット修道院を家族でのんびり観光しました。私はもう何十回見ているか分かりませんが、やはり素晴らしい歴史的建造物です。今年は観光客が少ないので、その荘厳な雰囲気を静かに落ち着いて味わえます。今は車で簡単に来れますが、昔は人里離れた不便な場所だったはず。そこによくこんな立派な修道院を作ったものです。改めて古人の信仰の強さに驚かされました。

116876772_10157681331646819_933259079710832224_narmenia20-8-8.jpg
美しい自然に囲まれたハグパット村で田舎の暮らしを垣間見ることができました。

116693197_10157681331426819_8279891760103107304_narmenia20-8-8.jpg
友人にタバコを巻く機械を見せてもらうアレン

116869518_10157681331431819_4496175538906093789_narmenia20-8-8.jpg
ギターを持参したので、酔った勢いで弾いて歌いました。

116903913_10157683796306819_7724107360822981168_narmenia20-8-8.jpg
ハグパット修道院からは素晴らしい景観が望めます。

116689723_10157683796316819_3253504376791919366_narmenia20-8-8.jpg
世界遺産のハグパット修道院。立派で美しい10世期の修道院です。

116644228_10157681331441819_2338549219851585271_narmenia20-8-8.jpg
落ちずに端から端まで渡れたら夢が叶うと言われる壁。アレンは10回目ぐらいの挑戦で渡り切りました。

116841404_10157683796301819_942035941473877809_narmenia20-8-8.jpg 
人が少ないので、内部は静かで神聖な雰囲気に満ちていました。

116792867_10157683796531819_2977464084758776310_narmenia20-8-8.jpg 
礼拝堂に残された壁画。修復によって、鮮やかな色合いが復元されています。

116895035_10157682815511819_3197296319528582159_oarmenia20-8-8.jpg 
細かいレリーフやハチュカル(十字架石)も素晴らしい!何度も訪れても感動します。

友人と奥さんとお別れして、夕方にまた養蜂家のゲストハウスに戻りました。夕食を食べていると、激しい雨が降り始めました。いつも貸し切り状態だったゲストハウスですが、その日は一組の若いアルメニア人夫婦も宿泊していました。挨拶すると、初対面なのに、ご主人の方は私のことを知っています。「エッ!どうして?!」と思ったら、なんと二人とも私が働いているIT企業の社員でした。ご主人は、そこで長く勤めているから、私のことを知っていたわけです。

そんな繋がりもあった上に、日本の文化やアニメが大好きな二人とはすぐ打ち解けて、夜遅くまで会話が盛り上がりました。新型コロナの影響で、春から訪問客が全くいない状態が続くゲストハウスにも、少しずつ客足が戻ってきているようで良かったです。ステキな場所ですから、頑張ってこの危機を乗り越えてほしいと思います。その夜も、ミツバチの羽音や振動を感じながら、ぐっすりと眠ることができました。

117145213_10157681330706819_8334847263142816055_narmenia20-8-8.jpg
ゲストハウスのブランコに仲良く乗るアレンとレオ

116698514_10157683796556819_2907324732295611887_narmenia20-8-8.jpg
宿泊する小屋の内部。ベッドの下に巣箱が置かれています。

116794525_10157683796826819_1107169782611907976_narmenia20-8-8.jpg
ベッドの上板を開けるとミツバチ!その羽音や振動は高いヒーリング効果があると言われています。

アルメニア北部を家族旅行 Part 1 

8月になりましたね。真夏に突入したにも関わらず、今年のアルメニアはけっこう涼しいです。乾燥しているから、日が沈んでからは風が少し冷たく感じるほどです。

日本でまた感染者が増えている新型コロナですが、アルメニアは明らかに落ち着いてきました。感染が一定程度広まったことで自然収束しているようです。個人的には、感染症の問題はこのような形で乗り越えるしかないと思っています。現在までの感染者数は39,586人、死者は770人で、回復者数は3万人を超えました。

あと、レバノンの首都ベイルートで大規模な爆発事故が起こりましたね。化学物質が大量に保管されていた倉庫が大爆発を起こし、多くの死傷者が出ています。爆発の瞬間の映像はマジですごかった…イスラエルによる攻撃かという憶測が出ましたが、同国は関与を否定していますが、確かにヒズボラを狙ったものではないし、その可能性は低い気がします。レバノンにはアルメニア系住民も多く住んでいて、彼らにも被害が出ているそうです。

さて、月曜日に3泊4日の家族旅行から無事に帰ってきました。アルメニアの大自然と歴史、そして人との触れ合いを満喫する素晴らしい旅になりました。妻も、「この旅行は本当によかったー!」と満足していましたし、私も旅の終わりに幸せな気持ちで心が一杯でした。

初めて訪れた場所や初めての経験もいろいろあったので、何回かに分けてその旅の思い出をご紹介します。新型コロナの影響で海外渡航が難しいご時世ですから、当ブログを通じて、アルメニアの美しい自然、豊かな歴史や文化、そして温かいホスピタリティを少しでもお伝えできたらと思います。

初日に向かった先はアルメニア北部のロリ地方。今回も元学生のティグランが運転手を務めてくれて、彼の奥さんも同行しました。目的地は6月にも宿泊した養蜂家が経営するゲストハウスですが、途中にある古い修道院にも立ち寄りました。これがどこも見応えがあって感動しました。

まず訪問したのは、アルドゥヴィ修道院。舗装道路などない小さなアルドゥヴィ村にひっそりと建つ素朴な修道院で、その歴史は8世紀まで遡ります。独特の美しいハチュカル(十字架石)が残されています。豊かな大自然に囲まれ、また観光地化されていないから、神聖な雰囲気に包まれた場所で心が落ち着きました。そういうのが大好きな妻は、「次はこの村に泊まりたい!」とまで言っていました。しかし、泊まれるとこなんてあるのかな…

その近くには「蛇のへそ」と呼ばれる場所があり、そこも訪問しました。伝説によると、大蛇がアルドゥヴィ村を襲った際に、当時の大司教が村を守るために7人の修道士を送りましたが、彼らはみな大蛇に殺されてしまいました。そのため、大司教が祈って、大蛇を石に変え、その石からは聖水が流れるようになったそうです。

実際に、一つだけ色の違う石の層がくねくね曲がっていて、まるで蛇のような形をしています。そして、そのおへそ辺りの場所から聖水と信じられている湧き水が流れ出ています。偶然に生まれた自然の造形でしょうけど、そういう伝説が生まれるのも納得の光景でした。けっこう道が悪かったですが、アレンは頑張って歩いて聖水を汲んできました。たくましくなったなあ。

116435253_10157678180646819_9053053389918416946_narmenia20-8-5.jpg
のどかな田舎に建つアルドゥヴィ修道院。静かで落ち着いた雰囲気がよかったです。

116881147_10157678180816819_8554826046471216928_narmenia20-8-5.jpg
美しく独特のハチュカル(十字架石)が残されています。

116900684_10157678180871819_1097244759575994664_narmenia20-8-5.jpg
くねくねと曲がって蛇みたいに見える岩。伝説が生まれるのも分かります。

116057552_10157678180971819_8289530434504904949_narmenia20-8-5.jpg
そのちょうどおへそ辺りから聖水が流れ出ています。アレンが頑張って水を汲みました。

その後、すぐ近くにあるホロマイル修道院を訪問しました。7世紀に基礎が作られた古い教会で、切り立った崖っぷちに建っていて、その裏にまわると、深い谷底を見下ろす風光明媚な場所に出ます。雄大な渓谷の風景には、思わず息を呑みます。足がすくんでしまうような場所ですが、ずっと留まって眺めていたくなります。

その渓谷の下を覗いてみると、なんと、その断崖絶壁にへばり付くように建つ小さな教会があります。この景観を一度は見たいと思っていました。実際に見ていると、やっぱりすごい!どうやって、そしてなぜあんな険しい場所に…と不思議で仕方ありません。古人たちが信仰によって作り上げた芸術に感動しました。

117068042_10157678181156819_6692782293509660670_narmenia20-8-5.jpg
崖っぷちに建つホロマイル修道院。ここも美しい自然の中にひっそりとあります。

109384861_10157678181186819_2579113998316919093_narmenia20-8-5.jpg
修道院の裏には、こんな壮大な風景が広がっています。ここは本当に素晴らしかった!

116719153_10157678181181819_6457642047676500934_narmenia20-8-5.jpg
その断崖絶壁の中腹に教会が…見えますか?

116355928_10157678181391819_7043601565707074500_narmenia20-8-5.jpg
アップで撮った写真。こんな険しい場所になぜ?どうやって??とにかく見応えありました。

そして、修道院の観光を終えてから、宿泊先のゲストハウスに向かいました。私たちの再訪問に、オーナー家族もみんな喜んでくれました。奥さんの食事もやっぱり美味しいし、ハチミツから作られた特製ワインも最高!空気も澄んでいて気持ちいい!夜は、ミツバチの羽音や振動を感じながらゆっくり眠ることができました。とにかく、旅行初日から充実の一日でした。

翌日はお目当てのハチミツの収穫を見学させてもらったんですが、それについてはまた次回の記事でご紹介したいと思います。

116839269_10157678181401819_270597251255848418_narmenia20-8-5.jpg
養蜂家の家族が経営するゲストハウスに到着。子供たちは早速ブランコや砂場で楽しそうに遊び始めました。

116719153_10157678181371819_1772341554281761208_narmenia20-8-5.jpg
ハチミツから作る特製ワインも美味しい!そして、山の澄んだ空気も美味しい!

116792038_10157678181396819_18812978921725172_narmenia20-8-5.jpg
みんなで夕食。奥さんが作る食事も本当に美味しい!楽しい旅の初日でした。

アルメニア北部に家族で行ってきます! 

今日で7月も終わりで、明日から8月ですね。今月もあっという間だった気がします。毎日35℃前後の暑い天気が続いていますが、やはり今年は例年よりも涼しくて過ごしやすいです。日本は長かった梅雨が明けて、これから蒸し暑くなるようですね。

新型コロナのアルメニアの状況ですが、現在までの感染者数は38,550人、死者は738人となっています。来週には4万人に達しそうですが、毎日の回復者の数が新規感染者数を大幅に上回る状況が続いており、政府も、「かなり改善している」と前向きな発言をしています。それもあってか、新型コロナで大打撃を受けている観光産業の発展のため、市民に国内旅行をするよう推奨し始めました。

だからというわけではありませんが、私も今日から家族とアルメニア北部へ旅行に行ってきます。6月に滞在した養蜂家が経営するゲストハウスをまた訪問する予定です。というのも、前回の滞在中に、「8月初めにハチミツを収穫するから、その時にも遊びに来て!」と誘われていたのです。

私も妻も、自然豊かなロケーション、ミツバチの羽音や振動を感じて眠れるベッド、美味しい食事に温かいホスピタリティを気に入って、また今夏中に訪問しようと考えていました。さらにハチミツの収穫という貴重な体験もできるんだったら、行かない手はありません。今からとても楽しみです。前回の訪問については、過去の記事をご覧ください。(こちら)

また今回は、まだ訪問したことない北部の古い修道院も観光するつもりです。断崖絶壁に張り付くように建つホロマイル修道院などは、以前から一度は行ってみたいと思っていた場所。そちらも楽しみだし、ハグパット村に住む20年来の友人宅にも一泊お世話になる予定です。ゆっくりと酒を酌み交わしたいと思っています。

向こうでもネットで仕事はしますが、なるべくのんびり過ごしたいので、ここ数日は頑張って仕事を片付けていました。なんとか週明け締め切りの仕事まで終わらせて、スッキリした気分で今から出発できそうです。とにかく病気やケガなどせず、楽しい旅行になりますように!そして、家族とステキな夏の思い出が作れますように!では、行ってきます!

116087748_211832566880785_8529010222539925528_narmenia20-7-31.jpg
今週は仕事で忙しかったですが、ある日の夕方、息抜きに家族で出かけて外食。

116085071_1145452372493735_1227299426743132611_narmenia20-7-31.jpg
子供たちがハンモックに挑戦。アルメニアは乾燥しているから、日が沈んでからは涼しくて気持ちいい!

116217596_2657449324522370_5336494001188554838_narmenia20-7-31.jpg
旅行前に、子供たちの伸びていた髪を切りました。サッパリして気持ち良さそう

アゼルバイジャン人との民族対立が激化 

雨が降ったりして、週半ばから少し暑さが和らぎましたが、それでも最高気温は35℃前後。これでも例年に比べれば涼しい方ですが、マスクを付けて歩くのはキツイですね…というのも、まだマスクの着用義務は継続されているのです。

そういえば、日本は今日まで4連休でしたね。しかし、まだ梅雨明けしていない上に、やはり新型コロナの影響で遠出する人はあまり多くなかったようです。政府肝いりの経済政策「Go Toトラベル」事業も、直前に東京都発着の旅行が対象外になるなど混乱して、期待したほどの効果が出るでしょうか…

新型コロナのアルメニアの状況ですが、現在までの感染者数は37,317人、死者は705人となっています。回復者は26,243人と7割を超えています。明らかに感染拡大が落ち着いてきているため、この状況が今後も続けば、政府は9月から学校を再開する方針のようです。やったー!

さて、アルメニアとアゼルバイジャンは激しい武力衝突などは発生していませんが、民族間の対立がこれまでになく激化しています。特にロシアでは、アルメニア人に対するアゼルバイジャン人の襲撃や嫌がらせが頻発して問題になっています。アルメニア人が集団で暴力を加えられたり、アルメニア人が経営する店が放火されそうになったり、アルメニア人学校に落書きされたり…毎日のように気が重くなるニュースを目にします。

約30年前の戦争で、アゼルバイジャンは劣勢に追い込まれ、領有権を争うナゴルノ=カラバフ地域を完全に失いました。そのため、アゼルバイジャン人が抱える怒りや憎悪は、アルメニア人よりはるかに強く、また同国政府もそれを意図的に煽り続けています。

というのも、アゼルバイジャンは、独立時からずっとアリエフ一家が全権力を牛耳る独裁体制が続いているからです。現在は2代目のイルハム・アリエフ大統領ですが、その妻が第一副大統領を務めており、さらに息子に権力を世襲させるために大統領選の年齢制限を数年前に撤廃しました。もちろん国家の重要産業なども全て大統領一家が握っています。

このような権威主義体制を維持するには、人権や情報を厳しく統制する必要があり、それによる国民の不満を外に向けさせる政策が採られることもよくあります。アゼルバイジャンも例外ではなく、偏った教育や報道などによって過剰に反アルメニア感情を煽っています。アルメニア側の教育や報道にも偏りがないとは言えませんが、アゼルバイジャン側のそれはあまりに酷いと感じる凄惨な事件が16年前にありました。詳しくは過去の記事をご覧ください。(過去の記事)

その事件で私が衝撃を受けたのは、戦場でもないのに、無防備なアルメニア人を惨殺するほど激しいアゼルバイジャン人の憎悪、そして、その無慈悲な殺人行為を国を挙げて賞賛するアゼルバイジャンの異常な状況です。このような国情では、今ロシアなどで相次いでいるアゼルバイジャン人の暴力行為に歯止めが掛かりません。ただでさえ戦場で多くの犠牲が出ているというのに、それ以外の場所でも血が流されるような現状に胸が痛みます。

しかし同時に、根深い民族対立を超えて、ビジネスで繋がっていたり、共に仕事や勉強をしたりと個人的な交流を持つアルメニア人とアゼルバイジャン人もいます。そういう人たちの連帯が、今の困難な状況を改善する一助になってほしいと思います。そして、国外に住むアルメニア人たちが、一日でも早く平穏に暮らせるようになってほしいと願います

115826997_583385889010837_2157594571655156405_narmenia20-7-26.jpg
記事とは関係ありませんが、子供たちは相変わらず元気にプールで水遊びしたりしています。

116171792_738472486971467_5713681418983882074_narmenia20-7-26.jpg
周辺国との問題が起こるたびに思うことですが、息子たちが大きくなる頃には、もっと平和な世界になってほしいと思います。