アレンのお遊戯イベント 

やっと治ったかと思ったら、また風邪を引いてしまいました。幸い咳が出るだけで熱はないので楽ですけど、この1か月ほど体調が万全な時がほとんどありません。寒くなってきたこともありますが、やはり小さな子供が二人いると、風邪をうつされやすいみたいです。子供たちが鼻水垂らしていても、思わず抱きしめてキスしちゃうし…

日本では、また相撲界の暴行事件が話題になっていますね。真相はまだハッキリしていませんが、モンゴル人同士が酒の席で暴力沙汰を起こしたというのが事実であれば、私個人はさもありなんと思ってしまいます。というのも、11年前モンゴルを旅行していた時に、モンゴル人の酒癖の悪さに辟易した覚えがあるからです

とにかく酒を飲むと、気が荒くなって暴力的になる人がけっこういて、私も見ず知らずの酔っ払いに絡まれて、胸にドーン!と回し蹴りを喰らわされたことがあります。寒いから厚着していたお陰で、痛くもなかったしケガもしなかったんですが、ただ歩いていただけなのに突然襲われて怖い思いをしました。基本的にモンゴル人は普段すごく優しくて親切なんですけどね…

さて、先週の金曜日、長男アレンが通う幼稚園でお遊戯のイベントがありました。残念ながら、私は仕事で行けなかったのですが、妻が写真とビデオを撮ってくれていました。アレンが一人で頑張って話したり、楽しそうに踊ったりしている姿は本当に可愛かった!

次男レオも、お兄ちゃんの晴れ舞台を見て興奮していたそうです。小さな子供が二人いると、家でのんびりできる暇が全くありませんけど、いつも賑やかで、その愛くるしい姿に思わず微笑んでしまう瞬間がたくさんあります。ごく当たり前のことかもしれませんが、温かい家族がいることの幸せとありがたみをしみじみ感じます。

CIMG7288armenia17-11-17.jpg
幼稚園のお友達と一緒に歌って踊るアレン。

CIMG7291armenia17-11-17.jpg
イベントに行けなかったけど、楽しかったみたいで良かった!


お遊戯イベントの動画。立派に一人で話すことができました!

日本伝統音楽のコンサート 

今日は貴重な休日です。朝から晴れ渡っているので、家族で近所を散歩しました。木の葉が色づいてきれいでした。今年はかなり忙しくて、中々こうやってのんびりと家族と過ごす時間が取れずにいます。仕事しないと養っていけませんが、やはりバランスを大切にしないといけませんね。

さて、日本はトランプ大統領の訪問で大騒ぎ、というかバカ騒ぎしてましたね。両首脳の関係を友情とか蜜月とかいう言葉で持ち上げていましたが、子分が親分に媚びへつらっているようにしか見えませんでした。他国の要人をもてなして信頼関係を築くことは大切ですけど、それって相手に対して卑屈になることとは違います。

だいたい友情というのは、まず対等な関係があってこそ成立するもの。しかしトランプ大統領自身は、「日本は2番だよ」と、冗談めかしていたとはいえ、公の場で発言したり、「日本から軍事・エネルギー関連の大量の発注が来ている!」と自慢気にツイートしたり、日本は単にいい商売相手であり、主従関係にあると考えているようです。

中国や韓国に対しては強気な態度を取るくせに、相手がアメリカだと、どんな言動をとられようが堂々とできないとは情けない。ちなみに、その安倍外交の平身低頭ぶりは、アメリカの国内メディアで嘲笑の的にされていました。必死でもてなしたのに、逆に相手に皮肉られる結果になるなんて、もう哀れというか惨めというか…

さて、今週の木曜と金曜の夜、日本・アルメニアの国交樹立25周年を記念した日本の伝統音楽のコンサートが開かれたので、妻と長男と一緒に行ってきました。篠笛と尺八、三味線とパーカッションという豪華な組み合わせで、素晴らしい演奏を披露してくださいました。

伝統的な曲と共に、途中アラム・ハチャトゥリアンやコミタスの曲も演奏され、アルメニア人の聴衆は大喜びでした。そして、後半には、アルメニア人のドゥドゥク奏者も登場して、両国の伝統楽器による共演が行われました。これには会場全体が大盛り上がりでした。

音楽も良かったし、ステージで演奏している人たちがみんな楽しそうでした。耳だけではなく、体や心に響いてくるような一体感。これはやはりライブでしか味わえないもので、本当に素晴らしかったです。素敵な音楽と感動をありがとうございました!

IMG_3256armenia17-11-12.jpg
篠笛、尺八や三味線など、それぞれの独奏も良かったですし、後半の合奏も素晴らしかったです。アルメニア人にはノリのいい曲が受けてたみたいですが、私は間のある日本らしい曲が心に沁みました。

IMG_3261armenia17-11-12.jpg
最後はアルメニアの伝統楽器ドゥドゥクとの共演。参加したドゥドゥク奏者の演奏は本当に良かった。この両民族のコラボには、聴衆から拍手喝采が送られました。

結婚6周年のお祝い 

来日中のトランプ大統領の動向が連日ニュースになっていますね。しかし、最近その米国で悲惨なテロが続いていて心が痛みます。また日本でも、たった2カ月の間に9人も殺害された事件が衝撃を与えています。被害者のほとんどは自殺願望を持つ女性だったとか…

もちろん、それだけの人が次々と殺された事実が何より異常ですけど、簡単に自殺したい人間を見つけて繋がることができたり、9人目の被害者が出るまで世間が異変に全く気付かなかったり、事件が起こった社会そのものが少し狂っているようにも感じます。

さて、私はやっと風邪もほどんど治りましたが、周りは体調を崩している人が多いですね。天気は安定しているんですけど、かなり寒くなってきました。小さい子供が二人いるので、我が家は先月からセントラルヒーティングを付けています。ハアア、光熱費が怖い…

昨日、「アルメニア友の会」の第3回学生招聘プログラムで日本に行っていたザリネさんが無事に帰ってきました。メールで「日本はどうでしたか?」と聞くと、「思っていた通り、日本は素晴らしい国でした!皆さん、とても優しかったです!」と返事がありました。楽しい日本旅行になったようで、私も嬉しく思います。彼女を温かく迎え、お世話してくださった方々に心から感謝いたします。

そして、記事タイトルにあるように、昨日は私と妻の6回目の結婚記念日でした。去年の今頃は、次男レオが生まれたばかりでしたし、誕生から40日経ったお祝いなどと重なったりして、大して何もできなかった覚えがあるので、今年はバラの花をプレゼントして、レストランで食事しました。といっても、子供たちも一緒だったので、ロマンチックな雰囲気はゼロでしたけど…

食事をしたのは、美味しいワインと共に欧州料理を味わえる!というのが売りの「Wine Republic」というレストラン。けっこう新しいお店ですが、いつも賑わっている人気店です。そして、なぜかタイやベトナム料理もあって美味しいと聞いていたので、以前から気になっていました。

行ってみると、確かにアジア料理のメニューがありました。タイカレー、パッタイ、フォーなどと共に、なんと天ぷらや餃子、枝豆も!子供たちはスパイシーな食事は無理なので、とりあえず試しに天ぷらと餃子を頼んでみました。天ぷらは「うーん…」って感じでしたが、餃子はけっこういける!アルメニアで初めてまともな餃子を食べた気がしました。

他に食べたタイカレーやフォー、生春巻きはどれも美味しかったです。こうなると、今度はメインの欧州料理も試してみたくなりました。いろんなワインも飲んでみたいし、近々また行ってみたいと思います。

子供がいてあまり落ち着かなかったとはいえ、家族みんなで大切な記念日をお祝いすることができました。しかし、もう結婚して6年が経ったんですね…その間に二人の元気な子供にも恵まれました。40過ぎた今も山あり谷ありの人生を送っている私を、いつも優しく見守って支えてくれる妻に感謝です。手前味噌ですが、本当に素晴らしい女性と結婚して幸せ者だな…と思います。

会社の経営などでいろいろ大変ですが、妻のお陰で、「まあ、この人が傍にいてくれるだけでえーやん!何とかなるやろ!」と明るく前向きでいられます。本当にいつもありがとう!至らない夫ですが、これからもよろしくお願いします!

IMG_3224armenia17-11-6.jpg
結婚6周年はアジアンフードを味わえるレストランでお祝いしました。

IMG_3219armenia17-11-6.jpg
アレンとレオも祝福の乾杯してくれました!

IMG_3230armenia17-11-7.jpg
意外に美味しかった餃子。欧州料理レストランなのに、なぜ餃子まで置いているかは謎…

IMG_3223armenia17-11-6.jpg
レオはベトナム風生春巻きを箸で必死に食べようとしていました。これも美味しかったです。

IMG_3235armenia17-11-6.jpg
フォーのスープを美味しそうに飲むレオ。アレンもそうですが、うちの子供たちはアジア料理が好物みたい。

IMG_3211armenia17-11-6.jpg
可愛い子供たちを生んでくれてありがとう!朗らかで温かい家族と一緒に記念日を祝えることに感謝です。

家族の存在の大きさ 

11月になりました。日増しに木の葉が美しく色づいてきて、秋らしくなってきました。今は季節の変わり目だからか、天気が崩れやすいです。

そのせいか体調を壊す人が多いのですが、私もその一人。先週ひいた風邪がしつこくて、まだ完治していません。週末に治りかけたと思ったら、今度は咳が出始めて、イマイチという体調が続いています。さらに長男のために蕎麦を作っていたら熱湯が右手にかかって火傷をしてしまったりと、最近なんだか病気やケガが多いです。

幸い、仕事の方は峠を越えましたが、今メインでやっている大きな仕事が年内に終了することになったので、来年以降どうしようかとフィリピンの友人たちと試行錯誤しているところです。分かっていたことですが、会社を経営するというのは大変ですね…

常に仕事を得て利益を出していくというのは並大抵のことではありません。子供と同じで、産むより育てる方がもっともっと大変です。って、まあ産みの苦しみを知らない男の私が偉そうに言えませんけど…

でも、特に悲観的になっているわけでもなく、社員も状況をよく理解してくれているし、新しいステージのための助走と考えています。そこも子供と同じで、産みの苦しみというか、会社が成長していくには避けては通れない苦労なんでしょう。まあ、借金があるわけでも、会社が潰れるわけでもないので、今は前向きに頑張るのみです。

ところで、こういう時って、家族の存在を負担というか重圧に感じたりする人が多いかもしれませんが、私は全く逆で、家族がいるからもっと楽観的でいられます。まだ子供が小さいこともあるでしょうけど、あるがままに生きている息子たちの姿を見ていると、くよくよ悩むのがアホらしくなってきます。

そして、いつも笑顔で、「大丈夫!もっとよくなるから!」と励ましてくれる妻の存在は本当に大きいです。私も基本的に、「まあ、何とかなるやろー」と根拠もなく考えるタイプですが、妻の何があっても動じない平常心とおおらかさは菩薩レベル

そんな温かい家族に支えられているお陰で、今の状況に対しても、あまり不安はありません。もともと波瀾万丈な人生を送っていますから、これぐらいの方が刺激があっていいぐらいに思っています。

考えてみると、日本って結婚や子供が生まれたときに、責任が増えたから頑張らなあかん!てことを強調する部分がある気がします。もちろんそれも確かなんですけど、アルメニア人は、何より幸せが増えたことを祝福します。だって、みんな苦労を背負うためではなく、幸せになりたいからこそ結婚して子供を作るわけで、大変な時にそれを分かち合うために家族がいるのです。

そういう意味で、今あらためて家族の存在の大きさを実感しています。そして、素晴らしい家族に恵まれたことに感謝しています。今回の記事は何だか大げさな内容になってしまいましたが、とにかく、「家族ってえーなーありがたいなー」と幸せに思う今日この頃です。だからといって幸せに浸ってボーッとしている場合ではなく、会社の方は頑張らないと!

CIMG7227armenia17-11-1.jpg 
タブレットのゲームで遊ぶアレンとレオ。仲睦まじく見えますが、この後、アレンがレオに触らせないようにして泣かせてしまいました…いつもこんな調子です。

CIMG7240armenia17-11-1.jpg 
空手道場で作ってもらったハロウィーンのかぼちゃランタンに大喜びのアレン。


アンパンマンのお気に入りキャラクター、天丼マンとかつ丼マンのダンスを楽しそうに踊る長男アレン。とにかくアンパンマンが大好き!


次男レオもアンパンマンが大好き。なぜか赤ちゃんマンが出てくると大喜びします。親近感が湧くのかな?大変ではあるけど、子供たちの屈託のない笑顔に癒されます。

「アルメニア友の会」第3回学生招聘プログラム 

毎日、秋晴れの気持ちのいい天気ですが、私はまた風邪をひいてしまいました…この2週間ほどは、プライベートでも仕事もかなり忙しかったので疲れがたまっていたようです。先月は無理して働いたせいで風邪がさらに酷くなってしまったので、今回は無理しないようにしたいと思います。

日本では衆院選が終わりましたね。今回は在外投票に行けませんでしたが、あまりにくだらないドタバタ劇に呆れていました。国民の多くもそう思ったのか、「他もどうしようもないから与党」みたいな流れで自民党圧勝…あまりの野党の弱さに、勝った自民党自身も驚く結果でした。

今回も、具体的な政策や方針などはほとんど議論されず、「ホンマにこんなんでえーんかいな…」と腑に落ちませんが、国民が直接政治に参加できる選挙ですから、結果的には日本の舵取りを自民党に再任したことになってしまいました…

さて、昨日、私が日本の有志の方々と運営する民間団体「アルメニア友の会」の第3回アルメニア人学生招聘プログラムで選ばれたザリネさんが日本に到着しました。これから彼女は、ホームステイしながら関東・関西を10日間旅行します。台風が心配ですが、素敵な思い出をたくさん作ってきてほしいと思います。

このプログラムは、アルメニアで日本語を勉強する優秀な学生を招聘して、日本や日本人のことを知ってもらおうという趣旨で行われています。対象となるのは、もちろん日本に行ったことがない学生。今回選ばれたザリネさんは、いろはセンターで日本語を学び、現在は同センターで事務員、また初級クラスを教える教師として働いています。とても真面目でいい子です。

大人しくて引っ込み思案なところがあり、今回の日本旅行も、飛行機に乗るのさえ初めてだったので、不安の方が大きかったようです。しかし、向こうにはお世話して下さる人たちがいらっしゃるし、夢だった日本を実際に見て感じることができるのですから、きっと素晴らしい経験になると思います。そして、日本人の方々も、彼女と交流することでいろいろな発見があるはずです。

こうやって、アルメニア人学生の夢を叶えるお手伝いができているのも、偏に会役員や協力者の方々のお陰です。本当にありがとうございます!ザリネさんの滞在が充実したものになるよう、どうぞよろしくお願い致します!

19029194_1471341002922128_3514448220236180625_n.jpg
写真右端の女の子がザリネさん。日本で楽しく過ごしてきてください!

話は変わって、先月ここで行われた武道大会で、長男アレンが空手の演武を披露したという記事を書きました(こちら)。その様子を撮影した動画が、アルメニア空手協会のFBページに投稿されていたので、ここでご紹介します。小さな体で頑張って演武する姿が可愛らしかったです。

また、お絵描き教室にも楽しく通っているようです。最近、秋をテーマにして大きな作品を完成させました。なかなか立派な抽象画に仕上がっていて、子供の感性には驚かされます。まだまだ手が掛かりますが、日本語の表現力も豊かになってきているし、その成長に目を細めてしまいます。


後半の型は先生の動きを真似するのに必死ですが、前半の組手は、けっこう動きをちゃんと覚えていて驚きました。

CIMG7207armenia17-10-25.jpg
アレンの初の大作「秋」。大人には描こうとしても描けない絵ですね。