いろはセンターで七夕イベント 

暑い、暑い!毎日40℃近い猛暑が続いています。こんなに暑いと外を出歩きたくないんですが、いろいろと忙しいので仕方ありません。その分、冷えたビールが美味い!

さて、日曜にいろはセンターで七夕イベントが開催されたので行ってきました。織姫と彦星の劇や歌、流しそうめんなど盛りだくさんの内容でした。先週は授業がない日も学生たちが来て、デコレーションを作ったり、劇の練習をしたりしていました。暑い中ひたむきに頑張っているその姿に感心しました。

当日は、学生や家族、友人や関係者らが総勢40人ほど集まりました。ルザン会長の挨拶の後、学生たちによる織姫と彦星の劇が上演されました。まだ勉強して間もない学生たちも、ナレーションで参加して頑張りました。手作り感いっぱいの楽しい劇でした。何かをみんなで作り上げるという貴重な経験、そしてすてきな思い出になったと思います。

劇や歌の後は、なんと流しそうめん!ペットボトルで作った台にそうめんを流してみんなで食べました。もちろんアルメニアの学生たちにとっては初めての体験。だから、すごく盛り上がりました。そうめんも美味しくて、大量に茹でたのにほとんど無くなってしまいました。これも大成功!

そして、みんなで短冊に願い事を書いて、笹に似た木の枝(何の木か知りませんが…)に掛けました。やっぱり「日本に行きたい!」と書いている子が多かったですね。実は、私は間もなく日本語教育の現場から離れることになるのですが、違う形で学生たちの夢を叶えるお手伝いをしていきたいと思っています。

最後は、浴衣を着た学生たちと一緒にエレバン中心部を散歩しました。道行く人が興味深そうにこちらを見ていました。浴衣を着た集団が急に現れたんですから、そりゃ驚きますよね。学生たちも嬉しそうに写真を撮って楽しんでいました。でも、やっぱり暑かった…

無事に七夕イベントが終わった後は、剣道七段の前野先生の送別パーティーが開かれたので、家族と参加してきました。先生特製のカレーを食べて、そこでも楽しい時間を過ごすことができました。疲れたけど、とても充実した1日でした。

DSC05272armenia17-7-18.jpg 
学生たちによる七夕伝説の劇。みんなで力を合わせて作った力作です。

DSC05278armenia17-7-18.jpg 
劇に参加した学生たちが七夕の歌を歌いました。よく頑張りました!

DSC05287armenia17-7-18.jpg 
今年はなんと流しそうめんもど登場!けっこう上手にすくい取っていました。

DSC05290armenia17-7-18.jpg 
れぞれ短冊に夢を書いて掛けました。夢が叶うといいですね。

DSC05296armenia17-7-18.jpg 
浴衣を着たままエレバンを散策。暑かったけど、たくさんの注目を集めて楽しかったです。

DSC05305armenia17-7-18.jpg 
その夜は、前野先生の送別会に参加。先生特製のカレーを美味しく頂きました。

DSC05309armenia17-7-18.jpg 
妻と子供たちも参加しました。レオが面白がって乾杯のまねをしていました。

リトル・シンガーズのCD発売を記念するイベント 

暑い真夏日が続いています。でも、先週に比べると少しマシになったような…まあ夏ですから暑いのは当然なんですけどね。日本人の多くはアルメニアに対して寒いというイメージを持っているのか、「夏は40℃超えたりする」と言うと、すごく驚かれますね。でも、乾燥しているので、日本よりは過ごしやすいと思います。

さて、月曜日にコミタス博物館で、リトル・シンガーズ・オブ・アルメニアのCD発売を記念したイベントが開かれたので妻と行ってきました。CD「ありがとう~HEARTFUL SONG FOR JAPAN」の制作に、弊社JASCが現地コーディネートとして関わらせて頂きました。また、そのイベントのお手伝いも陰ながらやらせて頂きました。

イベントでは、CDの録音風景やPV、過去の日本公演などの映像が流されました。もちろん、リトル・シンガーズがCDに収録されている歌を披露してくれました。いやあ、やっぱり素晴らしかった!難しい日本語の歌を表現豊かに歌う合唱団には、会場から惜しみない拍手が送られました。

私は、最初の「ありがとう」を聞いている時に、思わず泣きそうになってしまいました。もちろん歌に感動したこともありますが、録音時のいろいろなことを思い出し、彼女たちが頑張って覚えた日本の歌をたくさんの人の前で披露できたことに感無量でした。まるで親のような気持でしたね…改めて、このCD制作のプロジェクトに関わることができて良かったと思いました。

舞台では、ティグラン・ヘケキャン指揮者がいろいろとお話しされたのですが、私と妻のことにも触れて、皆さんの前で感謝の言葉を述べて下さいました。私たちの方こそ、プロとして仕事を目の当たりにし、素晴らしい経験をさせてくれた指揮者と合唱団の子供たちに感謝してもし切れないぐらいです。

イベント後は、レセプションパーティーがあり、公邸料理人の方が作った美味しいお寿司もご馳走になりました。心もお腹も満たされ、とても幸せな気持ちになれた素晴らしいイベントでした。アルメニアの天使の歌声が、日本の多くの人たちの耳に、そして心に届くことを願っています。そのために、今後も合唱団のお手伝いができたらと思っています。

DSC05231armenia17-7-13.jpg 
ヘケキャン指揮者と合唱団の子供たち。みんなの前で私たちのことを話して下さって光栄です。

DSC05232armenia17-13-2017.jpg 
日本語の歌を歌う子供たち。何回聞いても心が洗われるような美しい歌声。拍手喝采でした!

DSC05233armenia17-7-13.jpg 
録音時の映像やPVも流されました。私もそれを見ていろいろ思い出しました。

リトル・シンガーズ・オブ・アルメニアのCDが届きました! 

暑い日が続いていますが、昨日は午後から天候が崩れ、エレバン中心部では激しい雨が降りました。お蔭でその後は少し涼しくなりました。

さて、久々にリトル・シンガーズの話題です。弊社JASCがコーディネートさせて頂いたリトル・シンガーズ・オブ・アルメニアのCD「ありがとう~HEARTFUL SONG FOR JAPAN」が届いたので受け取ってきました!

ビクターエンタテインメントの方がサンプル盤を送って下さったのです。ありがとうございます!待ちに待ったCDを実際に手に取った時は本当に嬉しかったです。自分たちの仕事が一つの形となって感無量です。家に帰ってから早速聞いてみましたが、やっぱり彼女たちのコーラスは素晴らしかったです。

練習の段階から本番の録音までずっと立ち会っていたにも関わらず、まるで初めて聞くかのような気持ちで聞き入り、改めてその美しい歌声に感動しました。そして目を閉じると、一生懸命に歌う子供たちやタクトを振る指揮者の姿が浮かんできて、思わず涙ぐんでしまいました。まさに心に響く音楽でした!

CIMG6195armenia17-7-8.jpg 
手元に届いたサンプル盤。有難いことに、弊社の名前がライナーノーツにありました。すてきな作品になっています。

来週月曜に、このCD発売を記念したイベントがエレバンのコミタス博物館で行われる予定です。先日そのリハーサルがあったので、今回も日本語発音のチェックをするために行ってきました。久々に生で彼女たちの歌声を聞けて良かったです。また、指揮者の方も相変わらず厳しく指導されていて、今年2月の録音の時のことを思い出しました。

不思議な縁でコーディネートを担当することになったCD制作プロジェクト。いろいろ大変なこともありましたが、記念すべきJASCの初仕事で、「関わることができて良かった!」と心底思える仕事でした。合奏団と多くの方々の努力の結晶であるCDを聞きながら、今また素敵な思い出に浸っています。

リトル・シンガーズが、天使の歌声と称されるその歌声でJ-POPの名曲をカバーしたアルバム「ありがとう~HEARTFUL SONG  FOR  JAPAN」。少しでも多くの人に聞いてもらいたいと思います。

CIMG6186armenia17-7-8.jpg 
リハーサルの様子。久々に合唱団の生の歌声を聞くことができました。やっぱり素晴らしい!

CIMG6190armenia17-7-8.jpg 
指揮者の方もお元気そうでした。完璧主義なので、指導はいつも厳しい…でも、だからこそ世界的な名声を得る合唱団を作ることができたんですよね。

兄弟で仲良く水遊び! 

都議会選挙の結果ですが、自民党が歴史的大敗を喫しましたね。都民ファーストの会が圧勝したのは何だか流されてしまっているような感じで微妙ですが、あの状況で自民党・安倍政権にNO!が突き付けられたのは自然なことでしょう。

森友学園や加計学園のスキャンダルは、真偽がはっきりしない部分がいろいろあるにしても、歪な政治主導・利益誘導があったとしか思えません。出てくる証拠に対して、虚偽だ!捏造だ!と頭から否定してばかりで、国民が納得する説明はほとんどなし。これが首相の昔言っていた「美しい国」なんでしょうか…

さて、今日7月5日は、アルメニアの憲法記念日で祝日です。でも、いろはセンターは授業があったので、夕方に1クラス教えました。学生たちは暑い中みんな来ていました。しかし、本当に暑い!日中の気温は40℃近くになり、日が沈んだ後も暑く感じます。この時期にアルメニアに来られる方は熱中症にお気をつけください。

ということで、今日は家の庭で、子供たちに水遊びをさせました。長男アレンがずっと水遊びしたがっていたし、次男レオも喜ぶだろうと思いました。何より、この暑さですからね…私だって水に飛び込みたいぐらいです。そういえば、今月下旬には、ヴァルダヴァルという水かけ祭りが行われます。

プールを膨らませて水を入れると、アレンがキャッキャッと大喜び。よほど楽しみにしていたんでしょう。プールに入るのは初めてのレオも気持ちよさそうにしていました。子供たちが一緒にプールで遊んでいる姿は何とも微笑ましい。自分も子供の頃に弟と水遊びしていたことを思い出しました。

レオは途中でぐずり始めたので出しましたが、アレンは1時間ほど飽きる様子も見せずに遊んでいました。この暑さだから、本当に気持ちいいでしょうね。また、兄弟で水遊びさせたいと思います。

CIMG6146armenia17-7-5.jpg
初めて兄弟一緒に水遊びするアレンとレオ。アレンが特に嬉しそう!

CIMG6149armenia17-7-5.jpg
アレンがおもちゃで遊ぶ様子を不思議そうに見つめるレオ。微笑ましい光景です。

CIMG6166armenia17-7-5.jpg
午後は、妻の従弟の息子さんもアレンと一緒に水遊びしました。やっぱり一人より誰かと遊ぶ方が楽しいですよね!

子供たちと過ごす時間 

ジョージアから帰ってきたら、アルメニアは大分暑くなっていました。今年の夏はかなり暑くなるという予報が出ているようで、ちょっと心配…湿度が低いとはいえ、やっぱり暑いと疲れますからね。

大学の授業もテストも終わったので、今週からけっこう家にいます。まあ、パソコン作業をずっとしていて忙しいことには変わりありませんが…8月以降に仕事や生活に大きな変化があり、今月はその準備でバタバタしそうです。だから、家にいられる時にはなるべくいようと思っています。

長男アレンは昼間幼稚園に行っていますが、次男レオとはずっと一緒にいます。9か月になったばかりのレオは、伝え歩きもかなり上手になり、顔つきもしっかりしてきました。息子たちのゴッドマザーで、今はクロアチアに住む友人の聖美さんと最近スカイプで話したんですが、レオを見て、「大きくなって顔も変わったね!」と驚いていました。

確かに子供の成長って本当に早い。今は普通に話して、空手まで習っているアレンも、レオのような時期があったんですもんね。二人が一緒にいる姿を見ていると、「レオも、そのうちアレンのようになるのか…」と、たまに不思議な感じがします。レオが立ったり歩いたりできるようになったら、兄弟で遊べるようになるんでしょう。

二人の子供がいること、その子供たちの父親であること。普段は当たり前のように思いますが、「これって、すごく幸せなことだよなあ…」と、時折ちょっと感動してしまう自分がいます。忙しくて構ってあげられないことが多いのは申し訳ないけど、こうやって傍にいられる時間を大切にしたいと思います。

CIMG6013armenia17-7-1.jpg
ギターのおもちゃを弾くのではなく、噛むレオ。何でも口に入れようとします。

CIMG6014armenia17-7-1.jpg
私がピアノを弾いていると、自分も鍵盤を触ろうとするレオ。

CIMG6051armenia17-7-1.jpg
時々一緒に弾きます。アレンも同じように抱いてピアノを弾かせていましたね。

CIMG6032armenia17-7-1.jpg
アレンは空手にちゃんと通っています。前よりも空手らしい動きを覚えてきました。写真は先生と柔軟体操をしているところ。しかし柔らかいなあ…